« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

移動運用その207/川崎市多摩区飯室山夜間移動運用(2018年9月24日)

9月は3連休が2週続くも、移動運用に時間を割くことが出来きたのは連休最終24日の振り替え休日夕方になってから。
遠征には時間的に遅すぎ、更には天気も夕方から雨の予想。
いつもならどこかの展望ロビーから430FMハンディーでオンエアする位しか選択肢はないシチュエーション。
だが、「GAWANT」アンテナでHF移動運用もやってみたかったので、屋外で東屋のある川崎市多摩区の飯室山へ。
しかし、家を出たのは17時過ぎ。現地に着く頃には日没後だ。
そこで乾電池式の簡易ランタンを持参。屋外での夜間移動運用にチャレンジしてみた。
小田急線で向ヶ丘遊園へ。すれ違う上りロマンスカーは箱根からの帰り行楽客で満員。
駅を降りて、18時過ぎに飯室山展望台に到着。
薄暗くなった生田緑地は散歩客の姿もなく、虫の音が聞こえるのみ。
簡易ランタンを灯し、急いでポケットダイポールと「GAWANT」アンテナを設営。
ランタンは思ったほど明るくなく、懐中電灯も使って準備を進める。
IMG_20180924_181654aa
18時10分ごろ、430FMメインに開局したばかりというYLさんがCQを出していたのでVX-3ハンディーでお呼び掛け。
これが最初の交信。
そうこうするうちに、周りは真っ暗に。
この辺りに街灯はなく、漆黒の闇に包まれた。
更に予想はしていたが、蚊の大群が襲ってきた。虫除けのスキンガードで防御するも完全ではなく、何箇所か刺されてしまう。
また羽アリがランタンの明かり目掛けて集まってくるので恐るべき「虫祭り」の中での移動運用になってしまった。
IMGP6417aa
50MHzをワッチするも、あらかた移動運用は引けてしまい、出ている局もわずか。
ツイッターで告知しCQを出してみる。
早速、国分寺市移動のフォロワーさんからお呼びがけ掛け頂けたが、後が続かず空振りばかり。
そこで「GAWANT」アンテナに切り替えて、HF帯にQSY.
21MHz帯で比企郡移動の局長さんがSSBモードでCQを出していたのでお呼び掛けするとお互いRS54でQSO成立。
先日、常置場所で「GAWANT」アンテナを使って何局かこのバンドでお繋ぎいただいたが、すべてCWモード。21MHzSSBでの交信は1987年開局以来、初めてではなかろうか。
地表波伝播とはいえ、「GAWANT」アンテナ侮りがたしである。
こんな簡易ロッドアンテナでも1WでHF移動運用が出来るのは素晴らしい。コンディションが開けて電離層伝播が可能になる日が待たれる。
それはさておき、真っ暗闇での移動運用は昼間とは雰囲気が違う。
さすがに生田緑地では猪や熊は出ないだろうが、周りが闇に包まれて数m先すら何も見えないとさすがに不安になる。
暫くして若者のグループが懐中電灯を翳しながら賑やかに展望台にやってきた。
飯室山展望台は夜景スポットとして紹介はされているが、それ程メジャーなポイントでもない。
このグループが降りてしまうと再び闇と静寂に包まれる。
生田緑地は心霊スポットも点在すると聞いているので心穏やかではない。
VX-3でJ-WAVEにチューニングし、スピーカーで鳴らしBGMとして気を紛らわす。
時々、闇の先から「ガサッ」という音が。
たぶん樹木から実が落ちる音だと推測されるが、獣の近寄る音にも感じる。
人だとしても不気味だ。
結局、20時前まで粘ってみるもそろそろ潮時。
最後に堂平山移動の局と430FMで交信し、飯室山を撤収。
交信局数は延べ5局。各局様ありがとうございました。
闇の中、懐中電灯とランタンを頼りに後片付け。気をつけないとうっかり忘れ物をしてしまいそうだ。
展望台からは、北東方面都心部の夜景が望める。
IMGP6421aa
IMGP6424aa
IMGP6427aa
IMGP6428aa
IMGP6429aa
スカイツリーや代々木NTTドコモビルのイルミネーションも覗える。
IMGP6428aaa
雲の透き間からわずかに中秋の名月も。
暗闇の中、慎重に階段を下る。
何とか無事に出口まで降りられた。
天気予報が外れ、雨が降らなかったのは幸い。
一応ランタンは準備してきたので数年前の湘南平移動のような慌てる事にはならなかったが、予想以上に街灯がない場所での夜間移動運用は暗闇が深く、更なる強力な灯りが必須である事を悟る。
あと、まだこの時期では虫が多いのでその対策も迫られた。
都市近郊の緑地であったからまだ幸いであったが、単独行での郊外夜間移動運用は避けたほうが無難かもしれない。
JH1EAF飯室山180924aa

交信データ
移動地/神奈川県川崎市多摩区飯室山展望台(海抜80m)
交信日時/2018年9月24日
交信時間/1809~1955JST
周波数/21・50・430MHzSSB/CW/FM
天候/曇り
無線機/FT817 スタンダードVX-3 
アンテナ/ミズホポケットダイポール・付属ヘリカル・
GAWANT
出力/0.5~1W
延べ交信局数/5
21MHz1(SSB)、50MHz2(SSB1、CW1)、430MHz2(FM2)
交信相手所在地/東京都3(港区、国分寺市×2)、埼玉県2(比企郡ときがわ町堂平山、剣が峰)

| | コメント (0)

GAWANT(ガワント)アンテナで高尾山移動運用(2018年9月9日)

先日のハムフェアーで購入した『しながわハンコクラブ』販売の「GAWANT(ガワント)」アンテナを試すため、9月9日の日曜日に移動運用。
IMGP6051aa
GAWANTアンテナはFT817等で手軽にHF移動運用するために製作されたアースのいらないエンドフェット(ツェップ)アンテナ。
詳細についてはこちらのサイトに詳しく紹介されている。
http://jg1xra.com/gawant/
徒歩中心のQRP移動運用では、アンテナに限らず小型軽量が必須。その点GAWANTは『「携帯性」と「調整及び組立の簡単さ」に重きを置いた』点で自分の移動運用スタイルにマッチしているので喜ばしい。
普段使っている道具入れにも収めることが出来た。
IMGP6058aa
「GAWANT」試験運用の移動場所は高尾山中腹の林野庁慰霊碑前広場。
眺望はないが、ある程度高度が稼げ、落ち着いて移動運用できるポイントだ。
この日、下界は残暑が厳しかったが高尾山は風が通り、日陰では快適に過ごせた。
IMGP6025aa
IMGP6038aa
さっそく「GAWANT」をFT817のリアアンテナ端子にL型プラグでつなぐ。
このアンテナは、長さを伸縮することで、大凡14~50MHz帯で使用可能だそうだ。
IMGP6043
ポリバリコンをまわし、ノイズが一番大きくなる同調点に合わせて使用する。
自分は3アマなので、18~28MHzあたりをワッチしながら、FT817の簡易SWR計もチェックしつつアンテナを調整してみた。
21~28MHzは聞いた限り、フォーン、CW共に静かで呼べる局も見つからない。
しかし、18MHzでは、18.110あたりでVR2B等の海外局ビーコンが受信できた。
さらにワッチしてみるとオーストラリア、ロシア、さらにはスペインと思われるDX局のCWがRS519~539で入感。
こんなに遠方の海外局が簡単に聞こえるとは吃驚。
常置場所には18MHz帯用のアンテナがなく、実はこのバンドを聞くのも出るのもこの日が初めてなのだ。
だが、国内局のCQは見つからない。
試しに短時間だけ、こちらからCWモードでCQを出してみたが、応答は得られず。
海外局も呼んでみたが、流石に0.5~1Wでは気が付かれないようだ。
結局、「GAWANT」を使ったHF帯での交信はこの日、1局も出来なかった。
但しコンディションが上がり、Esが発生すればQRPでも交信出来るかもしれないという期待を抱かせた。
さて、「GAWANT」は50MHzでも使用可能とのこと。
FT817のフロントアンテナ端子に付け替えて、試しに6mに出てみた。
IMGP6055aa
マニュアルには50MHzの場合、一番縮めた状態から1段伸ばした所がSWRが一番下がると記されていたので同様な状態でSWRも下がっているのを確認する。
早速RS59で入感している横浜市内の移動局を0.5~1Wで呼んでみるが、こちらのコールサインを取ってもらえない。
いつものミズホポケットダイポールに切り替えると同じパワーでもRS53で繋がる。
お相手は水平系DPのようで偏波面やアンテナの向きが異なると難しいか。
それでも強力に入感していた越生町移動局に「GAWANT」で御呼びがけしたところ、なんとかRS51でお繋ぎいただいた。
これが「GAWANT」での初交信。
もっとも、基本的に50MHz帯はポケットダイポールや垂直ローディングホイップで事足りているので、敢えて「GAWANT」を使用する必要性はない。
いずれにしろ、携帯性は抜群なので今後とも移動時でのHF帯運用に、この「GAWANT」を活用していきたい。
この日は「GAWANT」以外のアンテナも使って50~430MHzあわせて20局と交信。
QSOありがとうございました。
ビヤマウント営業期間中なのでケーブルカー駅上の展望台には立ち寄れなかったが、その直下の展望所から見る都心の空は、流石に秋を感じさせる。
IMGP6064aa
IMGP6068aa
IMGP6069aa
IMGP6071aa
IMGP6071ab
IMGP6072aa
IMGP6073aa
IMGP6076aa
IMGP6077aa
トンボも乱舞していた。
18時過ぎ、1号路を徒歩で下山。もう暮れてしまい、ライトがないと暗くて危険だ。
それでも懐中電灯なしで上り下りするハイカーも見かけた。
19時前に登山口着。
IMGP6083aa
ビヤマウント利用客のためにか、ケーブルカー麓駅は煌々と明るかった。
JH1EAF高尾山180909aa

交信データ
移動地/東京都八王子市高尾山林野庁慰霊碑広場(海抜500m)及びビアマウント下展望エリア
交信日時/2018年9月9日
交信時間/1329~1752JST
周波数/50・144・430MHz/SSB・CW・FM 
天候/晴れ
無線機/ヤエスFT817・スタンダードVX-3・ ユニデンSLT001
アンテナ/ミズホポケットダイポール・付属垂直ヘリカル・「GAWANT」

出力/0.5~1W
延べ交信局数/20
50MHz14(SSB11、CW3)、144MHz1(SSB1)、430MHz5(FM)
交信相手場所/
東京8(板橋区、大田区、あきる野市金比羅山、八王子市×2、東村山市、小平市、稲城市)、神奈川県6(横浜市金沢区、緑区、港南区、保土ヶ谷区橘の丘、川崎市宮前区、大和市)、千葉県1(野田市)、群馬県1(桐生市)、埼玉県2(さいたま市岩槻区、越生町)、栃木県1(佐野市)、他1

| | コメント (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »