« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »

2022年5月

移動運用その311/杉並区善福寺川緑地POTA/JA-1239(2022年5月29日)

晴れ渡って夏のような気温になった29日日曜日、夕方から時間が出来たので自宅から自転車で15分位の善福寺川緑地へPOTA運用。
ここは既に3月にアクティベート済みなのだが自宅から最も近いPOTA登録公園なので手軽にアクセス出来る。
IMG_20220529_170053
現地に着いたのは17時近く。
樹木の茂る芝地にレジャーシートを敷く。Esシーズンなので今回も6mポケットダイポール持参。
その6mから運用し始めるが、Esは開けておらず。近隣の移動局がCWモードで聞こえていたので2局ほどお声掛け。
HFではCWモードで「CQ WW WPX」というコンテストが開かれていたようで海外局が多く聞こえていたが、いずれも交信に至らず。
7MHz帯CWモードで国内移動局と一局のみQSO。
430FMでは新宿駅西口からQRVされていた局と交信、更に陣馬山移動局とP2Pでお繋ぎ頂く.18時40分過ぎから430FMでCQ.近隣の杉並、渋谷区局とQSOし、19時過ぎに何とか10局アクティベート完了。
IMG_20220529_190504
期待したEsは結局最後まで出ず、6mは全て地表波のみの交信で終わる。
各局様ありがとうございました。

Screenshot_2022-05-29-16-49-23-159_com.android.chrome
JA-1239

交信データ
移動地/
東京都杉並区善福寺川緑地JCC#100115(POTA JA-1239)標高39m

交信日時/2022年5月29日
交信時間/1654~1908JST
周波数/7・50・430MHz/CW・FM 
天候/晴れ
無線機/IC-705・VX-3
アンテナ/RH-770
GAWANT・GAWANT7
出力/0.5~5W
延べ交信局数/10
7MHz1(CW1)・50MHz3(CW3)・430MHz6(FM6)
交信相手所在地/
東京都(新宿区、渋谷区×2、杉並区×2、板橋区、八王子市景信山)
千葉県1(八街市)
神奈川県(横浜市港北区)
未確認1

 

| | コメント (0)

横田基地友好祭2022(2022年5月22日)

「コロナ禍」で中止になっていた米空軍横田基地での「フレンドシップデー」が3年振りに5月21~22日開催された。
IMGP1577aa
ほぼ毎年通っているイベント。
いつものルーティンワークだったのだが、今年は少々様相が違う。
まず、開催時期が5月に。これまでは夏季の8月か9月。猛烈な熱気の中、喘ぎながらエプロン上の航空機を撮影していたので季節的にかなり楽な反面、夏祭り的な雰囲気が失われるのは残念。
また、情報によると航空自衛隊のF-35も地上初展示されるらしい。
更に22日にバイデン大統領が来日。入国は横田基地を使うという噂。
となると友好祭の真っ最中にエアフォースワンが着陸するという事か?
これが本当なら結構なサプライズである。
ということで、今回はその22日に赴くこととした。
前日、21日の様子をSNSでチェックしてみたら何だか大変なことになっている。
天候が悪く、時々雨まで降っているにも拘わらず入場待機列が何キロも伸びて入場に数時間かかるとか?
これまで何十回も通っているが列が出来たとしてもせいぜい第5ゲート手前辺り。
それが拝島駅と東福生駅両方向に連なっているという。
手荷物検査で手間取っているのか、待機列の捌き方が悪いのか?
大統領来日があったとしても手際が悪すぎる。
米軍のイベントでは珍しい。自衛隊基地イベントだと入退場に異常に時間がかかるケースがあって、もしかすると今回は横田所属の自衛隊が出入場に拘わって、こんな状況を生んでいるのか?
理由は定かでないが、今回はある程度入場に時間がかかることを覚悟しなければならないだろう。
そして22日。
幸い天候は回復して日差しも望めるコンディション。
様々な情報を加味して今回は最寄りの牛浜ではなく、一つ先の福生で下車することに。
入場列が八高線東福生駅近くまで伸びているため、列の最後尾に着くにはむしろ福生方面からアプローチしたほうがよいらしい。
青梅線で福生駅に着いたのが午前11時。
IMG_20220522_110152aa
そこから列がある国道16号線に向かう。八高線線路を渡ると横田友好祭入場列が見えてきた。
16号線沿いに更に列を遡る。
その最後尾に達したのが11時14分。
IMG_20220522_111643aa
途中で折り返して延々と続く行列。果たして第5ゲートまでの距離は如何程か?
少なくとも牛浜~東福生駅間の距離以上あることは確か。
ただ、ある程度覚悟してきたので驚きはない。
かつて航空自衛隊百里基地に米空軍アクロバットチーム「サンダーバーズ」が来た時の惨状を体験していたのでこれ位の行列は造作もない。
それに思ったより列の動きは早くほぼ停滞なく流れているのでいらいらも募らない。季節が5月だったのも幸いした。例年開催の9月だったらきつかった。
沿道では友好祭に合わせた催しや出店があり、国道にもアメ車がここぞとばかりに通過して飽きることもない。
列には家族連れが多く、航空ファンらしき姿は稀。
もっとも本格的な人は既に早朝入場しているのだろう。
第五ゲートまで達したのは12時47分。
IMG_20220522_124804aa
福生駅に着いてから1時間47分。列に並び始めてから約1時間半。
思ったよりも早く基地ゲートに達することが出来た。
入場には身分証明書と手荷物検査が必要。
今回初めて身分証明書の提示を求められた。
手荷物検査も滞りなくチェックが終わって流れるように基地内へ。
取り敢えずAFNブースへ寄って新着Tシャツ購入。
IMG_20220522_130244aa
一着3000円。
IMG_20220522_153656
早速、地上機展示エリアに向かい、初見参の航空自衛隊F-35AライトニングIIを撮影。
IMGP1529aa
IMGP0026a
IMGP0013a
その後、HA-420ホンダジェット等見て回る。
DSCN3667aa
DSCN3664
IMGP1566aa
横田にブルーインパルスがやってくるのも珍しい。
IMGP1569
滑走路の向こうには米大統領専用機材を運んできたと思われる輸送機が駐機している。
IMGP0158a
もう友好祭に数十回も訪れているとお馴染みの機種が多く、一度見たことのあるグローバルフォークなどはスルーしてしまった。
三沢のF-16↓
IMGP1572
嘉手納のF-15↓
DSCN3670
木更津の陸自OH-1↓
DSCN3671
陸自のOH-1展示の場所で木更津駐屯地の萌絵風部隊バッチを購入したり。
13時半過ぎ、滑走路に大型機が降りて来た。
どうやら韓国から飛来したB-787型米大統領随伴機らしい。
IMGP0035a
IMGP0039a
日差しもあって喉が渇く。
横田といえば「色水」ことゲータレード。
原色ギトギトの水彩絵の具を溶かしたようなドリンクなのだが今年はあまり売っていない。
夏季のような需要がないのを見越してなのかは解らぬがステーキ屋台も少ない。
取り敢えず他のブランド名の「色水」を買ってお昼はピザにする。
IMG_20220522_144243aa
何処の屋台も行列。
その後時折デモフライトが実施され、飛行展示機が空を舞う。
CV-22オスプレイ↓
IMGP0053a
F-16ファイティング・ファルコン↓
IMGP0059a
米陸軍のチヌーク↓
IMGP0070a
16時を過ぎるとエアフォースワン待ちのモードに。
地上展示機エリアも入場制限が17時から18時に延ばされた。
滑走路脇の前で長時間陣取る気力もなく、やや後方で待機。
17時少し過ぎにエアフォースワンが実際に降りて来た。
IMGP0086a
IMGP0088a
B-747がベースの米空軍大統領専用機 VC-25A 。
あっという間に着陸。
機体が大きいので後ろで撮っていても存在感がある。
着陸後、滑走路向こう側に駐機。手前に大統領専用ヘリ「マリーン・ワン」が見える。
IMGP0125b
IMGP0130a
程なく、大統領を乗せたと思われる「マリーン・ワン」は都心に向かって飛び立った。
IMGP0132a
IMGP0144a
随伴ヘリも2機後を追う。
IMGP0150a
40分後位に米空軍の要人輸送機 C-32A (エアフォースツー)が着陸。
IMGP0174a
IMGP0186a
エアフォースワンとのツーショット。
IMGP0193a
IMGP0196b
更に10分後、アラスカ州エルメンドルフ統合基地の大型輸送機 C-17A も着陸。
IMGP0213a
IMGP0217a
この頃は人も引けたので各機共最前列で着陸の瞬間も撮れた。
18時12分、「マリーンワン」も戻ってきた。
IMGP0235a
IMGP0237aa
基本、横田友好祭は地上展示とアメリカンスタイルのお祭りがメインでアクロバットや飛行展示は僅かしかないが、今回はエアフォースワンはじめ、随伴機や専用ヘリなど滅多に観ることのない貴重な機種を惜しげもなく飛行「披露」した友好祭となった。
因みに今回もVX-3ハンディー機を持参。
あまりワッチする時間はなかったが13時10分過ぎに1局のみ八王子市長沼公園移動局と430FMで交信。
基地内には日が暮れた後も滞在し屋台などを見て回る。
DSCN3685aa
DSCN3701aa
ステーキ同様、いつのもチェリーパイ(?)もあまり見当たらない。
やはりまだ本格的ないつもの横田航空祭には戻っていない様だ。
19時半を回ると俄か雨がパラついてきたので撤収。タイミング悪く牛浜駅に向かう道中だけ激しい雨。
幸い折り畳み傘を持参していたので難を逃れる。
20時回っても牛浜駅は混雑していた。
報道によると今回の入場者は約11万人とか。
行列が出来て何時間待ちという騒動になったが意外と会場内は空いていた。
天候や時勢にもよるが年によっては延べ18万人動員という年もあり、今年が特段多いという訳でもないのに、あの行列は何だったのだろうか?
いずれにせよ、3年ぶりの横田基地航空祭はサプライズもあって新鮮味のあるイベントだった。
交信データ
移動地/東京都福生市横田基地
交信日時/2022年5月22日
交信時間/1311JST
周波数/430MHz/FM
天候/晴れ
無線機/スタンダードVX-3 
アンテナ/SRH805S
出力/1W
延べ交信局数/1
430MHz1(FM1)
交信相手所在地/
東京都1(八王子市長沼公園)

 

| | コメント (0)

移動運用その310/愛甲郡清川村宮ケ瀬湖畔園地 POTA JA-1289(2022年5月15日)

5月15日は「第8回かながわアマチュア無線フィールドミーティングin宮ヶ瀬」が神奈川県愛甲郡清川村宮ケ瀬湖畔で開催される日。
このイベントにはこれまで一度も参加したことがなかったが、開催地が県立丹沢大山自然公園(POTA JA-1289)に含まれておりPOTA運用も兼ねることが出来るので今回初めて赴くことにした。
IMGP1518aa
天候は曇り。雨天は中止のようだったが辛うじて開催されるようだ。
しかし会場へは常置場所から電車、バスを降り次いで2時間以上もかかる。
開場の午前9時に間に合わせるのはとても無理。
所用もあってなんとかお昼過ぎには着けるスケジュールを組む。
10時31分、新宿から小田急線に乗り換え。ところが何を勘違いしたのか小田原方面行ではなく、片瀬江の島方面の電車に乗り込んでしまい、終点の藤沢で気づいて慌てて折り返すロス。
小田急線はなぜか勘違いが多く、大山に移動したときも下車駅を乗り越してしまった経験がある。
結局、本厚木駅に着いたのは12時20分頃。
IMGP1499aa
宮ケ瀬行きのバスは1時間に一本しかなく、12時40分のバスまで待つしかない。
因みにこの路線バスは一度仏果山移動の際、利用した記憶があり、今回2回目。
IMGP1503aa
結局、宮ケ瀬に着いたのは13時30分過ぎ。
IMGP1504aa
IMGP1505aa
終点まで乗っていたのは自分一人。
即ちこのバス便でフィールドミーティングに赴いたのは他に誰も居ないという事らしい。
さて、結局イベントは15時までなのであと1時間半しかない。急がねば。
だが、バス停を降りたらすぐに会場があると思い込んでいたのに見渡し範囲内にそれらしき場所が見当たらず暫し戸惑う。
バス停周辺には誘導案内板も見当たらない。
公式サイトで改めて場所を調べてみると「宮ケ瀬湖畔園地、旧のりもの広場」と記されている。
しかし、園地に掲げられた案内図には「旧のりもの広場」の場所などいくら探しても出ていない。
初めて来た場所故土地勘もない者にとっては「?」状態。
「駐車場」の場所は示されているものの、会場がどこだか解らない。
IMGP1506aa
ハンディー機で430FMをワッチすると公開運用中のクラブ局が出ていたので早速交信.
近くに会場があることは確かなのだが。
園地内を右往左往した挙句、まったく違う方向に進んでしまい時間だけが過ぎていく。
車道(伊勢原津久井線)を渡った駐車場入り口にやっと「フィールドミーティングin宮ヶ瀬」案内板を見つけたのはバスを降りて45分後。
IMGP1507aa
結局、このイベントは車で来場することを前提としていて、バス利用の人はあまり勘定に入っていないらしい。
やっとのことで会場に辿り着いたのは14時20分少し前。
宮ケ瀬バス停到着から直行すれば徒歩5分も掛からない距離を約50分も彷徨ったことになる。
IMGP1513aa
IMGP1508aa
結局、サイトで示されていた「駐車場」が会場だった事をここで知る。
電車を間違え、会場の場所を探すロスを空しく重ねた挙句、やっと辿り着いたらあと40分でイベント終了とは。
徒労感しかない。
会場はもう後始末モード。
各種企画も終わっており、来場者は大方引き上げ、片付け中の参加者やスタッフが雑談しているだけ。
会場中央にはモービル運用の車が各種アンテナを展示していた。
IMGP1509aa
IMG_20220515_143531aa
同じ移動でも徒歩運用とはスケールが違いすぎる。
いずれにしろ、このイベントはモービル参加者が9割方でバス利用者は殆どいないのだろう。
気を取り直して、会場脇にて430FMハンディーでCQを出す。
ここに来た目的はもう一つ、POTAアクティベートの達成がある。
しかし、もう大半の来場者が帰った後なので先のクラブ局含めて3局しか交信に至らず。
これ以上、ここで1WハンディーでCQを出しても局数は稼げぬと判断。
人も疎らになった会場を離れ、再び湖畔園地に戻り、移動運用場所を探す。
「宮ケ瀬ダム周辺振興財団」建屋の開放された屋上展望エリアが比較的眺望が効いたのでIC-705で14時50分頃より運用開始。
IMG_20220515_145557aa
早速430FMで横浜市緑区移動局にお声掛けして4局目。
しかし、他に移動局は見つからず。
6mもワッチしてみたがEsの気配なしでノーメリット。
その後、アンテナをGAWANTに代え7MHz帯CWモードで何とか2局お呼び掛けで繋がったものの16時回ってもやっと6局。
16時過ぎから430FMでCQ.
ツイッターに告知するもノーメリット。
都内でも平地QRP運用ではなかなか局数稼げないUHF帯。宮ケ瀬湖畔のような山に囲まれた場所では尚更。
都心方面は仏果山に遮られて飛ばない。
IMG_20220515_171346_1aa
風も強く、ミニ三脚に据え付けたロッドアンテナが時々倒れて焦りが募る。
メインバッテリーもあとわずか。
無駄にMAX5WでCQ出し続けても電池消耗するだけなので430FMは諦める。
このまま10局交信至らなければフィールドミーティングもまともに参加出来ず、POTAアクティベーションも出来ないまま徒労感だけが残りそう。
バスは20時50分の便まであるが1時間に1本ペース。そんなに長居は出来ぬし、バッテリーも持たぬ。
16時50分を過ぎても2mSSBで固定局にお呼び掛けした1局交信増えたのみ。
ここで4局交信するのに2時間近くを要した。
17時のバスも出てしまった。もう時間がない。
ダメもとで再びアンテナをGAWANT7に切り替えて40mCWモードでお呼び掛け。
するとコンディションが上がったのか矢継ぎ早に10分間で4局と交信。
30分に1局しか交信出来なかった時間帯が嘘みたいだ。
やっと延べ交信数11局でアクティベーションに達し、ほっとする。
更に現地撤収後、18時のバスまでまだ時間があったので宮ケ瀬バス停前でハンディー1W、430FMで2局HAMtteパーティー参加局として交信。
トータル13局に至る。
各局様交信ありがとうございました。
バス停近くには宮ケ瀬レイクタウンFMの局舎があり、サテライトスタジオを覗いてくることも可能だったのだがPOTAアクティベーションで一杯で頭が回らず。
バスに乗り込んだ後、局のアンテナらしき鉄塔を写真に撮る。
IMGP1521aa
18時のバスの乗客は自分を含めて二人だけ。
途中のバス停でハイカーなどが乗り込んできて、本厚木駅に到着する頃はほぼ満員になっていた。
今回は電車の乗り間違いや事前にイベント場所チェックを入念に行わなかったりして散々であったが、POTAアクティベーション完遂出来たことが唯一救いではあった。

交信データ
移動地/神奈川県愛甲郡清川村宮ケ瀬湖畔園地(標高296m)JCG#11001B  POTA JA-1289
交信日時/2022年5月15日
運用時間/1338~1737JST
周波数/7・144・430MHz/CW・SSB・FM 
天候/曇り

無線機/IC-705・VX-3
アンテナ/RH-770・GAWANT・GAWANT7
出力/0.5~5W
延べ交信局数/13
7MHz6(CW6)、144MHz1(SSB1)、430MHz6(FM6)

交信相手所在地/
東京都1(府中市)
群馬県1(甘楽郡明和町)
神奈川県6
(横浜市緑区、都筑区、相模原市南区、愛甲郡清川村×3)
宮城県1(柴田郡村田町)
福井県1(大野市)
石川県1(能美市)
<未確認>2

Screenshot_2022-05-15-15-04-50-841_aa

 

| | コメント (0)

移動運用その309/国分寺市都立武蔵国分寺公園 POTA JA-1282(2022年5月11日)

5月11日、新たな公園にPOTA運用。
場所は国分寺市都立武蔵国分寺公園(POTA JA-1282)。
中央線沿線で徒歩アクセス出来そうな未アクティベート公園を選んだ。
IMG_20220511_154237_1
武蔵国分寺公園は旧中央鉄道学園と都道145号立川国分寺線を挟んで隣接する郵政省社宅を跡地整備し2002~2004年に開園。
最寄り駅はJR中央線、武蔵野線の西国分寺駅。
中央鉄道学園は、1987年に国鉄民営化の際、売却されたそうだが、それ以前の航空写真を見るとJR中央線からの引き込み線があって研修用のSLや列車が構内に留め置かれていた。
興味深い場所だったがこれまで一度も足を運んだことがなかった。
過去の航空写真と比較してみる。
赤い丸の地点が今回の移動運用場所。

〇1971年の航空写真

MKT711X-C6A-14aa
出典:国土地理院ウェブサイト画像を元にJH1EAF作成。
整理番号/MKT711X コース番号/C6A 写真番号/14
撮影年月日/1971/04/25(昭46) 撮影地域/青梅 撮影高度(m)/3100
撮影計画機関/国土地理院 市区町村名/国分寺市】

〇2019年の航空写真
CKT20191-C69-29aa
出典:国土地理院ウェブサイト画像を元にJH1EAF作成。
整理番号/CKT20191 コース番号/C69 写真番号/29
撮影年月日/2019/10/13(令1) 撮影地域/東京 撮影高度(m)/3158
撮影計画機関/国土地理院 市区町村名/国分寺市】

〇移動運用当日
14時15分過ぎ、西国分寺駅到着。
IMGP1491aa
南口から公園に向かう。
辺りは再開発されて高層マンションが立ち並ぶ。
徒歩約10分程で武蔵国分寺公園着。
IMGP1492aa
比較的高い場所を探すべく暫し彷徨う。
IMGP1495aa
都道145号線を跨ぐ橋を渡って西元地区へ。
IMGP1496aa
ここは「こもれび広場」。
広大な芝地が広がり、少年が野球をしている。
IMG_20220511_160234
眺望はないが新緑が日差しに映えて心地よい。
具合の良さそうな木陰があったのでシートを敷いて15時より運用開始。
IMG_20220511_160229aa
そろそろEsのシーズンなので6mポケットダイポールを持参。しかしEsどころか移動、固定局とも何も聴こえず。
HFにQSYし、いくつかの移動局にお呼び掛けしたもののQSOに至らず。
平日故、V、UHFバンドでは移動局、固定局共ノーメリット。
結局、運用を始めてから約2時間近く一局も交信出来ず。
17時前より430FMでCQ。
約30分で4局ほどお繋ぎ頂いたがこれが限界。いつしか空も曇ってきた。
18時でタイムアウト。
メインバッテリーも切れかけたので本日はアクティベーションは諦め、帰路に就く。
Screenshot_2022-05-11-14-56-33-195aa
各局様QSO TNX。

交信データ
移動地/東京都国分寺市武蔵国分寺公園「こもれび広場」標高/81.9m(JCC#1015 POTA JA-1282)
交信日時/2022年5月11日
交信時間/1652~1728JST
周波数/430MHz/FM
天候/晴れのち曇り
無線機/IC-705・スタンダードVX-3 
アンテナ/ミズホポケットダイポール・RH-770・GAWANT
出力/0.5~5W
延べ交信局数/4
430MHz4(FM4)
交信相手所在地/
東京都(杉並区、稲城市、小平市、日野市)
POTA JA-1282

 

| | コメント (0)

移動運用その308/埼玉県日高市日和田山 POTA JA-1146(2022年5月4日)

3日に引き続き、晴天の4日にもハイキングがてらのPOTA移動運用。
場所はお馴染み、「遠足の聖地」日高市日和田山(POTA JA-1146)。
IMG_20220504_154811_1aa
昨年のGWにも赴いた場所。
11時20分過ぎ、最寄り西武池袋線「高麗駅」到着。
大勢のハイカーが降り立つ。
IMGP1415aa
駅前のコンビニで昼用の食材を買い、いつものルートで登山口へ。
IMGP1418aa
IMGP1423aa
これまでは全て「女坂」経由で登っていたが、今回は初めて「男坂」に向かう。
IMGP1430aa
ルートの殆どが岩場。手を使ってよじ登る。子供はアスレティック感覚で登っていくので意外と早い。
IMGP1431aa
IMGP1432aa
IMGP1434aa
IMGP1435aa
IMGP1438aa
IMGP1439aa
12時37分に金刀比羅(ことひら)神社の鳥居に到達。
昨日、多摩市桜ケ丘公園から見えた西武ドームを今日は反対の北側から望む。
IMG_20220504_154804aa
IMG_20220504_154804ab
12時50分に山頂着。
山頂脇のスペースでローソンの「からあげくん」とお握りで昼食。
バーナーで沸かしたお湯でドリップコーヒーも作る。
食事中に特小レジャー9chに移動局CQが入る。
コールサインは「かわごえYH258」。
川越市の入間川河川敷からのQRV。ほぼメリット5。
レポート交換し、交信成立。
昨年同じ場所から特小でCQを出したがノーメリットだったので久々の交信が新鮮。
因みに3日21時から4日15時までライセンスフリー無線のオンエアデーが実施中であった。
14時15分過ぎより移動運用開始。
場所は昨年11月にここを訪れた時とほぼ同じ。
IMG_20220504_152909aa
時間も限られているので手っ取り早くPOTAアクティベートするため、430FMでCQを出す。
ロケーションもよく、GW中なので各局様から呼ばれる。
平地の公園では3時間近くかけてやっとアクティベートまで達するのに、今日は僅か30分で10局達成。
電池が切れる15時20分までに延べ22局とお繋ぎ頂く。
各局様交信ありがとうございました。
ハイカーが疎らになってから山頂に備え付けのスタンプを交信分QSLカードに捺して15時40分下山開始。
IMGP1454aa
下山路は「女坂」を使う。
麓には16時10分頃到着。
IMGP1459aa
駅への途中、野菜即売所にいつもの看板猫。
IMGP1460aa
GW中の移動運用で昨年6月から始めたPOTA公園運用が30局に達したためアワードが登録された。

JH1EAF_POTA_Gold_Activator_aa
自分の移動運用スタイルにシンクロしたPOTAアクティベーター運用.
これからも楽しんで行きたい。

交信データ
移動地/埼玉県日高市日和田山(標高305m)JCC#1342  POTA JA-1146
交信日時/2022年5月4日
運用時間/1414~1520JST
周波数/430MHz/FM 422MHz帯特定小電力無線
天候/晴れ

無線機/IC-705・VX-3・ ケンウッド UBZ-L5(特小)
アンテナ/RH-770
出力/0.5~5W
延べ交信局数/24
430MHz23(FM23)・
422MHz帯特定小電力無線L9ch1
交信相手所在地/
東京都6(杉並区、練馬区、新宿区、葛飾区、稲城市、府中市)
埼玉県16
(さいたま市北区、南区、飯能市あさひ山展望台、志木市、狭山市、所沢市、桶川市、上尾市、吉川市、坂戸市、東松山市×2、入間市、入間郡越生町黒山展望台、毛呂山町、比企郡滑川町)
群馬県1(前橋市)
茨城県1
(つくば市)
Screenshot_2022-05-04-14-08-13-437_com_aa
POTA JA-1146

 

 

| | コメント (0)

移動運用その307/多摩市桜ケ丘公園ゆうひの丘POTA/JA-1266・1206(2022年5月3日)

GWの5月3日憲法記念日、毎年恒例、東京コンテストでの移動運用。
今年は多摩市桜ケ丘公園「ゆうひの丘」(POTA JA-1266)へ。
IMGP1356aa
これまで2度、2003年2016年に移動で赴いたことがあるがPOTAアクティベーション目的では初めて。
この公園は都立多摩丘陵自然公園(POTA JA-1206)にも含まれているのでtwo-fer (2-fer)として同時に2つの公園がアクティベート出来る。
京王線聖蹟桜ヶ丘駅バスターミナル12番より出ている「永山駅」行きに乗って「記念館前」で下車。
徒歩5分程度で「ゆうひの丘」到着。
IMGP1358aa
IMGP1359aa
IMGP1361aa
IMGP1362aa
前回、前々回は天候に恵まれなかったが、今回はほぼ快晴。
新緑のシーズンと相まって眺望も映える。
正面には狭山丘陵から覗く西武ドーム。その向こうにうっすらと赤城山系が浮かぶ。
IMGP1372aa
北西方面に多摩川を渡る京王線鉄橋等のパノラマが広がる。
IMGP1373aa
13時半頃より運用開始。東京コンテストで50、21、28MHz帯CWモード呼び回り。
IMG_20220503_140553aa
IMG_20220503_150544aa
14時25分頃から144MHzでCQ。バンドスコープで見るとたくさんの局が出ている。
IMG_20220503_145919aa
IMG_20220503_145941aa
久々のパイルを受けて戸惑うも14時55分までに40余局と交信。
コンテスト終了後は430FMでCQを出し、11局とお繋ぎ頂いた。
17時前に撤収。
IMGP1380aa
IMGP1411aa
IMGP1412aa
各局様交信ありがとうございました。

交信データ
移動地/東京都多摩市桜ヶ丘公園「ゆうひの丘」標高/140m(JCC#1025 POTA JA-1266/1206)
交信日時/2022年5月3日
交信時間/1330~1638JST
周波数/21・28・50・144・430MHzSSB/CW/FM
天候/晴れ
無線機/IC-705・スタンダードVX-3 
アンテナ/ミズホポケットダイポール・RH-770・GAWANT
出力/0.5~5W
延べ交信局数/52
21MHz5(CW5)、
28MHz5(CW5)、50MHz5(CW5)、144MHz26(CW26)、430MHz11(FM11)
交信相手所在地/
東京都39(杉並区、練馬区、世田谷区、渋谷区、三鷹市、稲城市×2、調布市×3、府中市×4、国分寺市、国立市×3、小金井市×2、八王子市×3、日野市×2、昭島市、西東京市×2、福生市、東大和市×2、東久留米市、あきる野市、武蔵村山市、青梅市、西多摩郡日の出町、瑞穂町、奥多摩郡桧原村×2)
千葉県1
群馬県2(前橋市赤城山他)
埼玉県8
(所沢市他)
神奈川県1
山梨県1

POTA JA-1206
POTA JA-1266

 

| | コメント (0)

移動運用その306/杉並区都立高井戸公園POTA/JA-1929(2022年4月30日)

4月下旬、新たにPOTA登録された杉並区の高井戸公園に移動運用。
IMGP1348aa
杉並区久我山付近神田川南西側に沿って位置する数年前に開園した新しい都立公園。
京王井の頭線富士見ヶ丘駅が最寄り。
この場所には以前からNHK富士見ヶ丘運動場、国立印刷局久我山運動場、王子製紙グラウンドという三つの広大な広場があった。
それを都市計画によって改めて整備し、都市公園としたという。
東京都建設局「高井戸公園の整備計画」答申によると、総面積は13.7ha。
昭和17年に防空緑地として当時の都市計画法に位置づけられ、昭和32年の東京都市計画における公園・緑地の再検討で種別運動公園として、都市計画決定された。 
そして2020年~2021年に掛けて北地区が開園。
現在、南地区も整備中とのこと。

 

〇久我山旧陸軍五式十五糎高射砲陣地について
現在、整備中の高井戸公園敷地内には太平洋戦争末期の1945年5月にB29迎撃用の旧陸軍五式十五糎高射砲が配備されていた。
久我山高射砲
当時としてはハイレベルの有効射高1万6千メートルを誇り、未確認だが1945年8月2日に久我山上空でB-29が2機撃墜されたという米軍記録がある。
この砲はドイツから供与されたウルツブルクレーダーで管制されたといわれる。
ドイツ・テレフンケン社から潜水艦で派遣されたハインリヒ・フォーデルス技師が日本無線三鷹工場敷地内に設けた多摩技術研究所分室でレーダー技術を日本人技師に指導し、量産化。その一号機が久我山の高射砲に実戦配備された。
これに関してはCQ出版社から以前発刊されていた「幻のレーダー・ウルツブルグ 」(津田 清一 著)に詳しく記されている。
絶版本らしいが何年か前のハムフェアーで購入して今でも手元にある。

IMG_20220502_222323aa

五式十五糎高射砲の陣地設置に関しては「旧陸軍高射砲第112連隊、第一大隊、第一中隊に装備され、昭和19年夏以降、数回にわたって杉並区久我山付近に陣地構築のための検分を行い、同年末頃、井の頭線富士見ヶ丘駅南西250mの神田上水を望む台地、台湾銀行などの運動場に陣地を選定した」とある。
(潮書房光人新社刊「丸」1994年4月号に掲載「世界最大級「五式」アンチエアガンの秘密」 / 佐山二郎著参照)。

砲が搬入されたのは昭和20年2月頃からで、もうそのころには陣地が完成していたと考えられる。
一方、ウィキペディアによると大阪陸軍造兵廠と日本製鋼所で各一門づつ完成した砲2門は共に東京の井の頭線久我山駅近く、現在の印刷局久我山運動場・野球A面のライト線あたり、東京都杉並区久我山2-18-18に配備されたとある。
しかし、ツイッターのまとめサイト「久我山の五式十五糎高射砲とウルツブルグに関するまとめ」や戦史同人誌「久我山の十五糎高射砲」(野崎健次、国本康文著)等によるとこの砲の陣地は砲塔写真の背景に映り込んだ建物の位置から王子製紙グラウンドの南西側NHK富士見ヶ丘運動場との境辺りに存在していたと推定している。
そこで国土地理院の航空写真から五式十五糎高射砲の陣地跡を探してみることにした。

 

〇1945年1月6日の久我山上空航空写真
まだ砲が設置される前の航空写真。
既に陣地づくりは始まっていると考えられるが、ウィキペディアの位置情報やツイッターの「久我山の五式十五糎高射砲とウルツブルグに関するまとめ」に記された陣地推定場所(「五式十五糎高射砲サイト」と記している箇所)を頼りに探ってみるが推定される場所には一見それらしき構築物は確認出来ない。

95D4-C1-8aa
しかし、拡大してコントラストを上げていくと「久我山の五式十五糎高射砲とウルツブルグに関するまとめ」に記された陣地推定場所に何やら円形の掘削溝か構築物があるように覗える。
元画像の解像度がさほど高くないのでこれ以上拡大してもぼやけてしまうのだが、どうやらここが五式十五糎高射砲陣地だった可能性が高い。
更にその南側、のちのNHK富士見ヶ丘運動場の場所にも円形の構築物が覗え、これも気になる。
この部分はかなり後まで残っていた。
95D4-C1-8ab
出典:国土地理院ウェブサイト画像を元にJH1EAF作成。
整理番号/95D4 コース番号C1 写真番号8
撮影年月日1945/01/06(昭20) 撮影地域新宿・調布
撮影計画機関陸軍 市区町村名杉並区】

〇1948年3月29日の久我山上空航空写真
戦後3年経った久我山付近。
「五式十五糎高射砲サイト」には克明に陣地跡らしき構築物が残されている。
既に砲塔含めた主要機材は撤去されているようだ。
砲身は一門が米軍に接収されたが、輸送中に時化で放棄され、もう一門はスクラップにされたという。
一方ウィキペディアで示された陣地とされる印刷局久我山運動場・野球A面のライト線あたりにはこの時点でもそれらしきものは写っていない。
USA-M871-15aa
USA-M871-15ab
出典:国土地理院ウェブサイト画像を元にJH1EAF作成。
整理番号 /USA コース番号/M871 写真番号 /15
撮影年月日/1948/03/29(昭23) 撮影地域/東京西北部
撮影高度(m)/1524 撮影計画機関/米軍
市区町村名/杉並区】

半年前の1947年9月の航空写真にも陣地跡が写っている。夏なので草木に覆われている様子。
USA-M451-20aa
出典:国土地理院ウェブサイト画像を元にJH1EAF作成。
整理番号/USA コース番号/M451 写真番号/19
撮影年月日/1947/09/08(昭22) 撮影地域/東京西北部 撮影高度(m)/1524
撮影計画機関/米軍 市区町村名/杉並区】

〇1956年3月10日の久我山上空航空写真
戦後11年経った久我山付近。
この頃にはもうNHK富士見ヶ丘運動場、国立印刷局久我山運動場、王子製紙グラウンドが整備され、陣地は跡形もない。
ただ、NHK運動場にある円形の構築物は戦前の航空写真からずっと残っており、興味深い。
USA-M324-296aa
出典:国土地理院ウェブサイト画像を元にJH1EAF作成。
整理番号/USA コース番号/M324 写真番号/296
撮影年月日/1956/03/10(昭31) 撮影地域/東京西北部 撮影高度(m)/3048
撮影計画機関/米軍 市区町村名/杉並区

国立印刷局久我山運動場図面
因みにウィキペディアで示されている「久我山運動場・野球A面のライト線あたり」を推定するための資料。野球グラウンドA面がどの位置なのか、この図面で解る。
久我山印刷局グラウンド
国立印刷局 庁舎及び工場等の図面・写真より引用】

〇1971年4月30日の久我山上空航空写真
神田川北東側に京王線の車両基地が新たに出来ている以外はあまり変化なし。
MKT711X-C6B-9aa
出典:国土地理院ウェブサイト画像を元にJH1EAF作成。
整理番号/MKT711X コース番号C6B 写真番号9
撮影年月日1971/04/30(昭46) 撮影地域東京西北部 撮影高度(m)3100
撮影計画機関国土地理院 市区町村名杉並区】

〇2017年5月30日の久我山上空航空写真
都市計画で3つの広場が高井戸公園として整備開始された頃の写真。
CKT20176-C39-10aa
出典:国土地理院ウェブサイト画像を元にJH1EAF作成。
整理番号/ CKT20176 コース番号C39 写真番号10
撮影年月日2017/05/30(平29) 撮影地域東京 撮影高度(m)2209
撮影計画機関国土地理院 市区町村名杉並区】

 

〇移動運用当日
4月30日、14時過ぎに最寄り富士見ヶ丘駅到着。
この日はほぼ快晴。
神田川沿いに上って京王線車両基地ゲート前の橋を左折すると程なく高井戸公園入口。
IMGP1306aa
IMGP1308aa
まだ北側しか開園していないが、広大な芝地が広がる。
IMGP1313aa
凧を揚げている親子も。
なだらかに盛り上がった芝地の奥、ウィキペディアで示された15cm高射砲陣地とされる印刷局久我山運動場・野球A面のライト線辺りで15時前より移動運用開始。
IMG_20220430_150128aa
IMGP1328aa
南には高井戸清掃工場の煙突が望めるが、思ったほど眺望はなく、U、VHF帯の電波は飛びそうにない。
IMG_20220430_150048aa
15時半過ぎにGAWANT18MHz帯5WQRP、CWモードでJD1の局をお呼び掛けししたら繋がった。
他、40m、6m、430CWで移動局にお呼び掛けするが16時台回っても4局しか交信出来ない。
17時からセルフスポット、ツイッター告知してRH-770を使い430FMでCQを出すも空振りが続く。
IMG_20220430_153653aa
IMG_20220430_153656aa
ツイッターで東村山市から応答頂いていた局長さんから連絡。
QRMがあるとのことで周波数を変えて何とかQSO.
送受信ともロケーション的に芳しくなかった。
それでも新宿の高層ホテルに移動されている局と2バンドQSOしたりと18時前までに何とかPOTAアクティベーションの10局交信に達する。
因みに本日は自分がデザインしたステーションエンブレムワッペンを愛用している英軍迷彩ジャケットに装着してみた。
IMGP1325aa
各局様交信ありがとうございました。
この日は晴れてはいたが風が強く、寒いほど。
また、近くでサッカーに興じる人達が居てたまにボールが飛び込みかけて落ち着けなかった。
遮るものがない広い芝地での移動運用は気持ちがよいが、ボール遊びする若者や親子連れも居るので公園の端のほうが無難かもしれない。
18時を回った所で撤収。
夕景が綺麗。
IMG_20220430_181034aa
77年前、成層圏を飛ぶB-29を狙って巨大な高射砲が火を噴いていたのを想像すると感慨深い。
実際、その高射砲陣地があったと推定される場所にも行ってみる。
IMGP1344aa
IMGP1347aa
IMGP1343aa
まだ工事中の元NHKグラウンドとの境辺りだ。
当然、陣地の面影など皆無。何一つ痕跡すら見当たらず。
再び、公園の芝地を通って神田川沿いに富士見ヶ丘駅に戻る。
IMGP1351aa
POTAを始めて、それぞれの公園の足跡を辿る事も多くなった。
その多くが80年近く前の戦争に由来し、旧軍や占領軍によって管理されてきた事に気が付かされる。
【参考文献/「幻のレーダー・ウルツブルグ 」津田 清一 著(CQ出版社)
「世界最大級「五式」アンチエアガンの秘密」佐山二郎著(潮書房光人新社刊「丸」1994年4月号掲載 )
ツイッターのまとめサイト「久我山の五式十五糎高射砲とウルツブルグに関するまとめ」
戦史同人誌「久我山の十五糎高射砲」(野崎健次、国本康文著)】

交信データ
移動地/
東京都杉並区都立高井戸公園JCC#100115(POTA/JA-1929)標高49.6m

交信日時/2022年4月30日
交信時間/1459~1752JST
周波数/7・18・50・144・430MHz/CW・FM・SSB 
天候/晴れ
無線機/IC-705・VX-3
アンテナ/RH-770
GAWANT・GAWANT7・ミズホPAN-62
出力/0.5~5W
延べ交信局数/10
7MHz1(CW1)・18MHz1(CW1)・50MHz1(CW1)・144MHz1(FM1)・430MHz6(CW1/FM5)
交信相手所在地/
東京都(新宿区×2、杉並区、港区、八王子市、東村山市、武蔵野市、小笠原村)
長野県(安曇野市
未確認1
Screenshot_2022-04-30-15-13-32-606_aa
POTA_JA-1929

 

 

 

| | コメント (0)

« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »