« 女川さいがいFMを聴きに行く【前編】(2016年3月29日) | トップページ | 女川さいがいFMからベリカード到着 »

女川さいがいFMを聴きに行く【後編】(2016年3月29日)

●女川さいがいFM最後の放送
1130JST、最後の生放送が始まる。
IMGP6361a
オープニングトークにつづき、スタッフ紹介と今後の女川FMに関しての告知。「おながわ☆なう」が今後、TBCラジオでも流されること等。
1137JST、井上順の歌で「お世話になりました」が流れる。
1144JST、免許人女川市長からのメッセージ
1151JST、ラストナンバーとしてサザンオールスターズの「TSUNAMI」がオンエアされる。
1157JSTに終了アナウンス。
女性スタッフの声で「JOYZ-2AGFM、JOYZ-2AGFM。お聞きのラジオは臨時災害放送局、女川さいがいFMです。
送信周波数79.3MHz、出力20wで女川町鷲神浜より送信しています。臨時災害放送局、女川さいがいFM、FM79.3MHzはこれをもちましてすべての放送を終了し停波いたします。2011年4月21日の開局から今日まで5年間に渡って、ここ女川町で放送を続けてきました。」
続いてスタッフのリレーによるコメントメッセージ。
「お聞きくださった町民の皆さん。全国からインターネットを通じて応援してくださった皆さん。本当にありがとうございました。時刻はまもなく12時になります。」
そして最後の局名告知「JOYZ-2AGFM、JOYZ-2AGFM。お聞きのラジオは臨時災害放送局、女川さいがいFMでした」
最後は全員で「それでは皆さん。明日に向かってがんばっぺ!」で締め括る。
拍手の後、11時58分20秒からNTTの時刻サービスが流される。
正午に無変調(演出上の効果音も封入されているようにも聞こえる)。
わずかなデジタル信号の送出音に続き、12時00分38秒に停波。
(因みにこの内容は公式サイトで録音を聞くことができる)

停波後、スタジオ前では、町長がテレビ局のインタビューを受けたり、スタッフ同士挨拶したりと一仕事終えた雰囲気。
自分はここでスタジオ前を離れる。
せっかく女川まで来たので町の状況を見て廻ることにした。
IMGP6372a
IMGP6373a

●女川町散策
駅に戻る途中、女川町のマンホールを見つける。
これは震災前からあったのだろうか?
IMGP6374a
IMGP6375a
まず、女川駅前でラジオの昼間受信状況を調べる。
AMラジオではNHKは仙台①②、盛岡①②、札幌②、秋田②、郡山①、志津川①、南相馬①、気仙沼①、福島①②などが聞こえる。東京第一放送も昼間にも拘らずS4で入感。
民放は岩手放送盛岡局、ラジオ福島の福島局、東北放送仙台、志津川、気仙沼局等が確認出来た(詳細は下部表参照) 。
FMラジオではFM仙台の仙台局と気仙沼中継局(NHKFMも同様)。また76.2MHz、76.4MHz、78.9MHzでも放送波をキャッチ。近隣のCFMと思われるが局名確認は出来ないため、あくまで推定(表参照)。
DSCN1010a

FM/AM受信状況をチェックした後、駅隣接の交流ルームで、先ほど聴いた女川FM最終放送の受信報告書を記す。
受付締め切りも迫っているし、やはり現地で投函することで直接FM電波を受信した証明にもなる。
その最中に、交流ルームにスタッフさん達が遣ってきて設置されていたラジオを回収していった。
報告書を書き終えて外へ。
駅正面には「シーパルピアエリア」という新しいメインストリートが完成していて案内所もある。
IMGP6378a
そこで郵便局の場所を尋ねるが、ここから徒歩で20分以上離れている「きぼうのかね商店街」にしかないという。
取り合えずそちらに向かって歩いてみる。
といっても復興整備真っ最中の町。歩行者は殆どいない。復興関係のトラックや車が通り過ぎるだけ。砂塵が舞う。目の前の山は大規模に削られている。
目立つ建物は女川地域医療センター位。
そこに掲げられているスローガンなど見ると部外者がうろうろ出来る雰囲気ではない。
岸壁まで出てみる。金華山航路の船が停泊していた。
IMGP6385a
IMGP6386a
ここから巨大な津波がせりあがってきたことは、まったく理解の範疇を超えている。
とにかくすべてが工事の真っ最中でのんびり眺める余裕もない。
ニュータウン建設現場に迷い込んだイメージ。
ここまで来て、とても「きぼうのかね商店街」まで辿り着くのは無理と判断して、女川駅に戻る。
貴重な時間を費やしてしまった。すでに時刻は14時代を廻っている。
駅隣接の「ゆぽっぽ」1階のお土産屋で女川FMのステッカーやポストカード等を購入。
女川ステッカー160329
女川ハガキa160329
女川ハガキb160329
そうこうしているうちに時刻は14時50分。
電車の時刻表を見ると14時55分の次は16時25分まで便がない。
さすがに16時台になると帰りが遅くなると判断し、石巻駅までの切符を買って14時55分の列車に飛び乗る。
DSCN1014
結局、女川では食事する時間もなかったのが惜しまれる。

●石巻から仙台への帰路
DSCN1015
石巻駅で一旦改札を出る。隣接の「NEW DAYS」で報告書をコピー。流石に石巻駅周辺は復興してコンビニや商店が開いている。
切手は石巻観光協会の建物にある「ロマン海遊21」で扱ってたので購入。「石の森萬画館」では、現在「近藤喜文展」を開催中でそのスタンプラリーの判子が置かれていた。
受信レポートを封緘し、駅前のポストに投函。
このポストにも石森章太郎のキャラクター像が据え付けられていた。
石巻駅舎もサイボーグ009のキャラだらけ。ここまで徹底しているとは思わなかった。
IMGP6389a
IMGP6393a
IMGP6392a
女川で食事しそびれたので、せめて石巻で美味しい海の幸をと考えたのだが、またもや列車の時間がネックに。
1550JSTの仙台行き仙石東北ライン快速に乗らないと次は1648JST。
やむなく15時台の快速に乗り込む。
結局、石巻ではレポートを投函するだけで終わってしまった。
帰りの仙石東北ラインは比較的混雑。考えてみればこの日は平日なのだ。
途中、NHK仙台の原町送信所らしき中波送信鉄塔を目撃する。
IMGP6401a
仙台には16時48分に到着。
朝と違って駅構内は賑やか。
IMGP6405a
改札を出て仙台AERビルに向かう。
DSCN1017
ここの31階に展望テラスがあるので時間が許す限り移動運用とFMDXを実施。
西側のテラスに出ると、正面に夕日。高層ビルもいくつか。
IMGP6411
IMGP6408a
IMGP6409a
IMGP6414a
IMGP6416a
IMGP6415a
奇妙な山のシルエットが新鮮。テレビ鉄塔が建っているのは大年寺山だろうか?
17時15分位から10分程度、430FMでCQを出してみるが応答なし。
ワッチしてみてもモービル局同士の会話がわずかに聞こえるのみ。
IMGP6419a
東京でさえ平日での移動運用局はめったに出ていない状況だから無理もない。
特定小電力も試すがL3CHでCQを出しても業務の会話が聞こえるのみ。
やはり無線をするなら休日に仙台を訪れるべきだった。
早々に無線は諦め、FMDXに。
イアフォーンアンテナで仙台市内4局のCFMを受信(詳細は表参照)。
ワンセグも自動受信でチェック。ちょうど18時過ぎのローカルニュース枠だったのは幸い。どういう訳か民放4局のうち、宮城テレビだけリストアップされなかったのでモニター出来ず。
もっと入念にラジオ、ワンセグ共モニターしたかったが日帰り遠征だとなかなか難しい。
時刻も18時半を廻ってしまった。
すでに外は夜景が広がる。
DSCN1022
IMGP6424
AERビルを降りて、仙台駅に戻る。
考えてみれば、朝4時ごろから15時間食事していない。ラジオ受信に忙しく、口にしたのは東京駅で買ったグミのみ。
駅構内で仙台特産の何かないか探すが見つからず。
うろうろしているうちにどんどん時間が過ぎる。
結局、入ったのは立ち食い蕎麦。
それも食券で買った280円の掛けそば。
IMGP6427
女川、石巻、仙台と廻って、唯一の食事は東京にいくらでもあるチェーンの立ち食い蕎麦だけとは。
空腹だったのでそれでも旨かったからよしとする。
「みどりの窓口」は行列で新幹線チケットを購入するのに20分近く待たされる。
IMGP6428a
19時20分仙台発東京行き「やまびこ220号」の自由席に乗り込む。
帰路はFMモニターはせずにずっと寝ていた。
「やまびこ220号」は各駅停車らしく、東京に着いたのは21時43分。
2時間23分もかかった。

今回の遠征でかかった費用は
交通費
東京都区内→仙台(新幹線自由席)10370円
仙台→女川 1140円
女川→石巻 320円
石巻→仙台 842円
仙台→東京都区内(新幹線自由席)10370円

雑費
果汁グミ鉄分プレーン 204円
掛けそば       280円
女川さいがいFMステッカー 600円
他土産          1000円程度

トータル25126円
大半は新幹線代。日帰りでもかなりの出費であるが、一応目的は達成できた。
今回の遠征で受信出来たコミュニティー、臨時防災FMは福島以北で推定も含めて8局。
宮城県内には他にまだいくつかの臨時防災FMがあるはずだったのだが時間的余裕がなく、これが精一杯であった。

宮城県牡鹿郡女川町でのAM局昼間受信リスト
受信日/2016年3月29日1100~1230JST・受信機/SONY SRF-M100・アンテナ/内蔵バーアンテナ

周波数(KHz) 局名 信号強度(5段階)
備考
531 NHK盛岡第1
2
 
594 NHK東京第1
4
684 岩手放送(盛岡)
3
747 NHK札幌第2
2
774 NHK秋田第2
4
 
801 東北放送(気仙沼)
3
 
846 NHK郡山第1
4
 
891 NHK仙台第1
5
981 NHK志津川第1
2
1026 NHK南相馬第1
2
 
1089 NHK仙台第2
5
1161 NHK気仙沼第1
2
1215 東北放送(志津川)
2
 
1260 東北放送(仙台)
5
1323 NHK福島第1
2
 
1386 NHK盛岡第2
2
 
1458 ラジオ福島(福島)
2
 
1602 NHK福島第2
2
 
 
 
 
 
 
 
 
 

宮城県牡鹿郡女川町でのFM局受信リスト
受信日/2016年3月29日1230JST・受信機/SONY SRF-M100・アンテナ/イヤフォーンアンテナ

受信地/女川駅前

周波数(MHz) 局名 信号強度(5段階)
76.2 不明局
1
76.4 ラジオ石巻(?)
2
77.1 FM仙台(仙台)
5
78.9 不明局
2
81.3 FM仙台(気仙沼)
2
82.5 NHK仙台
5
84.6 NHK気仙沼
2

宮城県仙台市青葉区仙台AER31階展望テラスでのFM局受信リスト
受信日/2016年3月29日1730JST・受信機/スタンダードVX-3・アンテナ/イヤフォーンアンテナ

周波数(MHz) 局名 信号強度(5段階)
76.2 仙台シティーFM(青葉区)
5
77.1 FM仙台(仙台)
5
78.9 FMたいはく(太白区)
5
79.7 FMいずみ(泉区)
5
82.5 NHK仙台
5
89.1 楽天FM(宮城野区)
5

全局スキャンでのワンセグ放送受信情況

2016年3月29日 受信機/TOSHUBA GigaBeat V30E 付属のロッドアンテナ

受信地点受信出来る局数備考

仙台市青葉区仙台AER31階展望テラス

NHK仙台総合、Eテレ、TBCテレビ、KHB東日本放送、仙台放送

|

« 女川さいがいFMを聴きに行く【前編】(2016年3月29日) | トップページ | 女川さいがいFMからベリカード到着 »

イベント・訪問記」カテゴリの記事

受信記録」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。