« 2017年6月17日にEs伝播で受信した国内FM局 | トップページ | 国際宇宙ステーション「ARISS」20周年記念行事静止画像受信(2017年7月23~25日) »

移動運用その187/神奈川県川崎市多摩区飯室山展望台「エスカルゴコンテスト」参加移動(2017年7月17日)

17日に開催された縦振れ電鍵オンリーコンテスト「エスカルゴコンテスト」に参加。
連日の真夏日だったが一ヶ月ぶりに移動運用をする。
場所はお馴染み、川崎市多摩区生田緑地にある飯室山展望台。昨年の8月、KCJコンテスト以来だ。
常置場所から最も短時間でアクセス可能で効率よく移動できる丘陵のポイント。
最寄り駅「向ヶ丘遊園」からも徒歩20分弱だ。
多摩川河岸段丘上にあって都心方面に眺望が利く。
7エリア方面からの電波がよく通る。
IMGP3857
IMGP3855
せみ時雨の中、生田緑地内の階段を上っていく。
新たに「たけのこ採取禁止」の立て札を発見。
IMGP3856
展望台には午前9時過ぎに到着。天気は曇っていたが蒸し暑い。
たまにランニングしている人が通過する位で、閑散とした環境。
IMGP3852
IMGP3843
IMGP3847
IMGP3841
DPアンテナを展望台の柵に引っ掛けて1階の屋根下で運用開始。
12時半位までの約3時間で延べ38局とQSO.
そのうち、29局がエスカルゴコンテストでの交信。
福島県東白川郡や石川郡移動局とも0.5~1wでRS59~53で繋がる。
各局様交信ありがとうございました。
コンテスト後、430FMにQRVしようと思ったが高校生コンテストが始まってバンドも一杯になっていたので13時前に撤収開始。
結局、今回は50MHzオンリー。
この頃、展望台周辺の樹木帯上空にメタリックな甲虫が乱舞しているのに気がつく。
よく観察するとタマムシであった。
半世紀位前は杉並の自宅周辺でも時たま見られたが、最近は幻に近いほどの稀有な昆虫。
そんな幻の昆虫が生田緑地にたくさん生息しているとは思わなかった。
タマムシは盛夏の昼間に飛び交う習性があるとか。丁度そんな時間帯だ。
人にとっては過酷な気温だが、タマムシにとっては最適なのだろう。
臆病な性格でなかなか近寄ってこないが、たまたま近くに止まった成虫を撮影。
IMGP3851a
この時間帯、展望台周辺には誰もおらず、タマムシ乱舞の光景は初めてだったので非常に貴重で興味深い体験であった。

交信データ
移動地/神奈川県川崎市多摩区飯室山展望台(海抜80m)
交信日時/2017年7月17日
交信時間/0923~1231JST
周波数/50~430MHzSSB/CW/FM
天候/曇り
無線機/FT817 スタンダードVX-3 
アンテナ/ミズホポケットダイポール 付属ヘリカル
出力/0.5~1W
延べ交信局数/38
50MHz38(SSB7、CW31)
交信相手所在地/福島県2(東白川郡棚倉町、石川郡玉川村)、埼玉県3(さいたま市桜区、比企郡ときがわ町、大里郡寄居町)、栃木県1(日光市)、神奈川県1(川崎市多摩区)、山梨県1(山梨市)、群馬県1(みどり市)、不明29

|

« 2017年6月17日にEs伝播で受信した国内FM局 | トップページ | 国際宇宙ステーション「ARISS」20周年記念行事静止画像受信(2017年7月23~25日) »

移動運用」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。