« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

女川さいがいFMからベリカード到着

先月29日に現地訪問して最後の放送を受信した「女川さいがいFM」からべリカードが到着した。


女川さいがいFM
周波数/79.3MHz
受信年月日/2016年3月29日
受信時間/1130~1200JST
受信内容/       
1130JST オープニングトーク
        スタッフ紹介と今後の女川FMに関しての告知
1137JST 曲「お世話になりました」(井上順)
1144JST 免許人女川町長からのメッセージ
1151JST 曲「TSUNAMI」(サザンオールスターズ)
1157JST 終了アナウンス。
「JOYZ-2AGFM、JOYZ-2AGFM。お聞きのラジオは臨時災害放送局、女川さいがいFMです。送信周波数79.3MHz、出力20wで女川町鷲神浜より送信しています。臨時災害放送局、女川さいがいFM、FM79.3MHzはこれをもちましてすべての放送を終了し停波いたします。2011年4月21日の開局から今日まで5年間に渡って、ここ女川町で放送を続けてきました。」
続いてスタッフのリレーによるコメントメッセージ。
「お聞きくださった町民の皆さん。全国からインターネットを通じて応援してくださった皆さん。本当にありがとうございました。時刻はまもなく12時になります。」
そして最後の局名告知「JOYZ-2AGFM、JOYZ-2AGFM。お聞きのラジオは臨時災害放送局、女川さいがいFMでした」
最後は全員で「それでは皆さん。明日に向かってがんばっぺ!」で締め括る。
11時58分20秒 NTTの時刻サービス
12時00分38秒 停波
受信情況/SINPO55555 
受信地/宮城県牡鹿郡女川町女川さいがいFM局舎前
受信機/ICR-RS-110M
受信アンテナ/イヤフォーンアンテナ


返信日/2016年4月12日
返信物/ベリカード
消印/葛飾28/4/11

ベリカード/
女川FM20160329
女川FM20160329R
商業印刷された質の高いカード。
最近は県域局でも家庭用プリンターで出力されたカードが送られてくる場合があるが災害FMでこの水準は好感が持てる。
切手面にはスタッフ様からの自筆コメントも記されていた。
消印が「葛飾」だったので都内スタッフによって受信報告書が事務処理されたと思われる。
そういえば局舎に「かつしかFM」のステッカーが貼られていたが、何か関連があったのだろうか?
いずれにせよ、閉局後の残務処理でお忙しい中、ベリカード発行戴き、この場を借りて御礼申し上げる。
また機会があれば、女川に再訪してみたい。

| | コメント (0)

女川さいがいFMを聴きに行く【後編】(2016年3月29日)

●女川さいがいFM最後の放送
1130JST、最後の生放送が始まる。
IMGP6361a
オープニングトークにつづき、スタッフ紹介と今後の女川FMに関しての告知。「おながわ☆なう」が今後、TBCラジオでも流されること等。
1137JST、井上順の歌で「お世話になりました」が流れる。
1144JST、免許人女川市長からのメッセージ
1151JST、ラストナンバーとしてサザンオールスターズの「TSUNAMI」がオンエアされる。
1157JSTに終了アナウンス。
女性スタッフの声で「JOYZ-2AGFM、JOYZ-2AGFM。お聞きのラジオは臨時災害放送局、女川さいがいFMです。
送信周波数79.3MHz、出力20wで女川町鷲神浜より送信しています。臨時災害放送局、女川さいがいFM、FM79.3MHzはこれをもちましてすべての放送を終了し停波いたします。2011年4月21日の開局から今日まで5年間に渡って、ここ女川町で放送を続けてきました。」
続いてスタッフのリレーによるコメントメッセージ。
「お聞きくださった町民の皆さん。全国からインターネットを通じて応援してくださった皆さん。本当にありがとうございました。時刻はまもなく12時になります。」
そして最後の局名告知「JOYZ-2AGFM、JOYZ-2AGFM。お聞きのラジオは臨時災害放送局、女川さいがいFMでした」
最後は全員で「それでは皆さん。明日に向かってがんばっぺ!」で締め括る。
拍手の後、11時58分20秒からNTTの時刻サービスが流される。
正午に無変調(演出上の効果音も封入されているようにも聞こえる)。
わずかなデジタル信号の送出音に続き、12時00分38秒に停波。
(因みにこの内容は公式サイトで録音を聞くことができる)

停波後、スタジオ前では、町長がテレビ局のインタビューを受けたり、スタッフ同士挨拶したりと一仕事終えた雰囲気。
自分はここでスタジオ前を離れる。
せっかく女川まで来たので町の状況を見て廻ることにした。
IMGP6372a
IMGP6373a

●女川町散策
駅に戻る途中、女川町のマンホールを見つける。
これは震災前からあったのだろうか?
IMGP6374a
IMGP6375a
まず、女川駅前でラジオの昼間受信状況を調べる。
AMラジオではNHKは仙台①②、盛岡①②、札幌②、秋田②、郡山①、志津川①、南相馬①、気仙沼①、福島①②などが聞こえる。東京第一放送も昼間にも拘らずS4で入感。
民放は岩手放送盛岡局、ラジオ福島の福島局、東北放送仙台、志津川、気仙沼局等が確認出来た(詳細は下部表参照) 。
FMラジオではFM仙台の仙台局と気仙沼中継局(NHKFMも同様)。また76.2MHz、76.4MHz、78.9MHzでも放送波をキャッチ。近隣のCFMと思われるが局名確認は出来ないため、あくまで推定(表参照)。
DSCN1010a

FM/AM受信状況をチェックした後、駅隣接の交流ルームで、先ほど聴いた女川FM最終放送の受信報告書を記す。
受付締め切りも迫っているし、やはり現地で投函することで直接FM電波を受信した証明にもなる。
その最中に、交流ルームにスタッフさん達が遣ってきて設置されていたラジオを回収していった。
報告書を書き終えて外へ。
駅正面には「シーパルピアエリア」という新しいメインストリートが完成していて案内所もある。
IMGP6378a
そこで郵便局の場所を尋ねるが、ここから徒歩で20分以上離れている「きぼうのかね商店街」にしかないという。
取り合えずそちらに向かって歩いてみる。
といっても復興整備真っ最中の町。歩行者は殆どいない。復興関係のトラックや車が通り過ぎるだけ。砂塵が舞う。目の前の山は大規模に削られている。
目立つ建物は女川地域医療センター位。
そこに掲げられているスローガンなど見ると部外者がうろうろ出来る雰囲気ではない。
岸壁まで出てみる。金華山航路の船が停泊していた。
IMGP6385a
IMGP6386a
ここから巨大な津波がせりあがってきたことは、まったく理解の範疇を超えている。
とにかくすべてが工事の真っ最中でのんびり眺める余裕もない。
ニュータウン建設現場に迷い込んだイメージ。
ここまで来て、とても「きぼうのかね商店街」まで辿り着くのは無理と判断して、女川駅に戻る。
貴重な時間を費やしてしまった。すでに時刻は14時代を廻っている。
駅隣接の「ゆぽっぽ」1階のお土産屋で女川FMのステッカーやポストカード等を購入。
女川ステッカー160329
女川ハガキa160329
女川ハガキb160329
そうこうしているうちに時刻は14時50分。
電車の時刻表を見ると14時55分の次は16時25分まで便がない。
さすがに16時台になると帰りが遅くなると判断し、石巻駅までの切符を買って14時55分の列車に飛び乗る。
DSCN1014
結局、女川では食事する時間もなかったのが惜しまれる。

●石巻から仙台への帰路
DSCN1015
石巻駅で一旦改札を出る。隣接の「NEW DAYS」で報告書をコピー。流石に石巻駅周辺は復興してコンビニや商店が開いている。
切手は石巻観光協会の建物にある「ロマン海遊21」で扱ってたので購入。「石の森萬画館」では、現在「近藤喜文展」を開催中でそのスタンプラリーの判子が置かれていた。
受信レポートを封緘し、駅前のポストに投函。
このポストにも石森章太郎のキャラクター像が据え付けられていた。
石巻駅舎もサイボーグ009のキャラだらけ。ここまで徹底しているとは思わなかった。
IMGP6389a
IMGP6393a
IMGP6392a
女川で食事しそびれたので、せめて石巻で美味しい海の幸をと考えたのだが、またもや列車の時間がネックに。
1550JSTの仙台行き仙石東北ライン快速に乗らないと次は1648JST。
やむなく15時台の快速に乗り込む。
結局、石巻ではレポートを投函するだけで終わってしまった。
帰りの仙石東北ラインは比較的混雑。考えてみればこの日は平日なのだ。
途中、NHK仙台の原町送信所らしき中波送信鉄塔を目撃する。
IMGP6401a
仙台には16時48分に到着。
朝と違って駅構内は賑やか。
IMGP6405a
改札を出て仙台AERビルに向かう。
DSCN1017
ここの31階に展望テラスがあるので時間が許す限り移動運用とFMDXを実施。
西側のテラスに出ると、正面に夕日。高層ビルもいくつか。
IMGP6411
IMGP6408a
IMGP6409a
IMGP6414a
IMGP6416a
IMGP6415a
奇妙な山のシルエットが新鮮。テレビ鉄塔が建っているのは大年寺山だろうか?
17時15分位から10分程度、430FMでCQを出してみるが応答なし。
ワッチしてみてもモービル局同士の会話がわずかに聞こえるのみ。
IMGP6419a
東京でさえ平日での移動運用局はめったに出ていない状況だから無理もない。
特定小電力も試すがL3CHでCQを出しても業務の会話が聞こえるのみ。
やはり無線をするなら休日に仙台を訪れるべきだった。
早々に無線は諦め、FMDXに。
イアフォーンアンテナで仙台市内4局のCFMを受信(詳細は表参照)。
ワンセグも自動受信でチェック。ちょうど18時過ぎのローカルニュース枠だったのは幸い。どういう訳か民放4局のうち、宮城テレビだけリストアップされなかったのでモニター出来ず。
もっと入念にラジオ、ワンセグ共モニターしたかったが日帰り遠征だとなかなか難しい。
時刻も18時半を廻ってしまった。
すでに外は夜景が広がる。
DSCN1022
IMGP6424
AERビルを降りて、仙台駅に戻る。
考えてみれば、朝4時ごろから15時間食事していない。ラジオ受信に忙しく、口にしたのは東京駅で買ったグミのみ。
駅構内で仙台特産の何かないか探すが見つからず。
うろうろしているうちにどんどん時間が過ぎる。
結局、入ったのは立ち食い蕎麦。
それも食券で買った280円の掛けそば。
IMGP6427
女川、石巻、仙台と廻って、唯一の食事は東京にいくらでもあるチェーンの立ち食い蕎麦だけとは。
空腹だったのでそれでも旨かったからよしとする。
「みどりの窓口」は行列で新幹線チケットを購入するのに20分近く待たされる。
IMGP6428a
19時20分仙台発東京行き「やまびこ220号」の自由席に乗り込む。
帰路はFMモニターはせずにずっと寝ていた。
「やまびこ220号」は各駅停車らしく、東京に着いたのは21時43分。
2時間23分もかかった。

今回の遠征でかかった費用は
交通費
東京都区内→仙台(新幹線自由席)10370円
仙台→女川 1140円
女川→石巻 320円
石巻→仙台 842円
仙台→東京都区内(新幹線自由席)10370円

雑費
果汁グミ鉄分プレーン 204円
掛けそば       280円
女川さいがいFMステッカー 600円
他土産          1000円程度

トータル25126円
大半は新幹線代。日帰りでもかなりの出費であるが、一応目的は達成できた。
今回の遠征で受信出来たコミュニティー、臨時防災FMは福島以北で推定も含めて8局。
宮城県内には他にまだいくつかの臨時防災FMがあるはずだったのだが時間的余裕がなく、これが精一杯であった。

宮城県牡鹿郡女川町でのAM局昼間受信リスト
受信日/2016年3月29日1100~1230JST・受信機/SONY SRF-M100・アンテナ/内蔵バーアンテナ

周波数(KHz) 局名 信号強度(5段階)
備考
531 NHK盛岡第1
2
 
594 NHK東京第1
4
684 岩手放送(盛岡)
3
747 NHK札幌第2
2
774 NHK秋田第2
4
 
801 東北放送(気仙沼)
3
 
846 NHK郡山第1
4
 
891 NHK仙台第1
5
981 NHK志津川第1
2
1026 NHK南相馬第1
2
 
1089 NHK仙台第2
5
1161 NHK気仙沼第1
2
1215 東北放送(志津川)
2
 
1260 東北放送(仙台)
5
1323 NHK福島第1
2
 
1386 NHK盛岡第2
2
 
1458 ラジオ福島(福島)
2
 
1602 NHK福島第2
2
 
 
 
 
 
 
 
 
 

宮城県牡鹿郡女川町でのFM局受信リスト
受信日/2016年3月29日1230JST・受信機/SONY SRF-M100・アンテナ/イヤフォーンアンテナ

受信地/女川駅前

周波数(MHz) 局名 信号強度(5段階)
76.2 不明局
1
76.4 ラジオ石巻(?)
2
77.1 FM仙台(仙台)
5
78.9 不明局
2
81.3 FM仙台(気仙沼)
2
82.5 NHK仙台
5
84.6 NHK気仙沼
2

宮城県仙台市青葉区仙台AER31階展望テラスでのFM局受信リスト
受信日/2016年3月29日1730JST・受信機/スタンダードVX-3・アンテナ/イヤフォーンアンテナ

周波数(MHz) 局名 信号強度(5段階)
76.2 仙台シティーFM(青葉区)
5
77.1 FM仙台(仙台)
5
78.9 FMたいはく(太白区)
5
79.7 FMいずみ(泉区)
5
82.5 NHK仙台
5
89.1 楽天FM(宮城野区)
5

全局スキャンでのワンセグ放送受信情況

2016年3月29日 受信機/TOSHUBA GigaBeat V30E 付属のロッドアンテナ

受信地点受信出来る局数備考

仙台市青葉区仙台AER31階展望テラス

NHK仙台総合、Eテレ、TBCテレビ、KHB東日本放送、仙台放送

| | コメント (0)

女川さいがいFMを聴きに行く【前編】(2016年3月29日)

2011年3月11日の東日本震災に伴って各被災地には臨時災害放送局が立ち上がった。
ウィキペディアによると、臨時災害放送局とは、「放送法第8条に規定する「臨時かつ一時の目的(総務省令で定めるものに限る。)のための放送」(臨時目的放送)のうち、放送法施行規則第7条第2項第2号に規定する「暴風、豪雨、洪水、地震、大規模な火事その他による災害が発生した場合に、その被害を軽減するために役立つこと」を目的とする放送を行う放送局」と説明されている。
東日本大震災関連では総務省の資料によると28市町で30局(中継局を除く)開設されていた。
宮城県女川町で2011年4月21日に開局した臨時災害放送局「女川さいがいFM」は、この数ある東日本大震災臨時災害放送局の中でも特にメディアに注目されたステーション。
NHKが2013年3月に製作したドラマ『ラジオ』のモデル局ともなり、文化庁芸術祭大賞も獲っている。
rajio01
その「女川さいがいFM」がこの3月29日で閉局するというニュースを知る。
詳しい経緯は公式サイトに記されている。
震災から5年を経過し、災害放送局としての役割を終え、コミュニティーFMに移行したり運営資金難などによって閉局するケースも多いと聞く。

さて、2016年3月現在まで東日本大震災に伴う臨時災害FM局はこれまで1件も受信経験した経験がない。
その理由としては、

①まず直接波を受信出来る距離にないこと。
②またEs伝播にしても東北地方はスキップしてしまうので極めて困難なロケーション。
③ダクト伝播ではFM仙台やFM岩手の釜石中継局を受信した経験があるが、出力20w未満でERPも低い福島、宮城、岩手の災害臨時放送局FM波を周波数が逼迫する東京で受信することはまず不可能。
④それでは、こちらから受信可能エリアまで聴きに行くしかないが、臨時災害放送という性格上、受信を目的とするだけの現地訪問は遠慮せざるを得ない。
また遠征費用も大きい。

ただ、この「女川さいがいFM」は公式サイトでもリスナーからの受信報告を受け付けており、ベリカード発行も告知している。
東日本大震災に伴う臨時災害FM局の中では比較的BCLへの理解度が高いようだ。
震災から5年が経過し、被災地も落ち着いてきたようにも感じ、この局もその役目を終えようとしている。
そこでこの「女川さいがいFM」の受信遠征(ペディション)を思い立つ。
またこれまで一度も東北に足を運んだ事がなかったので、仙台のCFM受信や7エリアの移動運用も兼ねる初東北旅行の動機付けにもなる。

さて、「女川さいがいFM」は3月末までに閉局が決まっている。
当初は31日までかなと思っていたが、どうやら生放送は27日日曜日まで。
決断が付かぬうちに日程が覚束なくなって、気がつくと27日も別件で遠征は無理。
当日最後の生放送をネットで聴取し、「これは本日中に終わりそうだな」と一時は諦めたのだが、電波は29日まで出すとSNS等で知る。
このときはまだ停波の正確な時間は解らない。ただ午後らしい。
東京から女川までのアクセス時間を調べてみると朝6時台の最初の新幹線に乗れば、女川まで午前10時には着けそうだ。
ただ、途中トラブルで遅れてしまうとアウト。
29日だと着いた時には停波の後ということも十分に考えられる。
これはかなりのリスク。
とはいえ、もうこのチャンスを逃したら、永遠に「女川さいがいFM」を79.3MHzで受信することは出来ない。
いっそ、停波の瞬間を記録に撮っておこうと、最終日の29日に遠征を敢行することにした。
所持する受信機は、ソニーSRFM-100、VX-3、そして録音用にサンヨーのラジオ内臓ICレコーダーICR-RS110M。ワンセグ受信機東芝ギガビートMEV30E。 更に特定小電力トランシーバー。当初FT817も持参しようかと思ったが平日では移動運用は見込めず荷物も増えるのでやめる。
資料として「ラジオ番組表2015年秋版」は必須。
カメラはいつものペンタックスQ10と予備のニコンクールピクス4300。

●初の東北新幹線で仙台へ
遠征当日、朝5時前に家を出る。
前夜は激しい雹に見舞われたがこの日は朝から晴れ。天気予報では穏やかな春日和になりそうだとのこと。夜明け前の空には半月がかかっている。
幸い、電車も問題なく動いているようだ。
JR阿佐ヶ谷駅で仙台までの新幹線自由席券を自販機で購入。
5時12分発、東京行き中央線各駅停車に乗り込む。
DSCN0930
ディズニーランドでイベントでもあるのだろうか?こんな平日早朝からそれ風の少女グループが目立つ。
東京駅から06時04分発盛岡行き「やまびこ41号」に乗り込む。
DSCN0932a
DSCN0933
DSCN0935a
DSCN0938
なにしろ東北新幹線は生まれて初めて。
車種はE2系。
さすがにこの時間帯は空いている。
東側の席に座った。朝日がまぶしく、車窓から見える建物が朝靄に煙る。
IMGP6252a
IMGP6253a
IMGP6246a
あっという間にさいたま新都心が見えてきた。
0622JST、87.3MHzにレッズウエーブが入感。
途中のCFM受信もこの遠征の目的でもある。
0628JST 大宮着。
0653JST 宇都宮着
85.7MHzの栃木シティーFMに合わせるが入感なし。それもそのはず。この局は宇都宮市ではなく栃木市のCFM。
宇都宮を過ぎてから座席の位置を失敗したことに気がつく。
西側に那須や塩原高原の山々が綺麗に見えている。
あわてて反対側の座席に移る。まだ空席があったのが幸い。
IMGP6262a
IMGP6270a
IMGP6271a
IMGP6272a
平日は通勤に新幹線を使う人が多いらしく、段々と混んで来た。
0723JST 郡山着
IMGP6285s
79.1MHzに郡山コミュニティFMが良好に受信出来た。「郡山TODAY」の女子アナトーク。平日はこの時間帯ローカル番組が多いので助かる。
0739JST 福島着
視界がよく、車窓から安達太良山や吾妻山と思われる山々が美しく眺められる。初めての風景なので新鮮。
IMGP6287a
IMGP6288a
IMGP6296a
76.2MHzに合わせ、福島コミュニティーFMを受信しようとするがなんだかおかしい。FM福島が聞こえる。だがこんな周波数にはないはず。
後で知ったが、これは新幹線内での再送信らしい。
ネットで調べるとこうなっている。


東北新幹線E2系車内FM放送の周波数毎の放送内容
76.0MHz NHK-FM
76.6MHz 民放FM
77.5MHz 未使用
78.8MHz 民放FM
79.6MHz 民放FM

このFM福島は76.6MHzでの再送信らしい。地元局を新幹線で自動受信し、この周波数で再送信しているそうだ。
トンネルに入ると受信出来なくなるから、再送信も止まり、実際の放送波と錯覚してしまう。
どうりでおかしな周波数で地元民放が聴こえると思ったらこれが理由だったのか。
しかし、この再送信周波数に被ってしまう地元CFMもある訳で、ただでさえ新幹線内はシールドされているのに益々FMワッチは困難を極める。
結局、往路でのCFM初受信局は郡山のみ。
0800JST 仙台着
初めての宮城仙台。車内からテレビ鉄塔が三つ並んでいる山が望める。
IMGP6299a
新幹線から降りると、空気が冷たい。
やはり東北は寒い。
DSCN0968
まだ構内は静か。都内の平日8時と比べると人が少ない。

●仙石東北ラインで石巻へ
仙台駅から8時19分発、仙石東北ライン快速に乗り込む。ディーゼルカーだ。
DSCN0972
DSCN0973
IMGP6301
DSCN0977
暫くは東北新幹線と併走。車窓から見える住宅街は東京とあまり変わらない。
0833JST、塩釜駅付近でラジオから78.1MHzで男女トークが聴こえる。
恐らくFMベイエリアと思われるが、局名告知の確認が取れないうちに聴こえなくなってしまった。
塩釜を出ると沿岸部を沿うように走る。
所々、新しい防潮堤が目立つようになる。また復興のための造成地や広い嵩上げされた更地が広がり、この辺りが5年前の被災地であった事を物語る。
DSCN0982a
DSCN0984a
IMGP6400a
しかし瓦礫などは、もはやどこを見てもない。
以前、被災直後に支援に入った知り合いから津波に襲われた野蒜駅の写真をもらった事がある。下の3枚が当時の様子。
MIYAGI578
MIYAGI580
MIYAGI588
今回、その野蒜駅を通ったが、イメージと違う。
後で知ったがここは新しく高台移転後に作られた駅だった。下が今日の野蒜駅ホームの写真。
IMGP6398a
航空自衛隊松島基地の最寄り駅も通る。海岸からかなり離れたこの辺りまで津波が押し寄せたとは、なかなか理解し難い。
DSCN0991a
DSCN0990a
0920JST。石巻着。
石巻線と仙石線が合流して駅構内には貨物列車が多数並んでいる。
IMGP6306
またホーム向かいにはサイボーグ009のラッピング列車が。
IMGP6303
IMGP6302
IMGP6307
ここでやっと石ノ森萬画館が石巻にあったことを思い出す。
駅は石森キャラで埋め尽くされていた。
IMGP6310
ラジオからは76、4MHzラジオ石巻が入感。0930JSTから「ラジイシワイド」が始まり、地元の話題をトーク。DJはマツウラカナ。
さて、いよいよ石巻線に乗り換え、女川へと向かう。

●石巻線で女川へ
0933JST発石巻線女川行きに乗り換える。
IMGP6312
IMGP6313
平日にも拘らず、結構観光目的らしき乗客も目立つ。
0946JST、万石浦駅辺りから79.3MHzに何か入り始める。恐らく「女川さいがいFM」の電波だ。
FM波では初受信。
IMGP6320
IMGP6321
IMGP6322
IMGP6323a
0948JST、澤田駅ではS1~2.
0955JST、浦宿駅周辺でS4
0959JST、トンネルを抜けていよいよ女川駅へ。
丁度、27日に生放送された番組の再放送ラスト部分を流している。
定刻どおり、女川駅到着。
IMGP6327
IMGP6329
IMGP6331a
IMGP6332a
雲ひとつない絶好の好天。
乗り換え3回、乗車時間3時間53分。
想像したよりあっという間だった。
駅舎は完成したばかりで綺麗。「ゆぽっぽ」という温泉施設が併設されている。
IMGP6337a
駅の交流ルームにはラジオが置かれていて、各種パンフレットも。
IMGP6333
地図を調べ、局舎のある女川町仮役場に向かう。
駅からは徒歩でも10分位で辿り着ける距離だ。道路を走る車はどれも復興工事のトラックや関係車両。
「共同墓地」「献花台」の文字に緊張が走る。
IMGP6377a
IMGP6338
DSCN1002
DSCN1004
仮役場駐車場の一角にトレーラーハウスのような局舎を見つける。
1035JST、遂に「女川さいがいFM」に到着した。
IMGP6349
局関係者だろうか、それともリスナーか。数人が局舎の前でスタジオを見つめる。テレビ局クルーもいるようだ。
局舎入り口には献花台のような棚が設けられ、そこに今日の放送予定が記されている。
11時半から生放送があり、停波は正午らしい。
自由ノートがあったので一筆記すが、緊張してまとまりのない文章になってしまった。
ここで番組が始まるまで暫く待つしかないか。
出入りする人たちは殆どが局関係者か、そのお知り合いばかりで自分のような部外者は見当たらない。
停波の瞬間を聞くために遠路遥遥遣ってくる奇特な人間は、どうやら自分ひとりのようだ。
仕方なく駐車場横に目立たぬよう座ってみるが、逆に落ち着かず、居場所がない。
これなら駅前で聞いていたほうがよかったかなとも思うが、まあここまで来たのだ。
最後の瞬間までスタジオ前で粘るとする。
IMGP6365a
「女川さいがいFM」は27日にネットで聴取したのが初めてだった。
すべての番組を聴いた訳ではないから一概には判断できないけれど「おながわ☆なう」のような生放送を聴いた限りにおいては、スタッフに若い人が多く、意外に洗練されていて、リスナースタッフ間の距離感も近い印象。
自分がリスナーとして関わった入間やかつてのかつしかFMの雰囲気と似ている。
高校生が積極的に番組作りに加わっているのも親近感がある。
一方で女川の地方色は意外と薄く感じた。会話も標準語で、被災情報がなければ「おながわ☆なう」が首都圏CFMから流れていても何の違和感もない。
1130JST、いよいよ最後の生放送が始まる。
(後編に続く)

| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »