« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

移動運用その229/東京都東大和市狭山緑地(2019年5月26日)

土曜日に引き続き、狭山丘陵方面に移動運用。
場所は東大和市狭山緑地。
IMGP9424aa
関東平野東大和a
カシミール3D地形図でみると東大和市立郷土博物館の辺りは狭山丘陵南側の縁にあたる高台であることが解る。
先日の「比良の丘」は狭山丘陵の北を流れていた古多摩川の浸食で削られた「岬」であったが、今回の東大和狭山緑地辺りの高台は丘陵の南を古多摩川が流れていた時に浸食された断崖。
狭山丘陵移動ポイント
夜景紹介サイト等では東大和市立郷土博物館と隣接する八幡神社の間にビュースポットがあるという。
アクセスはJR立川駅から西武バスのイオンモール行きで「八幡神社」下車徒歩2分。
他にも
都営バス(青梅車庫行き、箱根ヶ崎駅行き)で「八幡神社前」下車徒歩2分
西武バス(東村山駅行き)(乗車時間15分程度)で「奈良橋」下車徒歩7分
等の便がある(博物館公式サイト参照)。
また市内循環バスもあるが1時間に1本位しか便がない。
今回はJR立川駅から西武バスでアプローチすることに。
立川駅北口10時発西武バス(立37)イオンモールむさし村山行きに乗り込む。
料金は320円。
この路線も便が少なく、タイミングを逃すと時間ロスに繋がる。
約30分で八幡神社前に。
IMGP9417aa
IMGP9419aa
道標に従い、ここから歩いて数分で東大和市立郷土博物館に到着。
博物館脇の階段を登れば東大和狭山緑地。
IMGP9420aa
博物館裏が展望広場のようになっている。
IMGP9438

IMGP9440aa
IMGP9442aa
IMGP9443aa
標高は110m程だが、直近に高い建物が少ないので南側の立川方面が大きく開けている。
ここで運用してもよかったのだが、到着時は日向で暑過ぎると判断。
緑地内の別の場所を探し、暫し徘徊。
IMGP9421aa
結論から言えば、博物館裏で運用したほうがベターであった。
八幡神社方向に行ってみたものの眺望の利く場所はなし。
IMGP9422aa
IMGP9423aa
緑地内を西に向かい、竹林を抜けると熊野神社手前に南側が開けたエリアを見つける。
IMGP9425aa
IMGP9426aa
木のベンチも置かれている。
IMGP9436aa
ここからだと遠くに丹沢の山々も覗える。
IMGP9433aa
芝もない暗い林の中だったが、もう他に場所を探す時間がないので結局ここで移動運用することに。
この日は、更に暑く湿度も上がったために昨日のような爽快感がない。
真夏だったら蚊の大群に襲われるのは必至の環境。
IMGP9431aa
11時半より運用開始。
連日の移動運用でエネループ充電が間に合わず、FT817は何回か使用した乾電池での運用だったので、無駄にCQも出せない。
IMGP9427ab
それでもQRV早々に開けたEs伝播で沖縄島尻郡与那原町移動局と50MHz帯1WでQSO.
奥多摩、秩父方面移動局中心に延べ15局とお繋ぎ頂いた。
21MHz帯では小笠原移動局が聴こえていたが交信には到らず。
FT817は14時半頃に電源が落ちてしまいQRT.
VX-3で16時前まで430FMで運用し、撤収する。
IMGP9434aa
帰りのバス停も、昨日同様場所がわからず行った来たり。
IMGP9446aa
16時25分、往路と同じルートでJR立川駅行きバスで東大和狭山緑地を後にする。

交信データ
移動地/東京都東大和市狭山緑地
交信日時/2019年5月26日
運用時間/1133
JST~1552JST
周波数/21・50・144・430MHz/SSB・CW・FM 
天候/快晴

無線機/FT817・VX-3
アンテナ/ポケットダイポール・GAWANT・ヘリカル

出力/0.5~1
延べ交信局数/15
50MHz11(SSB6、CW5)、144MHz2(SSB2)、430MHz2(FM)
交信相手所在地/東京都3(あきる野市、八王子市城山、西多摩郡日の出町)、埼玉県2(比企郡ときがわ町、秩父郡皆野町)神奈川県4(相模原市緑区景信山、秦野市三の塔山×2、足柄下郡箱根町)、千葉県1(長生郡長南町)、栃木県1(日光市)、山梨県2(都留市×2)、沖縄県2(島尻郡与那原町×2)



東京都東大和市狭山緑地におけるFM放送受信リスト(コミュニティーFMのみ)

受信日/2019年5月26日・受信機/VX-3・アンテナ/イヤフォーンアンテナ

周波数(MHz) 局名 信号強度(5段階)
77.7 FM入間(?)
1
79.0 多摩レイクサイドFM(東村山市)
3
83.4 FM世田谷
4
83.8 FM調布
2
84.4 FM立川
4
87.4 レディオ府中
3
     
     

 

| | コメント (0)

移動運用その228/埼玉県所沢市「比良の丘」(2019年5月25日)

5月最終週の週末は狭山丘陵周辺に移動運用を実施。
25日の土曜は狭山丘陵の西端に位置し、所沢市内では最も高い地点でもある「比良の丘」へ。
IMGP9401aa
標高は157メートル。東隣には早稲田大学、西隣にはさいたま緑の森博物館が隣接、ブドウ畑や茶畑に囲まれてCM撮影などにも利用される人気スポット。
ところざわ百選にも選出されている(出典:所沢市とことこ景観指定80番)。
「ハイジの丘」という愛称も別にあるのだとか。
比良の丘航空写真
アマチュア無線やライセンスフリー無線の移動運用地としても知られ、ぶどう峠と呼称されることもある。
カシミール3D地形図で観ると狭山丘陵の北を流れていた古多摩川の浸食作用により削られた「岬」の部分にあたる。
狭山丘陵移動ポイント
狭山丘陵周辺の移動ポイントはこうした古多摩川の浸食によって削られた縁の突堤に相当する場所に多い。
実は最近までこの「比良の丘」をまったく知らなかった。
稀にぶどう峠移動局として交信した記憶はあるので、「比良の丘」という名称は無線ではあまり使わないのかも。
公共交通機関でのアクセスは、西武池袋線小手指駅南口より西武バス(小手09)宮寺西行きで「台」バス停下車、徒歩約10分。

