« 移動運用その249/東京都三鷹市三鷹駅南口<駅前QRV>(2020年9月21日) | トップページ | 移動運用その250/神奈川県足柄下郡箱根町丸岳山頂<後半>(2020年9月22日) »

移動運用その250/神奈川県足柄下郡箱根町丸岳山頂<前半>(2020年9月22日)

シルバーウイークの4連休最終日に先週末に続き、箱根に移動運用。
目的地は静岡県御殿場市と神奈川県足柄下郡箱根町の境に位置する箱根山古期外輪山の一峰、丸岳。
IMGP4535aa
標高は1156m。
箱根エリアでは駒ケ岳、金時山、明星が岳、大涌谷に続き5箇所目。
SOTAにも登録されていて番号はJA/KN026
天候不良で移動の機会を逸していたが22日は何とか雨は免れそうだった。
今回、アプローチはいつもの箱根湯本側ではなく、御殿場市方面を選択。
こちらのほうが距離的に近いし、新鮮だ。
また、エヴァンゲリオンスタンプラリーで取りこぼしていた御殿場プレミアムアウトレットにもアクセス容易。
更にIC-705での本格的移動運用テストの場としても申し分ない。


●「ふじさん」1号で御殿場へ
22日朝、天気は快晴。
06時40分発の小田急新宿発御殿場行き「ふじさん1号」に乗車。
IMGP4409aa
乗客は3~4割位か。早朝の便では昨今の時勢を考えると増えてきた感じ。
この便を利用するのは初めてだ。
御殿場へは東富士演習場で行われる「総合火力演習」見学時に何回か利用しているが、いずれも時間帯が合わず普通電車を乗り継いでのアクセスだった。
秦野辺りから車窓より丹沢の大山がよく見える。今のところ天候は申し分なさそうだ。
IMGP4427aa
新松田の手前から連絡線でJR御殿場線に乗り入れる。
IMGP4431aa
富士山も近づくにつれ、大きく見えてきた。
IMGP4441aa
IMGP4444aa
08時13分、御殿場着。
IMGP4455aa
急いで箱根乙女口のバスターミナルに向かう。こちら側の出口を利用するのも初めてだ。
IMGP4460aa
エヴァ仕様のシャトルバスも発見。
IMGP4458aa

●御殿場駅より乙女峠
08時20分発の箱根登山バス「ユネッサン天悠行き」に乗り込み、丸岳登山口である乙女峠に向かう。
眼前に箱根外輪山の山影。尾根越しに小さく中継鉄塔が窺えるのが丸岳山頂。
18分ほどで「乙女峠」バス停に到着。
IMGP4463aa
降りたのは自分ひとり。直後に遣って来た「新宿バスタ」直行便高速バスからは数人のハイカーが降りてきた。
高速バスのほうがリーズナブルで乗り換えなしなので利用者が多いのだろうが、バスの閉塞感と渋滞が苦手なので自分は電車のほうがよい。
視程もよく、目の前に雄大な富士山の山容が広がる。
IMGP4464aa
IMGP4466aa
IMGP4473aa
絶景である。
何枚か写真を撮った後、8時50分、いよいよ丸岳を目指す。
うっかり駐車場裏の「乙女の鐘」方面に登ろうとしたがすぐ間違いに気がつく。
IMGP4471aa
実際の登山口は道路を渡った側にある。
IMGP4474aa
IMGP4475aa
更にこの先の右折する乙女峠登山口もうっかりすると見過ごしてしまう。
道標があるにも拘らず、まっすぐ進んでしまった。
IMGP4478aa
IMGP4479aa
すぐに戻って登山開始。
ごつごつした岩が多く、底の薄い靴だと歩きづらい。
IMGP4480aa
常葉樹林の中なので陽が入らず暗く、じめじめして視界もない。
ただ急な坂が続くというルートではないので体力的には楽。
気温も20Cちょっとで乾燥しているので不快な蒸し暑さもなく快適。
中間点には09時11分通過。
IMGP4484aa
IMGP4490aa
IMGP4491aa
乙女峠には09時39分到着。
約50分掛かった。
IMGP4493aa
ルート案内だと30分で登れるのだが休憩しつつ登るので20分遅れ位は想定内。
ここには小さい展望スペースがあり、登ってみると富士山と御殿場市が一望出来る。
IMGP4510aa
IMGP4495aa
IMGP4498aa
乙女峠から見る富士山は、「乙女の富士」との誉れも高い絶景だそうだ。
確かにその名に恥じないパノラマだ。
ちょうど430ハンディーに長尾峠移動局が入感していたのでお呼びしてみたがなかなか繋がらない。
IMGP4501aa
乙女峠は静岡と神奈川の県境に位置するが、この展望台は御殿場市内。だからポータブル2。
しかし、少し東に歩いただけで県境を越えて箱根町に入りポータブル1になる。
この峠から尾根沿いに南に進めば丸岳。北の道を行けば金時山に至る。
IMGP4492aa
IMGP4507aa


●乙女峠から丸岳山頂へ
15分程休憩し、09時55分、丸岳方面に出発。
と、直後飛行機の爆音が。
直上を米軍らしきC-130が低空すれすれに富士山方向へ通過していった。
富士演習場にでも向かう目的だったのだろうか?
10時01分、やっとVX-3で呼び続けていた長尾峠移動局と430FMで繋がり、QSO。
IMGP4511aa
丸岳への尾根道は先程の道とはうって変わって、落葉樹の明るい尾根道。
樹木が茂って視界はないが木漏れ日が爽快感を醸し出す。
IMGP4517aa
天然桜の実がたくさん落ちていた。
苔生す岩も一興。
IMGP4512aa
気温も程よくハイキングにはFB最適な日和。
IMGP4519aa
尾根道とはいえ、アップダウンもあり復路が下り一辺倒にはならないのが若干しんどい。
10時36分、やっと目標のNTT丸岳無線中継鉄塔が木陰から覗く。
IMGP4520aa
山頂手前の尾根道より富士山を望む。
IMGP4521aa
IMGP4524aa
10時38分、丸岳山頂到着。
IMGP4527aa
IMGP4528aa
乙女峠より43分。大凡平均的な所要時間よりも8分オーバーだった。
(後半につづく)

|

« 移動運用その249/東京都三鷹市三鷹駅南口<駅前QRV>(2020年9月21日) | トップページ | 移動運用その250/神奈川県足柄下郡箱根町丸岳山頂<後半>(2020年9月22日) »

移動運用」カテゴリの記事

イベント・訪問記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。