« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

移動運用その211/ハロウィン移動運用新宿野村ビル50F展望ロビー(2018年10月31日)

今年もハロウィン当日に移動運用。
場所は昨年と同じく、新宿野村ビル50F展望ロビー。
IMG_20181031_200519aa
VX-3で430FMにQRV.平日ながら19時過ぎから約1時間15分程で9局とお繋ぎ頂いた。
ニュースを聞いていると渋谷界隈では週末に引き続き、相当な人出とか。更に小火騒ぎもあった模様とかなりの騒ぎに。
この展望ロビーは西に開けているので渋谷方面は覗えない。
ただ、渋谷以外ではもう目立った動きもなく、西新宿界隈は普段と変わらず。
10月下旬より発行したハロウィンQSLカードも本日で終了。
2018ハロウィンQSLaa

各局様ありがとうございました。

交信データ
移動地/東京都新宿区新宿野村ビル50F展望ロビー
交信日時/2018年10月31日
交信時間/1902~2018JST
周波数/430MHz帯FM

天候/晴れ
無線機/スタンダードVX-3 
アンテナ/付属ヘ リカル
出力/1W
交信局数/9
430MHz9局(FM)
交信相手所在地/
東京都6(杉並区、板橋区、小平市、町田市、日野市、東大和市)、神奈川県1(横浜市神奈川区)、栃木県1(栃木市)、他1

| | コメント (0)

国際宇宙ステーションISSからのSSTVを受信する(2018年10月29日)

『hamlife.jp』のサイトで目に留まったニュース<日本時間10月27日(土)19時~>ISS(国際宇宙ステーション)が144MHz帯で12種類のSSTV画像を送信!!>を見て早速受像してみた。
この記事によると「今回のイベントは、NASA(アメリカ航空宇宙局)創立60周年を祝うもので、NASA on the Air(NOTA)の特別な承認を得て実施される。 使用される周波数は145.80MHzで、FMモードにSSTV信号(PD120)を載せて送信される」とのこと。
ISSからのSSTVは以前にも受像したことがあり、専用のアプリケーションもパソコンに入っていたので準備に然程時間はかからなかった。
受像に関してはこちらのサイトに詳しい方法が載っている。
http://blog.livedoor.jp/bh5ea20tb/archives/4973652.html
「RX-SSTV」をダウンロード、設定し、パソコンの音声入力端子に受信機からの音声出力を接続するだけでよい。あとはほぼ自動的に信号を画像化してくれる。
ISSからの信号は強く、高いところをパスする時にはGPでもRS59+で入感する。
IMG_20181029_052629aa
IMG_20181029_052336aa
周波数はダウンリンク145.80MHz。モードはFM。
JAXAのサイトにある『「きぼう」/ISSの2D位置情報』等でISSの軌道を調べることが出来る。
1回のパスで日本から受信可能な時間は約10分程度。
条件がよいパスは1日に数回しかない。
今回、予定では日本時間28日の0436JST頃のパスには受像出来るはずだったが、何らかの原因で電波が送信されていなかったようで何も受信出来ず。
29日0345JSTのパスでやっと受像成功。更に次のパスでも受像出来た。

RECEPTION REPORT
ISS SSTV
STATION:RS0ISS
Date Heard(UTC):28 OCT.2018
Time Heard(UTC):1845~1848
Frequency:145.80MHz
Loc:PM95TR
Receiver :FT817
Antenna : CLP-5130
De:JH1EAF

2018-10-29_03.48.08
2018-10-29_03.52.07

RECEPTION REPORT
ISS SSTV
STATION:RS0ISS
Date Heard(UTC):28 OCT.2018
Time Heard(UTC):2021~2031
Frequency:145.80MHz
Loc:PM95TR
Receiver :FT817
Antenna : CLP-5130
De:JH1EAF

2018-10-29_05.23.55

関連サイト(https://www.amsat.org/ariss-joins-nasa-on-the-air-for-a-special-sstv-event-october-27-29/)によると日本時間の30日0430JSTまで運用されるようだ。

| | コメント (0)

移動運用その210/ハロウィン仕様QSLカードと恵比寿ガーデンプレイス39階移動(2018年10月28日)

ハロウィンシーズンが到来。
コーヒーショップ『ベローチェ』が9月~10月末日までドリンク3杯分のレシートでコップに乗る黒猫のフィギュア「ふちねこ」ハロウィンバージョンが景品としてもらえるキャンペーンがあるというので、駆け込みでひとつ獲得。
別の食玩ラジオのロッドアンテナに乗せてみる。
IMGP7064aa
IMG_20181026_202120aa
無線機の出力コード等にも乗る。
IMG_20181026_204627_BURST001_COVERaa

それはさておき、今年もハロウィン仕様QSLカードを発行。
2018ハロウィンQSLaa
21日ごろから月末まで交信頂いた局に発行予定。
28日は午前6時~正午まで東京CWコンテストが開催された。今回は午前10時25分頃より常置場所から参加。
GAWANTも使用し、21、28MHz帯にも5WQRPでQRV.
IMG_20181028_135004aa
ベランダから伸ばしただけだったが21MHzで8エリアとも交信。GAWANTでは初の電離層伝播QSO.
この日はコンディションがよかったのか、BD7DT等の海外局も入感していた。

夕方から近場に移動。
恵比寿ガーデンプレイス39Fの展望ロビーで17時過ぎから1時間ほどVX-3でQRV。8局とお繋ぎ頂いた。
IMGP7134aa
富士山もシルエットで窺えた。
IMGP7112aa
IMGP7114aa
新宿方面の夜景。
IMGP7123aa
IMGP7125aa
IMGP7129aa
帰宅後、「A1 CLUB STRAIGHT KEY コンテスト」に出てみる。
しかし、時間はすでに20時を回っており、7MHzは国内伝播が難しく、5Wではもう呼んでもピックアップされない。CQも空振りばかり。結局1局も繋がらずコンテスト終了。
遅い時間帯は3.5MHz帯でないと難しい模様。しかし波長の長いバンドのアンテナを上げる場所はない。
HF帯ANTはずっと7MHzDPのみ。
しかしGAWANTに刺激を受けて18~28MHz帯のGPを上げてみたい気もする。