当日は5月としては記録的な暑さで東京でも30度を越す気温に。
ただ夏とは違って湿度が低く凌ぎやすい。
天気も快晴。移動には申し分ない天候。
西武池袋線小手指駅を降りて南口バスターミナルより9時48分発「宮寺西」行きに乗り込む。
IMGP9336aa
毎時1~3本しかない路線なので予め調べておかないと、相当なロスになる。
「台」バス停には10時07分着。
IMGP9338aa
スマホのルート案内で「比良の丘」を目指す。
幸い、バス停から然程遠くなく、迷うこともなかった。
IMGP9341aa
やっと5月らしい陽気で沿道の芽吹く草花がまぶしい。
住宅街を抜けて坂をあがっていくと次第に視界が開けていく。
IMGP9343aa
IMGP9344aa
IMGP9345aa
祠のあるY字路を抜けると田園地帯に。
養蜂の箱やぶどう畑、茶畑が広がる。
IMGP9347aa
IMGP9350aa
IMGP9349aa
バス停から徒歩14分位で「比良の丘」に到着。
IMGP9351aa
IMGP9352aa
「ドローン禁止」等の注意書き看板が立っていなければ周りの畑と一体化してここがパブリックスペースとは気がつかない。
緩やかな草原の丘に樹木が一本。その下にベンチが置かれている。
IMGP9355aa
まるで映画のセットのように整った風景。
日差しがこれまた具合よく「絵になる」木陰を作っている。
IMGP9368aa
IMGP9366aa
萌える新緑に白い蛾がたくさん舞っていて不思議な光景だ。
季節的にも天気的にもベストタイミング。
眺望は北東方向にしか開けておらず、大宮辺りの高層ビルが覗えるのみ。
IMGP9353aa
IMGP9377aa
IMGP9378aa
その他の方角は樹木に覆われて遠景は望めず。
早速、移動運用場所を探す。
さすがにこの中央の木立ベンチを占有する訳にもいかない。
丘の端に小ぶりの木立があったので、その下にレジャーシートを敷いて運用することにした。
IMGP9374aa
IMGP9369aa
それにしても最高の風景である。
雲ひとつない快晴の下、目の前には花畑が広がり、蝶や蜂が舞い、鳥の囀りと心地よい日差しと風。
見上げれば新緑と青空のコントラストが強烈だ。
IMGP9381aa
IMGP9382aa
IMGP9383aa
「ハイジの丘」といわれる由縁もよくわかる。
IMGP9364aa
IMGP9370aa
IMGP9371aa
IMGP9376aa
これまでは風が吹くと寒かったが、それが爽快と感じる季節となった。
今年5月の移動運用は天候不安定ばかりだったのが、この最後の週に到ってやっとベストの日に当った。
若干暑すぎる感もあるがこれまでに比べればまともだ。
IMGP9393aa
「比良の丘」を訪れるハイカーは疎らで、大抵は中央の木立ベンチに立ち寄って休憩の場としていた。
運用場所の木陰は中央ベンチから結構離れていたので終日気兼ねすることもなく過ごせた。
無線運用は10時45分過ぎから。
ノイズ源も近くにないためか、各バンドとも非常にクリア。
6m中心に比較的強く入感する移動局を御呼びして過ごす。RS51位の局を呼んでも気が付かれず。
何度かCQを出したが応答なし。
開けている方角が北東だけで都心方面には狭山丘陵があり、アンテナも低かったので致し方なし。
13時半前後に沖縄が弱くEs伝播オープンして国頭郡東村移動局とお繋ぎ頂く。
21MHzでは6エリアが開いていたがGAWANT1WではなかなかQSOに到らず。
とはいえこのバンドでは多野郡上村野移動局とお繋ぎ頂いた。
15時過ぎにはFT817の電池も残り少なくなったため、FM放送受信チェックに移る。
その最中の15時20分頃、突然地面が揺れ始める。
地震だ。
スマホの地震速報で千葉北部で震度5弱。
IMGP9391aa
NHKFMはしばらくしてリクエスト番組を中断し、地震速報に切り替えた。
この「比良の丘」でも結構揺れたので吃驚した。
移動運用中の地震はこれまでも何回かあったが、今回は比較的大きいほう。
所沢辺りでは震度3か4程度だろうか?
FMラジオチェックの後、ポケットダイポールを片付け、VX-3ハンディーで430FMにQRV。
2局ほどお相手頂いた。
結局、「比良の丘」には17時まで留まっていた。
交信局数は延べ17局。内16局が移動局。3バンドQSOして頂いた移動局も。
各局様QSOありがとうございました。
今回は無線以上に「比良の丘」の心地よさに時間を忘れて過ごしてしまった。
もっとも今日のような気候は5月の限られたシーズンだけなのだろうが、その「一期一会」の機会に訪れることが出来て幸いだった。
17時過ぎ、陽が傾いて丘中央の木立から日差しが漏れる。
IMGP9395aa
IMGP9398aa
IMGP9403aa
IMGP9402aa
実に「絵になる」光景だ。
往路を折り返し、「台」バス停に向かう。
IMGP9405aa
IMGP9407aa
IMGP9409aa
IMGP9411aa
この地域の犬のフン注意看板。
IMGP9413aa
小手指方面のバス停場所を探すのに手間取る。
ガードレールもない狭い歩道?にバス停標識が無造作に置かれているだけ。
IMGP9414aa
交通量も多いので昨今の交通事故事情を考えると危なっかしい場所。
おそらく普段は殆ど乗降者はいないのだろう。
自分以外にバスを待つ者なし。
17時20分の小手指駅行きバスに乗り込んで「比良の丘」を後にする。

交信データ
移動地/埼玉県所沢市「比良の丘」(標高157m)
交信日時/2019年5月25日
運用時間/1047
JST~1653JST
周波数/21・50・144・430MHz/SSB・CW・FM 
天候/快晴

無線機/FT817・VX-3
アンテナ/ポケットダイポール・GAWANT・ヘリカル

出力/0.5~1
延べ交信局数/17
21MHz1(SSB)、50MHz12(SSB12)、144MHz2(SSB2)、430MHz2(FM)
交信相手所在地/東京都2(西東京市、西多摩郡日の出町)、神奈川県1(相模原市緑区権現平)、埼玉県6(さいたま市浦和区、日高市白銀平、入間郡、比企郡ときがわ町×3)、山梨県1(甲州市大倉高丸山)、茨城県1(坂東市)、群馬県4(前橋市赤城地蔵山、多野郡上野村×3)、栃木県1(日光市霧降高原)、沖縄県1(国東郡東村)



埼玉県所沢市「比良の丘」におけるFM放送受信リスト(コミュニティーFMのみ)

受信日/2019年5月25日・受信機/VX-3・アンテナ/イヤフォーンアンテナ

周波数(MHz) 局名 信号強度(5段階)
77.7 FM入間
5
79.0 多摩レイクサイドFM(東村山市)
4
83.4 FM世田谷
4
84.4 FM立川
2
87.3 REDS WAVE(うらわ)
4
     
     
     

 

| | コメント (0)

移動運用その227/東京都東久留米市小山台遺跡公園(2019年5月19日)

5月中旬は移動運用に最適なシーズン。
新緑が萌え、屋外活動に支障のない快適な気温と天候が続く。
4月はまだ寒い日もあり、6月になれば梅雨の気配や害虫も発生してくる。
なので5月中の週末は出来るだけ移動運用に励みたいのだが、様々な理由で思い通りのスケジュールが組めない。
更に今年は例年に比べ、寒暖の差が大きく、晴れても不安定な気候で、いまひとつ快適な移動運用に至らず。
今週末も19日に開催される「かながわアマチュア無線フィールドミーティング in 宮ヶ瀬」に関心があったが、当日は午後遅くより西武池袋線沿線に所用があり、断念。
かといって、貴重な5月の週末を移動運用なしで過ごすのは勿体無い。
14時頃まではなんとか時間が取れそうだったので、4月に移動したばかりであったが、所用先に近い東久留米市の小山台遺跡公園(移動地詳細は前回移動運用記参照)にFT817等持って赴く。
IMG_20190519_123755aa
現地着は午前11時。
前回は桜のシーズンであったが、今回は新緑萌えて清々しい。
IMGP5362aa
空模様も晴れたり曇ったり。一日中曇りの予想よりもよい。
IMGP5356aa
少し蒸し暑い感じだったが、それでも10連休中に移動した日の天候からすればいつもの5月に近い。
公園内は草原のように適度に茂って心地よい。時々ムクドリが餌を求めて地面を徘徊していた。
IMGP5363aa
早速木陰になる場所にポケットダイポールとGAWANTを上げて運用開始。
IMGP5361aa
前回は1局しか交信出来なかったが、今回は群馬コンテストもあって比較的交信相手に恵まれる。
50、144MHz帯では武甲山や関八州見晴台等のロケーションのよい移動局と比較的良好にお繋ぎ頂く。
しかし、固定局だとお隣の市町村でも苦しい。
この場所からだとQRP1WDP程度ではCQを出してもなかなか気がついてもらえぬ。
430FMも前回同様QSOに至らず。
GAWANTでは21MHzCWで6エリアと繋がる。
昼過ぎには一旦曇ってしまったが、13時半頃からまた日差しが戻ってきた。
14時過ぎの約3時間で10局ほどとQSO頂く。
各局様交信ありがとうございました。
所用が迫ってきたので14時20分頃に公園を撤収。
今月はあと1回週末があるので時間さえ許せばまた移動運用に赴きたい。

交信データ
移動地/東京都東久留米市小山台遺跡公園(標高55m)
交信日時/2019年5月19日
運用時間/1103JST~1409JST
周波数/21・50・144・430MHz/SSB・CW・FM 
天候/晴れ

