« 桃の節句と「ミクの日」カード発行移動運用その2(2018年3月9日) | トップページ | 移動運用その193/神奈川県藤沢市江ノ島移動(2018年3月17日) »

移動運用その192/東京都八王子市大塚山公園(2018年3月11日)

小春日和の晴天が期待される11日日曜日。
久しぶりにFT817を持って屋外フィールドでの移動運用に出かける。
今回は八王子市鑓水にある標高231m程の大塚山公園。
IMGP7428aa
自分にとっては移動運用処女地だ。
場所的には高幡不動尊、多摩動物公園、旧多摩テック、平山城址、長沼公園と続く日野の七生丘陵沿いの更に西に位置する。
近郊には東京工科大学がある。
鑓水という地名は竹筒を丘陵側面に突き刺すと豊富な湧き水が得られるという意味とか。大栗川源流でもある。
大塚山公園は移動地としてあまり耳にしない公園であるが、かつては八王子と神奈川を往来した「絹の道」の中継地で、鑓水峠と呼ばれ、景勝地としては昔から知られていたという。
明治初期、八王子の絹を横浜にいた外国人商人と売買するために荷を運んだ道が「絹の道」。
鑓水にはそれで富を得た豪商が住んでいたという。
ウィキペディア等によると公園内には、1875年に建てられた永泉寺の別院であった道了堂の跡地があり、1990年には大塚山公園として整備された。公園から絹の道を下ったところにある絹の道資料館も同時に整備・開館したという。
アクセスはJR八王子駅南口または京王線北野駅より京王バス・西武北野台行きで「北野台三丁目」バス停下車徒歩3分程。
それとJR八王子駅南口より京王バス・片倉台または八王子みなみ野駅行き「坂上」バス停下車して徒歩10分程という主に二つのバスルートがある。
公園から最も近いバス停は「北野台三丁目」だが、こちらは便も少なく実用的ではないので、JR八王子駅南口から八王子みなみ野駅行きを利用する。
こちらは1時間に3~4本あるから利便性は高い。
当日は朝から晴れ。風もなく移動運用には申し分ないコンディション。
準備などで出発が遅れてしまい、八王子駅に着いたのは11時45分頃。
八王子駅南口バス乗り場2番から11時55分発「八王子みなみ野駅」行きに乗り込む。
バスは高度を上げつつ、北野台団地の中を走る。
高度成長期に造成されたニュータウンを車窓から眺めるのは、多摩地域での移動運用地に向かうお馴染みの光景だ。
公園最寄バス停「坂上」に着いたのは12時20分頃。
IMGP7420aa
バス停から車道沿いに暫く西に歩くと八王子バイパスを跨ぐポイントに。
その手前、バイパスに平行に伸びる歩道へ左折すると、無線中継鉄塔2本が立っている小高い丘が望める。これが大塚山公園。
IMGP7422aa
歩道の柵に例の犬の散歩注意看板があったので一枚撮影。
IMGP7423aa
突き当たり直近階段を登れば「絹の道」に出る。
IMGP7424aa
IMGP7425aa
IMGP7426aa
バス停から徒歩でほぼ10分。道もわかりやすく迷うことはない。
振り返ると八王子市街が一望出来る。直近には東京工科大学の特徴ある校舎の屋根。
IMGP7468a
これは、多摩動物公園すぐ裏のみはらし公園からも西の端に覗えた建物だ。それがすぐ目の前にある。
眺望は西から北に限られ、あまり広くない。
ピークの鉄塔は中継アンテナというより携帯の基地局のようだ。
IMGP7429aa
もう少し上がると公園ピークの道了堂跡地があるようだが、早く移動運用を始めたいのでこの「絹の道」脇にレジャーシートを敷き、アンテナを上げることにする。
IMGP7432aa
IMGP7431aa
FT817とポケットダイポールで運用するのは、昨年11月4日の多摩市「パノラマの丘」以来、4ヶ月ぶり。
運用開始は12時50分過ぎ。当初は風もなく日差しが心地よかったが、13時半過ぎより雲が出て陽もなくなり、更には正面から冷たい北風がもろに吹き付けてきた。
天気予報では午後は好天続きのはずなのに局地的な天候変化だろうか。
50MHz、144MHz共に移動運用局も少なく、体も冷えてきたのでたまらずポケットダイポールを下ろし撤収。
「絹の道」の脇から道了堂の跡地に至る小道があったので登る。距離にして数分。
このピークには堂の礎石や地蔵、石碑があり、ベンチも備えられているが樹木が覆い、眺望は殆どない。東側が僅かに望める場所はあり、都心のビル群が確認出来た。
IMGP7440aa
IMGP7447aa
IMGP7444aa
IMGP7444bb
三角点のある北側だけ樹木が伐採され、移動運用したポイントと同様の八王子市街が望める。
ここでVX-3で430FMにQRV。更にロッドアンテナを接続し、少しだけFMDX。
IMGP7470aa
IMGP7465aa
IMGP7449aa
IMGP7464aa
最近開局した近郊の補完FMを狙ってみたが、受信出来たのは栃木放送だけ。
内容は地元サッカーチームのFC栃木戦実況中継。
栃木の県域FMレディオベリーも良好に受信出来たのでこのロケーションでは北方面の伝播が良い様だ。
一方、山梨放送と信越放送の補完FMは入感なし。
因みに自宅杉並ではログペリアンテナを使ってもこの3局は未だ受信出来ない。
距離的にさほど違いのない茨城放送水戸局の補完FMは強力に入感するのに何故だろう?
91.2MHzに音楽だけを流す局。地元ミニFMかどうかは定かでない。
92.2MHzではJFNネット番組を流す局。この周波数には信越放送補完FMが出ているが番組内容が違う。他にリストをみても該当局見つからず。単に東京FMの混変調かもしれない。
FMDXを終えて後片付け。
まだ季節的に移動運用シーズンには早かったのか6mは思ったほど移動局は出ておらず。430FMは比較的移動局も多かったが1Wハンディーではなかなか繋がらない。
あと日差しが翳って風が出たのが響いた。
結局、今回移動運用で交信いただいた局数は6。東京都下固定、移動各局と横浜磯子区、筑波山移動局。
QSOありがとうございました。
15時40分頃、現地撤収。
IMGP7471aa
東側の坂を下って未舗装の「絹の道」を行く。が、給水場の辺りで道を間違えていることに気が付く。こちらは北野台団地と逆方向でバス停のある場所に出られない。
スマホの地図アプリで現在位置を確認し、あわてて戻る。スマホは確かに便利だが過信は禁物。
電池が切れたらただの板だ。
ピークに戻って別の階段から下る。
IMGP7473aa
すぐ下に「北野台三丁目」バス停があった。
IMGP7474a
だが1時間に1本程度しか便がなく、往路と同じ「坂上」バス停へ戻る。
歩いて5分位だから大した距離ではない。
IMGP7475aa
気がつくと天候は再び快晴。雲ひとつなく風も消えていた。
4分位遅延で到着した16時8分のJR八王子南口行きバスに乗り込んで帰路に。
大塚山公園は思ったほどアクセスは悪くなく、多摩丘陵エリア移動運用地としても遜色はないと感じた。
そういえば昨年、福生市横田基地に移動した際、430FMでお繋ぎ頂いた局が北野台移動であったことを思い出す。
ただ周辺に照明もなさそうなので、明るいうちに撤収するスケジュールで行動したほうがよさそうだ。  

東京都八王子市大塚山公園FM局受信リスト(コミュニティーFMのみ)

受信日/2018年3月11日・受信機/VX-3・アンテナ/ロッドアンテナ

周波数(MHz) 局名 信号強度(5段階)
77.5 FM八王子(八王子市)
5(ST)
77.7 FM入間(入間市)
5(ST)
78.2 武蔵野FM(武蔵野市)
4(ST)
79.0 多摩レイクサイドFM(東村山市)
4(ST)
83.9 FMさがみ(相模原市)
4(ST)
84.4 FM立川(立川市)
4(ST)
87.6 渋谷のラジオ(渋谷区)
2
90.5 TBS補完(スカイツリー)
5(ST)
91.2 不明局
4(ST)
91.6 文化放送補完(スカイツリー)
5(ST)
93.0 ニッポン放送補完(スカイツリー)
5(ST)
94.1 栃木放送補完(宇都宮)
4(ST)
94.6 茨城放送補完(水戸)
5(ST)


交信データ
移動地/東京都八王子市大塚山公園(標高231m)
交信日時/2018年3月11日
交信時間/1254~1435JST
周波数/50MHzSSB・CW/430MHzFM

天候/晴れのち曇り
無線機/ヤエスFT817・スタンダードVX-3 
アンテナ/ミズホポケットダイポールPAN-62・付属ヘリカル
出力/0.5~1W
延べ交信局数/
50MHz4(SSB3、CW1)、430MHz2(FM2)

交信相手所在地/神奈川県1(相模原市緑区)、東京都2(あきる野市金比羅山、国分寺市)、神奈川県1(横浜市磯子区)、茨城県1(つくば市筑波山つつじヶ丘駐車場)


|

« 桃の節句と「ミクの日」カード発行移動運用その2(2018年3月9日) | トップページ | 移動運用その193/神奈川県藤沢市江ノ島移動(2018年3月17日) »

移動運用」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。