« 移動運用その354/町田市小山内裏公園POTA JA-1262(2023年7月30日) | トップページ | ハムフェア2023と周辺POTA対象公園移動運用(2023年8月19~20日) »

移動運用その355/神奈川県足柄下郡箱根町芦ノ湖キャンプ場POTA JA-0016(2023年8月6日)

フィールドデーコンテストに合わせたPOTA移動運用キャンプを8月6日から7日にかけて実施。
今年は神奈川県足柄下郡箱根町にある「芦ノ湖キャンプ村」へ。
富士箱根伊豆国立公園(POTA JA-0016)エリア内。
箱根周辺での移動運用は過去に何回も実施しているがPOTAアカウント登録後では初めて。
IMG_20230806_113700aa
場所は箱根ロープウェイ桃源台駅近く徒歩10分程。芦ノ湖北端に位置する。
小田急ロマンスカー新宿駅午前9時発箱根湯本行き「スーパーはこね1号」に乗車。
乗客は外国人が目立つ。
新宿を出ると小田原までノンストップ。
台風6号の影響で時折俄雨が通り過ぎる。
10時15分箱根湯本着。
IMGP6449aa
桃源台行きバスに乗り換え、11時10分過ぎに桃源台へ。
天気は雨模様。
IMGP6451aa
IMGP6452aa
傘を差し、例の如く重い荷物をカートとリュックに背負い、徒歩10分程度でキャンプ場へ。
早速フロントでチェックイン。
IMGP6500aa
一泊4000円。平均的価格。
どうやら本日テントサイトを利用するのは自分一人だけらしい。
一応予約していたのだが、夏休みの週末にも拘わらず利用者が居ないのは不思議。
天気の影響もあるが、ここは炊事以外の焚火が出来ないのが最大のネックだろう。
焚火が出来ないソロキャンはちょっと寂しすぎる。
しかし薪はたくさん売っているので炊事を名目とすれば焚火もOKということか?
何だかややこしい。
フロントの売店は充実していてドリンク、軽食、燃料関係は現地調達できる。
サイトに到着後、早速設営開始。
テント区画はやや狭いが、ソロであれば問題はない。
屋根付きの炊事場も隣にあって便利。
IMGP6453aa
雨は止んでくれたが、天気予報では明日に掛けて雨模様なのでタープは必須。
タープをロープで固定する樹木が区画の端にしかなかったので偏ったレイアウトに。
タープポールがないので歪にしか張れない。取り敢えず雨と日差しが凌げればよいレベル。
IMG_20230806_155839aa
この辺りに住み着いているらしい猫が一匹。
IMGP6481aa
テントサイトは芦ノ湖畔にあって目の前が湖尻水門。
この水門は早川源流になるが、芦ノ湖の水利権が静岡県側にあるので、普段は閉まったまま。
水門まで歩いて行ける。
IMG_20230806_155549aa
12時45分過ぎにやっとテント設営終了。
早速WWRアンテナを立ててフィールドデーコンテスト参加。
この頃になると日差しが照ってきた。
IMGP6485aa
IMGP6486aa
IMGP6489aa
終了まであと2時間ちょっとしかない。
7MHzCWモードQRP5wでコンテスト参加局を呼び回るが、コンディションのせいか、なかなか交信に至らず。
途中、VX-3で430FMをモニターしていたら芦ノ湖海賊船移動局のCQが聴こえたので早速お声掛けしQSO.
以前自分も海賊船からハンディーでCQ出したことがあったことを思い出す。
15時前、やっと10局アクティベート。
IMGP6499aa
コンテスト終了後、POTAサイトにセルフスポットし、7MHzCWモードでCQ.
17時過ぎまでにハンター局含め6局とお繋ぎ頂く。
IMG_20230806_162956aa
一旦無線はお休みし、付近を散策。湖畔にも降りてみる。
湖上には釣り船が何隻か漂っている。
桃源台港に入港する海賊船と積乱雲の光景がエモーショナル。
IMGP6468aa
IMGP6493aa
IMGP6492aa
IMGP6514aa
18時頃から炊飯開始。
ウインナーとビーンズ、缶入りスパークリングワイン。
IMGP6517aa
IMG_20230806_180116aa
IMGP6525aa
IMGP6532aa
食事後、アンテナをRH-770にして144,430MHz帯にもQRVし、CQを出してみるが応答なし。
IMG_20230806_193353aa
IMG_20230806_200745aa
V~UHF帯は外輪山に囲まれて飛ばない。
唯一、静岡市内固定局のCQに1Wハンディー機でお呼び掛けして何とかつながる。
暫く天候が良かったが、日が暮れてから通り雨が降るように。雷も鳴り始めた。
他のキャンパーも居らず、近くに街灯もないので真っ暗。
やはり炊事以外の焚火が出来ないのは辛い。
夜、火を眺める事の出来ないキャンプ場は残念だ。
雨も継続的に降り始めたので無線は22時過ぎで切り上げ、テントの中へ。
雨音がタープを叩く。
野反湖のような高原とは違い、標高700m程の湖畔なので真夏だと寝袋もいらない程。
それに湿気もあって寝苦しい。


●8月7日

翌朝、午前6時過ぎに起床。
IMGP6549aa
IMG_20230807_063455aa
天気は曇り。だが雨雲レーダーを観ると強い雨領域がこれから北上してくるようだ。
本降りになる前に撤収を済ませなければならない。
今朝の運用は諦め、アンテナ、無線機器を収納。
タープの下でテントも片付ける。
ここ最近のキャンプでは撤収時に雨に祟られるケースが多く、閉口。
収納し終わった物は屋根のある炊事場に運び、水濡れしないようにする。
7時前に日差しが出て、湖畔に虹も出た。
IMGP6551aa
IMG_20230807_065401aa
雨が本降りになる前の午前9時過ぎ、何とか撤収作業終える。
午前10時前にチェックアウト。
フロントに行くと、どうやら宅配も扱っているようだ。
20Kg近くある荷物をこのまま抱えて帰るとなると、折角箱根に来たにも拘わらずどこにも寄れない。
キャンプ道具を宅配で回送すれば身軽になれて温泉にも入れるし、移動運用の続きも可能に。
迷ったが今回は天気も悪いので取り敢えずこのまま荷物も持参し、帰る事に。
桃源台駅の売店コーナーで暫し休憩の後、往路と同じくバスで箱根湯本へ。
帰りのバスも外国人で一杯。
天候は皮肉にも回復し、青空が広がる。
外人客でごった返す駅前の「えゔぁ屋」でアイス。
IMGP6563aa
IMG_20230807_113622aa
考えてみれば今回の移動地は「新世紀エヴァンゲリオン」での第3新東京市であった。
箱根湯本駅のカフェで休憩後、12時40分発の新宿行きロマンスカー「はこね56号」で帰路に。
車窓から見る積雲が夏を印象付けてエモーショナル。

IMGP6595aa

今回は天候が今一つで延べ交信数も20局のみ。
あと、折り畳み机を持参しなかったので落ち着かず。
レジャーシート直置きだとコップを倒したり、細かい備品を無くしたりでトラブルを起こしやすい。
相変わらずの荷物の多さで、次回からは宅配も検討したい。
各局交信ありがとうございました。

交信データ
移動地/神奈川県足柄下郡箱根町JCG#11003C芦ノ湖キャンプ場(POTA JA-0016)標高731.1m 
交信日時/2023年8月6日
交信時間/1351~1740
JST
周波数/7・144・430MHz
モード/CW・FM
天候/雨時々晴れ
無線機/IC-705・VX-3

アンテナ/WWR・SRH805S・RH-770
出力/1~5W
延べ交信局数/20
7MHz14(CW14)・
144MHz1(CW1)・430MHz5(FM5)
交信相手エリア/
1エリア/10(神奈川県足柄下郡箱根町芦ノ湖・茅ケ崎市他
2エリア/5
3エリア/4
4エリア/0
5エリア/0
6エリア/0
7エリア/1
8エリア/0
9エリア/0
0エリア/0

 

|

« 移動運用その354/町田市小山内裏公園POTA JA-1262(2023年7月30日) | トップページ | ハムフェア2023と周辺POTA対象公園移動運用(2023年8月19~20日) »

イベント・訪問記」カテゴリの記事

POTA/SOTA」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。