« 移動運用その362/松本市上高地徳沢キャンプ場POTA JA-0017<前半>(2023年10月7日) | トップページ | 移動運用その363/練馬区石神井公園POTA JA-1237(2023年10月14日) »

移動運用その362/松本市上高地徳沢キャンプ場POTA JA-0017<後半>(2023年10月8日)

●10月8日
予定では朝5時、涸沢に出発であったが、空腹と寒さでまともな睡眠が取れず、動く気力が湧かない。
何とか起き上がったのが7時前。
天候は曇りで日差しもなく、テンションも上がらず。ザイテングラートも出なかったようだ。
紅葉は徳沢でも若干染まっていた。

IMGP6972aa
IMGP6973aa
IMGP6974aa
IMGP6979aa
周りのキャンパーの多くは既にテントを置いて出発済。
兎に角、食事しない事には話にならない。
幸い午前7時から徳澤園の喫茶室が開いていたのでコーヒーとカレーをオーダーしてチャージ。
IMGP6980aa
IMGP6982aa
マトモな食事は24時間ぶり。
ストーブも温かく、やっと一息ついた。
しかし時刻は7時半を回ってしまい、涸沢往復には時間に余裕がなくなった。
更に天気予報では下り坂。
今は薄日も射しているが午後には雨も降り始める可能性大。この様子では涸沢も日差しは見込めず、エモーショナルな写真は撮れそうにない。無理に出発しても帰りは雨の中。
徳沢に戻って来る頃には本降り。
涸沢ではなく、蝶が岳中腹辺りの見晴らしの良い場所から日帰り移動運用しようかと考えたが、いずれにしろここに戻る頃には雨になる。
明日月曜日も終日降り続くらしい。
そうなるとタープもない雨宿りも出来ない悪条件下、冷たい氷点下近い気温の雨中での撤収作業となる。
夏の暑い時期ですら雨中のテント撤収はきついのにこの寒空では耐えられまい。
加えて雨具装備で重たい荷物を背負いつつの上高地帰路は過酷すぎる。
どこかで体調不良になってもおかしくない。
これらを吟味して熟考した結果、涸沢行は諦め、本日昼過ぎに徳沢を撤収し、夕方上高地から帰る予定に変更。
結局2泊の予定を1泊に短縮。
残念だが仕方ない。
その分、時間が余ったのでテントに戻り、午前8時頃から移動運用再開。
それにしても自分のテントは他のキャンパーのものと比べ異質で浮いている(汗)。
IMGP6998aa
敢えて全市全郡コンテストは参加せず、CQ POTAで7MHzCWモード運用。
9時前までに更にハンター局含む6局から応答頂いた。
試しに6m用ポケットダイポールも使用し50MHz帯にもQRV.
IMGP7006aa
コンテスト参加の福井県今立郡移動局が聞こえたのでお呼び掛けし、CWモード交信。
結局、今回の徳沢キャンプ場からのPOTA運用は延べ17局と交信頂いた。
TNX QSO.
31年ぶりに中波ラジオ受信状況もチェック。
WWRアンテナとIC-705の相性がよいのか、昼間でも結構広範囲に受信出来た(巻末表参照)。
一方、FM放送帯は上手くマッチング出来るアンテナがなく、FM長野とNHK長野の美ヶ原局以外は掠りもせず。
徳澤園の売店に備え付けのスタンプがあったので店員さんに了解を得て、空いている時に交信分のQSLに捺印。
IMGP7009aa
ついでにバッチも購入。

IMG_20231011_010103aa


午前11時頃から撤収作業開始。
まだ曇り空なのでゆっくり進める。
上高地から新島々バス便は予約制なのでスマホで17時半の最終便の席を取る。
往路の反省を踏まえて荷物を纏める。手持ちだったマットはリュックに括り、首から下げていたカメラ等も仕舞い込む。
汗防止にジャケットも脱ぐ。
少しは担ぎやすくなったが、それでも肩に架かる重さは尋常ではない。
IMGP7015aa
12時45分頃、上高地に向けて出発。
帰りは時間に余裕を持ったので急ぐ必要もなく頻繁に休みながら進む。
ペースは遅く、下山する登山客に次々に抜かれていく。
混雑ピークであった時期とはいえ、物凄い数の登山者だ。それにしても何で皆あんなペースで早く歩けるのだろうと不思議になる。恐らく100人以上には抜かれた印象。
15時半過ぎにやっと上高地に辿り着く。
復路は2時間45分も掛かった。
丁度河童橋辺りで天気予報通りに本降りの雨。
IMG_20231008_153951aa
ポンチョをしてみるが余りにもリュックが大きすぎて収まらない。
早めの下山で正解。
バスターミナル前は沢渡駐車場行きバス待ちの長蛇の列。
インフォメーションセンター内で暫し休憩。
土産屋に寄ったりお菓子補給で時間を潰す。
17時半新島々行きバスも3台分が満員。殿で乗り込む。
暗闇の中、国道158号線をバスが下っていく。激しい雨。途中沢渡辺りで渋滞。
新島々駅では電車がこのバス待ちで数分遅れで発車。乗り継ぎも慌ただしかった。
松本着は19時10分頃。草臥れた。
松本電鉄に描かれた萌えキャラが「また来てね」と言っているような錯覚に。
IMG_20231008_191523aa
一旦改札を出て、松本20:10分発「あずさ60号」のチケット購入。
幸い指定席も取れる。
時間まで駅ビルのスターバックスで休憩。
31年前も松本駅近くのカフェで休んだ記憶が蘇る。
定刻通り「あずさ60号」は松本出発。
因みに車中でのコミュニティーFM受信は昨年の八方尾根の際、粗方実施したので今回は往路復路共パスした。
立川で乗り換え、地元駅に着いたのは23:01であった。

 

毎回のキャンプ移動運用で荷物の多さに閉口しているが今回も同じ。
どこか大幅に荷物量を削らないと、ただの苦行と変らず。
還暦過ぎて経験も体力もないのに15Kg以上の荷物を往復13Km担ぐなんて尋常ではなかった。
ふらふら歩くのもみっともない。
あと今回は涸沢アタックが天候などの関係で実施出来ず、残念。
そもそもテント泊に無理があった。
次回は山荘泊で荷物を身軽にして挑みたい。

交信データ
移動地/
松本市上高地徳沢キャンプ場JCC#0902(POTA JA-0017)標高1560.7m
交信日時/2023年10月7~8日
交信時間/7日1922~2136JST・8日0820~1001JST
周波数/7・50MHz
モード/CW
天候/曇り
無線機/IC-705・VX-3
アンテナ/
RH-770・WWR・ポケットDP
出力/1~5W
延べ交信局数/17
7MHz16(CW16)、50MHz1(CW1)
交信相手エリア/
1エリア/6(東京都東村山市、神奈川県茅ケ崎市他)

2エリア/0
3エリア/2
4エリア/1
5エリア/0
6エリア/0
7エリア/1
8エリア/2
(旭川市他)
9エリア/2
(福井県今立郡他)
0エリア/3
Screenshot_2023-10-07-19-00aa


長野県松本市安曇上高地徳沢キャンプ場における昼間AM放送受信リスト

受信日/2023年10月8日1030JST~・受信機/ICOM IC-705・アンテナ/WWRアンテナ
NHKは周波数リストから推定

周波数(KHz) 局名 信号強度(5段階)
備考
540 NHK松本第1
5
 
558 ラジオ関西
2
 
594 NHK東京第1
4
648 NHK富山第1
2
 
666 NHK大阪第1
3
 
693 NHK東京第2
4
 
729 NHK名古屋第1
3
 
765 山梨放送(甲府)
4
 
774 NHK秋田第2
4
 
792 NHK高山第1
3
  
810 AFN TOKYO
3
819 NHK長野第1
5
828 NHK大阪第2
4
 
837 NHK新潟第1
2
  
864 SBC松本
5
 
882 NHK静岡第1
2
 
909 NHK名古屋第2
3
 
927 NHK甲府第1
4
 
936 (不明)
2
 
954 TBS
4
 
1035 NHK富山第2 
3
 
1053 CBC
4
1062 BSN長岡 3  
1098 SBC長野
1107 MRO金沢
4
1116 BSN新潟
2
 交通情報(北陸道) 
1125 NHK高山第2
4
 
1134 文化放送
3
 
1143 KBS京都
3
 
1179 MBS
2
1197 SBC諏訪
3
 
1224 NHK金沢第1
4
1242 ニッポン放送
1332 東海ラジオ(名古屋)
4
 
1341 NHK上田第1
2
 
1359 NHK岡谷第2
1386 NHK金沢第2
3
 
1404 SBS静岡
2
1422 ラジオ日本(横浜)
2
 
1431 ぎふチャン(岐阜)
3
 
1458 SBC佐久
2
 
1467 NHK長野第2
4
 
1485 SBC軽井沢
1
 
1512 NHK松本第2
4
 
1521 NHK福井第2
2
 
1539 NHK小諸第2
2
 
1557 CBC高山
2
1584 NHK岡谷諏訪第1
3
 
1602 NHK甲府or上田第2
 

 

|

« 移動運用その362/松本市上高地徳沢キャンプ場POTA JA-0017<前半>(2023年10月7日) | トップページ | 移動運用その363/練馬区石神井公園POTA JA-1237(2023年10月14日) »

移動運用」カテゴリの記事

POTA/SOTA」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。