« 移動運用その302/東京都小金井市小金井公園POTA/JA-1264(2022年3月30日・4月2日) | トップページ | 移動運用その304/所沢市航空記念公園POTA/JA-1180(2022年4月10日) »

移動運用その303/西東京市東伏見公園POTA/JA-1276(2022年4月6日)

週末の冷たい雨から一転し、気温も20度近くまで上がり、晴れ渡った4月6日。
もうソメイヨシノも終盤なので花見収めを兼ねたPOTA移動運用に赴く。
場所は西東京市にある東伏見公園(POTA JA-1276)
IMG_20220406_130450_1aa
西武新宿線の車窓から見える高台の東屋と滑り台が気になっていて、いつかは移動運用してみたいと考えていた。
開園は2013年と比較的新しい都立公園。
東伏見駅と西武柳沢駅の中間、西東京市東伏見から柳沢に位置し、面積は13.7ヘクタール。
周辺には東伏見稲荷神社、東伏見公園、東伏見緑道公園が隣接、石神井川に沿った遊歩道で下野谷遺跡公園と武蔵関公園に繋がっている。
地形的には石神井川が湾曲に蛇行侵食した縁に半島のように出っ張って東側斜面が武蔵関公園方面に大きく開けている。
東伏見公園20220406a
ウィキペディア等の資料によると、江戸時代には石神井井川流域の低湿地で『葦が千駄も取れる』と言われる藪の後背丘陵として「千駄山」の地名があったというから、元々天然の高台と推定される。
現在、ここにはその高台の上に更に黄色いローラー滑り台が設置された「丘」が存在しているのだが、果たしてこの「丘」も天然だろうか?
IMGP1117
カシミール3D地図に付属している過去の航空写真でチェックしてみる。

●東伏見公園付近航空写真(赤い丸内)1945-1950年<出典/カシミール3D>
終戦直後は、この一帯は屋敷森のような民家と畑。特段明瞭に盛り上がった地形は見当たらず。
東伏見公園1945-1950a

●東伏見公園付近航空写真(赤い丸内)1961-1964年<出典/カシミール3D>
更に1954年から、この辺りに都営の「千駄山住宅」が造営され始める。
1960年代はまだ畑の様だ。
東伏見公園1961-1964a

●東伏見公園付近航空写真(赤い丸内)1988-1990<出典/カシミール3D>
1980年代になると完全に宅地に埋もれている。「丘」の辺りも家が並んでいる。
東伏見公園1988-1990a

●東伏見公園付近航空写真(赤い丸内)2022<出典/カシミール3D>
東伏見公園2022
1990年代に入り、都市計画によって「千駄山住宅」撤去に伴い、一帯は「千駄山広場」となり、その後2000年代に公園造営され、2013年、正式に「都立東伏見公園」として開園。
この時点の航空写真でやっとこの「丘」の存在が確認出来る。
(参考文献/ウィキペディア)
もしかするとこの「丘」は昭和記念公園や光が丘公園のように宅地を撤去した際に、廃材や土砂で作り上げた人工物のような気もするが、定かではない。
もっとも「丘」といっても大した起伏ではないのでこの地形の上にそのまま畑や民家が建っていた可能性もある。

 

さて、移動運用当日は東伏見駅からアプローチ。
駅前のソメイヨシノから花吹雪がホームに押し寄せる。
IMGP1080aa
IMGP1078
IMGP1082
南口から鳥居を潜り、桜並木の線路沿いに7分程歩くと東伏見公園に到着。
IMGP1085aa
IMGP1086aa
IMGP1087aa
IMG_20220406_130448aa
開放感のある公園だ。
造園間もないため樹木も低く、電線も地中化されているためか、空を遮るものがないのがFB。
西武線の線路沿い公園に移動運用で赴いたのはこれで3か所目か。
IMGP1137aa
天気も良いので家族連れが多い。
早速滑り台のある「丘」に登ってみる。
IMGP1089aa
IMGP1095aa
標高は60m弱程。周囲からは10mほど高い感じがする。東のほうにやや開けた印象だ。
東伏見駅前の鳥居も覗える。
IMGP1134aa
無線をやるからには出来るだけ高度を稼ぎたいが、頂上にはローラー滑り台目当ての子供がたくさん集まっていて気を遣う。
邪魔にならぬよう滑り口から少し外れたところにシートを敷いて13時半頃より運用開始。
IMGP1098aa
西武新宿線の線路が目の前なので少し音が気になるが概ね快適。
何より天候がFB.快晴に近く、風も穏やかで日向だとジャケットを着ていると暑い位だ。
多少は眺望が効くせいか、平日にも拘わらず、430FMではQRPロッドアンテナでも比較的多くの移動局と交信。
15時40分までに何とか10局アクティベーション出来た。その後、17時前まで延長QRV。
プラス4局交信いただいた。
撤収後、暫し公園内を回る。
IMGP1114aa
IMGP1120aa
「丘」の南側には東伏見稲荷神社の森が覗える。
IMGP1133aa
ソメイヨシノは樹によってはまだ散りきっては居らず見頃を保っていた。
IMGP1123aa
IMG_20220406_171103aa
IMG_20220406_171204aa
サクラ以外にも多くの花が植えられている。
IMGP1132aa
IMG_20220406_171319_1aa
西武新宿線を跨ぐ「千駄山ふれあい歩道橋」という橋も設置されて、その上から公園が一望できる。
IMGP1140aa
帰りはこの橋を渡って西武柳沢駅から電車に乗り、本日の移動運用終了。
各局様ありがとうございました。
アクセスもよく、ある程度眺望もあるので散歩がてらの移動には良い公園だが、「丘」の頂上付近は日中、家族連れの小さいお子さんが走り回っているので若干落ち着けない。
RH-770位のロッドアンテナなら何とか凌げるが、それを超えるサイズになると少し危ないので「丘」を降りて人が少ない芝の端あたりで運用するのが無難な気もした。

交信データ
移動地/
東京都西東京市東伏見公園JCC#1030(POTA/JA-1276)標高58m

交信日時/2022年4月6日
交信時間/1347~1649JST
周波数/7・430MHz/CW・FM・SSB 
天候/晴れ
無線機/IC-705
アンテナ/RH-770
GAWANT7
出力/0.5~5W
延べ交信局数/14
7MHz2(CW2)・430MHz12(CW1/SSB1/FM10)
交信相手所在地/
東京都(足立区、東久留米市、町田市、西東京市、府中市、清瀬市、小金井市)
埼玉県4(吉川市、川越市、所沢市、加須市)
千葉県2(千葉市美浜区、市原市)
石川県(加賀市)

Screenshot_2022-04-06-13-25-43-316_com.android.chrome
JA-1276

 

|

« 移動運用その302/東京都小金井市小金井公園POTA/JA-1264(2022年3月30日・4月2日) | トップページ | 移動運用その304/所沢市航空記念公園POTA/JA-1180(2022年4月10日) »

移動運用」カテゴリの記事

POTA/SOTA」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。