交信データ
移動地/東京都渋谷区恵比寿ガーデンプレイス39階展望ロビー
交信日時/2018年10月28日
交信時間/1711~1828JST
周波数/430MHz帯FM
天候/晴れ
無線機/スタンダードVX-3 
アンテナ/付属ヘ リカル
出力/1W
交信局数/8
430MHz8局(FM)
交信相手所在地/東京都6(練馬区、杉並区、府中市、八王子市×2、八王子市高尾山)、埼玉県1(越生町)、神奈川県1(川崎市)

| | コメント (0)

練馬まつりイベントFM受信(2018年10月21日)

今年も10月21日にとしまえんで開催された「第41回練馬まつり」にイベントFMが開局した。
201810練馬まつり
2015年から続けて4年目。
まず、以下が 関東総合通信局 が出した報道発表資料。

平成30年10月19日
関東総合通信局
「練馬まつり」イベントFM放送局に免許
《練馬区が所有する臨時災害放送用設備を活用》
総務省関東総合通信局〔局長:黒瀬 泰平(くろせ たいへい)〕は、練馬まつり推進協議会〔会長:前川 燿男(まえかわ あきお)練馬区長〕から免許申請のあったイベントFM放送局に対して、本日付で免許を付与しました。
本イベントFM放送局は、「練馬まつり」の関連情報を提供するとともに、災害時における情報伝達手段として有用な臨時災害放送局のPRや、貸与ラジオによる放送の聴取体験を行うなど、地域住民の防災意識の向上や啓発促進のための情報発信を目的に開設されるものです。

【イベントFM放送局の概要】
免許人 練馬まつり推進協議会
会長 前川 燿男
識別信号 呼出符号:JOYZ3AJ-FM
呼出名称:ねりままつりイベントエフエム
電波の型式及び周波数 F8E 87.1MHz
空中線電力 5W
無線設備の設置場所 練馬区向山
放送区域 練馬区の一部(としまえん及びその周辺)
放送予定日 平成30年10月21日(日曜日)

(出典/http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/30/1019ho.html

練馬放送公式サイトにも概要が掲示されている。
https://nerimabroadcast.jp/news/2018_0034.html

また2018年6月に練馬区と日本大学芸術学部、株式会社ジェイコム東京および一般社団法人練馬放送の3団体が「臨時災害放送局の開設および運営に関する協定」を締結している。
(出典/https://www.city.nerima.tokyo.jp/kusei/koho/rinsaihousou.html
今回のイベントFMもその趣旨に基づいて運営されたようで、いつもの練馬放送中心の番組構成とは若干変わった印象を受けた。

●常置場所での受信
開局は21日午前9時。今回もアンテナをとしまえん方向に向け、30分前位より待機。
としまえんから常置場所までは、約3.8Km。
今回の周波数は87.1MHz。出力は5wと例年と同じ。しかし実効輻射電力は今回発表されていない様子。
87.0MHzにFM横浜の磯子中継局が出ていて若干被りがある。
例年なら放送開始の少し前よりテスト電波が出ていたが、直前になっても確認出来ず。
9時を過ぎても入感なし。アンテナの方向が間違っているのかと慌ててローテーターを調整していたら、09時2分頃に音楽放送が入感。SINPO-44444.
ほぼ例年並みの受信状態。
放送開始アナウンスも確認出来ず。今回はいきなり番組が始まった印象。
受信側の不備なのか、送信側が原因なのかは不明。
例年と違い、最初の番組が音楽放送のためか曲の合間に短いインフォメーションが入るのみで、この放送が練馬まつりイベントFMなのか確認に時間がかかった。
それはさておき、この練馬まつりイベントFMは自宅近郊での放送なので敢えて遠征する必要もなく、期間限定の小電力FMの伝播状況をチェックするには好都合なロケーション。
2015年は自転車でとしまえんまで受信エリアを調査。
2016年は朝霞の観閲式の行き帰りの途上、中村橋、大泉学園等西武池袋線沿線より受信を試みた。
2017年は悪天のため、常置場所以外からの受信は断念。
今年は、豊島園から半径5Km前後の比較的高い場所からの受信を試みることにした。
高度を稼げば比較的遠距離でも受信出来るかもしれないと考えた。
使用受信機は例年と同じVX-3とSONY SRFM-100。イヤフォーンアンテナを使用。

●荻窪タウンセブン8F屋上
まずは、JR荻窪駅ビル「タウンセブン」屋上8Fへ赴く。
IMGP6953aa
時刻は午後12時50分。この日は申し分のない快晴。
屋上からは富士山含め、丹沢から奥秩父の山々がくっきり見渡せる。更には遠く箱根の駒ケ岳や二子山も確認出来た。
IMGP6956ab
IMGP6957aa
IMGP6959aa
としまえんから距離にして5Km。8F屋上からだと練馬区方向には遮るものがない。
練馬区役所も見通し距離にある。
IMGP3905a
早速、ラジオを87.1MHzに合わせ、練馬まつりイベントFMをワッチしてみる。
IMGP6965aa
たが、それらしき局は確認出来ず。
聞こえるのは横浜FM磯子のサイドQRMと在京県域FMの混変調のみ。
いろいろ場所や受信機を変えてみるがイヤフォーンアンテナでは掠りもしない。
としまえんから3.8Km離れた常置場所でビームアンテナを使えば受信出来るので、ここでも八木系アンテナなら可能性はあったかもしれない。しかし基本はポータブルラジオでの受信可能エリア調査。
せっかくタウンセブンに来たのでVX-3でアマ無線430FM移動局と2局QSOした後、次のポイントへ。

