« 移動運用その186/東京都あきる野市上ノ台(2017年6月4日) | トップページ | 富士山麓周遊日帰りバスツアー参加と移動運用記<後半>(2017年6月11日) »

富士山麓周遊日帰りバスツアー参加と移動運用記<前半>(2017年6月11日)

11日日曜日、富士山麓日帰り観光バスツアーに参加した際、自由時間内にて移動運用とBCLを実施したので2回に分けてレポートする。
参加したのは大手旅行代理店が企画したバスツアー。
ルートは新宿から高速道路を使い、静岡県富士宮から朝霧高原経由、山梨県甲州市を経て再び新宿に戻るというもの(マップ参照。但しGPS履歴ではないので実際のルートと若干異なる場所もあり)。

富士宮の焼きそば工場見学、白糸の滝、朝霧高原「まかいの牧場」BBQ、甲州市果樹園のさくらんぼ狩りを楽しむという企画。
無線、BCLとは無縁な知人が申し込んだツアーであったが、朝霧高原や甲州市方面は移動運用等では未踏の地だったので、この機会に便乗してみた。
とはいっても、一般のバスツアーは団体行動が基本。
無線、ラジオ遠距離受信など実施する時間的余裕はあまりない。
せいぜい自由時間内かバスでの移動時に限られる。それも他の参加者の迷惑にならぬよう心がけるため、持参する無線機やアンテナも最小限。
ハンディーのVX-3にFT-817。アンテナは垂直ホイップのみ。
受信音声録音用にICレコーダーラジオサンヨーICR-RS110Mとワンセグ受信用に東芝ギガビートMEV30Eも持参。

1.新宿から富士宮
当日は、薄曇りながら日差しもあるまずまずの天候。
西新宿のコクーンビル前から出発。各種バスツアーが組まれているようで、沢山の参加者が其々のツアー添乗員に誘導されてバスに向かう。
自分が参加するツアーはバス2台分。結構人気があるようだ。
参加者の半分は女子会風のグループ。外国人もチラホラ。あとは男女雑多なグループ、カップル、家族連れ。
7時50分、出発。首都高を経由して、東名高速道路に入る。
さほど渋滞もなく、スムーズに進む。
自分の席は前から3番目くらい。前方の写真はかろうじて撮ることが可能なポジション。
IMGP3367
IMGP3372
しかし、思いのほか車窓からの風景が乏しい。
防音壁に囲まれて、殆ど視界がないのだ。
これは知らなかった。
実は東名高速を車、バスを含め、利用した記憶は殆どない。
長距離移動は電車が基本なので、車という発想がないのだ。
自分で運転して利用する機会は免許がないので当然としても、タクシー、自家用車に同乗させてもらったり、路線、観光バス含めても、これまで記憶にあるのはたった1度しかない。
およそ35年前、高校のクラスメートの車に同乗して夜間東京、箱根間を利用した時だけ。
中央道に至っては、一回も通ったことがないのだ。
だから、このバスツアーは、ある意味「生まれて初めての体験」も多い。
それはさておき、東名高速の標識には「1620KHz、ハイウェイラジオ」の告知が時折、現れる。
新東名高速道路のハイウェイラジオ受信経験はなかったので、持参のICレコーダーラジオサンヨーICR-RS110Mを1620KHzに合わせ、録音していく。
ツアー中、受信出来た局は以下の通り。

新東名下り/中央高速上りハイウェイラジオ受信リスト(1620KHz)

受信日/2017年6月11日・受信機/SANYOICR-RS110M・アンテナ/内蔵バーアンテナ

受信時間JST/局名 受信地点 信号強度(5段階)
0857 新鮎沢 新東名高速道路下り足柄SA付近
3~4
0929 新東名裾野 新東名高速道路下り今里トンネル付近
2~3
0930 新東名長泉 新東名高速道路下り長泉沼津IC付近
3
0931 新東名沼津 新東名高速道路下り沼津SA付近
4
0944 新東名駿河湾 新東名高速道路下り新富士インター手前
4
0947 新富士 新東名高速道路下り新富士出口
2
1915 八王子 中央自動車道上り八王子インター付近
3~4

因みに、新鮎沢局のアナウンス全文をモニターしてみた。
「こちらはネクスコ中日本です。
午前8時54分現在の高速道路情報をお知らせします。
初めに東京方面に向かっている方に走行注意の情報です。
この付近の7キロmポストに動物が迷い込んでいる第1報が入りました。
現在、保護のため緊急車が現地に向かっています。
スピードを控えめにして注意して走行してください。
続いて所要時間の情報です。
現在横浜町田インターまで45分程、東京インターまで1時間ほどかかっています。
引き続き、名古屋方面に向かっている方にお知らせします。
所要時間の情報です。
現在、沼津インターまで30分ほど。静岡インターまで1時間5分ほどかかっています。
なお、上り鮎川PAの駐車場大型荷物・・夜間が大変混雑いたします。
・・ハイウエーラジオ新鮎沢よりお伝えいたしました」


基本、上り下り其々インターチェンジまでの所要時間を女声音声にてアナウンスしている。
更新間隔も5分ほどで、思ったよりも早い。
移動するにつれ、いつの間にか次のエリア局に入れ替わっている。
受信状態は電波が弱いためか不安定。
09時5分頃、最初の休憩地、足柄パーキングエリア着。
IMGP3378a
IMGP3379
IMGP3381
東京湾横断道路の「うみほたる」PAには何回か立ち寄ったことはあるが、それ以外、一般道、高速道路含めてのサービス施設は小学校の遠足時、ドライブインで途中下車した昭和40年代から半世紀近く記憶がない。
メディア等で施設などの詳細は知ってはいたが、実際、東名高速のPAに足を運んだのは生まれて初めてかもしれぬ。
ベンチで休んでいると、モニターしていたVX-3の430FMに足柄上郡山北町移動局が入ってきた。すぐ近くだ。
RS59~53位で入感。この時は別の局と交信されていたので次の機会を待つ。
9時20分、バスは足柄PAを出発。
バスの中でも山北町移動局は良好に受信出来たのでお声掛けするとすぐに応答頂いた。
こちらの1Wハンディー信号もRS59で届いているようだ。
東名高速でQSO出来たのは、結局、この移動局のみ。
一応、430FMメインはモニターしていたのだが、他に入感してくる局は見つからなかった。
9時40分頃、沼津インターチェンジを過ぎた頃から、やっと下り車窓の左側の視界が開け、海が見えてきた。
IMGP3390a
地図を見れば分かるのだが、東名高速は東海道新幹線や東海道線と違い、内陸側を通っているので海が見えない。
箱根もずっと北側を迂回している。
東名高速は箱根の山を越えていないのだ。これも今日初めて認識した。
御殿場辺りから分岐している今回利用した新東名は更に内陸だ。
暫くすると富士市の製紙工場も見えてくる。IMGP3397a
9時47分、バスは新富士インターチェンジを降りて西富士道路に入り、10時少し前、富士宮市内の焼きそば麺工場へ。
狭い駐車スペースに観光バス2台をむりやり駐車させるのは凄い。
IMGP3405a
IMGP3404
IMGP3400
ここで試食会。自分は試食もそこそこにFMラジオをモニター。
85.8MHzにK-MIX芝川局、84.4MHzに富士市のCFM、RADIO-Fが入感。
市街地の中、イヤフォーンアンテナでは地元局受信が精一杯。
RADIO-Fは、残念ながら日曜日は殆どJ-WAVE中継でモニターし甲斐がない。

2、白糸の滝見学と「まかいの牧場」で移動運用
麺工場には約30分滞在の後、次の訪問地、白糸の滝へ。
15分ほどで白糸の滝に到着。意外と近い。
時刻は10時45分。歩いて滝の場所まで降りる。
途中、売店がいくつも。同様の光景が日本中の観光地にあるので歩いているとこの場所がどこなのか分からなくなる錯覚に陥る。
滝の規模は想像していたものよりも大きかった。
IMGP3409
IMGP3410
IMGP3419
IMGP3430a
IMGP3436
IMGP3447a
富士山の伏水流と上流の川の水が流れ込んでいる名勝。
世界文化遺産にも登録されているようだ。
ここも訪れるのは初めて。空気がひんやりとして気持ちがよい。
滞在時間は約50分ほど。
因みにこの日の富士山は頂上付近が雲に覆われて、裾野がなんとか見えている状態。
IMGP3453a
残念ながら雄大さを感じるまでには至らず。
11時35分、白糸の滝を発って、次の訪問地、朝霧高原「まかいの牧場」へ。
IMGP3454
IMGP3472
10分ほどで到着。ここでジンギスカン風のバーベキュー昼食。
ツアー参加者が一斉に食事をする。
IMGP3459a
IMGP3461a
ここまでは団体行動なのだが、14時10分までは自由時間。まだ2時間ほどある。
牧場なので殆どの参加者は動物と戯れるなりするのだが、こちらは早速、高台を探し、移動運用に励むことに。
配布された「マップガイダンス」を見ると「富士山テラス」というポイントがある。
まかいの牧場マップa
園内では最も標高が稼げそうなので向かってみた。
バーベキュー会場から歩いて5分ほど。
坂を上って到着。正面には雄大な富士山。
残念ながら7合目以上は相変わらず、雲に隠れて見えない。
テラスのベンチは比較的空いていたので、FT817にローディングホイップで50MHzをワッチする。
IMGP3464a
IMGP3468a
時刻は12時45分。バンド内を聞いてみるが、何も聞こえない。
Esも出ておらず、バズ音もしない。144MHz、430MHzも同様に静か。
標高は590m程だが、富士山と天守山地に囲まれ、都心部から遠く離れた朝霧高原からでは、1wホイップアンテナでは如何ともしがたいか。
暫く6mをワッチしていると13時10分頃、やっと移動局らしき信号がQSBを伴いながらRS53位で聞こえてきた。
どうやら足柄下郡箱根町丸岳に移動されている局。
富士山を挟んで向こう側。
CQに御呼び掛けすると何とかこちらの信号に気が付かれた様だが、コールサインをコピー出来ない。
アンテナを動かしたり何回かチャレンジしてQSBの山の時にやっとこちらのコールサインをRS41ギリギリで認識して頂けた。
富士山越えの山岳回折っぽい伝播だった。
更に電信で埼玉県朝霞市移動局のCQを受信。これも山岳回折的な感じ。
深いQSBを伴っていた。ピークだとRS57位で入感。
何回か御呼びするが、どうしてもこちらのサフィックスがミスコピーになってしまい、結局交信未成立。
こちらからもCQを出してみるが、想定どおり空振りばかり。
無線の他にもFMDX、ワンセグ受信にチャレンジ。ワンセグではNHK静岡総合、Eテレ、SBS、テレビ静岡が自動受信。
FMDXでは推定を含め、清水、沼津、富士市のCFMの他、NHK静岡、K-MIXの静岡、芝川、伊豆長岡。
更にはFM富士、NHK甲府の身延局などが受信出来た(後半巻末表参照)
あれやこれややっているうちに、あっという間に13時50分。
14時10分にはバスに戻らねばならぬので慌てて片付けて撤収。
結局、ここでは50MHz1局のみの交信で終わる。
自由時間を無線、BCLに費やしてしまったので、ソフトクリーム無料券も使わず仕舞い。
お土産を買う余裕もなし。他に行ったのはトイレのみ。
(後半に続く)

|

« 移動運用その186/東京都あきる野市上ノ台(2017年6月4日) | トップページ | 富士山麓周遊日帰りバスツアー参加と移動運用記<後半>(2017年6月11日) »

イベント・訪問記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1234990/71379868

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山麓周遊日帰りバスツアー参加と移動運用記<前半>(2017年6月11日):

« 移動運用その186/東京都あきる野市上ノ台(2017年6月4日) | トップページ | 富士山麓周遊日帰りバスツアー参加と移動運用記<後半>(2017年6月11日) »