« 「駅からおSANPOスタンプラリー」連動「駅前QRV」実施(2020年11月29日) | トップページ | 移動運用その254/八王子市高尾山金比羅台園地「多摩川コンテスト」移動運用(2020年11月22日) »

DIAMOND「RH770」導入(2020年12月20日)

先日、第一電波工業製144/430MHz帯高利得2バンドハンディーロッドアンテナ「RH770」を購入。
カタログスペックは以下のとおり。
IMG_20210108_191749aa

●DIAMOND「RH770」
型式:1/2λノンラジアル(144MHz)、5/8λ2段ノンラジアル(430MHz) 
■利得:3.0dB(144MHz)、5.5dB(430MHz) 
■耐入力:20W 
■接栓:BNC-P 
■全長:930mm (フルサイズ), 223mm(最短サイズ) 
■重量:85g 
■ロッド段数:10段


これまでハンディー機VX-3では携帯性優先の小型アンテナ「SRH805S」を使用していたが、電波の飛びはいまひとつ。
そこでロッドアンテナながらモービルホイップ並みの性能を有するとして評価の声が高い「RH770」を導入してみた。
伸ばすと1m近いが縮めると22cm程度で収納しやすい。
VX-3に装着するとややトップヘビーになってアンテナ端子に負担が掛かりそうだが、垂直に保てば何とか大丈夫そう。
まず、所有している既存のハンディーアンテナと大きさを比較してみる。
IMG_20210108_191707aa
左からVX-3本体と装着済み「SRH805S」
真ん中が今回新たに購入した「RH770」(収納時)
右がFT690Mk2付属の50MHz用ローディングホイップアンテナ「YHA-6」(収納時)
圧倒的に「SRH805S」のコンパクト性が勝る。そのままウエストポーチに収められるのが最大の利点。
「RH770」も「YHA-6」よりは短い。重さも若干軽いか。
次にFM放送受信性能を比較してみる(表参照)。

VX-3アンテナ別FM放送受信情況比較リスト

受信地/東京都杉並区自宅木造2階屋内
受信機/VX-3
(シグナルはVX-3インジケーターレベル9段階)

周波数(MHz) 局名

 

イヤホーンANT

 

SRH805S   

RH770

 

 

YHA-6

78.0 BAY-FM
3

-

5

5~9
78.6 FM富士
3

-

3

5
79.5 ナック5
9

-

9

9+
80.0 東京FM
9+

5

9+

9+
80.7 NHK千葉
5

-

5

5
81.3 J-WAVE
9+

5

9+

9+
82.5 NHK東京
9+

5

9+

9+
83.4 FM世田谷
5~7

-

9

9
84.7 横浜FM
9

3

9

9
85.1 NHK浦和
5

-

9

9
86.6 東京FM(檜原)
9

3

9

9
89.7 INTERFM
9

3

9+

9+
90.5 TBS補完
9+

5

9+

9+
91.6 JOQR補完
9+

5

9+

9+
93.0 LF補完
9+

5

9+

9+


屋内での在京ローカル局のみの受信比較。
大きさとは逆に「SRH805S」はかなり劣る。ただこのアンテナ装着時にはイヤフォーンアンテナでFM局を受信するので支障はない。
「RH770」と「YHA-6」には然程大きな差はないが、波長が近い6m用「YHA-6」のほうが幾分FM受信感度が勝る。
今後は実際に移動運用で「RH770」の使用感をチェックしてみたい。

|

« 「駅からおSANPOスタンプラリー」連動「駅前QRV」実施(2020年11月29日) | トップページ | 移動運用その254/八王子市高尾山金比羅台園地「多摩川コンテスト」移動運用(2020年11月22日) »

受信機/アンテナ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。