« 移動運用その224/神奈川県足柄下郡箱根町明星ヶ岳移動(2019年4月20日) | トップページ | 平成31年最終日限定QSLカード発行と移動運用(2019年4月30日) »

移動運用その225/神奈川県足柄下郡箱根町大涌谷移動(2019年4月21日)

箱根遠征2日目。
この日は同行者との観光がメインなので移動運用は足柄下郡箱根町大涌谷滞在時のみ。
IMGP9621aa
大涌谷は箱根神山北部山腹の爆裂火口跡。
約3100年前に大規模水蒸気爆発を起して山体崩壊し、仙石原を埋めて早川を堰止めし芦ノ湖を生んだ。
2015年には噴気活動が活発化して立ち入りが制限された事が記憶に新しい。
標高1044mに箱根ロープーウェー大涌谷駅があってアクセスしやすい。
箱根随一の景勝地。


●強羅駅前で40年ぶりにAM放送受信比較
21日朝、強羅の宿を1000JSTチェックアウト。
今日は朝から晴れ渡って強羅周辺の風景も映える。
IMGP9555aa
IMGP9558aa
IMGP9561aa
昨日は靄っていた明星ヶ岳や早雲山も今朝は朝日に輝きメリハリがある。
IMGP9567aa
IMGP9572aa
まずは強羅駅近郊で昼間AM局受信状況を調べる。
今から40年前の1979年、大学の強羅セミナーハウスで同じようにモニターした記録が残っているのでそれと比較する目的もあった。
IMGP9565aa
結果は殆ど変わらない。ただ1979年当時は1485KHzのRF日本(ラジオ関東)小田原中継局<開局は1981年7月20日>と1026KHzのNHK御殿場中継局<開局は2008年8月25日>が存在せず、受信リストにないのが興味深い。

神奈川県足柄下郡箱根町強羅駅近郊における1979年9月と2019年4月の昼間中波放送受信情況比較リスト

周波数(KHz)局名

SEP.2,1979
1420JST~
RX/TOSHIBA RT-2900
ANT/内蔵バーアンテナ

APR.21,2019
1000JST~
RX/SONY SRF-M100
ANT/内蔵バーアンテナ

594NHK東京第一
4
4
639NHK静岡第二
4
4
693NHK東京第二
4
4
729NHK名古屋第一
-
1
765YBS甲府
4
-
810AFN
4
4
828NHK大阪第二
2
-
882NHK静岡第一
4
4
927NHK甲府第一
3
2
954TBS
4
4
1026NHK御殿場第一
<未開局>
3
1053CBC
1
-
1134文化放送
4
4
1242ニッポン放送
4
4
1332東海ラジオ
1
-
1404SBS静岡
4
4
1422RFラジオ日本
4
4
1485RFラジオ日本(小田原)
<未開局>
3
1557SBS熱海
4
4









1054JST、強羅発早雲山行きのケーブルカーに乗る。車内は満員。
IMGP9575aa
IMGP9577aa
IMGP9578aa
明るい日差しで沿線の草花が萌える。
8分後、改装中の早雲山駅到着。

●箱根ロープウェーで大涌谷へ
すぐに箱根ロープウェーに乗り換える。観光ラッシュで乗車には長い行列。
箱根ロープウェーは神奈川県足柄下郡箱根町の早雲山駅から大涌谷駅、姥子駅、桃源台駅までの4駅をむすぶ索道。全線開業は1960年。運営鉄道会社は箱根ロープウェイ株式会社で、2019年現在、日本で最も長い営業路線。
自分にとっては1970年以来、49年ぶりの乗車だ。
IMGP9584aa
当時は小学5年生。クラスメートの家族旅行だったのを記憶している。
写真もアルバムに残っていた。
映っているゴンドラは2000年頃のリニューアルまで車種が同じように見える。
箱根197007aa
この小田急系の箱根ロープウェーは2000年12月から「複式単線自動循環式(DLM)フニテル」が導入され、現在は欧州メーカーの最新型ゴンドラで運行されている。
一方、西武系の駒ケ岳ロープウェーの基本設備はゴンドラを除き、半世紀前と変わっておらず、両者の投資意欲の差を感じさせる。
それはさておき、早雲山駅を1112JSTに出た箱根ロープウェー。ゴンドラは定員18人でほぼ満席。
後方に強羅の町。
IMGP9587aa
ひとつ尾根を越すと大涌谷の深い谷を通過する。富士山も大きく視界に飛び込んできたが、満席故なかなかよいポジションで写真が撮れない。
IMGP9595aa
2015年に噴火した火口を探す。後で場所を特定してみるがよくわからない。恐らく蒸気で隠れた赤い丸の範囲内と推定する。
IMGP9597ab
IMGP9598aa
1122JST、約10分で大涌谷駅到着。
IMGP9607aa
黒いマストの機器は火山ガス感知装置だろうか?
IMGP9608aa
IMGP9610aa
IMGP9612aa
この駅舎も2013年にリニューアル。
観光施設の大半が新しくなっており、半世紀前に訪れた記憶とはまったく合致せず、もう別の場所だ。
当時は、自然研究路を噴気孔の直近まで歩いた記憶も。
今回は2015年の噴火で立ち入り規制されている。
IMGP9644aa

●富士山反射伝播で2エリアと交信
大涌谷駅は標高1044m。
さっそく駅舎の展望エリアでVX-3を出して430FMをワッチする。
IMGP9611aa
1~2エリア移動局がいくつか聞こえるものの、あまり強くなく御呼びしても繋がりそうになし。
大涌谷は箱根カルデラ内部なので外輪山に囲まれて移動運用地としてはあまり条件がよくない。
場所を変えて、今度は西に眺望が利く有料駐車場の脇から出てみる。
IMGP9627aa
IMGP9615aa
IMGP9618aa
IMGP9616aa
ここからは正面に富士山が見え、芦ノ湖も覗える。
IMGP9619aa
IMGP9620aa
あまり期待せずにVX-3の430FMモード1WでCQを出していると1151JSTに静岡市駿河区の局からRS59でコールが。6mで14年前にお繋ぎいただいた局。
こちらの信号もRS59を頂く。相手局もGPアンテナということで吃驚。距離にして約65Km。
更に続けて1155JSTに藤枝市の固定局からも呼ばれる。こちらも共にRS59レポート。距離は約81Km。
1wハンディー直付け短縮ヘリカルアンテナで見通し距離にない局と安定的に交信出来たのは、おそらく富士山反射伝播以外に考えられない。
ハンディー機での交信だと少しでも動いてしまうと途切れることが多いが、今回はそれもなかったので興味深かった。
同行者と集合しなければならなかったので、正午前に運用は一旦中断。
13時台に改めて大涌谷延命地蔵尊前の小高くなった広場ベンチから運用再開。
IMGP9632aa
IMGP9634aa
FT817にローディングホイップアンテナで6mをワッチ。
IMGP9642aa
1336JST、島田市移動局が50MHzCWモードでCQを出していたのでベビー電鍵でお呼びがけ、相互RST599でお繋ぎ頂く。
更にVX-3の430FMで1347JST、駿東郡小山町山中湖近郊移動局ともRS59で交信出来た。
FMラジオ受信状況もチェックする(巻末表参照)。
「大涌谷 駅の店」に駅スタンプが備え付けられていたので持参したQSLカードに交信分押す。
IMG_20190425_153410aa
1415JST、再びロープーウェーに乗り込んで桃源台に向かう。
IMGP9650ab
結局、大涌谷に滞在したのは3時間弱。その内、無線、ラジオに時間を割けたのは40分程か。
時間が限られた中での移動運用ではあったが、そんな状況でVX-3ハンディーとFT817ホイップアンテナ1wで4局程お繋ぎ頂けたのは幸いだった。
天候は下り坂。いつのまにか富士山も見えなくなり、芦ノ湖方面から雲が湧き出してきた。
1431JST、ロープーウェー終着駅、桃源台に到着。

●芦ノ湖海賊船乗船
ここより芦ノ湖箱根海賊船に乗り継ぐ。
箱根海賊船は箱根観光船株式会社が1964年より運航する桃源台→箱根町→元箱根→桃源台の周回を基本とする観光船。
「箱根フリー切符」を利用出来る。
1970年に訪れた時も乗った記憶がある。
今回乗船したのは2007年に就航した「ビクトリー」。
桃源台桟橋正面に泊まっていたのは「ロワイヤル2」。
IMGP9656aa
1500JST、桃源台出航。船内は外国人観光客でごった返していた。
IMGP9659aa
上甲板から風景を眺めるが完全に曇ってしまい、湖面はねずみ色で映えず。駒ケ岳山頂付近も見えない。
海賊船とは別の連絡船がすれ違っていく。
IMGP9673aa
折り返してきた海賊船「バーサ」。
IMGP9677aa
430FMをモニターしてみるも出ている局は見つからず。
二子山も頂上部分が雲で隠れる。
IMGP9683aa
1525JST、箱根町桟橋着。ここで下船。
IMGP9692ab
再び桃源台へ折り返していく「ビクトリー」。
IMGP9695aa
箱根町桟橋近くにエヴァの自販機発見。
IMGP9697aa
IMG_20190421_153830aa
あまり間を置かずに箱根湯本行き急行バスに乗り込む。
満員の16時10分発臨時増発便で箱根新道を急降下。
1635JST、渋滞もなく箱根湯本駅到着。
IMGP9708aa
駅周辺で少し土産物屋を廻り、1730JST箱根湯本発新宿行き「はこね26号」に乗る。
IMGP9711aa
車内販売でキレートレモンサワーを買った際、GSE就航1周年のコースターを貰う。
IMGP9729aa
IMG_20190425_155109aa
新宿へは19時06分着。
IMGP9735aa
比較的順調に今回の箱根遠征を終える。

反省点としては荷物が多すぎた。移動運用のための機材を詰めたリュックで同行者のいる観光地巡りは嵩張って邪魔となってしまい難儀した。
単独行の時以外は三脚、アンテナポールは無理せず持っていかなくともよかったか。
IMGP9752aa
今回の箱根遠征では2日間でトータル延べ22局(内1局は同行者との特小QSO)と交信。
お相手頂いた各局様ありがとうございました。

交信データ
移動地/神奈川県足柄下郡箱根町大涌谷(標高1044m)
交信日時/2019年4月21日
交信時間/1151~1347JST
周波数/50MHzCW・430MHzFM

天候/晴れ
無線機/FT817 スタンダードVX-3 
アンテナ/ローディングホイップ 付属ヘリカル
出力/1W
延べ交信局数/4
(相手のCQ呼び出し局/2・自局のCQ応答局/2)
50MHz1(CW)、430MHz3(FM)
交信相手所在地/静岡県4(静岡市駿河区、藤枝市、島田市、駿東郡小山町)


神奈川県足柄下郡箱根町大涌谷FM局受信リスト
受信日/2019年4月21日1305JST・受信機/スタンダードVX-3・アンテナ/イヤフォーンアンテナ
(NHKは周波数リストより受信可能な局を推定。民放、CFMもID、番組名、CM等で確認出来ない場合は備考欄に推定と明記) 

周波数(MHz)局名信号強度(5段階)
備考
76.1FMHaro!(浜松)
2
 1305J/TOKYO HOT 100<推定>
76.5INTER-FM(横浜)
5
 
76.9FM-HI!(静岡)
2
1307/TOKYO HOT 100<推定>
77.7FM大和(大和市)
3
 1320J/サンデーアートアワー 
78.0BAY-FM(千葉)
5
78.4K-MIX(浜松)
4
 
78.6FM-FUJI(三ヶ峠)
4
 
79.2K-MIX(静岡)
4
 
79.5NACK5(さいたま)
2
 
80.0TOKYO-FM(東京タワー)
5
 
80.4FM横浜(小田原)
4
 
80.7NHK(千葉)
5
81.3J-WAVE(スカイツリー)
5
 
81.9NHK(横浜)
4
 
82.5NHK(東京)
5
 
83.5NHK(小田原)
4
 
84.2<不明局>
2
 (NHKではない)
84.7FM横浜(大山)
5
 
85.1NHK(さいたま)
2
 
86.0NHK(三ヶ峠)
4
 
86.6K-MIX(伊豆長岡)
4
 
88.3J-WAVE(六本木)
4
 
88.8NHK(静岡)
5
 
89.7INTER-FM(スカイツリー)
5
 
90.5TBS補完(スカイツリー)
5
 
90.9YBS補完(甲府)
4
 <推定>
91.6文化放送補完(スカイツリー)
5
 
93.0ニッポン放送補完(スカイツリー)
5
 
93.9SBS補完(焼津)
4
 <推定>
 
 
 
 
 



|

« 移動運用その224/神奈川県足柄下郡箱根町明星ヶ岳移動(2019年4月20日) | トップページ | 平成31年最終日限定QSLカード発行と移動運用(2019年4月30日) »

移動運用」カテゴリの記事

イベント・訪問記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。