« 移動運用その250/神奈川県足柄下郡箱根町丸岳山頂<後半>(2020年9月22日) | トップページ | 移動運用その251/静岡県御殿場市長尾山山頂(2020年10月4日) »

箱根移動運用×エヴァスタンプラリーコンプリートと三島スカイウォークでBCL(2020年9月28日)

「エヴァンゲリオン×箱根 2020」も9月末で終了が迫る。
7月~9月のかけて移動運用も兼ねた3回の箱根遠征で13箇所スタンプラリー踏破。
残るは三島スカイウォークだけ。
IMG_20200928_131231aa
コンプリートまであと一箇所のまま終えるのは勿体無い。
更に、小田急ロマンスカーでワゴンサービスドリンク購入時に配られる車種別限定エヴァコースターもまだ2種残している。
休日土曜日はコロナ感染予防のため、早朝と夕方以降の便でワゴンサービスが実施されていないので、1日でこの全部を処理するとなると平日しかない。
28日月曜日は秋晴れになるとの予報だったので、IC-705も持参して今季4回目の箱根移動運用×エヴァスタンプラリー企画を実施することにした。

07時38分、新宿発箱根湯本行き「はこね1号」に乗車。
IMGP4604aa
平日のロマンスカーは上りは通勤客で満員だが下りはかなり空いている。
車種はEME。限定エヴァコースターデザインは渚カヲル。
IMGP4610aa
これまで3回の箱根遠征でもこの車種には数回乗ったのだが、いずれもワゴンサービスがない早朝時間帯。「コロナ禍」がなかったら余分な手間暇かける必要もなかったろう。
朝から秋晴れだったので車窓からは初冠雪した富士山が覗えた。
これは多摩川鉄橋から。
IMGP4615aa
小田原近くでは金時山と富士山が重なって見える。
IMGP4630aa
箱根駒ケ岳をバックに新幹線も撮れた。
IMGP4636aa
箱根湯本には09時21分着。
IMGP4641aa
この駅で発行される現地周遊用エヴァ限定「箱根フリーパス」のデザインは綾波レイ。
予定コースのみだと若干赤字になるが期間限定物なので購入。
箱根フリーパスレイ20200928aa
施設入場料も割引になる。
そのまま駅のバスターミナルへ。
IMGP4642aa
バス停のデザインも綾波レイ。
IMGP4644aa
箱根登山バスH路線の小湧園経由元箱根港行きに乗る。R路線の急行はこれまた時勢により朝の便がなく、やむなく時間がかかる路線を使うしかない。
運よくエヴァNERV仕様のラッピングバスが来た。
IMGP4645aa
IMGP4646aa
09時43分に箱根湯本出発。平日にも拘らず、バスは満員。
GO TOキャンペーンで客足が戻ってきたようだ。
スタンプラリー目当ての客もチラホラ見かける。
先週末、東京12チャンネルで「箱根」が特集されたせいか?
途中、通過した小湧園バス停のデザインは碇シンジ。
IMGP4649aa
10時18分、ほぼ定刻どおり元箱根港着。
IMGP4651aa
IMGP4650aa
IMGP4652aa
IMGP4653aa
このエヴァ仕様バスもこれで見納めか。
すぐに10時25分発三島駅行き東海バスに乗り換え。この路線もフリーパスが使える。
IMGP4654aa
箱根周遊にはフリーパスは必須。使うほど得だし、乗り換えの度に料金計算や支払いのストレスがない。
箱根峠を越えて国道1号線を下っていく。
10時50分、特に渋滞などはなかったが定刻より6分ほど遅れて三島スカイウォークに到着。
IMGP4657aa
IMGP4667aa
この施設は2015年12月に営業を開始した日本一長い歩行者専用吊り橋。
箱根西麓の標高約415mの位置に造られた観光施設。
構造は、長さ400m、高さ70.6m、主塔高さ44m、歩道幅1.6m。
ドックランとかフォレストアドベンチャー施設もある。
早速、エヴァスタンプ台があるスカイガーデンへ。
IMGP4658aa
ここは無料。入り口にはテラスもあって吊橋の主塔際に駿河湾も見える。
IMGP4660aa
IMGP4661aa
14箇所目のスタンプでやっとコンプリート完了。
IMGP4664aa
IMGP4666aa
スタンプ処理後、メインの橋施設に入場。
料金は1100円だが、フリーパスを見せると100円割引。
天気も良かったので橋手前の展望台からは三島、沼津市街が一望。さらに駿河湾や御前崎方面も見える。
IMGP4679aa
IMGP4671aa
IMGP4673aa
IMGP4675aa
残念ながら富士山は上のほうが積雲に隠されてしまった。
メインのつり橋も渡ってみる。
IMGP4682aa
IMGP4696aa
IMGP4690ab

中央では少し揺れるが怖いほどではなし。
急げば5分程で渡り切れる。
IMGP4698aa
対岸にはドッグランや「kicoroの森」という遊歩道の先にいくつか展望エリアも設けられている。
IMGP4701aa
IMGP4704aa
丁度その一つに着いた11時20分過ぎ、VX-3ハンディー430FMに明神が岳移動局のCQが入ったのでお声掛け。
RS53/41でなんとか交信成立。
IMGP4706aa
ベンチのある展望エリアもあり。平日で人も疎らだったので、腰掛けながらIC-705を専用バッグ収納のまま0.5W運用を試す。
IMGP4708aa
IMGP4711aa
FT-817付属の短いホイップアンテナYHA-63で正午前後に6mCWメインでQRVしてみたが応答なし。
50、144MHz共にSSB、CW帯は移動局もなく静か。
430FMと144FMはハンディーでワッチしたが、聴こえるのはコールを言わないモービル局ラグジューだけ。
VX-3の430FM/1wで少しだけCQも出してみたがまったく応答なし。
IMGP4720aa
首都圏方面は箱根山で遮られているので、平日にQRPPでのホイップや短縮ヘリカルアンテナで電波を出しても交信相手局を見つけるのは難しい。
結局、無線のほうは430FMハンディーで明神が岳移動局をお呼び掛けした1局のみで終わる。
一方、IC-705を使ったFM放送受信チェックをフィールド初実施。
IMGP4714aa
アンテナはFT-690MK2付属の6m用ホイップYHA-6Aを使用。
こちらのほうが受信性能はよい。
静岡県域FM局とAM補完FM、NHK-FMの各中継局多数、それに加えて駿河湾沿岸と伊豆半島方面のCFMが推定を含め10局、全部で34局が受信出来た(巻末表参照)。
無線とは逆に平日昼間は全国共通ネット番組が少なく、自局製作ローカルプロによって局名確認がしやすい利点が有る。
スカイツリーからの在京FMは箱根山に遮られて弱い。
時間も限られ、ホイップアンテナしか使えなかったので遠距離受信する余裕はなかったが、御前崎も見えるロケーションゆえに指向性アンテナを使えば名古屋方面のFM受信も充分可能と予測する。
IC-705は移動先でも混変調、相互変調も起こさずBCL受信機としてのレベルは保たれていた。
マイクロSDに録音も出来るので便利だ。

(因みに三島スカイウォークの注意事項には特に無線に関する規制は明記されていない。
携帯スマホ等の通信機器使用も自由なのでハンディー、ポータブル機にホイップアンテナ程度のQRP運用は可能と自主判断し、人の往来の少ない場所でCWメイン、イヤフォーン装着で極力目立たない運用に終始した。
但し観光施設内故「その他、迷惑となる行為」等には抵触せぬよう心掛け、このブログを参考にする場合でも運用は自己責任でお願いします。)

IMGP4725aa
13時過ぎに展望エリアを降りて橋を戻り、ゲートを出る。
13時51分発元箱根港行き東海バスを待つがなかなか来ない。
10分遅れでやっと到着。
14時10分頃、箱根町港で途中下車。
ここから箱根登山バスR路線の急行、箱根湯本行きに乗り換え。
この時間帯になると箱根新道経由の便も増える。
14時33分の便に乗り込む。
座席はすでに満員。立って終点まで乗車。
これなら始発バス停の元箱根港から乗るべきだったと後悔。
箱根新道は信号もなく、カーブも比較的少ないので早くて快適なのだが、ずっと急坂が続くので事故も多いらしい。
今回も途中、登り車線で事故があって回送バスが停車していた。
箱根湯本駅近くも渋滞。平日なのに車が多い。
湯本には15時過ぎ到着。
暫く駅前で休憩。15時43分発新宿行き「はこね26号」に乗車。
IMGP4729aa
車種はMSE。コースターのデザインは碇シンジ。
IMGP4732aa
この便以降に車内販売のあるMSEのロマンスカーはないので時刻表に合わせて行動。
若干のバス遅延はあったがなんとか予定通りに完遂することが出来た。
17時27分、新宿着。


一連の箱根移動運用×エヴァスタンプラリー企画もこれで終了。
交信結果は以下の通り。

●2020年7月23日
早雲山(駅前QRV)  4局(エスカルゴコンテスト)
大涌谷(駅前QRV)  4局

●2020年9月13日
早雲山(駅前QRV)  1局
大涌谷(駅前QRV)  4局

●2020年9月22日
丸岳山頂       23局

●2020年9月28日
三島スカイウォーク  1局

合計          37局


「エヴァンゲリオン×箱根 2020」イベントを知ったのは7月。
1月から3月までの第1期は当然参加できず、第2期も「コロナ禍」がなければ6月末で終わっていたイベント。
この時勢であまり宣伝出来なかったという理由もあるが、大規模企画だったのに少し勿体無い。
エヴァの新作映画公開も未だ決まらずで、本来なら6月公開で多くのファンが「聖地巡礼」で大挙訪れていたら、今頃様々な特典グッズ、チケットも品切れになっていたのは想像に難くない。

いずれにしろ、移動運用に交通系のスタンプラリーを連動させて「駅前QRV」する企画は今後とも状況が許せばチャレンジしていきたい。

●小田急ロマンスカーエヴァコースター(第2期分)
IMG_20200929_095827aa

●エヴァ仕様箱根フリーパス
IMG_20200929_100152aa


●コンプリートしたエヴァスタンプ帳
EVAスタンプラリー20200928aa

交信して頂いた各局様ありがとうございました。


●交信データ
移動地/静岡県三島市三島スカイウォーク標高415m)
交信日/2020年9月28日
交信時間/1123JST
周波数/430MHz/FM 
天候/晴れ
無線機/IC-705・スタンダードVX-3
アンテナ/50~430MHz帯用ホイップYHA-63・付属垂直ヘリカルSRH805S
出力/0,5W~1W
延べ交信局数/1(相手のCQ呼び出し局/1・自局のCQ応答局/0)

430MHz1(FM1)
交信相手所在地/神奈川県1(南足柄市明神ヶ岳)



静岡県三島市三島スカイウォーク(標高415m)でのFM局受信リスト

受信日/2020年9月28日1210JST・受信機/IC-705・アンテナ/ロッドアンテナ
(NHKは周波数リストより最も受信可能性のある局を推定)

周波数(MHz) 局名 信号強度(5段階)
備考
76.3 FMマリンパル(清水)
2
1214J/CM、ジングル
1215J/マリンパル体操
76.3 なぎさステーション(熱海)
2
 FMマリンパルとQRM
76.5 g-sky(島田)
5
1226J/木を切る話
76.7 コーストFM(沼津)
5
 (推定)
76.9 FM-HI!(静岡)
5
1219J/清水海上保安部員出演コーナー 
77.7 ボイスキュー(三島)
5
 (推定)
78.4 K-MIX(浜松)
3
 
79.2 K-MIX(静岡)
5
 
79.6 FM熱海湯河原(熱海)
2
1225J/熱海市からのお知らせ
80.0 東京FM(東京タワー)
4
 
80.3 K-MIX(掛川)
5
 
81.3 J-WAVE(スカイツリー)
4
 
81.9 NHK横浜(円海山)
3
 
82.1 NHK浜松
5
 
82.5 NHK東京
4
 
83.0 NHK島田
4
 
84.4 レディオF(富士市)
5
 (推定)
84.7 FM横浜(大山)
2
 
84.9 NHK芝川
4
 
85.3 NHK(伊豆長岡)
5
 
85.8 K-MIX(芝川)
5
 
86.6 K-MIX(伊豆長岡)
5
 
87.2 みらいずST(伊豆修善寺) 
2
1231J/市役所からのお知らせ・伊豆市国土強靭化
87.7 FMいずのくに(伊豆の国市)
5
1232J/筋トレ
88.2 NHK(富士宮)
5
 
88.8 NHK静岡 
5
 
89.7 インターFM(東京)
2
 
90.1 SBS(三島)
5
 
90.5 TBS補完(スカイツリー)
2
 
91.6 文化放送補完(スカイツリー)
2
 
92.4 RFラジオ日本補完
2
 
93.0 ニッポン放送補完(スカイツリー)
2
 
93.9 SBS(焼津)
5
 
94.7 SBS(浜松)
4
 
   
 
 
   

 

 


 

|

« 移動運用その250/神奈川県足柄下郡箱根町丸岳山頂<後半>(2020年9月22日) | トップページ | 移動運用その251/静岡県御殿場市長尾山山頂(2020年10月4日) »

イベント・訪問記」カテゴリの記事

受信記録」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。