« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

2023年5月

移動運用その347/杉並区善福寺川緑地POTA/JA-1239(2023年5月30日)

29~30日に掛けてEs伝搬のコンディションが上がり、30日午前11時過ぎにはFM放送帯も鹿児島、種子島方面がオープン。
FM鹿児島各局や南日本放送の補完FM等が受信出来た。
6mでも6,4,5エリアが開ける。
昼前には2mFMで佐賀県鹿島市の局とQSO。
正午を過ぎると国内Es伝搬は落ち着いて中国北京のHITFM等、中国大陸方面が開ける。
これ位コンディションが良ければ夕方にも国内Es伝搬が強力にオープンするのではないかと予想し、POTA登録公園からEs伝搬交信を目指すべく、近場の善福寺川緑地(POTA/JA-1239)に自転車で赴いた。
現地には16時過ぎ到着。
IMGP5748aa
今回はWWRと6m用ポケットDPを持参。
この両アンテナを上げてEsに備える。
6mをワッチすると九州四国中国地方や、更には3エリアまで開けていた。

20230530070000
しかし何局かお呼びするもパイル状態。Es伝搬という短時間しかオープンしていないにも拘らず、SSBだとのんびりとQTHや名前等やり取りしている交信が多く、パイルを捌くような局は殆ど居らず、QRPで呼びかけても埒が明かない。
一方、CWでオンエアしている局もあまり出ておらず、一向に交信に至らない。
あちこち呼び回りしているうちにコンディションが落ちてしまい、CQを出すタイミングも逸してしまった。
結局1時間半を費やして6mEs伝搬で交信出来たのは僅か3局。
6mは諦めてWWRアンテナに切り替え、17時半過ぎからHF帯CWモードにQSY。
IMG_20230530_182654aa
24と21MHzでそれぞれ3,4エリア局と交信。
やはりCWモードは効率が良い。
18時半過ぎから7MHzCWでCQ。
IMG_20230530_184407aa
IMGP5754aa
POTAサイトやツイッターでスポット告知したのが功を奏したのか、あるいはコンディションが良かったのか、いつもなら余り飛ばないロケーションだったにも拘わらず、45分間で10局程から呼ばれる。19時には韓国のPOTAハンター局からもお呼び掛けがあった。
19時40分過ぎからは430FMでCQ.
15分程で3局お繋ぎ頂く。
20時までに延べ23局と交信。
本来ならEs伝搬目的で移動したのだが、皮肉にもHFと430での交信が殆どだった。
善福寺川緑地は延べ5回移動して3回目のアクティベート。
また、久しぶりに新たなPOTAアワード頂く。
これは現地時間で18時から翌2時(0900~1700UTC)に交信したPOTAアクト延べ局数が100局に達した時に発行される。
JH1EAF_POTA_Late_Shift_Activator_aa
各局交信ありがとうございました。

移動地/
東京都杉並区善福寺川緑地JCC#100115(POTA JA-1239)標高40.7m

交信日時/2023年5月30日
交信時間/1630~1958JST
周波数/7・21・24・50・430MHz
モード/CW・SSB・FM
天候/曇り時々晴れ
無線機/IC-705・VX-3
アンテナ/WWR
RH-770・ポケットDP
出力/0.5~5W
延べ交信局数/23
7MHz15(CW15)、21MHz1(CW1)、24MHz1(CW1)、50MHz3(CW1・SSB2)、430MHz3(FM3)
交信相手エリア/
1エリア/9
東京都/4(品川区、板橋区、新宿区、北区他
千葉県/1(千葉市美浜区
未確認4
2エリア/2
3エリア/2
4エリア/3(岡山県瀬戸内市、美作市×2
5エリア/0
6エリア/2(鹿児島県指宿市他
7エリア/1
8エリア/0
9エリア/2(福井県坂井市他
0エリア/1
韓国/1
Screenshot_2023-05-30aa

 

| | コメント (0)

移動運用その346/世田谷区砧公園POTA JA-1229(2023年5月27日)

5月最後の週末土曜日にPOTA移動運用。
場所は世田谷区の砧公園(POTA JA-1229)。
無線の移動運用では初めて訪れる場所。

IMG_20230527_173800aa
ウィキペディア等によると広さは39万平方メートル。戦前は紀元2600年記念事業として都市計画決定された大緑地。
戦中は防空緑地。戦後は1949年に野球場・野営場。1955年~1966年まで都営ゴルフ場だった。
珍しく進駐軍には占領されなかったようだ。
砧公園の詳細な歴史はhttp://kinutakoen.com/rekishi.html参照。
世田谷区内にあるにも拘わらず、アクセスはよいとは言えず、最寄り鉄道駅の用賀から徒歩20分位掛かる。
以前、美術館に赴いた時は結構疲れた記憶が残る。
今回は小田急成城学園駅から東急バス「二子玉川駅」行き(東急バス玉31系統)に15分程乗って「大蔵第2運動場」で下車するルートを選択。
IMGP5645aa
IMGP5646aa
バス停脇がすぐ公園になっている。
数分歩いて大きな芝エリアがあるのでここにレジャーシートを敷いて17時頃より運用開始。
IMGP5649aa
本日はWWRアンテナを持ってこなかったのでGWANTでHFをワッチ。コンテストが開催されているらしく、多くの海外局が受信出来たがいずれもGAWANTでは交信に至らず。
30分以上一局も交信出来ないまま、時間が過ぎる。
HFは諦めて17時40分頃より2mCWモードでCQ。
IMG_20230527_173820aa
ハンター局から2局お呼び掛け頂く。
18時10分過ぎから430FMにQSY。
IMG_20230527_190759aa
近隣局のご厚意で2mFM2バンドQSO含め、何とか19時20分過ぎまでにアクティベート到達。
RH770はコンパクトでコスパの良いアンテナなのだが、やはり標高の稼げない場所からだと余り飛ばず、微妙に位置を動かしてやっとお呼びいただいている局のコールを拾い上げたりと受信にも限界を感じる。
陽が長くなったものの、薄暗くなった19時半過ぎに撤収開始。
帰りは「区立総合運動場」バス停から成城学園駅に折り返す。
都区内なのにこの時間帯は1時間に2本しか便がない。
下北沢から井の頭線に乗り換えて吉祥寺経由で帰投。
各局交信ありがとうございました。
Screenshot_2023-05-27aa

交信データ
移動地/東京都世田谷区砧公園JCC#100112(POTA JA-1229)標高32.9m  
交信日時/2023年5月27日
交信時間/1747~1922JST
周波数/144・430MHz
モード/CW・FM
天候/晴れ
無線機/IC-705・VX-3
アンテナ/GAWANT7・
GAWANT・RH-770
出力/0.5~5W
延べ交信局数/10
144MHz4(CW2、FM2)、430MHz6(FM6)
交信相手エリア/
東京都/7(杉並区、板橋区、世田谷区×4、西多摩郡奥多摩町雲取山
神奈川県/1(横須賀市
未確認/2

 

| | コメント (0)

横田友好祭2023とAFNカード(2023年5月21日)

5月20日~21日に開かれた在日米軍横田基地での「横田友好祭」に今年も赴く。
IMGP5514aa
昨年から入場するのに長蛇の列が出来る事態となって難儀なイベントとなった。
13時半過ぎ、最寄りの牛浜駅で降りるともう駅前から行列が。
IMG_20230521_133845aa
止む無く、昨年同様福生駅から第五ゲートまで歩く。
こちらは行列はなかったものの駅から入場まで1時間近くを要す。
近年は写真付き身分証明書が必須なのでその影響もあるのかも知れぬが、それにしてもハードルが高くなった。
IMGP5516aa
それはさておき、14時半過ぎに無事入場。
地上展示は例年並みの機種。
IMGP0001a
IMGP0005a
IMGP0016a
IMGP0020a
IMGP0023aa
IMGP0047a
IMGP5530aa
IMGP5533aa
IMGP5541aa
IMGP5573aa
IMGP5579aa
流石に昨年のような友好祭最中に大統領専用機が着陸してくる特段なサプライズはなかった。
ただG7サミットが広島で行われていて、夕方、予備機のC-32A政府専用機らしき機体が離陸していった。
IMGP0051b
IMGP0054a
いつものようにAFNブースで新作Tシャツ購入。
IMGP5520aa
IMG_20230521_184547aa
例の如く甘いチェリーチーズケーキと直輸入?のモンスタードリンクを購入し、アメリカンな祭りに浸る。
IMGP5635aa
IMG_20230521_175039aa
20時過ぎには花火打ち上げもあったのだが、所用で19時前に基地を離脱。
IMGP5638aa

余談だが先日受信報告を出したAFN東京から間を置かず返信あり。
ベリカードではなかったがステッカーと礼状が同封されていた。
IMG_20230529_234233aa

 

| | コメント (0)

移動運用その345/埼玉県秩父郡長瀞玉淀県立自然公園POTA JA-1148(2023年5月13~14日)

5月13~14日の週末にPOTA移動運用も兼ねて秩父方面に一泊キャンプを実施。

今回はキャンプといっても持参テントではなく、キャンプ場備え付けのトレーラーハウスを利用した。
そのため荷物容量はかなり軽減。但し料金はテント泊に比べて3倍近い(一泊13500円)。
往路は予め予約しておいた熊谷駅10時15分発秩父鉄道C58SLパレオエクスプレスに(乗車SL指定1100円+長瀞までの運賃780円)乗車。合わせて秩父鉄道主催のスタンプラリーもいくつかチャレンジ。
今回のSLは「埼玉ご当地ヒーローズ」という企画で、戦隊コスチュームの面々が乗り合わせていた。
IMG_20230513_100602aa
IMGP5330aa
IMGP5319aa
席はほぼ満席。
車窓からはSLの煙が流れる。残念ながら天候は曇り時々雨の空模様で写真映えがしない。
IMGP5342aa
IMGP5361aa
11時33分、長瀞着。SLは終点の三峰口まで運行されるがここで下車。長瀞駅は昨年12月にも宝登山移動運用の際、訪れている。

IMGP5370aa
「SLパレオエクスプレス35周年記念」スタンプラリーはSL車内と熊谷駅、長瀞駅三つ捺印で「アクリルキーフォルダー」を貰えるので長瀞駅で引き換え。
一方、「おでかけスタンプラリー」のほうは、SL車内含め、観光地を少なくとも三つ回らなければならない。
折角なので前回は赴かなかった名物「長瀞の川下り」に参加。乗船料2000円。
スタンプラリーポイントの一つにもなっている案内所で捺印。
IMGP5378aa
長瀞駅から少し下って荒川の船着き場より乗船。
IMGP5380aa
救命胴衣と雨合羽を着込む。
雨がパラついていたので水しぶき以前に濡れてしまった。

IMGP5393aa
約20分程の川下り。水量もそれ程でもなかったので緩やかな行程。
途中、ラフティングのボートも見かける。
IMGP5395aa
ゴールの船着き場に到着後、バスで再び長瀞駅に戻る。
徒歩で次のスタンプラリーポイントの「ガーデンハウス有隣」に向かい、蕎麦の昼食。
IMG_20230513_131515
長瀞駅に折り返し、暫く買い出し等で時間を潰して15時過ぎの電車でキャンプ場のある親鼻駅へ向かう。
駅から徒歩15分程度で現地着。
場所は「ウォーターパーク長瀞」。
秩父郡皆野町に位置し、長瀞玉淀県立自然公園(POTA JA-1148)エリア内。
15時30分にチェックイン。
受付で薪と木炭を購入し、予約したトレーラーハウスで荷物を下ろす。
炊飯やBBQ、焚火の準備と共に移動運用の為のWWRアンテナも上げる。
IMGP5410aa
IMGP5415aa
IMGP5418aa
IMG_20230513_183710_1aa
時折雨が降る天候が続いていたが、何とか薪に火が灯いてくれた。
メスティンでご飯を炊き、ウインナー、カルビ、ピーマンでバーベキュー。
IMGP5432aa
IMGP5427aa
長瀞駅で買った秩父産ワインを飲みつつ、7MHzで電信。
IMGP5439aa
IMG_20230513_192414aa
21時までに何とかアクティベート完了。
ランタンを忘れたので雰囲気が今一つだったものの、キャンプ移動運用の時間の過ごし方のコツが少しづつ身についてきた感じ。
夜半はやや寒かったが木炭がいい感じに燃え続け、暖が取れた。
IMG_20230513_212549aa
IMGP5458aa
トレーラーハウスには寝具はもとより、冷蔵庫、エアコン、ホットプレートが備え付けられているのでテント泊のようなワイルド感はないが、その分楽は出来る。
特に悪天の時は尚更。
22時過ぎ、就寝。

 

翌朝、6時半に起床。
天気は日差しが出たり、雨が降ったりと不安定な天候が続く。
IMG_20230514_074940aa
7時半前より、朝食とコーヒーをとりながら7MHzCWにQRV.
IMG_20230514_075043aa
POTAのアクティベートは世界標準時単位なので日本標準時の午前9時までは前日17時半からのQRVも1日分として集計できる。
朝方のほうが7MHzレスポンスが良い。
約45分間で17局程交信頂き、昨晩と合わせて29局とQSO出来た。
朝食後、後片付け。
11時前にキャンプ場をチェックアウト。
親鼻駅から長瀞駅へ戻り、ロープーウェイで宝登山(往復券大人830円)へ。
IMGP5483aa
因みに長瀞駅から宝登山麓までは土日祭日無料送迎バスが15~30分間隔位で運行されている。
この山は昨年12月にも赴き、移動運用も実施したが今回スタンプラリーチェックポイントが山頂駅と小動物園に設置されているため、再びの訪問。
途中、展望食堂でFM受信状況をVX-3でモニター。
IMGP5489aa
IMGP5492aa
秩父、深谷、本庄、熊谷などの各CFMを受信(表参照)。

 

 


埼玉県秩父郡長瀞町宝登山でのFM局受信リスト
受信日/2023年5月14日1150JST・受信機/スタンダードVX-3・アンテナ/イヤフォーンアンテナ
(NHKは周波数リストより受信可能な局を推定。民放、CFMもID、番組名、CM等で確認できない場合は備考に推定と明記)
周波数(MHz) 局名 信号強度(5段階)
備考
76.4 レディオベリー(宇都宮)   <推定>
76.7 フラワーレディオ(鴻巣)
5
<推定>
76.9 いせさきFM(伊勢崎市)
4
<推定>
77.5 NACK5(秩父)
5
<推定> 
78.0 BAYFM(千葉)
5
<推定>
78.3 レディオベリー(足利)
5
<推定>
79.0 ちちぶFM(秩父市)
5
 1147J/天気予報(女声)
79.5 NACK5(さいたま)
5
<推定> 
80.0 TOKYO FM(東京タワー)
5
<推定> 
80.3 NHK宇都宮
5
 
80.7 NHK千葉
5
 
81.3 J-WAVE(スカイツリー)
5
 
81.6 NHK前橋
4
 
82.5 NHK東京
5
 
82.9 NHK葛生
5
 
83.2 NHK水戸
5
 
83.5 NHK秩父
5
 
84.7 横浜FM(大山)
4
<推定> 
85.1 NHKさいたま
5
 
85.3 NHK<不明局>
4
 
86.3 FM群馬(前橋)
3
<推定> 
86.6 TOKYO FM(檜原)
 3
<推定> 
86.8 こしがやFM(越谷市)
 4
<推定>
87.6 FM熊谷(熊谷市)
5
1212J/SLパレオ秩父駅到着(男声)
1214J/曲(寺内武) 
88.1 茨城放送補完(つくば)
4
<推定> 
88.5 FMふかっちゃん(深谷市)
4
1208J/ロコパラ 
89.3 ほんじょうFM(本庄市)
4
1200J/サンデーレディオモーメント(ジュン)
1202J/本庄総合公園中継 
89.7 インターFM(スカイツリー)
5
<推定> 
90.5 TBS補完(スカイツリー)
5
<推定> 
91.1 CRT補完(足利)
4
<推定> 
91.6  文化放送補完(スカイツリー)
5
<推定> 
93.0 ニッポン放送補完(スカイツリー)
5
<推定> 
93.4 CRT補完(葛生)
4
<推定> 
94.6 茨城放送補完(水戸)
5
<推定> 
       
       
   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、小動物公園へ。入場料500円。

IMGP5495aa
兎やラマや猿が飼われて餌も与える事が出来る。
園内でスタンプ捺印を済ませ、POTA/SOTA移動運用の為、13時過ぎに山頂へ。
IMGP5499aa
今回はRH770アンテナで2mと430FMにQRV.
IMG_20230514_132037aa
時々小雨の空模様だったがHAMTTEパーティー参加局含め、近隣市町村からお呼び掛け頂く。
また昨年の原画展に来て頂いた局長様ともQSO。
何とか1時間10分程で12局と交信しアクティベート完了。
15時前に山頂を撤収。
交信分のカードとラリー台紙に宝登山ロープーウェイ山頂駅のスタンプを捺印し、15時半の便で下山。
トリックアート館のスタンプが捺し残っていたが1000円の入場料を払ってまで観る程関心がなかったので、此処は結局スルーし、送迎バスで長瀞駅に戻る。
電車の時間まで駅前土産屋で買った蕎麦粉のたい焼きで少チャージ。
IMGP5508aa
観光案内所で「おでかけスタンプラリー」3箇所捺印分の景品を貰ったりで時間を潰す。
17時台の電車でお花畑駅へ。
西武秩父「祭りの湯」で今回の移動運用を締める。
20時24分発の特急「ラビュー」で帰投。
今回は曇り時々雨のあいにくの天候だったが、大凡二日間のPOTA、SOTA移動運用の予定は完遂。
但し半分観光も含めたのでかなりの出費を強いた。
IMG_20230518_112703aa
IMG_20230517_201352aa
スタンプラリーに関しては中途半端で終わってしまった。
景品は捺印分交換出来たものの、SLは途中下車だったので全ての駅で捺せず、「おでかけ」のほうは施設に入る料金を払わないと捺せないのでコンプリートまで至らず。
IMG_20230517_171729aa
IMG_20230518_105955aa
各局様交信ありがとうございました。

交信データ
移動地/ 埼玉県秩父郡皆野町「ウオーターパーク長瀞」長瀞玉淀県立自然公園JCG#13007I(POTA JA-1148)標高155m 
交信日時/2023年5月13~14日
交信時間/13日・1749~2059JST
     14日・0742~0830
JST
周波数/3.5・7MHz
モード/CW
天候/曇り時々雨
無線機/IC-705
アンテナ/WWR
出力/1~5W
延べ交信局数/29
3.5MHz1(CW1)・7MHz28(CW28)
交信相手エリア/
1エリア/10(栃木県鹿沼市他)
2エリア/3
3エリア/3
4エリア/3(広島県呉市、山口県山陽小野田市、岡山県美作市
5エリア/3(徳島県鳴門市他
6エリア/0
7エリア/0
8エリア/0
9エリア/5(福井県鯖江市他
0エリア/2
Screenshot_2023-05-13aa

交信データ
移動地/埼玉県秩父郡長瀞町宝登山移動JCG#13007C GL:PM96NC(POTA/JA-1148・SOTA JA/ST-019)標高495m
交信日時/2023年5月14
交信時間/1336~1447JST
周波数/144・430MHz
モード/CW・FM
天候/曇り時々雨
無線機/IC-705・VX-3
アンテナ/RH-770
出力/0.5~5W
延べ交信局数/12
144MHz1(CW1)・430MHz11(FM11)
交信相手エリア/
東京都/2(日野市、国分寺市
埼玉県/7(春日部市、東松山市、秩父市、久喜市、入間郡、大里郡寄居町、比企郡川島町
群馬県/2太田市、邑楽郡邑楽町
<未確認>1
Screenshot_2023-05-14aa

 

 

 

| | コメント (0)

移動運用その344/「キャンプ・サウス・ドレイク」跡地POTA登録3公園移動(2023年5月4日)

5月4日「みどりの日」にPOTA移動運用。
今回は東京都練馬区と埼玉県新座市、和光市に跨り、隣接する大泉中央公園(JA-1224)、新座緑道(JA-1835)、和光樹林公園(JA-1165)三つのPOTA登録公園をアクティベートする計画を立てる。
この領域は戦前、旧陸軍予科士官学校や被服本廠朝霞出張所があった場所。
戦後、占領軍に接収され、米陸軍「キャンプ・ドレイク」となる。
川越街道を挟んで北側が「キャンプ・ノース」、南側が「キャンプ・サウス」と呼称された。
主に米陸軍第1騎兵師団等が駐屯し、1950年の朝鮮戦争、1965年のベトナム戦争ではそれぞれこの「キャンプ・ドレイク」から派兵、野戦病院として後方支援を担当していた。
1973~1986年に掛けて米軍の機能移転に伴い順次日本側に返還され、跡地には陸上自衛隊朝霞駐屯地や理化学研究所等が入居。
2023年現在では「キャンプ・サウス」東側にある米軍極東放送FEN(現在のAFN)TOKYOの送信所のみを残して、ほぼ全面返還されている。

〇2019年10月1日の航空写真
CKT20192-C41-59a
(出典:国土地理院ウェブサイト画像を基にJH1EAF製作)
整理番号/CKT20192・コース番号/C41・写真番号/59
撮影年月日/2019/10/01(令1)・撮影地域/埼玉
撮影高度(m)/2794
撮影計画機関/国土地理院
市区町村名/和光市
今回、移動運用した三つの公園は「キャンプ・サウス」南端に位置し、跡地利用計画に基づき1989~1993年に掛けて開園した。
直近の航空写真で今回の移動運用場所を赤い丸で示す。
例によって国土地理院の航空写真を参考にこの辺りの遍歴を調べてみる。

〇1944年11月7日の航空写真

8921-C4-77a
(出典:国土地理院ウェブサイト画像を基にJH1EAF製作)
整理番号 /8921・コース番号C4・写真番号/77
撮影年月日/1944/11/07(昭19)・撮影地域/東京・横浜
撮影計画機関/陸軍
市区町村名/練馬区
1930年代、この辺りは「東京ゴルフ倶楽部」のゴルフコースだった。
その後、旧陸軍予科士官学校が移転。陸軍被服本廠朝霞出張所も設けられて朝霞周辺は「軍都」となる。
赤い丸印は今回移動運用した大凡の場所。
当時は予科士官学校の敷地の一部だったが特段目立つ建物も樹木もなく、旧ゴルフ場の頃から余り手を入れていないエリアのようだ。

 

〇1947年10月24日の航空写真
USA-R360-4a
(出典:国土地理院ウェブサイト画像を基にJH1EAF製作)
整理番号/USA・
コース番号/R360・写真番号/4
撮影年月日/1947/10/24(昭22)・撮影地域/東京西北部
撮影高度(m)/1829
撮影計画機関/米軍
市区町村名/和光市
戦後、進駐軍が旧陸軍予科士官学校を接収し、「キャンプ・ドレイク」となる。
現在の公園部分は「キャンプ・サウス」の南端で米兵のリクレーション施設としてゴルフ場が整備されていたようだ。
つまり、戦前の施設をそのまま使っていたのかもしれない。
既にFEN(現AFN)の送信鉄塔らしきものが見える。
当時、FENの原型である米軍極東放送はNHK東京放送会館の一部を接収してWVTRを開局。送信設備もNHKのものを使っていたと推測する。
ウェキペディアによると当時の「キャンプ・ドレイク」には「リトルペンタゴン」と呼ばれる第500情報団本部や米陸軍戦略陸軍通信隊(STARCOM)の主要中継局舎が作られ、これに付随した送信アンテナは桃手地区(現:和光市 南地区)に建設された。名称もFEN東京となるとあるので、すでに送信施設は完成していたのかもしれない。
因みにFEN送信所の西隣には「モモテハイツ」という米兵住宅エリアがあった。
今でも和光市のこの辺りには「桃手通り」が存在する。

 

〇1956年3月10日の航空写真
USA-M324-290a
(出典:国土地理院ウェブサイト画像を基にJH1EAF製作)
整理番号/USA・コース番号/M324・写真番号/290
撮影年月日/1956/03/10(昭31)・撮影地域/東京西北部
撮影高度(m)/3048
撮影計画機関/米軍
市区町村名/和光市
「キャンプ・ドレイク」全景。
大和田通信施設や府中基地などと同じく、接収した旧軍施設をほぼそのまま残して利用していることが解る。
当時、川越街道周辺は「埼玉の上海」と呼称され、米兵相手の歓楽街が形成され、治安や風紀も悪かったらしい。
一方、FEN米軍極東放送は講和後、NHK東京放送会館から撤収し1953年までに局舎も全て「キャンプ・ドレイク」に移転している。
2本のアンテナ位置も現在とほぼ変わらない様だ。
「キャンプ・サウス」の南端に大きな変化は見られない。

 

〇1966年10月22日の航空写真
MKT666X-C3-8a
(出典:国土地理院ウェブサイト画像を基にJH1EAF製作)
整理番号/MKT666X・コース番号/C3・写真番号/8
撮影年月日/1966/10/22(昭41)・撮影地域/東京西北部
撮影高度(m)/3100
撮影計画機関/国土地理院
市区町村名/和光市
1959年にこれまで米陸軍第8軍管轄だったFENは米第5空軍に移管。
1960年には陸上自衛隊が南地区に駐屯。朝霞駐屯地となる。
ベトナム戦争時にはキャンプ内に野戦病院部隊も配置され、横田基地からヘリで戦傷兵や戦死者も運び込まれて、遺体処理は日本人従業員に委託されたという。1960年代後半の反戦学生運動の盛り上がりに相まって周辺ではデモも盛んに行われた。
一方、3箇所の公園付近は相変わらず大きな変化がない。

 

〇1979年11月14日の航空写真
CKT794-C5A-14a
(出典:国土地理院ウェブサイト画像を基にJH1EAF製作)
整理番号/CKT794・コース番号/C5A・写真番号/14
撮影年月日/1979/11/14(昭54)・撮影地域/東京
撮影高度(m)/2100
撮影計画機関/国土地理院
市区町村名/練馬区
「キャンプ・ドレイク」南地区は「関東平野合衆国空軍施設整理統合計画(KPCP/通称・関東計画)」によって1973年より順次返還が進み、後に公園となるゴルフ場などのリクレーション施設地域は1973年6月に返還された。
しかし、返還6年後の1979年時点でも公園整備されている様子はなく、大泉中央公園と和光樹林公園を隔てる都県境の車道もまだ存在せず、すすき草地で手付かず状態のまま。この時点では整備計画が未定だったのだろう。
因みにFENは1978年5月に「キャンプ・ドレイク」を離れ、送信所を除いて横田基地に引っ越した。

〇1992年11月2日の航空写真
CKT921-C2-21a
(出典:国土地理院ウェブサイト画像を基にJH1EAF製作)
整理番号/CKT921・コース番号/C2・写真番号/21
撮影年月日/1992/11/02(平4)・撮影地域/東京首部
撮影高度(m)/1580
撮影計画機関/国土地理院
市区町村名/和光市
「キャンプ・ドレイク」返還後、1990年代前後には跡地利用が本格化。
かつて「モモテハイツ」のあった場所には理化学研究所の他、公団住宅、学校、公園等が次々移転建築。
都県境の道も整備され、和光樹林公園は1989年、大泉中央公園は1990年、新座緑道は1993年にそれぞれ開園した。
また和光樹林公園東側には外環自動車道も建設される。

 

〇2007年4月29日の航空写真
CKT20071-C24-44a
(出典:国土地理院ウェブサイト画像を基にJH1EAF製作)
整理番号/CKT20071・コース番号/C24・写真番号/44
撮影年月日/2007/04/29(平19)・撮影地域/さいたま
撮影高度(m)/1920
撮影計画機関/国土地理院
市区町村名/和光市
1997年、FENはAFN(American Forces Network) に統合。名称もAFN TOKYOに。
2006年にアンテナが建て替えられた。
この頃の和光樹林公園は草地から一転、鬱蒼とした森状態となる。
その後、間伐作業をしたのか2019年頃の多目的広場には芝地も増えた。


〇「キャンプ・ノース・ドレイク」の痕跡
1956年3月10日
USA-M324-290b
(出典:国土地理院ウェブサイト画像を基にJH1EAF製作)
整理番号/USA・コース番号/M324・写真番号/290
撮影年月日/1956/03/10(昭31)・撮影地域/東京西北部
撮影高度(m)/3048
撮影計画機関/米軍
市区町村名/和光市

2019年10月1日
CKT20192-C42-55a
(出典:国土地理院ウェブサイト画像を基にJH1EAF製作)
整理番号/CKT20192・コース番号/C42・写真番号/55
撮影年月日/2019/10/01(令1)・撮影地域/埼玉
撮影高度(m)/2786
撮影計画機関/国土地理院
市区町村名/朝霞市
今回、移動運用した場所は「キャンプ・サウス・ドレイク」エリアだったが、川越街道北側の「キャンプ・ノース・ドレイク」エリアのほうは今でも跡地利用が保留のまま残っている領域がある。
米軍基地跡地お馴染みの「森の中に沈む廃墟」だ。
米軍からは全面返還されていたものの、利用計画が二転三転し、決まっていた公務員住宅計画も事業仕分けで頓挫。
結果的に「キャンプ・ドレイク」の痕跡を残し続ける稀有なエリアとなっている。
残念ながら立ち入りは禁止されているため、フェンス越しにしか垣間見る事が出来ない。
かつて「リトル・ペンタゴン」と呼称された建物があった場所も「朝霞の森」として暫定利用されているようで痕跡すら残っていない。
遅かれ早かれ、この保留地も何かしらの事業計画によって更地にされ、跡形もなく消え去ってしまうのだろう。


〇FENベリカード
FEN_19861030aa
FEN_19861030aaa

受信年月日/1986年10月30日
受信時間/1500~1535UTC(0000~0035JST)
周波数/3910KHz
SINPO33333
受信内容/East of Midnight
受信機/SONY ICF 2001D
受信地/東京都杉並区

FEN TOKYO は1990年代頃まで中波810KHzに加えて短波帯でも放送していた。
●FEN TOKYO 周波数
810KHz

3910KHz
6155KHz
11750KHz
15260KHz

(日本BCL連盟刊「短波別冊BCL年鑑1983年版」による)
「FENハンドブック」によると短波送信アンテナの場所は中波と同じく、この「キャンプ・ドレイク」に存在した。
当時は、オーストラリア、ニュージーランド、北米、北欧、アフリカからも受信レポートが寄せられたという。
なお、キャンプ・ドレイク時代のFENに関してはoldradio.net】『進駐軍放送物語WVTR&FEN』に興味深い記録が記されている。

主な参考文献/
●ウィキペディア
●「基地の町朝霞」基地の町 朝霞 | 東上沿線物語 (tojoshinbun.com)
●FENハンドブック(群雄社出版・1983年)


〇当日の運用
GW中盤の天気はFBでこの日も晴天。気温も暑い位。
常置場所最寄り駅から大泉中央公園公園直近バス停の長久保まで直行の路線バスが出ているのでこれを利用する。
1時間20分程で長久保着。
IMGP5264aa
徒歩数分で大泉中央公園へ。
IMGP5265aa
IMGP5266aa
IMGP5267aa
正午過ぎより「樹林広場」というエリアからWWRアンテナを立てて運用開始。
IMGP5272aa
IMG_20230504_131040aa
HF7、21MHzCWモード中心に運用。
思ったより応答局がなく、アクティベートに手間取る。
静岡コンテスト、HAMTTEパーティー参加局を呼び回り、更に中国内モンゴル局とも交信。
14時50分頃までに延べ12局QSO.
都県境で隣接する和光樹林公園とは100フィート以内であれば2-ferも可能であったが微妙な距離。
15時前に撤収し、次の移動地、新座緑道に向かう。
IMGP5278aa
IMGP5285aa
県境の車道を渡り、朝霞駐屯地沿いに西へ向かう。
駐屯地正門辺りまでは東京都内で大泉中央公園領内なので注意。
IMGP5287aa
IMGP5289aa
暫く進むと新座市に入り、緑道の看板がある。
IMGP5292aa
緑道内はベンチや東屋が設置されているが、フェンスの向こう側が自衛隊施設なので気を遣う。
IMGP5293aa
IMGP5297aa
速やかに処理すべく東屋隣のベンチで16時前より運用開始。
IMG_20230504_161455aa
標高もない平地道沿いのロケーションなのでQRPホイップアンテナだとアクティベーションは難航しそう。
案の定、30分経ってもHFと2mCWで2局交信に留まる。
430FMにQSYし、16時半過ぎにいつもお繋ぎ頂く板橋区のPOTAハンター局と交信。ご厚意によりバンド、モード替えで延べ局数を増やしていただいた。
更に直後に練馬区の近距離局からお声掛け頂き、同様にバンド、モード替えで交信頂き、何とか17時過ぎまでにアクティベーションを終える事が出来た。
TNX QSO。
新座緑地撤収後、車道を戻り、残る和光樹林公園へ。
IMGP5286aa
何故か樹林の中は立ち入りが出来ない。
夕方、園内芝地には犬の散歩利用者が目立つ。
そんな中でレジャーシートを敷き、17時40分過ぎから430FMでQRV。

IMG_20230504_173851aa
18時半過ぎまでにPARK TO PARK含め、何とかアクティベーション。
IMGP5304aa
帰り際、大泉中央公園で更にハンディー1Wで1局交信し、今回のPOTA攻略を終える。
AFN送信所にも行きたかったのだが、意外に距離が遠く、時間も暮れてしまったので次回に。
長久保バス停に戻り19時過ぎのバスで大泉学園駅経由で帰還。
各局交信ありがとうございました。

交信データ
移動地/東京都練馬区大泉中央公園JCC#100120(POTA JA-1224)標高36.6m  
    埼玉県新座市新座緑道JCC#1330(POTA JA-1835)標高41m 
    埼玉県和光市和光樹林公園JCC#1329(POTA JA-1165)標高39m
交信日時/2023年5月4日
交信時間/1239~1858JST
周波数/7・21・144・430MHz
モード/CW、SSB、FM
天候/晴れ
無線機/IC-705、VX-3
アンテナ/WWR、RH-770、GAWANT7
出力/1~5W
延べ交信局数/33
7MHz11(CW11)・21MHz2(CW2)・144MHz6(CW1/SSB3/FM2)・430MHz14(SSB3/FM11)
交信相手エリア/
1エリア/22
東京都/17(板橋区×8、練馬区×5、東久留米市×2、あきる野市、西東京市
埼玉県/2(さいたま市大宮区、朝霞市
千葉県/1山武郡芝山町)
<未確認>2
2エリア/3
3エリア/4(滋賀県高島市、和歌山県岩出市他
4エリア/1(岡山県津山市
5エリア/0
6エリア/0
7エリア/0
8エリア/0
9エリア/0
0エリア/2長野県東筑摩郡他)
海外/1(中国内モンゴル)
Screenshot_2023-05-04_niizaaa
Screenshot_2023-05-04aa
Screenshot_2023-05-04wako


 

| | コメント (0)

移動運用その343/町田市大戸緑地移動POTA JA-1261(2023年5月3日)

今年もゴールデンウイークが始まった。
ここ数年、「コロナ禍」という災いで外出するにも憚れたが、やっと周りを気にする必要がなくなった。
先月29日のALL JAは規約改定が解り辛く、結局参加せずスルー。
実質的にこの3日がGW最初の移動運用となった。
例年、有志による特定小電力トランシーバーによる交信実験も予定された日でもあるし、東京コンテスト開催日。
今回の移動場所は町田市西端に位置する大戸緑地(POTA JA-1261)。
IMGP5238aa
相模原市との境に近く、城山湖のやや北東。JR高尾駅の南。西端は以前移動運用したことのある草戸山。
東京ドームの29倍以上の広大な土地に70種類近い希少生物や植物が生息しているという。
この日は所用で起点は新宿駅から。
京王線でめじろ台下車。
「法政大学」行きバスで終点で乗り換え、「大戸」行きバスで「青少年センター入口」下車徒歩5分。
ところがスマホでの検索が間違っていてめじろ台駅で乗り換えミス。予定の「法政大学」行きバス一本に乗り遅れ、乗り継ぎに失敗。
「大戸」行きの次のバスが40分後。
止むを得ず、徒歩で「青少年センター入口」へ向かう。徒歩20分の所要時間。
それでもバスを待っているよりは早い。
IMGP5235aa
IMGP5236aa
IMGP5237aa
バス停から更に徒歩5分程で公園入口に到着。
ここから約10分程歩けば「雨乞いの場の碑」という眺望の利くピークに出られるのだが、もう正午を回っているため時間も惜しく、数分で登れる直近の「大戸のおか」で移動運用することに。
IMGP5240aa
IMG_20230503_145614aa
ここも標高224mで一つのピークなのだが樹木が生い茂って眺望が効かない。
IMG_20230503_145653_1aa
IMGP5242aa
僅かに橋本方面と都心が覗える。
広いベンチがあったので此処をお借りし、13時過ぎからQRV.
IMGP5260aa
IMG_20230503_150137aa
今年は暑い日が多く、季節の進み方が早くてもう蚊が出てきた。
今回は久しぶりに6mポケットDPを持参。
144と50MHzCWメインに東京コンテスト呼び回りとCQを出して交信。
場所柄、神奈川県の局と多く繋がる。
16時過ぎまでに42局と交信出来た。
新しい電鍵‎MCT-06はデザインはよいのだが、バネが固く、暫く連続して打っていると指が痛くなる。またカチカチと音が響くのも難。
まだまだ慣れと調整が必要か。
一方、特小でも折を見てCQ、ワッチするもノーメリット。業務交信すら聞こえず。
IMGP5256aa
標高220m程度では交信は難しかったか。
16時過ぎに「大戸のおか」を撤収。
この時間帯、橋本行きのバスは1時間に1本程度しかないので急いでバス停まで下りる。
帰りは橋本駅まで行かず、途中、横浜線相原駅から八王子経由で帰投。
IMGP5263aa
こちらのほうが楽で速かった。
各局交信ありがとうございました。

交信データ
移動地/東京都町田市大戸緑地JCC#1010(POTA JA-1261)標高224m  
交信日時/2023年5月3日
交信時間/1308~1604JST
周波数/7・21・28・144・50・430MHz
モード/CW・FM
天候/晴れ
無線機/IC-705・VX-3
アンテナ/GAWANT7・
GAWANT・RH-770・ポケットDP
出力/0.5~5W
延べ交信局数/42
7MHz1(CW1)、21MHz2(CW2)、28MHz3(CW3)、50MHz11(CW11)、144MHz24(CW24)、430MHz1(FM1)
交信相手エリア/
東京都/19(練馬区、渋谷区、豊島区、品川区、調布市、大田区、府中市×4、武蔵野市、稲城市、西東京市、あきる野市、八王子市×3、日野市×2
神奈川県/14
埼玉県/3
千葉県/2
茨城県/1
山梨県/1
宮城県/1仙台市若林区
沖縄県/1

 

| | コメント (0)

« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »