« 2023年1月 | トップページ | 2023年3月 »

2023年2月

「2023年度JR東日本 懐かしの駅スタンプラリー」連動POTA移動運用その3・八王子市小宮公園(2023年2月26日)

「JR東日本 懐かしの駅スタンプラリー」連動POTA移動運用企画第3弾は八王子市小宮公園。
IMGP4233aa
JR八王子駅の北、多摩川と浅川に挟まれた加住丘陵南側東端に位置する標高160m程のひよどり山と呼称された場所に1986年、都立公園として開園。
小宮公園
公園の真下にバイパス「ひよどり山トンネル」が通っている。
アクセスはJR八王子駅北口バスターミナル2番「バイパス経由宇津木台」行きで「八王子郵便局」下車、徒歩約10分。
IMGP4206aa
IMGP4209aa
IMGP4210aa
バス停から階段の小径を登ると富士山も覗えた。
IMGP4211aa
IMGP4213aa
公園到着は午前11時10分。
IMGP4214aa
IMGP4216aa
入口から数分歩くと広い芝地があったのでここで運用することに。
WWRアンテナを上げて40mバンドから11時40分過ぎよりQRV。
冬晴れだったが季節風が強く、アンテナが撓るほど。
IMGP4220aa
気温は10度ほどだったが日差しがあったので何とか凌げた。
IMGP4221aa
IMG_20230226_114803aa
正午過ぎよりCQを出し、1時間ほどでアクティベーション完了。
13時過ぎまで40mにQRVし、17局と交信頂いた。
その後、バンドを変えて6mにQSY.
知人が大田原市移動で出ていたのだが信号が弱い。
WWRアンテナではアンテナチューナーでマッチングを取っても交信に至らず。
最近、荷物軽量化を図るため6m用ポケットDP用のケーブルは持参しておらず、HF帯より上のアンテナはコンパクトな144、430MHz用RH770に絞っている。
そのためどうしても50MHz帯に出る機会が少なくなってしまった。
今回、6mでは川崎市麻生区移動一局のみ、お呼び掛けで交信。
14時半過ぎに2mへQSY。CWモードでCQを出し、国立市の固定局とQSO。
15時前に撤収。
交信数は延べ19局。
JR八王子駅に戻り、「JR東日本 懐かしの駅スタンプラリー」用駅スタンプを交信分捺印。
IMGP4235aa
IMGP4234aa
スタンプラリーも終盤の為か行列もなく、速やかに処理出来た。
各局様、QSOありがとうございました。

交信データ
移動地/東京都八王子市小宮公園JCC#1002(POTA JA-1265)標高160m  
交信日時/2023年2月26日
交信時間/1149~1431JST
周波数/7・50・144MHz
モード/CW・SSB
天候/晴れ
無線機/IC-705
アンテナ/WWR・RH-770
出力/5W
延べ交信局数/19
7MHz17(CW17)・50MHz1(SSB1)・144MHz1(CW1)
交信相手エリア/
1エリア/8(東京都国立市、神奈川県座間市、川崎市麻生区他)
2エリア/3(愛知県名古屋市名東区他)
3エリア/1
4エリア/0
5エリア/0
6エリア/0
7エリア/2山形県西置賜郡白鷹町他)
8エリア/0
9エリア/3
0エリア/2
Screenshot_2023-02-26


 

| | コメント (0)

「2023年度JR東日本 懐かしの駅スタンプラリー」連動POTA移動運用その2・品川区大井ふ頭POTA登録4公園移動(2023年2月11日)

「JR東日本 懐かしの駅スタンプラリー」連動POTA移動運用企画第2弾を2月11日関東UHFコンテスト開催日に合わせて敢行した。
IMG_20230211_151524_1aa
このコンテストは運用場所変更可能なので開催中に複数の公園からオンエアすることが出来る。
昨年も同様の企画を実践し、都内三つのPOTA登録公園をアクティベーション。
コンテストのような多くの局がQRVするイベントを利用することでQRPで標高のない公園でも同日内に複数ヶ所をアクティベーションすることが可能になる。
0900~1500JSTという限られた時間内に出来るだけ多くの公園から運用するためには、複数の公園が徒歩圏内に密集している場所が好ましい。
都区内地図を見ながら検討した結果、JR品川駅を起点とした品川区八潮の大井ふ頭周辺に点在する以下の公園を渡り歩く計画を立案。
コンテナふ頭公園(POTA JA-1816)
みなとが丘ふ頭公園(POTA JA-1819)
大井ふ頭緑道公園(POTA JA-1824)
大井ふ頭中央海浜公園(POTA JA-1813)
このほかにもいくつか隣接する公園があるが、取り敢えずこの4か所をターゲットに絞る。

 

●コンテナふ頭公園(POTA JA-1816)
この公園は昨年2月に移動運用するも交信10局に達せず、アクティベーションを逃したポイント。
路側帯のような特異なスペース故に印象に残っている。
JR品川駅港南口バスターミナルより都バス(品98)「大田市場北」行きに乗って「第4バース」下車。
昨年は枯草が生い茂って荒れ野のような状態だったが、今回は公園全体が綺麗に草刈りされていた。
IMGP3988aa
IMGP3990aa
古い木製の看板は撤去されたのか、金属製の表示板に置き換わっている。
時間節約のためハンディーVX-3にRH-770で1wQRP430FM呼び回りでQRV。
IMGP4000
11時44分から12時7分まで、約20分強でアクティベーション完了。
昨年は4時間近く粘っても5局しか交信出来なかったから、やはりコンテストは効率が良い。
すぐさま撤収し、徒歩で次の「みなとが丘ふ頭公園」に向かう。

交信データ
移動地/
東京都品川区コンテナふ頭公園JCC#100109(POTA/JA-1816)標高5m
交信日時/2023年2月11日
交信時間/1144~1207JST
周波数/430MHz
モード/FM
天候/晴れ
無線機/VX-3
アンテナ/RH-770
出力/0.1~1W
延べ交信局数/11
430MHz11(FM11)
交信相手所在地/
東京都5(渋谷区、品川区、大田区、武蔵野市、町田市)
埼玉県1(比企郡)
神奈川県5横浜市港北区、緑区、伊勢原市、逗子市、愛甲郡
Screenshot_2023-02-11-11-39aa


●みなとが丘ふ頭公園(POTA JA-1819)
「コンテナふ頭公園」から徒歩で都道316号線の歩道を南下。
前方に見えるこんもりとした森が「みなとが丘ふ頭公園」。
12分程度で到着。
IMGP4007aa
1977年、東京港に面する16ヶ所の都立公園「東京港南部地区海上公園」の一つとして開園したという。
12時40分前より園内の小高くなった展望休憩スペースで運用開始。
IMGP4010aa
IMGP4011aa
元々埋立地なのでこの丘は人工的に作られたらしい。標高は20m位。
カシミール3D地図で見ると起伏がある事が解る。
みなとが丘ふ頭公園1
ここではIC-705とRH-770を使用し、430MHzCWモードQRPでコンテスト参加局呼び回り。
IMGP4013aa
IMG_20230211_131521aa
比較的見晴らしも良いのでコンスタントに繋がる。
アクティベートした後、CQを出してプラス2局でトータル12局。
所用時間約30分強。
13時15分頃、次の公園移動のため撤収開始。

交信データ
移動地/
東京都品川区
みなとが丘ふ頭公園JCC#100109(POTA JA-1819)標高20m
交信日時/2023年2月11日
交信時間/1239~1313JST
周波数/430MHz
モード/CW
天候/晴れ
無線機/IC-705
アンテナ/RH-770
出力/0.1~5W
延べ交信局数/12
430MHz12(CW12)
交信相手所在地/
東京都8(新宿区、荒川区、練馬区、調布市、日野市、豊島区、小金井市、八王子市)
千葉県2(千葉市美浜区、富津市)
神奈川県2横浜市都筑区×2
Screenshot_2023-02-11-12-36aa

●大井ふ頭緑道公園(POTA JA-1824)
「みなとが丘ふ頭公園」内を南下し、歩道橋経由で大井中央陸橋に出て西に向かう。
IMGP4018
IMGP4020aa
陸橋の下は新幹線の車庫。直下は柵があって視界が遮られるが、脇からドクターイエローが見えた。
IMGP4021aa
IMGP4022aa
IMGP4023
陸橋を渡り終えて階段を降りると「大井ふ頭緑道公園」(POTA JA-1824)の入り口。
IMGP4024aa
時刻は13時半を回っている。コンテスト終了まで1時間半。
13時45分頃からVX-3で430FM呼び回り。
眺望も利かない公園なのでコンテスト中に処理しないとアクティベート難しいロケーションだが、なかなか前の2公園のようにコンスタントに繋がらない。
14時20分過ぎからIC-705に切り替えて430CWで呼び回り、14時35分過ぎにやっとアクティベート。
IMGP4027
IMGP4029
IMGP4031
約50分掛かってしまった。

交信データ
移動地/
東京都品川区
大井ふ頭緑道公園JCC#100109(POTA JA-1824)標高6m
交信日時/2023年2月11日
交信時間/1345~1436JST
周波数/430MHz
モード/CW・FM
天候/晴れ
無線機/IC-705・VX-3
アンテナ/RH-770
出力/0.1~5W
延べ交信局数/11
430MHz11(FM6、CW5)
交信相手所在地/
東京都6(中野区、中央区、練馬区、大田区、町田市、立川市)
千葉県1(流山市)
神奈川県3川崎市宮前区×2、逗子市
茨城県1石岡市
Screenshot_2023-02-11-13-42aa

 

●大井ふ頭中央海浜公園(POTA JA-1813)
本日最後の目標、「大井ふ頭中央海浜公園」へ。
「大井ふ頭緑道公園」とは陸橋を挟んで隣接しているが距離が50m以上あるので2-ferは出来ないようだ。
この付近の埋め立て地公園は殆ど1970年代後半に開園している。
IMGP4032
IMGP4033
IMGP4034
京浜運河沿いの木製ベンチで運用することに。
対岸にはモノレールの大井競馬場前駅舎が見える。
日向なので暖かく、ロケーションも良い。猫の姿もよく見かけた。
IMGP4036aa
時刻は既に15時を回っており、関東UHFコンテストは終了。
純粋なPOTA移動で運用する。
IC-705+GAWANT7でHFを運用しながらVX-3+RH-770で430FMもモニターする。
IMGP4037
IMGP4038
IMGP4040
15時半から16時過ぎまで7、21、430MHzで延べ5局、呼び回りでQSO。
16時半過ぎから144MHz帯CWと430FMでCQを出すがなかなか応答がない。
17時前後にやっと都内固定局から430FMで2局応答頂く。
17時10分を回っても延べ7局。
再び7MHz帯CWモードにQRVして呼び回り。
17時半前に何とかトータル10局に達する。アクティベートまで2時間を要した。
京浜運河越しに陽が沈んでエモーショナルな黄昏風景。
IMGP4044aa
IMGP4049aa
真っ暗になる前に撤収開始。
京浜運河を渡り、東京モノレール大井競馬場前駅から帰路に就く。
なんとか計画通りに1日で4か所のアクティベート完了。
各局様交信ありがとうございました。
スタンプラリー連動移動企画なので、運用後、JR大井町駅とJR品川駅で交信分のQSLカードに「懐かしのスタンプラリー」用スタンプを捺印。
IMGP4053
因みに捺印の際は他のスタンプラリー参加者の迷惑にならぬよう、人が来ないタイミングを見計らってスタンプ処理を行う。
捺印中に参加者が来たら1枚捺す毎に並び直すよう心掛ける。
第3弾も近日中に移動予定です。

交信データ
移動地/
東京都品川区
大井ふ頭中央海浜公園JCC#100109(POTA JA-1813)標高2.3m
交信日時/2023年2月11日
交信時間/1529~1727JST
周波数/7・21・430MHz
モード/CW・FM
天候/晴れ
無線機/IC-705・VX-3
アンテナ/RH-770・GAWANT7
出力/1~5W
延べ交信局数/10
7MHz6(CW6)、21MHz1(CW1)、430MHz3(FM3)
交信相手所在地/
東京都3(品川区、港区、目黒区)
神奈川県1(横浜市港北区
栃木県1芳賀郡市貝町
大阪市1(西淀川区)
静岡県1(藤枝市)
富山県1(氷見市
新潟県1長岡市
大分県1(大竹市)
Screenshot_2023-02-11-15-11aa


 

| | コメント (0)

「2023年度JR東日本 懐かしの駅スタンプラリー」コンプリート作戦備忘録(2023年2月4~5日)

「2023年度JR東日本 懐かしの駅スタンプラリー」コンプリート作戦をSuica休日お出掛けパス(フリーエリア内の普通列車(快速含む)の普通自由席、東京臨海高速鉄道線全線、東京モノレール線全線がSuicaで乗り降り自由/大人2670円)を使い、2月4~5日に実施。
IMGP3835aa
既にPOTA連動移動運用等で16か所捺印を済ませていたが景品の数量限定もあるので早めに残りの場所も踏破しておきたかった。
コンプリート目的主体のラリーは時間との勝負なので、公園移動運用等はなし。
但し、昨年同様ハンディーVX-3を持参し、沿線からのCFM受信と430FMワッチは継続。
土曜日はJR中央線を西進し、八王子から横浜線で南下。横浜から小田原方面を攻めて、東海道本線を折り返し、品川までのスタンプ設置駅を攻略。
浜松町から東京モノレールで羽田空港第一ターミナルを処理。山手線に戻り、残り時間で都区内エリアを潰していく。
日曜日は常磐線方面と成田、千葉方面を回って総武線で東京まで戻り、ラリーを踏破する計画を立てた。

 

〇2月4日土曜日
午前11時19分に地元駅を出発。
出発が遅かったので予定通りに回れるかは微妙。
国立駅11時48分。
IMGP3863aa
立川駅11時55分。
IMGP3864aa
84.4MHzでFM立川受信するもネット番組。土日のCFMはミュージックバード等が多く、なかなか局名確認が難しい。
八王子駅12時29分。
IMGP3866aa
JR横浜線に乗り換え、ホームで77.5MHz八王子FMを受信するが、またもやネット番組で竹内まりあの曲が流れているだけ。
IMGP3867aa
快速で横浜方面へ。
13時過ぎ、83.9MHzFMさがみを橋本~相模原間で受信。
この局は自主製作の生番組。相模原市の天気予報が流れる。
更に町田~長津田~中山間で横浜市青葉区の84.1MHz、FMサルースに合わせるが電車内では僅かに男声2名位のトークが聴こえたのみで確認には至らず。
横浜駅到着後、13時44分にスタンプ捺印。かなりの行列。
IMGP3868aa
八王子駅から1時間15分経過していた。
駅地下街でチャージしようかと目星をつけていた店に向かうが、なかなか場所を見つけられない。
横浜駅周辺に土地勘もなく、スマホで調べても位置関係が複雑で右往左往しているうちに貴重な時間が過ぎていく。
やっと見つけた店は行列ですぐに入れそうになし。
結局、横浜駅でのチャージは断念。
骨折り損のくたびれ儲け。
30分近く無駄にした。
昼食抜きでラリー復帰。根岸線で大船方面に向かう。
モニターしていたVX-3に86.1MHzで横浜市中区の横浜マリンFMが入感。
桜木町駅で下車。
この駅はスタンプ設置駅ではないが連携する「エキナカ、エキソト篇」で駅すぐ隣のCIAL桜木町ANNEXにスタンプ台が設置されている。
14時35分に捺印。
IMGP3870aa
ここでは横浜マリンFMが良好に受信出来る。「本牧ヤグチ」という自社制作番組。
IMGP3875aa
受信エリアは比較的広く、根岸線の横浜~洋光台辺りまで聴こえていた。
根岸駅スタンプ15時2分。
IMGP3878aa
大船駅15時28分。ここも行列。
IMGP3880
IMGP3881aa
東海道本線で平塚駅16時1分。これまた行列。
IMGP3882aa
もう陽が傾きかけてきた。
大磯~二宮間で85.6MHz湘南マジックウェーブを受信。
IMGP3883aa
自社制作のバラエティートーク番組が断片的に受信出来たが、エリアは余り広くはなさそうな印象。
更に鴨宮駅からは87.9MHzでFM小田原が入感。
スタンプラリー最西端の小田原に至ったのは16時32分。
IMGP3886aa
何も食べずにいたので流石に限界。
小田原駅のベックスコーヒーショップでチャージ。
線路が見下ろせる席でFM小田原を聴きながら食事をしていると430FMに平塚市の記念局8J1H90Tが入感。
IMGP3887aa
IMGP3891aa
IMGP3892aa
お呼びしてみたが交信には至らず、残念。
IMGP3894aa
IMGP3893aa
17時9分発高崎行き上野湘南ラインで都心方面へ戻る。
川崎駅18時16分。
IMGP3896aa
一旦折り返し、鶴見駅18時25分。
IMGP3898aa
蒲田駅18時42分。
IMGP3899aa
大井町駅18時55分。
IMGP3901aa
京浜東北線で浜松町、東京モノレール乗り換え、快速で羽田空港第一ターミナル駅に至ったのが19時33分。
IMGP3902aa
IMGP3904aa
新橋で一旦下車し、徒歩で「エキナカ、エキソト篇」の「OKUROJI日比谷」に向かい、捺印。
IMGP3905aa
IMGP3907aa
有楽町から山手線に乗車、東京で中央線乗り換え。
お茶の水駅20時33分。
IMGP3908aa
四谷駅20時42分。
IMGP3909aa
予定していた残りの都区内部分は諦め、明日に繰り越し、本日はここまでとする。
「エキナカ、エキソト篇」含め新たに17か所捺印。

 

〇2月5日日曜日
本日は都区内残り北東部と常磐線、成田線、総武線を踏破する計画。
この日も昼過ぎからラリー開始。
池袋駅12時35分。
IMGP3910aa
埼京線で赤羽駅12時50分。
IMGP3912aa
京浜東北線で東十条駅12時58分。昼前後の都区内駅はラリー参加者が多く、どこも行列。
7割方が単独男性、2.5割近くが親子連れ、残り0.5割り位が単独女性という印象。
IMGP3914aa
IMGP3915aa
田端駅12時11分。
IMGP3917aa
この辺りは駅ホームの両端の改札にスタンプが設置されているので無駄に歩かされる。
IMGP3919aa
日暮里駅13時18分。
ついでに「エキナカ、エキソト篇」の「エキュート日暮里」のスタンプも処理。
IMGP3920aa
ここから尾久に向かおうとしたが日暮里からは乗り換えできないことに暫く気が付かず、時間をロス。
単純な勘違いが多くて閉口。
尾久は後回しにして、常磐線コースに突入。
北千住駅13時47分。
IMGP3921aa
松戸駅14時2分。
IMGP3924aa
新松戸駅14時20分。
IMGP3926aa
柏駅14時34分。
IMGP3928aa
我孫子駅14時47分。
IMGP3931aa
取手駅15時09分。
IMGP3933aa
牛久駅15時31分。
IMGP3936aa
このコースはロスも少なく比較的順調に進む。
牛久駅で85.4MHzのFM牛久を受信。残念ながらミュージックバードの時間帯。
IMGP3938aa
ホームにて430FMに竜ケ崎市固定局が聴こえていたのでお声掛けしてQSO成立。
交信証にも牛久駅のラリースタンプを捺す。QSO TNX.
最北端の土浦駅には16時2分。
IMGP3942aa
駅売店にご当地キャラ?の幟。
IMGP3944aa
我孫子まで折り返し、成田線で成田へ。
電車は田園の中を暫し走る。車窓からは黄昏色の空。
IMGP3951aa
成田駅には17時32分。
IMGP3954aa
土浦からは1時間半も要した。
駅前のコンビニには人気アニメと地元仏閣がコラボしたお菓子が売っていた。
IMGP3956aa
成田から千葉へも30分近く掛かる。
千葉駅18時29分。
IMGP3960aa
総武線快速へはタイミング悪く乗れず、各駅停車で市川駅へ。
市川駅19時8分。
IMGP3962aa
ホームで83.0MHzの市川うららFMを受信。ローカル番組「ほげほげラジオ」。
IMGP3967aa
次の本八幡駅ではSINPO55555で良好。
総武線快速に乗って都心部へ。
錦糸町、両国は既に捺印済みだったので通過。
馬喰町駅19時29分。
IMGP3969aa
東京駅到着後、「銀の鈴」にある「エキナカ、エキソト篇」の「グランスタ東京」スタンプ捺印。
19時46分。
IMGP3970aa
IMGP3971aa
この地下街の本屋で扱っていたスタンプ帳特典は既に終了していた。
山手線で上野駅20時17分。
IMGP3972aa
この時間帯になるとどこの駅も行列はない。
上野湘南ラインで最後の尾久駅スタンプ捺印したのが20時29分。
IMGP3974aa
IMGP3975aa
ゴール店舗がある赤羽駅でコンプリート景品のメダルを確保して踏破完了。
IMGP3976aa
IMGP3977aa
430FMに足立区の固定局が出ていたのでお声掛け。JR赤羽駅前でQSOし、スタンプラリーを終える。QSO TNX.
IMGP3981aa
IMGP3983aa
空にはフルムーン。
「エキナカ、エキソト篇」含め、当日は20箇所捺印。
万世橋の「エキナカ、エキソト篇」スタンプは後日。
流石にオプションの「東北、信州周遊篇」は無理。
新幹線の新潟、仙台、長野駅スタンプを捺さねばならない。運賃はいくらかかるのだろう?
スタンプ用紙が帳面ではなく、大きい1枚紙だったので予め用紙を広げて推す面を探しておく手間が掛かったのが難。
今回はラリー路線図とスタンプ台配置場所リストをプリントしたペーパーを持参したので比較的ロスは少なかった。
それでもまだ迷うことも多々あったが、失敗含めて嗜むのがスタンプラリー。
効率やスピードを求め過ぎると余裕がなくなりストレスだけが溜まってしまう。
今回のラリー中、受信に挑んだCFMは基本的に常置場所であまりキャッチする機会がないか、初受信に限った。内、初受信局は横浜マリンFM、湘南マジックウェーブ、うしくFM の3局。
余談だが資料に持参した「ラジオ番組表」が2022年春版だったため、昨年10月に開局した横浜市金沢区の「金沢シーサイドFM」がリストに記載されておらず、受信を逸してしまった。常置場所では受信出来なかったので惜しい事をした。
アマ無線交信出来たのは2局のみだったが、後日POTA連動移動運用スタンプラリーを改めて計画予定。
IMG_20230206_171016aa
IMG_20230206_171222aa
IMG_20230206_171252aa
IMG_20230206_171347aa
IMG_20230206_171415aa
IMG_20230206_171448aa
IMG_20230206_171526aa
IMG_20230206_171611aa
IMG_20230206_171703aa
IMG_20230206_171753aa
IMG_20230206_172226aa

 

 



 

 

「2023年度JR東日本 懐かしの駅スタンプラリー」におけるコミュニティーFM放送受信リスト

 

受信日/2023年2月4~5日・受信機/スタンダードVX-3・アンテナ/イヤフォーンコード

周波数(MHz) 局名 受信地点エリア
84.4 FM立川(立川市)

JR立川駅
77.5 FM八王子(八王子市)
JR八王子駅
83.9 FMさがみ(相模原市)

JR横浜線橋本~町田間
86.1 横浜マリンFM(横浜市中区)
JR根岸線横浜~洋光台間
85.6 湘南マジックウェーブ(大磯町)

JR東海道本線大磯~二宮間
87.9 小田原FM(小田原市)

JR東海道本線鴨宮~小田原間
85.4 FM牛久
JR常磐線龍ヶ崎~ひたち野うしく間
83.0 市川うららFM(市川市)

JR総武本線西船橋~小岩間

 

 



 

| | コメント (0)

« 2023年1月 | トップページ | 2023年3月 »