« 移動運用その177/東京都新宿区東京オペラシティー18階移動(2017年2月19日) | トップページ | 移動運用180/山梨県大月市岩殿山移動(2017年3月20日) »

移動運用その178/東京都青梅市雷電山山頂移動(2017年3月12日)

この日の移動運用は未踏地の青梅市雷電山。
青梅市北部に東西に伸びる青梅丘陵の最高峰。
IMGP1734
標高は494m。
最寄り駅のJR青梅線軍畑から徒歩で40分ほどで辿り着けるハイキングコース。
最近、時々移動運用地として耳にしていたので気にはなっていた。
朝、所用で一旦新宿駅に立ち寄った関係で新宿09時47分発JR中央線快速青梅行きに乗り込む。
天気は晴。ただ若干薄く靄がかかった感。
青梅駅には11時02分に到着。11時15分発奥多摩行きに乗り換える。梅祭り開催中らしく観光客で比較的込み合っていた。
軍畑駅には11時29分に到着。新宿から1時間40分以上掛かった。
御岳山に赴くときはずっと通過していたのでここで降りたのは初めてか。
IMGP1671
IMGP1670
IMGP1673
駅は無人らしく、駅員らしき姿もない。
駅でトイレを済ませて11時35分出発。青梅駅方面に少し歩いて踏み切りを渡る。
IMGP1674
IMGP1675
石垣のある坂を下りると右手にJR青梅線の平溝川に架かる特徴的な鉄橋が覗える。
IMGP1679
IMGP1681

IMGP1738
すぐに都道に合流。この道をひたすら北上する。道沿いの沢で釣り人数人を目撃。何が釣れるのだろうか?
IMGP1736
この都道は所々歩道がなく少々怖い。交通量は差ほど多くないものの、急カーブが続いているので夜間や冬季のアイスバーン時にはとても危険。
IMGP1682
IMGP1723
IMGP1730
途中「国立奥多摩美術館」なる看板を見つけるが、どうみても寂れたガレージにしか見えない。人気もなく果たして本当に美術館なのだろうか。謎である。
IMGP1732
更に行くと平溝橋に差し掛かる。左手に高水三山方面に上がる道標。
IMGP1684
IMGP1685
雷電山への登山口はまだ先。
果てしなく無粋な都道のワインディングロードを登っていくので少々うんざりしてくる。
12時7分。駅から歩くこと約30分。やっと雷電山登山道入り口のある榎峠に達する。峠といっても車道の通過点で周囲には何もない。
IMGP1687
IMGP1688
IMGP1689
車道右側の登山口道標にはトレイルランニングのイベントとか熊出没とかの告知も掲げられている。
登山道は典型的な植林地帯。日差しは遮られ、下地は荒れて根っこがむき出し。爽快感は得られない。
IMGP1690
IMGP1693
IMGP1694
木で組まれた階段も所々足場が悪い。急坂にはロープも張られていてそれに掴まって登る。
途中ピークがあって頂上かと思ったら一旦登ってまた下るという、復路は憂鬱になりそうなコース。
予想よりも傾斜がきつい階段が続く。事前に調べたブログ等では「あっという間に到着」と記されていたが、思った以上にきつい。
他に登山者は男性が一人。あとはトレイルランナーが稀に見かけられる位。
やっとのことで12時40分に雷電山山頂到着。駅から約1時間10分かかった。登山口からは約35分。距離にして2.9Km。標高差249m位。
IMGP1696
ハイキングガイドには所要時間40分とあるがとても自分には無理なぺース。
汗に濡れたTシャツが不快。山頂は樹木に覆われ、日差しもなく寒い。眺望もわずかに北が開けているだけ。
眼下に採石場らしき施設が見える。遠くは日和田山、伊豆ヶ岳方面だろうか?
IMGP1698
IMGP1715
IMGP1700
北方面以外は眺望0。樹木で覆われて暗く、爽快感もなし。日向もなく、寒さを我慢するしかない。
IMGP1708
朽ちかけた木製ベンチ横にレジャーシートを敷き、枝にポケットダイポールを引っ掛けて13時過ぎより運用を開始。
IMGP1714
IMGP1705
IMGP1717
今回、初めてスマホを持参し、ツイッターで告知。果たしてどれだけ効果あったかは未知数。タップ入力には慣れず、すぐミスタッチしてしまう。
6m中心に16時前までQRV.
天気のよい日曜日だったので比較的移動局も多かったが、運用開始時間が遅かったので交信局数は50MHz12(SSB5,CW7)、144MHz3(SSB1,CW2)、430MHz3(FM3)のトータル18局。
各局様交信ありがとうございました。
FMDXもやってみたがワイドFM実施以降、混変調が酷くなって局名確認に手間が掛かるようになった。
山頂に居たのは約3時間程度。やってきたのは中高年グループ集団一組とトレイルランナー二人とアベック一組。ほぼ終日閑散。とにかく日差しも眺望もなく狭い山頂なので休憩したりお弁当を食べてのんびり出来る場所ではなく、皆10分経たぬうちに移動していく。
16時に撤収下山開始。陽が長くなってこの時間でもまだ日差しがあるが油断は禁物。下山道はすでに誰も居ない。
IMGP1720
IMGP1721
IMGP1722
下りの方が傾斜を感じて怖い。細かな石で滑りやすく、慎重に降りる。階段を固定していた金具が腐った木から露出して、誤って尻餅でもつくと思わぬ怪我をする恐れもあり、侮れぬハイキングコースだ。
30分位かけて登山口まで降りてくる。結構足に負担が来る。
軍畑駅に戻ったのは山頂から約1時間後の16時56分。
IMGP1747
すぐに16時58分発青梅行きが来たので乗り込む。
IMGP1750
青梅にて17時09分発東京行き快速に乗り換え、帰路に就く。最寄り駅まで戻ってきたのは18時半を回っていた。
御岳、奥多摩方面は、やはりホリデー快速を使わないと時間がかかり、遠く感じる。

交信データ
移動地/東京都青梅市雷電山山頂(標高約494m)
交信日時/2017年3月12日
交信時間/1305~1551JST
周波数/50・144・430MHz/SSB・CW・FM

天候/晴れ
無線機/ヤエスFT817・スタンダードVX-3 
アンテナ/ミズホポケットダイポール・付属垂直ヘリカル
出力/0.5~1W
延べ交信局数/18
50MHz12(SSB5,CW7)、144MHz3(SSB1,CW2)、430MHz3(FM3)

交信相手所在地/東京都6(江戸川区、三鷹市、日野市、多摩市、青梅市、西多摩郡日の出町)、埼玉県4(さいたま市西区、戸田市、川越市、入間郡越生町黒山展望台)、千葉県3(市川市、長生郡長生村、船橋市)、神奈川県4(川崎市麻生区、横浜市都筑区、藤沢市、相模原市南区、)、未確認1

東京都青梅市雷電山山頂FM放送受信リスト(コミュニティーFMのみ)

受信日/2017年3月12日・受信機/スタンダードVX-3・アンテナ/イヤホーンアンテナ

周波数(MHz) 局名 信号強度(5段階)
77.7 FM入間(入間市)
5(ST)
79.1 FM川崎(川崎市)
5(ST)
83.4 FM世田谷
4(ST)
83.9 FMさがみ(相模原市)
5(ST)
86.8 越谷FM(越谷市)
4(ST)
87.3 レッズウェーブ(浦和市)
5(ST)
87.6
渋谷のラジオ(渋谷区)
3(ST)

|

« 移動運用その177/東京都新宿区東京オペラシティー18階移動(2017年2月19日) | トップページ | 移動運用180/山梨県大月市岩殿山移動(2017年3月20日) »

移動運用」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。