« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

移動運用その177/東京都新宿区東京オペラシティー18階移動(2017年2月19日)

冬晴れが続く19日の日曜日。
この日は移動運用でお馴染み西新宿高層ビル街で、これまで未踏の場所を開拓すべく動いてみた。
基本的に現時点でパブリックスペースに展望ロビーのある200mクラスの高層ビルは以下のとおり。
新宿住友ビル51階(地上高210m/52階)
新宿野村ビル50階(地上高209m/53階)
東京都第一庁舎45階北塔、南塔(地上高243m/48階)

新宿NSビルにはスペースは狭いながら展望できるスペースが29階に残されている。
新宿センタービル53階の展望ロビーは昨年廃止された。

但し、これ以外の西新宿超高層ビルでも上層階に無料展望可能なパブリックスペースがあるとの話を聞く。
ただそれが移動運用に耐えうる場所かは実際行ってみないと解らない。
その候補が東京オペラシティービル(地上高222m/54階)と新宿パークタワー(地上高235m/52階)。
西新宿高層ビル群の中では比較的後発の建築。1990年代以降の超高層ビルにはあまり無料展望ロビーのスペースを作らなくなったのが一般的。
最上層階は大抵高級レストランフロアになっている。
この二つのビルも公式には無料展望ロビーは設置されていない。そのため一度も訪れたことがなかったのでこの機会に足を運んでみた。
両方のビルともJR新宿駅から離れているので、京王新線の初台からアプローチ。初台駅を降り、エスカレーターで上がるとすぐに新国立劇場入り口だ。その劇場に隣接して建っているのが東京オペラシティービル。西新宿高層ビル群で3番目に高い。
IMGP1502
IMGP1503
暫くビル直下まで歩く。エスカレーターで2階へ。
1,2階ホールには様々なオブジェが飾られている。

IMGP1505
IMGP1550a

IMGP1506
2階から展望レストランフロアに登れるエレベーターがある。
最上階54階へ。
エレベーターを降りてレストランフロアを半周。
基本窓側はすべて店舗かトイレ。最上階はテラスのようになっている場所から53階の店舗を見下ろせる吹き抜けスペースがある。
IMGP1509
IMGP1510
しかし窓からずっと離れており、外を間近に眺望出来るようなパブリックスペースはない。
これでは無線どころか夜景撮影すら不可能だ。どうりで夜景サイトにも紹介されていない訳だ。
ここは諦めるしかない。
再びエレベーターへ。下に降下する最中、エレベーターの18階表示部分に「カフェテリア、フードコート」と記されているのが目に入る。
ここは一般にも開放されているのかなと思い、取りあえずこの階で降りてみる。
後で知ったことなのだが、ここはテナント従業員用の食堂で一般の人も利用出来る飲食店が入居している公共フロアとのこと。
但し、フードコート営業時間は限られているようで、訪れた日曜16時過ぎは閑散としていた。
IMGP1548a
幸い、外を見渡せるパブリックスペースがあったので試しにここで移動運用することにした。
ここからは南西方面が眺望出来、横浜、世田谷方面から中野、杉並方面まで見渡せる。
視程もよく、丁度正面に富士山と沈む太陽を眺めることが出来た。
IMGP1511
IMGP1512
IMGP1513
IMGP1516a
IMGP1516b
IMGP1517a
IMGP1521a
IMGP1525
IMGP1528
IMGP1530
IMGP1531
IMGP1532
IMGP1535
IMGP1537
IMGP1539
IMGP1541
IMGP1545a
16時半頃からVX-3ハンディーとFT817で運用開始。VX-3では430FM、FT817では垂直ホイップで50MHzにQRP ONAIR.
40分ほどで430FM3局、50MHzCW1局と交信。
殆ど人も訪れることがない時間帯だったので気は楽であったが、地上高222m、54階の高層ビルに来たのにも拘わらず、18階からの移動運用に留まったのは些か残念。
日が富士山の向こうに沈んだのを拝んだ後、17時20分過ぎにオペラシティービルを撤収。
今度は徒歩で、もうひとつの目的地、新宿パークタワーに向かう。
時間にして6~7分か。
新宿パークタワー麓にやってくるも何だかビル全体が暗い。人影も薄く、スマホ片手に「ポケモンGO」を遣っている若者二人位しか見かけず。
もしやと正面入り口を見ると「全館休館」のお知らせが。
IMGP1555a
先週のお台場テレコムセンターに続いて、何ともタイミングが悪い。
このシーズンはビルのメンテナンスが集中するのだろうか。
仕方なく、いつもの住友ビル展望ロビーへと向かう。多少時間があったので帰りに運用しようと立ち寄ることに。
ロビーに着き、FT817で50MHzSSBをワッチしていた18時20分頃、急に足元がグラグラ揺れ始めた。受信中のアマチュア局も「揺れている」と会話していたので地震と解る。かなり長くて眩暈がしそうな揺れ。