●新宿野村ビル50F展望ロビー
荻窪から地下鉄丸の内線で西新宿へ。
徒歩で新宿野村ビル50階展望ロビーへ向かう。
到着したのは13時50分頃。
IMGP6968aa
ここは地上高200m。練馬区方面も見下ろせ、練馬区役所もはっきり確認できる。
IMGP6972aa
IMGP6972ab
としまえんから距離にして7.6Km。
しかし、87.1MHzには、荻窪タウンセブン同様、横浜FM磯子のサイドQRMと在京県域FMの混変調しか入感しない。イヤフォーンアンテナを動かしていると更に何か混信して聞こえたので「もしや」と耳を欹てたが、内容は埼玉浦和ローカルのトーク。87.3MHzのレッズウェーブのサイドQRMだった。
IMGP6977aa
出力5wもあれば、この距離、高度であればポータブルラジオでも受信出来てももおかしくないはずだが、やはり送信アンテナ地上高が低いのだろう。
430FMで移動局2局とQSOし、展望ロビーを後にする。

としまえん
再び地下鉄丸の内線西新宿駅に戻り、方南町経由でとしまえんに向かう。
地下鉄大江戸線豊島園駅から地上に出ると、ノイズ混じりながら練馬まつりイベントFMが受信出来る。
この日、としまえんは入場無料。
IMGP6978aa
大変な人出だ。
サテライト放送ブースがあるのは区民広場の「ねりマーケット」。メインゲートから結構離れている。
ここにはステージがあって、この時間帯はフラダンスが演じられていた。
IMGP7002aa
やっとのことで到着したのは15時20分頃。場所はAゾーン07.
IMGP6988ab
IMGP6982aa
IMGP6985aa
IMGP6989aa
今回はなぜかサテライト放送ブースがある練馬区広聴広報課と練馬放送ブースが離れている。
IMGP6991aa
一昨年は確か隣りあわせで、放送機材は練馬放送のほうにあった記憶があるが。
アンテナは一昨年と同じ会場西端の自転車置き場との間に設置されていた。
IMGP6996aa
IMGP7000aa
高さも3m程度か。
規定で4m以上には上げられないとか。
実効輻射電力もおそらく例年並みの1.3w位なのかもしれない。
快晴の空、アンテナの遥か上空に飛行機雲が流れる。
IMGP7013aa
放送は16時で終了。
最後の番組が終わると終了アナウンスもなく、30秒ほどで停波。

いずれにせよ、今回も受信エリアに大きな変化なく、ポータブルラジオだととしまえんから半径1.5Km前後が限界だろうか?
やはり5km以上も離れると高いビルに登っても受信は難しい。

今回も練馬まつりイベントFMのべリカード発行があるようだ。BCLにとってはありがたい。
番組によると毎年20通位、受信報告があるとか。
受信報告書のあて先は練馬放送公式サイトに載っている。

練馬まつりイベントFM(87.1MHz・5W・練馬区としまえんから送信)受信状況

受信日/2018年10月21日

受信地 受信機・アンテナ としまえんからの距離(Km)
受信状態
自宅(東京杉並区阿佐ヶ谷) KT1100D・ログペリアンテナ
3.8
 SINPO44444
荻窪タウンセブン8F屋上 SRF-M100・イヤフォーンアンテナ
5.0
 入感なし
新宿野村ビル50F展望ロビー(地上高200m) SRF-M100・イヤフォーンアンテナ
7.6
 入感なし
地下鉄大江戸線豊島園駅A2出口 SRF-M100・イヤフォーンアンテナ
0.7
 SINPO35343
 

| | コメント (0)

移動運用その209/埼玉県飯能市子の権現阿字山(2018年10月20日)

10月半ばの週末土曜日20日。
飯能市にある子の権現(標高640m)に移動。
IMGP6864aa
子の権現 天龍寺(ねのごんげん てんりゅうじ)は、埼玉県飯能市にある天台宗の寺院。武蔵野三十三観音霊場32番礼所。
正丸峠、伊豆ヶ岳から東側に続く山々の山頂にあり、登山で訪れる者も多い。入口には鳥居があり、神仏習合の寺として知られている。
(ウィキペディアから抜粋)
東京近郊の小学校遠足の場所としても有名。
自分も小学生の頃、たしか全校遠足で西武新宿線都立家政駅から貸切電車で赴いた記憶がある。
この辺りは、西武秩父線吾野、西吾野、正丸駅からアプローチ出来る顔振峠、関八州見晴台、伊豆が岳等の移動運用場所が多い。
都心から1時間半程でハイキングを兼ねて登るにはよい場所だ。
池袋駅から土日休日に限り、長瀞駅・三峰口駅方面へ直通電車「快速急行」が運転されているし、『秩父漫遊きっぷ 』を使えばいろいろと割引になる。

20日朝、前日の雨も上がって行楽日和。
西武新宿線鷺宮駅0615JST発本川越行き急行で所沢へ。
所沢0700JST発飯能行きで終点乗り換え。
次の西武秩父方面の電車を30分ほど待つ。
登山口になる西吾野駅に着いたのは0825JST。
IMGP6812aa
駅前の坂を下りるとT字路に道標があるので迷うことはない。
IMGP6815aa
北上する道を進むと先日赴いた高山不動へ。
今回の子の権現へは西進して国道299号線沿いに歩道を南下。
IMGP6818aa
ガソリンスタンドを通り過ぎ、数分で沢に架かる橋上に子の権現入り口の看板がみつかるので右折する。
IMGP6819aa
しばらくは舗装道路。
IMGP6823aa
IMGP6824aa
神社鳥居を通り過ぎた辺りから登山道。
IMGP6826aa
IMGP6830aa
IMGP6827aa
IMGP6831aa
特にきつい場所はないが、台風による倒木等が多く、若干荒れていた。
IMGP6833aa
IMGP6834aa
IMGP6835aa
登山道を抜けると舗装された林道に出る。
IMGP6838aa
たまに自転車が通り過ぎていく。
道標に従い、しばらく林道を行くと祠があり、その脇を少し登ると子の権現到着だ。
IMGP6842aa
時刻は1020JST。
駅から凡そ1時間50分掛かった。
早速、移動運用場所を探す。
子の権現は頂上部分がほぼ寺の境内のようなので、移動運用する場所が確保できるのかやや不安であった。
一応事前に調べてみると境内外にも隣接する駐車場や展望エリアがいくつか点在するようだ。
そのひとつ、鳥居に至る表参道手前の南端に小高くなった阿字山という展望所を見つける。
IMGP6920aa
グーグルマップ上では「奥武蔵自然公園」と明記されているが、このスペースだけの呼称ではあるまい。
樹木に覆われてあまり眺望はないが、東屋もあり、レジャーシートも敷けるそれなりのスペースがある。
ピークには如来の石造。
IMGP6843aa
IMGP6844aa
IMGP6845aa
IMGP6846aa
ピークから少し降りた広場の目立たない所に迷彩レジャーシートを敷き、ポケットダイポールを上げて11時過ぎより6m中心に運用を開始する。HF用にはGAWANTアンテナも設置。
IMGP6851aa
思ったよりも涼しく、日陰だと寒い位だ。
陽が当たると心地よい。
IMGP6855aa
あの猛暑はどこへやら。
ロケーションもまずまずで、CWモード0.5WでCQを出すとそれなりに呼ばれる。
時々「CQジャンボリー」という呼び出し局も。
これはボーイスカウトの世界機構が主催する「第61回ジャンボリー・オン・ジ・エア(JOTA)」での交信らしい。
GAWANTアンテナで21MHzを聞いてみるとDX1Lというコールの局がこの呼び出しを行っていた。
14時過ぎに一旦阿字山を降りて、子の権現境内を見学。
IMGP6867aa
鳥居を抜けると色鮮やかな仁王像。
IMGP6873aa
その先に本坊、本堂がある。
本坊にて御朱印を頂く。300円。
IMGP6912aa
本堂の脇には巨大なワラジと下駄。
IMGP6874aa
IMGP6877aa
天龍寺は足腰守護の神仏として信仰されているそうでスポーツマンも参拝に訪れるとか。
その先に奥の院に通じる階段がある。
IMGP6879aa
ここには鐘楼堂があり、自由に鳴らすことが出来る。
IMGP6911aa
東側が開けていて東京スカイツリーと同じ標高634mで設置された展望台がある。
IMGP6881aa
IMGP6898aa
都心方面を中心に大宮から川崎位まで見渡せる。
IMGP6886aa
IMGP6896aa
IMGP6885aa
IMGP6891aa
IMGP6885ab
IMGP6888ab
IMGP6891ab
東京スカイツリーも確認。
VX-3を持参したので430と144FMで数局と交信。ロケーションが良過ぎたのかチャンネルがいっぱいでQRMがきつく、あまり長くはオンエア出来ず。
IMGP6906aa
この展望処はハイカーや観光客が多いので移動運用はハンディー機が限界かもしれない。
再び阿字山に戻る途中の売店で普段はめったに買わない記念バッチを購入。
IMGP7029aa
小中学校時代の遠足で確かここでバッチを買った記憶があったのだ。
その埋め合わせではないが、何となく再び入手してみたかった。
14時半頃、雨がぱらついてきた。
天気予報でも午後から大気が不安定になると伝えていたがその予報どおりに。
阿字山に戻って15時少し前に撤収開始。
今回の交信局数は延べ21局。
各局様、交信ありがとうございました。
帰りは吾野駅方面に下りる。
IMGP6840aa
ここから駅までは「関東ふれあいの道」に組み込まれている。
こちらも登山道は倒木で荒れており、注意深く降りる。
IMGP6927aa
下山から25分位で降魔橋を渡ると舗装道路にあっけなく出てしまう。
IMGP6931aa
所々陥没している場所も。
IMGP6935aa
IMGP6936aa
下山道脇にあった浅見茶屋に寄る。
IMGP6940aa
ガイドブックにも載っている結構有名なお茶屋さんだそうだ。
てっきり山の奥にあると思っていたが、意外にも開けた場所だった。
コシのあるうどんが美味。
この茶屋から吾野駅まではずっと単調な舗装道路なのでハイキング気分には欠ける。
途中国道299号線に合流するT字路手前の駐車場にトイレあり。
IMGP6944aa
IMGP6945aa
西武線に沿って歩き、17時14分、吾野駅到着。
IMGP6948aa
茶屋で休憩した分、子の権現から2時間15分掛かった。
17時17分発、西武秩父行に乗車。
『祭の湯』に寄り、体をほぐした後、21時15分の上り電車で帰路に就く。
IMGP7034aa


交信データ
移動地/埼玉県飯能市子の権現阿字山(標高640m)
交信日時/2018年10月20日
交信時間/1102~1422JST
周波数/50・144・430MHz/SSB・CW・FM 
天候/晴れのち時々小雨
無線機/ヤエスFT817・スタンダードVX-3
アンテナ/ミズホポケットダイポール・付属垂直ヘリカル・「GAWANT」

出力/0.5~1W
延べ交信局数/21
50MHz15(SSB7、CW8)、144MHz1(FM1)、430MHz5(FM5)
交信相手場所/茨城県2(鹿島市、牛久市)、東京都7(あきる野市、府中市、八王子市×2、青梅市御岳山×2、稲城市)、千葉県4(柏市、鴨川市×2、坂戸市)、神奈川県2(横浜市西区、相模原市)、埼玉県2(所沢市、入間市)、未確認4

| | コメント (0)

移動運用その208/栃木県日光市霧降高原小丸山移動後半(2018年10月7日)

鹿進入防止用柵を潜ると、標高1601mの小丸山山頂に到着。
IMGP6671aa
時刻は午前10時53分。
自宅を出てから約6時間余である。
笹原と岩が転がってはいるが、思ったより広い。
眺望は都心方面に大きく開けている。
IMGP6687aa
IMGP6690aa
IMGP6692aa
IMGP6698aa
IMGP6715aa
時折、ガスが舞い上がってくるが、概ね視界もよい。
更に西のほうには赤薙山への登山道が続いている。
IMGP6702
当初の目標は更に90m程登った丸山山頂(後方の山)↓。
IMGP6738
しかし、予定より遅れた事もあって無線を優先。結局この小丸山山頂で移動運用することにした。
ここまで来るとハイカーの姿も稀で、スペースも広く、移動運用には支障がない。
赤とんぼが飛び交う中、アンテナ設営開始。
アンテナポールにポケットダイポールを上げて、FT817本体にGAWANTアンテナを設置。
IMGP6711aa
IMGP6719aa
IMG_20181007_142106aa
思ったよりも風は弱く、基礎が三脚でも倒れる心配はなかった。
11時35分から6mCWで全市全郡コンテストに参加。
都心から120km以上離れているのでアッテネーターも入れる必要がない。
お昼前から6mCWでCQを出し、0.5Wでもそれなりに呼ばれる。
HFにもGAWANTアンテナで参戦。
21、28MHz帯で延べ7局と交信出来た。
他、144、430MHzでもQRV.
14時15分過ぎまでに延べ51局とお繋ぎいただいた。
すべて全市全郡コンテストの交信でやや慌しかったのが残念。
次回は通常の交信でのんびり移動もやりたい。
特定小電力無線は14時半前後にL5chでCQ出してみたが応答なし。ざっと各チャンネルワッチするも業務すら聞こえてこない。
一方、FMDXはイヤフォーンアンテナながらスカイツリー在京局はもとより、栃木、茨城、埼玉、東京の各CFMも入感(巻末表参照)。
IMGP6727aa
東京湾岸のCFMが結構良好だった。
アマチュア無線同様に都心部から離れているので混変調、相互変調も少なく、良好な受信環境であった。
ビームアンテナを使って混信を避ければもっと多くの局を受信確認出来ることは想像に難くない。
15時30分頃、小丸山山頂より撤収開始。
IMGP6732aa
IMGP6740aa
IMGP6746aa
IMGP6747aa
帰り掛けに小丸山展望台に寄る。
IMGP6751aa
午後にはガスも消えて西に傾きかけた快晴の日差しに「キスゲ平」の風景が映える。
北に栗山ダム湖、東には遥か筑波山、南は関東平野が広がる。
IMG_20181007_153408aa
IMGP6756aa
奥日光方面↓。
IMGP6759aa
都心部方面↓。
IMGP6761aa
筑波山方面↓。
IMGP6762aa
IMGP6762ab
栗山ダム湖↓。
IMGP6765aa
日光市方面↓。
IMGP6768aa
麓のレストハウスと駐車場↓。
IMGP6769aa
丸山山頂↓。
IMGP6770aa
家に戻って撮影したデジカメ画像をコントラスト処理してみると都心部のビルやスカイツリーも確認出来た。
IMGP6761ad
距離にして124km。
自分にとってはスカイツリー最遠確認ポジションではなかろうか。
IMGP6761ab
更に細かくチェックすると都心部よりやや西に横浜ランドマークタワーらしき影も見える。
霧降高原からは148km。
IMGP6761ac
台風一過のベストコンディションが幸いした。
ちなみに展望台には「キーワード」が表示されていて、それを麓のレストハウス受付で告知すると登頂記念証が貰える。毎月19日更新だそうだ。
IMGP6754aa
IMGP6777aa
IMGP6778
写真撮影後、長い階段を降りていく。
IMGP6780aa
IMGP6783aa
IMGP6791aa
IMGP6793aa
IMGP6794aa
麓駐車場に戻ったのは15時58分。
日光駅行きの最終バスは16時55分。これには絶対遅れてはならないので早めに行動した。
レストハウスで登頂記念証を頂き、暫し休憩。430FMハンディーで更に2局QSO。
IMGP6797ab
因みにレストハウス営業は4月~11月は17時まで。レストランは16時半で終了するようだ。
17時近くになると風も冷たく感じる。
帰りのバスもほぼ満員。
IMGP6799aa
東武日光駅に戻ったのは17時25分。
すっかり暮れている。
IMGP6804aa
結局、この12時間、口にしたのはコンビニで買ったパンケーキと持参のアイスティーのみ。
のんびり過ごす時間もなく、17時55分発急行南栗橋行きに乗り込む。
帰りは特急は使わない。
栗橋でJR宇都宮線に乗り換えて赤羽駅へ。
IMGP6810aa
途中、所用で立ち寄る場所があったためJRを途中下車。変則的な経路になってしまった。
帰路も霧降高原から約4時間の行程。
交通費は往復6331円。
途中下車や特急を使わず経済性を優先すれば、自宅最寄り駅から片道2425円(東武バス霧降高原フリーパス使用し、東武、JR含めて)×2の4850円で往復出来るはず。
今回は往路で無意味なロスが響いた。
慎重を期しても何かしら「忘れ物」が発生して、予定通りには行かなくなる。
筆記具がないことを運用場所で気がついたら、もっと大変な事態になっていた。
現地着は遅れたが、天候がベストであったのが幸い。
お陰で往路の躓きも帳消しとなった。
霧降高原は無線のロケーションとしても申し分なく、再び訪れてみたい。


霧降高原カード181007Rss
霧降高原パンフ181007ss

○往路
●所要時間
自宅発04:50発→JR阿佐ヶ谷駅05:05着 所要時間15分
阿佐ヶ谷05:15発 → 東武日光08:56着 所要時間3時間41分
東武日光09:40発→霧降高原バス停10:07着  所要時間27分
霧降高原バス停10:07発→小丸山山頂10:53着   所要時間46分
総移動時間 5時間09分
総所要時間(待ち時間含む)6時間03分

●距離
阿佐ヶ谷-東武日光 距離151.6km

●運賃
阿佐ヶ谷-北千住 388円
北千住-東武日光 2800円 (特急料金含む)
東武日光-霧降高原 600円(バスフリーパスは半額分として計算)
総額 3788円

●経路
阿佐ヶ谷→中野   
05:15-05:20  5分   JR 中央線各停(東京行)   2.6km   
中野→大手町
05:23-05:43 20分   地下鉄東京メトロ東西線(西船橋行)  10.7km   
大手町→ 北千住   
05:58-06:14 16分   地下鉄東京メトロ千代田線(我孫子行) 9.9km 
北千住 →下今市
06:42-08:11 89分   特急  リバティ会津101号  1,358円  指定席1,440円  121.3km 
下今市→東武日光 
08:50-08:56  6分   特急  リバティけごん3号(東武日光行) 7.1km 
東武日光→霧降高原バス停 
09:40-10:07 27分 東武バス霧降高原行き  
霧降高原バス停→小丸山山頂 
10:07-10:53 46分 徒歩
 
○帰路
●所要時間
小丸山山頂15:30発→霧降高原バス停15:58着     所要時間28分
霧降高原バス停16:57発→東武日光17:25着        所要時間28分
東武日光17:55発 → 赤羽着20:11着      所要時間2時間16分
赤羽21:10発 → 高円寺21:50着                     所要時間40分
高円寺21:50発→自宅22:05着                     所要時間15分

総所要時間 4時間07分
総所要時間(待ち時間、食事時間含む)6時間35分

●距離
東武日光-阿佐ヶ谷 距離151.6km

●運賃
霧降高原-東武日光 600円(バスフリーパスは半額分として計算)
東武日光-赤羽  1,723円 (IC利用)
赤羽-高円寺    220円(関東バス)
総額 2543円

●経路
17:55発 → 21:50着
東武日光→栗橋 
17:55-19:12 77分   私鉄 東武日光線急行(南栗橋行)967円   80.6km    
栗橋 →赤羽 
19:28-20:11 43分   JR宇都宮線(小田原行) 756円   44.0km 
赤羽 →高円寺 
21:10-21:50 40分 関東バス(高円寺駅行き)220円

交信データ
移動地/栃木県日光市霧降高原小丸山山頂(標高1601m)
交信日時/2018年10月7日
交信時間/1135~1618JST
周波数/21・24・50・144・430MHz/SSB・CW・FM 
天候/晴れ
無線機/ヤエスFT817・スタンダードVX-3・ ユニデンSLT001
アンテナ/ミズホポケットダイポール・付属垂直ヘリカル・「GAWANT」

出力/0.5~1W
延べ交信局数/53
21MHz4(SSB1、CW3)、28MHz3(CW3)、50MHz33(SSB6、CW27)、144MHz1(CW1)、430MHz12(CW7・FM5)
交信相手場所/
東京13(文京区×3、杉並区、目黒区、世田谷区、渋谷区、武蔵野市、調布市×2、江戸川区、八王子市、西多摩郡)、埼玉県7(さいたま市見沼区、岩槻区、飯能市×2、越谷市、草加市、南埼玉郡)、神奈川県6(横浜市都筑区、南区、川崎市中原区、横須賀市×2、鎌倉市)、千葉県7(千葉市稲毛区、市川市、松戸市、我孫子市、八日市場市、柏市、八千代市)、群馬県3(吾妻郡×2、邑楽郡)、栃木県5(日光市、下野市、鹿沼市、那須烏山市、小山市)、茨城県8(水戸市×2、つくば市、取手市、古河市、稲敷市、ひたちなか市、桜川市)、静岡県2(伊豆の国市、田方郡)、長野県1(南佐久郡)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          

栃木県日光市霧降高原小丸山山頂(標高1601m)におけるFM放送受信リスト

受信日/2018年10月7日1430JST~・受信機/SONY SRF-M100・VX-3 アンテナ/イヤフォーンアンテナ

(注/NHKFMは受信可能な距離から推定)

周波数(MHz)局名信号強度(5段階)      
備考
76.4レディオ・ベリー(宇都宮)      
5
76.7FM鹿島(鹿島市)      
4
 Jリーグ中継(アントラーズ対フロンターレ)
76.7FM群馬(草津)
3
 (推定)
76.7(不明局)
3
 他に数局がQRM
77.1放送大学(東京タワー)      
5
      
 
77.3ミヤラジ(宇都宮市)      
3
1616JSTユーガッタみやサンデー
77.5おーらじ(小山市)      
3
1509JST小川ビルサービスCM
77.7FMちゃっぴー(入間市)      
5
ローカルCM
78.0BAY-FM(千葉市)      
5
 
78.6FM FUJI(三つ峠)      
4
 
78.8放送大学(前橋)      
2
 
78.9(不明局)      
5
音楽(かつしかFM?)
79.1レディオ・ベリー(今市市)      
4
79.5NACK5(浦和市)      
5
80.0東京FM(東京タワー)      
5
 
80.3NHK宇都宮      
5
 
80.7NHK千葉      
5
 
81.3J-WAVE(スカイツリー)      
4~5
 
81.6NHK前橋      
5
 
81.9NHK横浜      
5
82.5NHK東京      
5
 
82.9NHK葛生      
4
83.2NHK水戸      
4
 
83.4かずさFM(木更津)      
5
      DJさち女性トーク番組    
83.7NHK足利      
4
      
 
84.0発するFM(富士見市)      
4
1435JSTむかしむかし 
84.3FM江戸川(江戸川区)      
4
 ローカルプロ
84.7横浜FM(大山)      
4
 
85.1NHKさいたま      
4
85.7FMくらら857(栃木市)      
5
1440JSTミドコロコエド
86.3FM群馬(前橋)      
5
 
86.8越谷FM(越谷市)      
4
      (推定)  
87.0横浜FM(磯子)      
5
87.3レッズウェーブ(浦和)      
5
1450JSTリゾートリサーチ
88.1IBS 補完(日立)      
5
Jリーグ中継
88.3J-WAVE(港区)      
4
 
88.7(不明局)      
4
 
89.7INTER-FM(スカイツリー)      
5
 
90.5TBS補完(スカイツリー)      
5
91.6文化放送補完(スカイツリー)      
5
92.2(不明局)      
5
クラシック曲
93.0ニッポン放送補完(スカイツリー)      
5
 
94.1栃木放送補完(宇都宮)      
5
 1515JSTサッカー中継
96.4茨城放送補完(水戸市)      
3
 
      
 
      
 
      
      
 

| | コメント (0)

移動運用その208/栃木県日光市霧降高原小丸山移動前半(2018年10月7日)

10月初旬の3連休。6~7日は全市全郡コンテストも開催される。
台風25号が日本海を進み、天候が危ぶまれたが、幸い関東地方には大きな影響はなさそうで、天気予報には晴れマークも。
そこで今回は日光市の霧降高原へコンテスト参加を兼ねて移動することに。
IMGP6752aa
ここは以前、同好有志が移動イベントの際、特定小電力無線を使って「海ほたる」パーキングとの遠距離交信に成功したポイント。アマチュア無線でもよく利用されるロケーション。
自分にとっては処女地であったので一度はアプローチしてみたかった。
かつて霧降高原にはスキー場があったが廃止され、現在は「キスゲ平園地」という名称になっている。
残っていたリフトも2010年に撤去されてしまった模様。
なので展望台に至るには霧降高原バス停駐車場のあるレストハウス脇から長い階段を登る必要がある。
更に展望台から標高1689mの丸山山頂まで含めて凡そ1時間20分位の行程。
霧降高原までのルートは都内から東武線で東武日光へ至るのが一般的。そこから路線バスが直接霧降高原まで通っており、アクセスは比較的楽。
問題は所要時間と交通費。運賃は結構かかりそう。
計算してみると特急を使わないとして北千住から往復4156円(東武線区間のみ)の負担。
日光観光用の周遊券「まるごと東武フリーパス」もあるが、こちらは4520円なので逆に高くついてしまう。
所要時間も霧降高原行き8時45分のバスに間に合うためには、自宅を午前5時前には出る必要がある。

当日7日朝、4時50分に自宅を出発。まだ真っ暗だ。
駅に向かう途中、ハンディー機を忘れたことに気がつく。一旦戻ったロスで予定の電車に乗り遅れる。
今回は早々から躓く。
最寄り駅ホームからは東の空に三日月が覗えた。天気はほぼ快晴。
IMGP6585aa
午前5時15分発上り中央線各駅で中野へ。
午前5時23分発西船橋行き東京メトロ東西線で大手町へ。
更に東京メトロ千代田線に乗り換えて6時14分北千住着。
乗換えに地下道を重い荷物を担いでとぼとぼ歩かねばならず、東武線始発駅に取り付くまでが大変。
すでに普通電車では予定のバスには間に合わない。
やむなく特急を使うことに。
しかし、06時33分発東武日光行き「リバティーけごん1号」の乗車券はすでに満席。
ここで第2の躓き。
同特急に連結されている「リバティー会津101号」の席はまだあったので下今市まで特急で行き、そこから接続の普通電車で行けば、8時45分のバスには間に合う。
取りあえずそのルートで決定。運賃は特急券含め2800円。
IMGP6586aa
東武の特急に乗るのは久しぶり。日光に赴くのも30年振りか。
IMGP6588aa
東武500系は新しい車両のようだ。
残念ながら席は通路側。車窓から景色を眺めることも出来ない。
IMGP6593aa
メモを取ろうとしてボールペンを探すが、あるはずのウエストポーチに入っていない。
これは困った。
筆記具がないと手帳にログをメモ出来ない。
現地で気がつくよりは幸いだったが、乗り換え駅構内でボールペンを購入出来る売店があるだろうか?
乗り継ぎにもあまり時間がないので不安になる。
途中、空席になった窓側から日光連山の写真を撮る。
IMGP6603aa
08時11分、下今市駅着。
IMGP6617aa
IMGP6609aa
ここで特急が東武日光行きと会津方面行きとで切り離される。
IMGP6608aa
下今市駅からは日光連山が美しく覗える。
IMGP6616aa
だが風景を眺めている余裕はない。急いで売店を探すが構内には見当たらず。
駅を出て近くのスーパーでボールペンを探して購入するも、予想以上に手間取ってしまい、結局08時32分の東武日光行き普通電車には間に合わず。
次は08時50分までない。いずれにしろもう08時45分のバスには乗れない。
この時間帯、バスは1時間に1本位しかないので相当のロスだ。
第3の躓き・・。
特急まで使ったのに予定のバスに間に合わないとは要領が悪すぎる。
IMGP6618aa
散々の往路だ。
08時50分発、東武日光行きの特急に乗り込む。ここからだと普通乗車券のみでも空席に座れるようだ。
途中車窓から撮った霧降高原方面の写真には、目的地の「キスゲ平」名物の長い階段も写っていた。
IMGP6627aa
IMGP6627ab
東武日光駅に着いたのは08時57分。
家を出てから4時間強。
IMGP6630aa
駅前は観光客でいっぱい。駅構内で二日間有効の「霧降高原フリーパス」を購入。1200円。
霧降高原フリーパス181007ss
霧降高原バス往復運賃は1500円だから300円お得。
結局40分近く待って09時40分のバスに乗り込む。
座席はほぼ満席。相変わらず外国人観光客が多い。
ワインディングロードを約30分かけて霧降高原へ。
車窓から見える山々が美しい。
IMGP6633aa
IMGP6635aa
午前10時7分、霧降高原バス停着。
すでにここで標高は1340m。
現地は申し分ない好天。
IMGP6640aa
IMGP6644aa
IMGP6645aa
駐車場を見渡すが、特にアンテナを立てて移動運用中の車は見当たらず。
午前10時8分。ここからいよいよ1400段以上の階段登り。
IMGP6643aa
約8kgの荷物を背負っての階段はきつい。日差しも暑くて体に堪える。
IMGP6646aa
IMGP6648aa
IMGP6652aa
山頂部分はすでに紅葉が始まっていて美しい。
IMGP6653aa
IMGP6655aa
IMGP6656aa
まだまだ先は長い。踊り場で呼吸を整えつつ、更に登って行く。
IMGP6657aa
IMGP6658aa
途中に展望テラスが何箇所か設けられている。
IMGP6659aa
IMGP6660aa
IMGP6665aa
遂に1445段を登り切る。約40分かけて小丸山展望台に到着。
IMGP6668aa
階段はここで終わり、更に上は普通の登山道がつづく。
(後半に続く)

| | コメント (0)

2017年9月~2018年9月交信分のQSLカード紹介

2017年9月~2018年9月交信分のQSLカード紹介します。

●2018年オノウエ印刷発注新デザインQSLカード
阿佐ヶ谷七夕祭りの夜景イラスト。
主に2018年より常置場所で交信いただいた方に発行。
JH1EAF2018写真面aa

●2017年10月1日八王子市高尾山金比羅台園地移動QSLカード

自著同人誌からイラスト抜粋して製作。
JH1EAF金比羅台170910aa

●2017年10月下旬ハロウィンシーズン発行QSLカード

オリジナルイラスト。
JH1EAFハロウィン1710

●2017年11月3日狭山市入間基地・稲荷山公園移動QSLカード

自著同人誌からイラスト抜粋して製作。
JH1EAF入間基地171103aa

●2017年11月5日杉並区荻窪タウンセブン8F屋上移動QSLカード
1982年当時、荻窪界隈を描いたスケッチから抜粋。
荻窪QSL171105aa

●2017年11月4日多摩市パノラマの丘移動QSLカード

自著同人誌からイラスト抜粋して製作。
JH1EAF多摩パノラマ171104aa

●2017年12月クリスマス記念QSLカード

オリジナルイラスト。
2017クリスマスQSLa

●2018年ニューイヤーパーティー記念QSLカード

年賀状も兼ねたオリジナルイラスト。
2018NYP

●2018年3月「ミクの日」記念QSLカード

オリジナルイラスト。
2018ミクの日カードbb

●2018年3月18日川崎市多摩区枡形山移動QSLカード

自著同人誌からイラスト抜粋して製作。
JH1EAF枡形山180318aa

●2018年3月21日練馬区練馬区役所展望ロビー移動QSLカード

自著同人誌からイラスト抜粋して製作。
JH1EAF練馬区180321aa

●2018年3月25日足柄下郡箱根町金時山移動QSLカード

1981年、大学の合宿地からスケッチした箱根界隈の風景画で構成。
箱根金時山QSL180325

●2018年4月28日八王子市景信山移動QSLカード

自著同人誌からイラスト抜粋して製作。
JH1EAF高尾山180428aa

●2018年5月12日立川市昭和記念公園移動QSLカード

自著同人誌からイラスト抜粋して製作。
JH1EAF立川180512aa

●2018年6月3日横浜市中区大桟橋・「港の見える丘公園」移動QSLカード
1986年頃、FM横浜で放送していた『ライド・オン・オートバックス』のイメージイラストで構成。
大桟橋QSL180603aa

●2018年7月16日府中市浅間山公園移動QSLカード
片面印刷用フォーマットに組み込み、ハムログで出力。
JH1EAF素材1809a府中ab


●2018年8月ハムフェアー会場記念QSLカード

オリジナルイラスト。
JH1EAF2018HAMaa


●2018年9月9日八王子市高尾山林野庁殉職者碑前広場移動QSLカード

自著同人誌からイラスト抜粋して製作。
JH1EAF高尾山180909aa

●2018年9月24日川崎市多摩区飯室山移動QSLカード

自著商業作品からイラスト抜粋して製作。
JH1EAF飯室山180924aa

これらは既存デザインカード分含めて10月3日(ハムフェアー記念カードは当日会場内で発送)にJARLビューローにまとめて発送いたしました。
今回も年1回発行となってしまい、お待たせして申し訳ございません。
原則として交信時に「NO QSL」「QSL 1 WAY」と申告された局を除き、コンテスト等含め、全ての交信局にカードを発行しております。






| | コメント (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »