« 千葉県銚子市犬吠崎でのAM、FM放送受信状況(2020年10月18日) | トップページ | 「駅からおSANPOスタンプラリー」連動「駅前QRV」実施(2020年11月29日) »

移動運用その252/青梅市御岳山「ハロウィン」、「駅前QRVデー」、「バーチャルハムフェア」記念移動運用(2020年10月31日)

10月31日、青梅市御岳山に移動運用を実施。
IMGP6195aa
この日はハロウィン当日。また今話題の「駅前QRV」第一回オンエアデー開催日。
更に「コロナ禍」で中止になったハムフェア2020が東京ビッグサイトで31日から二日間開かれる予定期間。
そこで「ハロウィン」、「駅前QRVデー」、「バーチャルハムフェア」三つを兼ねたQSLカードを作って移動運用を計画。
JH1EAFハロウィン202010aa
QRPでも比較的飛びそうな駅として御岳登山鉄道の御岳山駅を選択。
標高は831m。駅前が「御岳平」という都心方面を望める広場になっており、駅前運用としては理想的なポイント。
31日、天気は快晴。一日好天見込みの移動運用は久しぶり。
三鷹駅より08時33分発、ホリデー快速「おくたま5号」に乗車。
IMGP6162aa
「GO TO トラベル」の効果か、乗客の数も回復してかなり混み合っていた。
御嶽駅には09時40分着。
バス乗り場にも行列。
IMGP6165aa
IMGP6166aa
IMGP6167aa
ケーブルカー滝本駅でも乗車までに数本待たされる。
ICカード利用者には記念乗車証が配られていた。
10時35分に御岳山駅到着。
IMGP6170aa
IMGP6172aa
早速、駅前御岳平にて移動運用場所を探す。
もう何回も御岳山を訪れているが、実はこの御岳平から本格QRVした記憶は一度もない。
IMGP6173aa
藤棚があってここにポケットダイポールを吊るせればと考えたのだが、ハイカーが多く、落ち着いて運用出来そうにない。
結局、この時間帯からの「駅前QRV」は諦め、リフトを経ていつもの定番移動ポイントである標高881m大展望台駅裏の産安社に向かう。
IMGP6174aa
ところがすでに「先客」様が居てループアンテナを使って移動運用中だった。
いつもは過疎っている場所なのに意外。
おそらく富士峰展望園地のテラスが「密」を避けるために閉鎖されていて、こちらに流れてきたのかもしれない。
やむなく更に進んで産安社を経た奥の東屋に向かう。
IMGP6184aa
IMGP6176aa
IMGP6177aa
幸いこちらには誰もおらず。
すでに楓は真っ赤に染まって紅葉真っ盛り。
しかし、東屋を占有するのは忍びなく、更に日陰では寒いので道の脇にレジャーシートを敷き、近くの枝にポケットダイポールを上げ移動運用することに。
IMGP6185aa
IMGP6180aa
運用開始は11時半。
場所を決めるのに手間取って駅到着から1時間近くロスしてしまった。
まずは50MHz帯からQRV。バッテリー節約のため0.5W運用。
幸い「先客」様はV,UHF帯には出ていない様子で被りもない。
11時45分過ぎよりCWでCQ出すと、ぼちぼち呼ばれる。
日陰だと肌寒い。出来るだけ日向を確保するため場所を少しずつ変える。
3時間ほど運用したところでバッテリー切れ、電源が落ちる。
やはりIC-705標準装備のバッテリーパックBP272だけでは0.5WQRPPでも満足な運用時間を維持することが難しい。
そこで今回は大容量のオプション予備バッテリーパックBP307を別途購入し、持参していたのですぐに交換。
運用時間を延長する事が可能になった。
15時半過ぎ、一旦ここから撤収。
富士峰園地からの眺望は、やや靄っているものの、都心方面まで見渡せる。
IMGP6205aa
IMGP6203aa
IMGP6211aa
IMGP6207ab
リフトで駅広場の御岳平まで降り、「駅前QRVデー」イベント参加のため場所を探す。
ところが藤棚下のベンチでも「先客」様が移動運用中。
産安社近くの運用者とは別の人のよう。
御岳山でこんなにバッティングするのは初めてだったので戸惑う。
暫く待つことに。
自分が開局した当時の1980年代後半では、よく高尾山等で複数のアマ無線移動運用局を見かけることはあったが、最近は珍しい。
近年はライセンスフリー移動局のほうが目立っていた。
藤棚下の「先客」様は16時過ぎにQRTし、下山されたようなので改めて「駅前QRV」を実施。
IMG_20201031_162047aa
IC-705にFT-817付属V~UHF用ホイップアンテナYHA-63で430FMにQRV.
問題のL型変換コネクターを使わずにアンテナ接続したのだが、SWRは下がらない。
調整する暇もなく、QRP1wでも何とか飛んでいるのでそのまま運用。
17時半までの約1時間に15局とお繋ぎ頂く。先の移動運用場所からのQSO含め、延べ56局とQSO。
運用中の17時頃には正面都心方面から満月が上ってきた。
IMGP6223aa
IMGP6230aa
IMGP6231aa
今年はハロウィンにフルムーンが重なった。また右上に10月初旬に最接近した火星が赤く輝いていた。
この広場には照明がないので17時半を回ると真っ暗。
ケーブルカーも最終便が迫ったので急いで撤収し、下山。
この時間帯でもハイカーの数は少なくなかった。
各局様交信ありがとうございました。

交信データ
移動地/東京都青梅市御岳山産安社裏(標高約881m)・御岳平(標高約831m)<駅前QRV>
交信日時/2020年10月31日
交信時間/1129~1723JST
周波数/50・144・430MHz/SSB・CW・FM

天候/晴れ
無線機/アイコムIC-705・スタンダードVX-3 
アンテナ/ミズホポケットダイポール・付属垂直ヘリカル・ホイップYHA-63
出力/0.5~1W
延べ交信局数/56
(相手のCQ呼び出し局/13・当局のCQ応答局/43)
50MHz34局(CW22、SSB12)、144MHz5(CW3、SSB2)、430MHz17(FM16、CW1)
交信相手所在地/東京都19(新宿区、世田谷区、豊島区、目黒区×2、北区、板橋区、八王子市×2(景信山、高尾山)、立川市、福生市、青梅市、東村山市、町田市×2、調布市×3、西多摩郡檜原村)、埼玉県12(さいたま市南区、所沢市×2、三郷市×2、志木市×2、狭山市、久喜市、富士見市×2、秩父郡東秩父村)、神奈川県8(横浜市戸塚区×2、港北区、旭区、金沢区、川崎市多摩区、大和市、厚木市)、千葉県10(千葉市、千葉市中央区、稲毛区、松戸市、鎌ヶ谷市、市原市×2、市川市、八千代市×2)、茨城県1(つくば市)、未確認6




|

« 千葉県銚子市犬吠崎でのAM、FM放送受信状況(2020年10月18日) | トップページ | 「駅からおSANPOスタンプラリー」連動「駅前QRV」実施(2020年11月29日) »

QSLカード」カテゴリの記事

移動運用」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。