無線機/FT817・VX-3
アンテナ/ポケットダイポール・GAWANT・ヘリカル

出力/0.5~1W
延べ交信局数/10
21MHz1(CW)、50MHz5(SSB3、CW2)、144MHz4(SSB3、CW1)
交信相手所在地/東京都2(国立市、西多摩郡大沢山)、神奈川県1(足柄上郡開成町)、群馬県2(前橋市、中之条町)、埼玉県3(秩父郡横瀬町武甲山、入間郡越生町、比企郡ときがわ町)、静岡県1(裾野市)、熊本県1

| | コメント (0)

移動運用その226/神奈川県鎌倉市十王岩(標高約138m)移動(2019年5月3日)

5月3日は東京コンテスト、更には毎年恒例の有志による特定小電力交信実験が組まれている。
近年は特小ユーザーの減少で交信実験の日にメンバーが揃わず、有志同士と繋がらない事が増えた。
ライセンスフリー無線は簡易デジタルやコミュニティー小電力、CBに重心が移って、休日に特小をワッチしても殆ど何も聴こえない場合が多くなってしまったのが残念。

さて、今年の移動地は、鎌倉市の鎌倉アルプス(天園<てんえん>ハイキングコース)にある大平山辺りを目標とした。
しかし、出発する時間が遅くなってしまい、大平山までの所要時間を考えると東京コンテストに満足に参加できない。
そこで鎌倉アルプスの中間点辺りにある十王岩辺りに移動場所を変更する。
十王岩は標高138mのピーク。パワースポットとして知られ、鎌倉市街をまっすぐに見下ろす場所にある。
岩には 3体の仏像(如意輪観音・血盆地蔵・閻魔大王)が彫られており、夜毎不気味な音をたてていたことから「喚き十王」とも呼ばれる。
IMGP9888aa
この場所が鶴岡八幡宮の真裏に位置するため、戦略的に鎌倉防衛の重要な拠点だったらしい。
ということは見晴らしが利く訳で無線の移動運用スポットとしても有効なはず。
当日は概ね晴れの予報。新宿から10時45分発新宿湘南ラインに乗り込む。車内は満員。
11時44分に鎌倉着(運賃918円)。
IMGP9840aa
物凄い人。近年の鎌倉中心街は観光客で混雑しているのは知っていたがここまでとは。
小町通りはまるで原宿。
IMGP9842aa
前に進もうにも人の列でなかなか動けない。
欧米系の明らかに外国人と解る観光客と日本人となかなか見分けがつかないアジア系観光客が渾然一体となってもはやカオス状態。
お店もお洒落で、もはや都心と変わらず。
もっとも原宿も明治神宮の表参道に位置する訳だから賑やかになるのは当然か?
たまらず鶴岡八幡宮に至る若宮大路に抜け、建長寺方面へ。
IMGP9843aa
この混雑を知っていれば北鎌倉駅からアプローチしたほうがよかった。
八幡宮正面の混雑を抜け、県道21号線を北上。トンネルのような巨福呂坂洞門に至る。
IMGP9846aa
この手前でVX-3でモニターしていた430FMに逗子市二子山移動の局がCQを出していたので応答しQSO.
更に少し進むと天園ハイキングコース入口にある建長寺に到着。
IMGP9847aa
IMGP9850aa
時刻は12時25分。
ここからは拝観料500円を収めなければ先に進めない。
せっかく来たのでご朱印も頂く(300円)。
IMGP9853aa
順番待ちが出来るほどの人気。
境内の道標に従ってハイキングコースへ。
IMGP9855aa
IMGP9858aa
半僧坊境内に入ると急な階段が続く。
IMGP9860aa
IMGP9861aa
IMGP9863ab
やがて勝上嶽展望台へ。
IMGP9864aa
北にはランドマークタワーが見渡せる。
IMGP9868aa
時刻は13時5分。もうここで移動運用してしまおうかと思ったがハイカーが多く、なかなか場所が見つからず。
結局、最初の目標である十王岩まで進むことに。
13時15分、やっと十王岩に到着。
IMGP9870aa
IMGP9879aa
思ったより狭い。十王岩から少し離れた樹木との小さな空間にレジャーシートを敷いて何とか場所を確保する。
IMGP9885aa
岩の上からは南西方面に鎌倉市街が見下ろせる。
IMGP9875aa
IMGP9893aa
ちょうど鶴岡八幡宮の真裏に辺り、奥宮っぽくもあり神々しさを感じさせるポイント。
遠く相模湾には伊豆大島もわずかに覗える。
反対側は樹木に覆われているが、木立の影から横浜ランドマークタワーも望める。北側の直下は戸塚区。
IMGP9921aa
13時35分、特小レジャー3cHに横浜市磯子区円海山移動局のCQが聞こえていたのでお声掛け。M5/5で繋がる。
アマ無線運用開始は13時45分。
IMG_20190503_151102aa
早速東京コンテストに参加する。残り時間は1時間15分しかない。
気温は比較的暖かだったが風が抜けて薄着だと寒い程に。
今年のGWは終日快適という日は少なく、晴れていても急に寒くなったり雨が降ったりと安定しない。
15時の終了時までに21局と交信。すべてCW。
GAWANTアンテナで21MHzで6と2エリアが1WQRP交信できたのが収穫だった。
コンテスト終了後、430FMで江ノ島移動局と戸塚区固定局と交信。
IMGP9894aa
残り時間にFM放送受信リスト製作。FM補完局の相互変調QRMが出て、局名確認に手間取る。
IMGP9898aa
17時過ぎ、十王岩を撤収。
17時18分、勝上嶽展望台に戻る。
IMGP9933aa
特小でCQを出してみるが応答なし。
IMGP9935aa
IMGP9938aa
IMGP9943aa
IMGP9940aa
眼下には建長寺の社殿。
そして鎌倉市街。
西には往路では気がつかなかった富士山が一望。箱根の山々もよく見える。先日赴いた明星ヶ岳も覗える。
IMGP9949aa
IMGP9950aa
IMGP9952aa
IMG_20190503_173322aa
手前は大船の市街だろうか。
ここでも430FMでQRV.
鎌倉市内局から1局応答頂く。
結局、この日は特小、コンテスト含めて26局と交信頂いた。
TNX QSO。
往路と同じ境内を降りていく。もうこの時間帯にはハイカーの姿もなく、鳥の声だけが響く。
建長寺境内を抜けて県道21号線へ。車道は帰りの渋滞が始まっていた。
一旦鶴岡八幡宮の境内をショートパスして若宮大路へ。
IMGP9955aa
「鳩サブレ」の店がまるでブランド品を扱うような造りに。近未来SFのようだ。
IMGP9956aa
18時半、JR鎌倉駅着。
IMGP9959aa
持参QSLカードに鎌倉駅スタンプを押して、19時07分発新宿湘南ラインで帰る。
IMGP9961aa
各局様交信ありがとうございました。

交信データ
移動地/神奈川県鎌倉市十王岩(標高約138m)および稜線、鎌倉市内
交信日時/2019年5月3日
交信時間/1217~1726JST(十王岩1345~1607JST)
周波数/21・50・144・430MHz/SSB・CW・FM 
特定小電力無線422MHz帯

天候/晴れ
無線機/ヤエスFT817・スタンダードVX-3・ ユニデンSLT001
アンテナ/ミズホポケットダイポール・付属垂直ヘリカル・GAWANT
出力/0.5~1W・特定小電力10mW
延べ交信局数/26
21MHz2(CW)、50MHz12(CW12)、144MHz7(CW7)、430MHz4(FM4)、特定小電力無線422MHz帯1

交信相手所在地/神奈川県12(横浜市戸塚区、磯子区円海山、鎌倉市、藤沢市江ノ島、逗子市二子山他)、東京都9(新宿区、渋谷区、青梅市、府中市、あきる野市×3、西多摩郡日の出町、桧原村)、埼玉県2、静岡県1、熊本県1

「すぎなみYA34」神奈川県鎌倉市十王岩(標高約138m)移動での特定小電力無線交信記録

日時/2019年5月3日 コールサイン/すぎなみYA34
 無線機/ユニデンSLT001 注/距離は大凡km単位。

ch時間JST局名移動地大凡距離kmメリット備考
L3
1335
YAA815
横浜市磯子区円海山

3.9

5/5
 

 

 
 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 

神奈川県鎌倉市十王岩(標高138m)FM局受信リスト
受信日/2019年5月3日1630JST~・受信機/スタンダードVX-3・アンテナ/イヤフォーンアンテナ
(NHKは周波数リストより受信可能な局を推定。民放、CFMもID、番組名、CM等で確認出来ない場合は備考欄に推定と明記) 

周波数(MHz)局名信号強度(5段階)
備考
76.5INTER-FM(横浜)
5
 
77.5NHK新島
4
 
77.7FM大和(大和市)
2
アフタヌーンパラダイス<推定>
78.0BAY-FM(千葉)
5
 
78.3湘南ナパサ(平塚)
3
78.6K-MIX(東伊豆)
4
 1623JSTジングル
79.1FM川崎(川崎市)
2
 <推定>
79.2K-MIX(静岡)
4
 
79.5NACK5(さいたま)
2
 
80.0TOKYO-FM(東京タワー)
5
 
80.7NHK(千葉)
4
 
81.3J-WAVE(スカイツリー)
5
81.6NHK(前橋)
3
 
81.9NHK(横浜)
5
 
82.5NHK(東京)
5
 
82.8鎌倉FM
5
 
83.2NHK(水戸)
2
 
83.7FM戸塚(戸塚区)
4
  1657JSTし戸塚区インフォメーション
83.9
FM さがみはら(相模原市)
4
 ローカルCM
84.2NHK(熱海)
3
 
84.7FM横浜(大山)
5
 
85.1NHK(さいたま)
4
 
86.6K-MIX(伊豆長岡)
3
 
87.0FM横浜(磯子)
5
 
87.2みらいず(修繕寺)?
2
 <推定>
87.7<不明局>
2
 
88.3J-WAVE(港区)
4
 
88.9FM品川(品川区)
3
 試験電波ID
89.7
INTER-FM(横浜)
5
 
90.1SBS補完(三島)
3
 
90.5TBS補完(スカイツリー)
5
 
91.6文化放送補完(スカイツリー)
5
 
93.0ニッポン放送補完(スカイツリー)
5
 
93.9SBS補完(焼津)
5
 1649JST/SBSジングル
94.1CRT補完(宇都宮)
4
 
94.6IBS補完(水戸)
3
 



| | コメント (0)

令和元年初日記念限定QSLカード発行と移動運用(2019年5月1日)

改元を記念して平成31年最後の日と令和元年最初の日仕様限定QSLカードを製作。両日に渡って移動運用サービスを実施しました。
今回は令和元年5月1日の移動運用レポートです。

●令和最初の移動運用(八王子市高尾山神変山・新宿区新宿野村ビル)
令和元年QSL20190501aa

翌、5月1日令和元年。
この日はもう少し広いエリアと交信可能な場所に移動を計画。
しかし天気予報はまたもや夕方から雨。長時間登山を伴う場所は避けたい。
そこでこちらもお馴染み、八王子市高尾山中腹にある林野庁慰霊碑広場ピークに赴くことに。
ケーブルカー高尾山駅から徒歩5分ほど。眺望はまったくないが、ここもハイカーが殆ど訪れない移動運用のやりやすいポイント。
昼前に自宅を出発。
この時はよく晴れていたが、JR中央線で西に向かうに連れて高層の薄い雲が広がっていく。
12時55分過ぎ、ケーブルカー清滝駅へ。
IMGP9796aa
ちょうど新元号祝賀イベントの一環として「天皇陛下ご即位記念乗車証」を改札にて配布していた。
IMGP9797aa
IMGP9803aa
IMGP9800aa
IMGP9802aa
上りケーブルカーの先頭には「令和」のヘッドマークが。
IMGP9805aa
満員のケーブルカーに乗って高尾山駅へ。
13時20分頃、現地着。
実はこの林野庁殉職者慰霊碑のあるピークの広場にも山の名称があり、グーグルマップには「神変山」と記されている。
すぐ下の1号道沿いに神変堂があるからなのだろうか?
なので、以後この場所は神変山と呼称することにする。
13時半頃よりポケットダイポール、FT817で0.5~1WQRP運用開始。
やはり、昨日に引き続き天候のせいか、移動局が少ない。
更に、天気予報どおり15時頃から雨がぱらついてきた。ここには雨を凌げる屋根はない。
15時半頃からだんだん雨脚も激しくなる。
IMGP9808aa
暫く傘をさしての運用となったが、これ以上は無理となって神変山を15時前に撤収。
結局ここでは16局の交信に留まる。
やむなく、場所を変更し、ケーブルカー高尾山駅にあるビアマウントへ。
ビヤホール開催時期以外は自由に立ち入り出来るし、屋根もある。
暫くVX-3ハンディーで430FM運用。
ここが閉まってしまう17時過ぎまでに11局とお繋ぎ頂いた。
もうこの時間には雨は本降りに。視程も悪く、都心部はおろか麓すら見えない時も。
IMG_20190501_164727aa
IMG_20190501_164737aa
ハイカーの姿も疎らとなる。
平成から令和にかけての両日は移動運用にはあいにくの天候となってしまった。
17時25分の下りケーブルカーで下山。こちらは「平成」のヘッドマーク。
IMGP9822aa
IMGP9824aa
IMGP9827aa
「記念乗車証」はもう配布終了となっていた。
こちらが表。
令和記念乗車証190501
裏のデザイン。
令和記念乗車証190501R
この日の高尾山ケーブルカー乗車券。
高尾登山電車切符190501
下山後、京王線で新宿に戻る。
京王新宿駅には新型の5000系が停車していた。小田急のロマンスカーと似た警笛を鳴らしていた。
IMGP9830aa
まだ、時間があったので、新宿野村ビルの展望フロアに寄って19時半過ぎより暫く430FMで運用。
ここでは30分ほどで6局とお繋ぎ頂く。
平成元年5月1日の記念QSL移動運用は合わせて延べ33局と交信頂いた。
各局様ありがとうございました。

交信データ
移動地/東京都八王子市高尾山中腹神変山(海抜500m)及びビアマウント
交信日時/2019年5月1日
交信時間/1340~1704JST
周波数/50・144・430MHz/SSB・CW・FM 
天候/晴れのち曇りのち雨
無線機/ヤエスFT817・スタンダードVX-3
アンテナ/ミズホポケットダイポール・付属垂直ヘリカル
出力/0.5~1W
延べ交信局数/27
(相手のCQ呼び出し局/5・自局のCQ応答局/22)
50MHz13(SSB9、CW4)、144MHz2(SSB2)、430MHz12(FM12)
交信相手所在地/神奈川県6(横浜市港北区×2、川崎市多摩区、厚木市、横須賀市国際湘南村、相模原市南区)、東京都13(練馬区×3、三鷹市×2、八王子市×2、町田市、稲城市×2、昭島市、国立市、国分寺市)、千葉県2(市川市、東金市)、栃木県1(佐野市)、埼玉県3(所沢市、新座市、北足立郡伊奈町)、茨城県1(かすみがうら市)、未確認1



交信データ
移動地/東京都新宿区新宿野村ビル50F(地上高200m)
交信日時/2019年5月1日
交信時間/1944~2010JST
周波数/430MHz/FM 
天候/雨
無線機/スタンダードVX-3
アンテナ/付属垂直ヘリカル
出力/1W
延べ交信局数/6
(相手のCQ呼び出し局/0・自局のCQ応答局/6)
430MHz6(FM6)
交信相手所在地/埼玉県4(所沢市、蓮田市、朝霞市、八潮市)、東京都2(渋谷区、八王子市)

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »