« 移動運用その204/神奈川県横浜市中区「港の見える丘公園」移動(2018年6月3日) | トップページ | 岩手県遠野市移動と「SL銀河」乗車記その2(2018年6月23~24日) »

岩手県遠野市移動と「SL銀河」乗車記その1(2018年6月23~24日)

6月23~24日の二日間、昨年9月に続き、岩手花巻、遠野方面に遠征する。
DSCN2158aa
前回、台風で運休となってしまったJR釜石線『SL銀河』の旅、再チャレンジである。
(「SL銀河」については前回ブログ参照)
無線、BCLに関してはSONYSRFM100、ラジオ付きIC-レコーダーSANYO ICR-RS110M、ハンディー機VX-3に加え、今回はEsシーズンであるのでFT817を持参。
とはいえ、前回と同じく同行者も居るので移動運用に割ける時間はあまりない。荷物も増したくないのでポケットダイポールと同軸ケーブルは断念。
厳しいがローディングホイップアンテナのみでのQRP運用に留まる。


●遠野市宮守めがね橋にてSL撮影と移動運用・BCL

23日0604JST東京駅発東北新幹線やまびこ41号で一路東北へ。
関東は曇っていたが、北上するに連れ、雲が薄くなってきた。
東北地方の天気予報ではこの週末、比較的晴天に恵まれそうだ。
前回の遠征時、東北新幹線沿線のTVワンセグ、FM局はほぼ受信済み。
今回は最近開局した福島、仙台の県域AMの補完FMと前回洩らしたFM一ノ関を順にチェックしていった。
IMGP0073aa
0907JST、新花巻駅到着。わずか9ヶ月で再来するとは思わなかったので妙な気分。
IMGP4616a
0919JST、釜石線下り快速「はまゆり1号」釜石行きに乗り換える。
DSCN2122
思ったよりも観光客が多く、車内はほぼ満席。
0939JST、本日の下り「SL銀河」釜石行きを撮影するため、宮守駅で下車。
IMGP0103aa
DSCN2130aa
DSCN2132aa
IMGP0106aa
徒歩で10分位の場所にある通称「めがね橋」に向かう。
DSCN2146aa
DSCN2152aa
IMGP0114aa
IMGP0115aa
IMGP0117aa
DSCN2147
DSCN2154aa
IMGP0119aa
ここはSL撮影ポイントとして有名なところ。
「SL銀河」は基本的に4月から9月の週末に運行され、土曜日は下り、日曜日は上りを走る。
因みに今回乗車する「SL銀河」は、翌24日の上り花巻行きの便。
「めがね橋」の近くには「道の駅みやもり」があり、休憩、食事も可能。
IMGP0108
鉄道駅から徒歩でのアクセスも容易な上、コンビニも隣接しており、利便性と景観が両立した稀有なポイントである。


SL通過は11時40分過ぎなので、1時間半近く待つことに。
たまに普通列車が通過していくので撮影の調整に撮ってみる。
IMGP0122aa
IMGP4629a
IMGP4630a
宮守川のせせらぎが心地よい。
DSCN2164aa
この時間を利用して10時20分頃からFT817にローディングホイップで50MHz帯をワッチ。
IMGP0121aa
DSCN2159aa
Esは開けていなかったのでバンド内は静か。
この山間から出力1w、ローディングホイップで電波を出しても交信は期待薄であったが、幸いにも10時23分頃、同じ遠野市移動局がRS59で入感。
早速お声掛けしてお繋ぎいただいた。こちらの信号もRS55で届いていたようだ。
恐らく高台の好ロケーションから出ておられたのだろう。
FT817を持ってきたことが無駄にならなくてよかった。
続けて50MHzをワッチしつつ、SONYSRFーM100でもFM、MW帯の受信状況をチェック。
DSCN2160aa
谷間なのでFM局はイヤフォーンアンテナでは殆ど入らない。聞こえるのはFM岩手本局とNHK盛岡本局のみ。
AMは巻末表参照。
そうこうするうちにSL銀河が遣って来る時間が近づいた。
思ったほどギャラリーは多くない。
近所の人の話だとかなり数は減ったという。さすがに運行5年目となると珍しさも薄れたのかも。
11時41分過ぎに「SL銀河」が汽笛とともに「めがね橋」通過。
走るSLを直で見るのは、40年以上前、汐留駅がまだあった頃のイベントSL以来か。
IMGP0149ba
IMGP4641a
あっという間に「SL銀河」が通り過ぎていく。
橋全体を入れる構図に拘り過ぎた上にカメラの設定も誤る。
天気も薄曇りだったので背景が白く飛んでしまい、写りはいまひとつ。
梅雨時ながら雨が降らなかった分まだよかったか。
撮影後、「道の駅みやもり」に寄り、暫し休憩。
入り口近くに設置されていたスタンプをQSLカードに押す。
DSCN2165aa
館内はやはり宮沢賢治『銀河鉄道の夜』テイストの造り。
DSCN2169aa
結局、無線は50MHzの遠野市移動1局のみ。
12時半前に道の駅を後にして、JR宮守駅に戻る。
12時44分発の上り快速「はまゆり3号」で一路、遠野へ。
IMGP4649a
IMGP4651a
この便も混んでおり、結局暫くは座れず。
駅を出て先ほど撮影していたポイントを眼下に望む。
IMGP4653a
IMGP0162aa
SLが通過し終わった後なので閑散としていた。

●遠野市鍋倉公園でラジオモニター
13時5分、遠野駅着。
IMGP0176aa
先ほど通過していった「SL銀河」がまだ停車中だったので、近くで撮影。
IMGP4658a
DSCN2187aa
ボイラーが熱く感じられた。
待合室にあったスタンプを記念に捺印。
遠野駅スタンプA180623aa
遠野駅スタンプB180624aa
駅を出ると真夏のような日差し。
IMGP4672
広場には遠野物語由来の河童のオブジェなどがあった。
DSCN2192aa
駅から徒歩8分位の場所にある「とおの物語の館」で昼食。
DSCN2198aa
ここから徒歩数分で遠野市街を見下ろせる鍋倉公園城址展望台があるというので、食事後独り赴く。

商店街の先の山に櫓上の建物が覗える。
IMGP0178aa
週末にも拘らず、遠野市のメインストリートは閑散としている。
IMGP0239aa
地元の人はあまり鉄道は使わないようで、地元向けの商店は開店休業状態。観光向けの施設だけが立派。
DSCN2200aa
南部神社の境内を上がっていく。真夏のような陽気なので階段がきつい。
DSCN2201aa
また、花巻に戻る便の時間も迫っているので余裕がない。
結局、展望台までは辿り着けず、中腹の展望テラスのような場所で移動運用とラジオ受信チェック。
DSCN2202aa
DSCN2203aa
IMGP0179aa
IMGP4667a
DSCN2204aa
DSCN2206aa

14時40分頃からVX-3で430FMをワッチしてみるが、わずかにラグジュー中のモービル局が聞こえるくらい。移動サービスも固定局も見つからず、CQを出しても応答なし。
続いてFT817で50MHz帯をワッチしてみるも、先ほどお繋ぎいただいた遠野市移動局以外入感なし。Esの気配もなし。
SRM-100でFM放送帯をチェックするが山に囲まれた遠野市ではほぼ地元局のみ。
受信を終えると急いで駅へと戻る。
同行者一行と落ち合い、15時09分発上り盛岡行き「はまゆり6号」で新花巻にUターン。
新花巻駅前から16時10分発花巻温泉峡シャトルバスに乗り込み、本日宿泊予定の志戸平温泉に到着したのが16時40分頃。
IMGP0208aa
慌しくも何とか遠征1日目のスケジュールをこなした。
明日はいよいよ「SL銀河」搭乗である。

(つづく)

岩手県遠野市「道の駅みやもり」における昼間AM放送受信リスト

受信日/2018年6月23日1050~1110JST・受信機/SONY SRFM100・アンテナ/内蔵バーアンテナ
(注/同周波数に複数あるNHKは受信地点から可能性のある局を推定)

周波数(KHz) 局名 信号強度(5段階)
備考
531 NHK盛岡第一
5
576 NHK大船渡第一
2
 
684 IBC盛岡
5
 
747 NHK札幌第二
1
 
774 NHK秋田第二
3
 
891 NHK仙台第一
2
 
1062 岩手放送(釜石)
1
 
1089 NHK仙台第二
2
 
1260 東北放送(仙台)
2~3
 
1341 NHK遠野第一
3~4
 
1386 NHK盛岡第二
5
 
1503 NHK秋田第一
2
 
 
 
 
 
 
 
 

岩手県遠野市鍋倉公園におけるFM放送受信リスト

受信日/2018年6月23日・受信機/SONY SRFM-100 ・アンテナ/イヤフォーンアンテナ

周波数(MHz) 局名 信号強度(5段階)
備考
79.2 FM岩手(釜石)

2

80.7 FM岩手(遠野)

5

84.5
NHK遠野

5

85.1 NHK釜石

2

87.8 岩手放送補完(遠野)

5

マタタビの墓の話(1436J)
89.3 FM岩手(宮古)
2




   

交信データ
移動地/岩手県遠野市宮守「道の駅みやもり」
交信日時/2018年6月23日
交信時間/1023JST
周波数/50MHzSSB
天候/曇り時々晴れ
無線機/FT817  
アンテナ/ローディングホイップ 
出力/1W
延べ交信局数/1
50MHz1(SSB)
交信相手所在地/岩手県遠野市

|

« 移動運用その204/神奈川県横浜市中区「港の見える丘公園」移動(2018年6月3日) | トップページ | 岩手県遠野市移動と「SL銀河」乗車記その2(2018年6月23~24日) »

イベント・訪問記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。