« 2019年2月 | トップページ

2019年3月

移動運用その219/東京都北区飛鳥山公園移動(2019年3月2日)

やっと気温も上がって、屋外での移動運用も耐えられる季節になってきた3月最初の週末。
この日は都内北区の飛鳥山公園へ。
何回か訪れたことはあったが、移動運用としては初。
近くに「北とぴあ」があり、その展望ロビーのほうが遥かに高度があるので無線は大抵そちらのほうに上っていた。
展望ロビーから南側を見下ろすとJR王子駅西側にこんもりと樹木が茂った飛鳥山公園が望める。
IMGP9539aa
今回は天気もよく、FT817を持参したので屋外運用を優先し、公園のほうに赴く。
飛鳥山公園の標高は25.4m。
都内では東京23区最高峰の東京都立戸山公園内箱根山の標高44.6m、愛宕山25.69mに次いで高い山。
北区は飛鳥山山頂の位置を表す公共基準点を設置。国土地理院に対し、飛鳥山を地形図に記載するよう要望したが採択されていない。
いずれにしろ、武蔵野台地北端の崖線に位置し、東側が切れ込んだ高台であることは確か。
その崖の下をJR京浜東北線や新幹線の線路が通っており、高架の高さが飛鳥山とほぼ同じになる。
IMGP8676aa
飛鳥山公園は、江戸時代に桜の名所として開設され、現在はいくつかの博物館と蒸気機関車や路面電車が静態保存されている。
また公園北端には近年スロープカー「飛鳥山公園モノレール」が設置され、アクセスが向上した。
DSCN7010aa
DSCN7012aa
この日は最寄りJR王子駅南口から陸橋を渡って午前11時前に公園到着。
IMGP8678aa
IMGP8677aa
IMGP8673aa
児童公園南側の芝にレジャーシートを敷き、低木の枝にポケットダイポールを引っ掛けて運用を開始する。
IMGP8668aa
好天に恵まれ移動局も多く出ていたが、ビルの林立する都内標高25m程度の場所からQRP1w程度では交信が難しい。
呼んでもなかなかピックアップしていただけぬ。
それでも6mでCQを出すとさいたま市南区の局長さんと繋がり、暫しラグジュー。
12時半過ぎまでの約1時間半で50MHz、144MHz、430MHz帯で7局とQSO頂いた。
この日は時間が限られていたため、13時前に撤収。
各局様QSOありがとうございました。

交信データ
移動地/東京都北区飛鳥山公園(標高25.4m)
交信日時/2019年3月2日
交信時間/1101~1220JST
周波数/50、144、430MHz/CW、SSB、FM 
天候/晴れ

無線機/FT817、スタンダードVX-3
アンテナ/ポケットダイポール、付属ヘリカル
出力/0.5~1W
延べ交信局数/7
50MHz5(SSB3、CW2)、144MHz1(SSB)、430MHz1(FM1)
交信相手所在地/東京都2(葛飾区荒川河川敷、あきる野市金比羅山、)、埼玉県2(さいたま市南区、秩父郡皆野町)、神奈川県1(相模原市)、千葉県2(袖ヶ浦市、市川市)

| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