すぐにVX-3をラジオに切り替えると千葉東方沖が震源の地震とのこと。最大震度は4。
超高層ビルの展望ロビーで比較的体感の大きい地震に遭遇したのは初めてだったので少々驚く。
ここでは20分ほど430FMでONAIR。2局程交信。
VX-3の電池も切れかけたので19時過ぎに撤収。その時、ふと展望ロビー入り口に見慣れないパネルをみつける。
なんとそこには3月末いっぱいで「展望ロビー撤廃のお知らせ」が記されていた。
IMGP1558a
これは一大事である。
昨年の新宿センタービルに続き、住友ビルまでもが展望ロビーを廃止するとは。
無線や夜景撮影を趣味とする者にとって貴重な移動、撮影ポイントがまた消滅することになる。
あと、西新宿で残るは新宿野村ビルと都庁舎のみ。
だが都庁舎の展望フロアは無線に寛容ではなく、基本的に移動運用は出来ない。
とすると200m級の西新宿超高層ビルで移動運用可能なポイントは新宿野村ビル一箇所だけとなってしまう。
しかし、ここも安泰とはいえない。
新しい超高層ビルには殆ど無料展望ロビーは設置されず、既存の超高層ビルも撤廃の流れが著しい。
有料の展望施設はスカイツリーや六本木ヒルズ、ランドマークタワーなどがあるが、気楽に移動運用は出来ないし、そもそも無線禁止の所もある。
かつてこの住友ビルには「住友三角ビル商店街」があって地下や高層階フロアは結構賑わっていた。
展望ロビーもドリンクコーナーがあり、ベンチも備えられていた。
それが都庁舎や湾岸に新たな商業施設が出来た1990年代頃から寂れ始める。
麓にあった様々なオブジェも消え、地下の商店街もなくなる。展望ロビーもいつのまにかドリンクコーナー、ベンチ共撤廃され、100分の1のビル模型も表示板が故障のまま放置されていた。
そして遂に展望ロビーそのものが消滅とは。
今、新宿住友ビルはかなり大規模なリニューアル工事を地下と地上部分で進めているようだ。
しかし、高層フロアはどうするのだろう。
展望ロビーもリニューアルではなく撤廃と案内されているので、もしかすると展望レストランごとなくなって事務所化するのかも知れぬ。
事実、かつて無料展望ロビーがあったNSビルや新宿センタービルもレストランフロアごと事務所や会議室にリニューアルされてしまった。
今後はもう高層階部分は自由に出入り出来る時代ではなくなるのだろうか?
移動運用や夜景撮影を趣味とする者にとっては受難の時代となるのかも知れない。
西新宿は自宅からも近く、気軽にハンディー機で地上高200mからQSOすることが可能だった。
だが、これからはそうもいかなくなる。
なんとも堅苦しい時代になってきたものだ。

交信データ
移動地/東京都新宿区東京オペラシティー18階/新宿住友ビル51階展望ロビー
交信日時/2016年2月19日
交信時間/1635~1859JST
周波数/50MHzCW・430MHzFM

天候/晴れ
無線機/スタンダードVX-3・FT817 
アンテナ/付属垂直ヘリカル・ローディングホイップ
出力/0.5~1W
延べ交信局数/6
430MHz5(FM5)、50MHz1(CW)

交信相手所在地/東京都5(杉並区、足立区、練馬区、武蔵野市、青梅市雷電山)、埼玉県1(所沢市)

| | コメント (0)

移動運用その176/東京都港区潮留「カレッタ潮留」46階展望ロビー(2017年2月12日)

2017年もバレンタインデー仕様のイラストQSLを製作してみた。
2017バレンタインQSL
本年のバレンタインデー14日は平日なため、直近の11、12日週末に移動運用を考えてみるも両日とも所用やイベント参加でなかなか動ける時間がない。
11日の関東UHFコンテストも空いた時間を見計らっての運用で4局のみの交信で終わる。
12日も江東区有明でのイベント参加があったので無線の時間は作れない。結局イベント終了後の16時以降から、近場の展望ロビーより430ハンディーのみで移動運用を試みることにした。
IMGP1383
まず候補に挙がったのは、テレコムセンターの展望室。
ここは未だ移動運用処女地。数年前の正月に赴いたが、その時は「全館休館」で入れなかった。
ビッグサイトからは「ゆりかもめ」で2駅ほどでテレコムセンター駅だ。
IMGP1386a
ところが駅で降り、ビルの入り口に来てみるとなんとまたもや「本日全館休館」という貼紙が。
前回は正月だったのでそんなこともあろうかと予想は出来たのだが、2月12日なんて普通の週末。
その日が寄りにもよってまたもや「休館日」に当たってるなんて予想も付かず。
IMGP1389
IMGP1390a
余程相性が悪いのだろう。
やむなく駅に戻り、向かいの青海フロンティアビルへ。
ここにも確か「東京みなと館」の展望ロビーがあったはずと、エレベーターで上がってみるが、閑散とした無人のフロアがあるだけ。
と、券売機スペースがあった所に案内が。
「東京みなと館は平成28年6月末をもちまして一旦、閉館させていただくこととなりました」
前回もテレコムセンター同様、休館中だったので入れず、今回再訪してみれば閉館期間。
本当に「寄りにもよって」である。
IMGP1391a
IMGP1392a
もう台場辺りで移動運用に使える展望ロビーは他にありそうにもない。
仕方なく、トイレだけ借り、再び「ゆりかもめ」に乗って、潮留へ向かう。
結局、以前にも同じパターンで立ち寄った「カレッタ潮留」の46階無料展望ロビーへ。
この周辺ではここ位しか移動運用の選択肢はない。
IMGP1404
IMGP1460a
IMGP1459a
結局、展望ロビーに着いたのが18時過ぎ。
ここでの運用は3回目か。
眼下には築地市場が広がる。視界もよくてお台場方面から城東、千葉方面が見渡せる。
ちょうどこの時間、満月が地平線から昇ってきた。
羽田に発着する航空機の灯かりも覗える。
IMGP1413
IMGP1419a
IMGP1423a
IMGP1438
IMGP1432
1815JSTから430FMで運用。19時過ぎまで4局と交信する。
外国人やカップルが頻繁に訪れるのでなかなか落ち着いて運用は出来なかった。
IMGP1456
19時半ごろ撤収。
エレベーターで降りたカレッタ潮留地下フロアに携帯電話会社の人型案内器が設置されていた。
IMGP1463a
IMGP1466a
周りに人もおらず手持ち無沙汰。
何となく不安と不気味さを感じてしまう躯体である。

交信データ
移動地/東京都港区潮留「カレッタ潮留」46階展望ロビー(地上高約200m)
交信日時/2016年2月12日
交信時間/1815~1904JST
周波数/430MHzFM

天候/晴れ
無線機/スタンダードVX-3 
アンテナ/付属垂直ヘリカル
出力/1W
延べ交信局数/4
430MHz5(FM4)

交信相手所在地/東京都2(世田谷区、大田区)、千葉県2(浦安市、市川市)

| | コメント (0)

「練馬まつり」イベントFMベリカード

昨年の10月16日、としまえんで開催された「練馬まつり」イベントFMの受信報告書に対してベリカードの返信があったので御紹介。

練馬FM20161016a

局名/練馬まつりイベントFM放送
周波数/88.5MHz
受信年月日/2016年10月16日(日)
受信時間/0748~0810JST
受信内容/
0748JST S/ON
0750JST 「練馬区歌」?
0752JST 「JOYZ-3AGFM、JOYZ-3AGFM,こちらは練馬まつりイベントFMです。
         周波数88.5MHz、出力5wで、としまえん会場内練馬祭り
         イベントFM特設スタジオよりお送りしています。
         只今試験電波を送信しています。
                   本日の放送はこのあと午前8時からお送りいたします。(繰り返    
         し)<女声>」
         途中から再び「練馬区歌」とID繰り返し。
0800JST ファンファーレ
        番組名/ウエーブデリバリーガンガンレディオオレンジタイム
        DJ/タカハシー、立山清美
        オープニングトーク
        天気のこと。
        メッセージ募集等。
        練馬まつりの概要など紹介トーク。

受信情況/SINPOSINPO-54444 F777の電界強度計で約40dB。昨年と同程度で入感。 
受信地/東京都杉並区
受信機/パイオニアF777
アンテナ/クリエイトログペリCLP5130-1(地上高8mH)を北ビーム

| | コメント (0)

JARL創立90周年記念アワード

昨年末、申請したJARL創立90周年記念アワードがJARLから送られてきたので御紹介。

J賞:9の異なるプリフィックスの日本国内の局との交信
「50MHz/CW/東京都」の特記入り。
JARL90アワードJa

A賞:9の異なる市・区の局との交信
「50MHz/CW/東京都」の特記入り。
JARL90アワードAa

R賞:9の異なる郡の局との交信
「50MHz/CW/QRP」の特記入り。
JARL90アワードRa

L賞:9の異なる都道府県の局との交信
「50MHz/CW/QRP」の特記入り。
JARL90アワードLa

90賞:90の異なる局との交信
「QRP」の特記入り。
JARL90アワード90a

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »