« 移動運用その151/埼玉県入間市桜山展望台移動(2016年1月16日) | トップページ | 在京FM旧ガードバンド新設中継局試験放送+新規CFM受信レポート »

在京AM局FM補完放送試験電波受信レポート

2015年後半から始まった在京AM局のFM補完放送と都市型難聴対策を理由とした在京FM新設中継局試験放送への受信報告に対するベリカード返信が一段落したので2回に分けてレポートする。
本頁は在京AM局のFM補完放送試験電波受信報告とベリカード紹介。
残念ながら所持しているFMDX用のチューナー(パイオニアF777)は90MHz以上受信出来ないため、やむなくアマチュア無線ハンディー機のVX-3や八重洲FT817にログペリアンテナを接続して受信に挑んだ。
しかしこれらの広帯域レシーバーは多信号特性に劣り、RF相互変調に弱く、高利得な外部アンテナを接続すると都内のような強電界エリアでは「消化不良」を起こしてバンド中「お化け」だらけになる。
よって未だに90MHz以上のV-Lowの遠距離受信環境は整っていない。

在京県域中波局補完FM試験電波受信報告
在京AM民放3局のFM補完放送は2015年10月5日から東京スカイツリーより試験電波を発射。
試験電波は日時を追って数段階の出力調整をしつつ、続けられた。 
そして同年、12月7日1300JSTより本放送を開始した。
総務省の報道発表資料はこちら
 http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/26/0902ho.html
以下は、その試験電波時の受信レポートと返信ベリカードの紹介である。
 なお、試験電波実施期間中の詳細スケジュールは『V-Low受信対策センター』サイトに掲載されている。

ニッポン放送墨田中継局(第一段階)
受信日/2015年10月5日
受信時間/1417~1422JST
周波数/93.0MHz
受信状態/SINPO/45444
受信内容
1417JST 曲「ビタースイートサンバ」
1417JST 「こちらはニッポン放送墨田中継局です。周波数93.0MHzで
        東京スカイツリーから只今試験電波を発射しております」と出る。
        (女声アナ) 
        続いて両チャンネル、左チャンネル、右チャンネルの順に発信音。
受信機/スタンダードVX-3
アンテナ/ログペリアンテナ(地上高8m)
受信地/東京都杉並区(自宅)
メモ/
試験放送開始日に受信。
FMDX用のチューナーが90MHz以上受信出来ないため、やむなくアマチュア無線ハンディー機のVX-3にログペリアンテナを接続して受信。但しVX-3はFMをステレオ受信出来る。第一段階でまだ出力が弱かったのが理由かマルチパスノイズや混変調妨害が気になった。
しかしながらイヤフォーンアンテナでもS2位で屋内受信可能であった。
ベリカード/
ニッポン放送20151005
ニッポン放送20151005R
ニッポン放送20151005L
ニッポン放送は試験電波の段階別に2種類のベリカードを発行。
これは空中線電力第三段階までのベリカード。
同封の書面によると2014年11月4日到着分の受信報告に対して発行したとのこと。
 

ニッポン放送墨田中継局(第四段階)
受信日/2015年11月14日
受信時間/0100~0120JST
周波数/93.0MHz
SINPO/55555
受信内容/
0100JST 『吉田尚記の当たり障りのないラジオ』
        「ストライクまでの道程」他
受信機/八重洲FT817
アンテナ/ログペリアンテナ(地上高8m)
受信地/東京都杉並区(自宅)
メモ/
11月14日は第4段階で24時間連続送信期間。『吉田尚記の当たり障りのないラジオ』はニッポン放送アナウンサー吉田尚記が技術局長の許可を得て、試験電波期間中、墨田中継局限定のオリジナル番組として製作し、いくつかのバージョンがある。12月7日の本放送開始日にはスカイツリーから生放送した。
ベリカード/
ニッポン放送20151114
 ニッポン放送20151114R
1月6日に返信。2015年11月4日以降の受信報告に対して発行されたバージョン。
なお、『吉田尚記の当たり障りのないラジオ』に対する受信報告には吉田尚記アナウンサー直筆サインが入るとの情報が流れていたが、実際は第三段階までの受信報告に対してのみのサービスだったらしく、このバージョンではサインの記載はない。

文化放送墨田中継局(第一段階)
受信日/2015年10月5日
受信時間/1423~1430JST
周波数/91.6MHz
SINPO/54454
受信内容
1423JST ID「こちらは文化放送墨田中継局です。ただ今周波数91.6MHzで
        東京スカイツリーから試験電波の発射中です」(男声アナ)
        のち音楽
1427JST (同上ID)
        曲(パヒューム)
受信機/スタンダードVX-3
アンテナ/ログペリアンテナ(地上高8m)
受信地/東京都杉並区(自宅)
メモ/文化放送は試験放送中、局アナによる「しりとり」を独自オリジナル番組として放送していた。
またPRキャラクターとして「キューイチロー」というゆるキャラ(?)を製作。ベリカードにもデザインされている。
ベリカード/
文化放送20151005
文化放送20151005R
返信は在京3局の中では最も早く、10月17日に到着。墨田中継局試験電波限定のベリカード。
但しデータ欄には段階別の記載はない。

TBSラジオ墨田中継局(第一段階)
受信日/2015年10月5日
受信時間/1500~1505JST
周波数/90.5MHz
SINPO/54554
受信内容
1500JST ID「こちらはTBSラジオ墨田中継局です。
          周波数90.5MHzで東京スカイツリー
          から試験電波の発射しております」(女声アナ)
          のち音楽
受信機/スタンダードVX-3
アンテナ/ログペリアンテナ(地上高8m)
受信地/東京都杉並区(自宅)
メモ/TBSラジオは試験放送中、聴いた限りにおいて他の在京2局にあった墨田中継局試験電波オリジナル番組は確認出来ず、過去のライブラリーからの再放送のみ。オリジナルキャラクターや試験放送用限定ベリカードもなく、他局に比べ、若干力の入れようが弱い印象。
ベリカード/
東京放送20151005
東京放送20151005R
11月12日に返信。イラストの女性のイヤリングがスカイツリーになっているが、試験電波オリジナルベリという訳ではないようだ。
切手面のデータ欄にも記載がない。
墨田中継局の通常出力「7KW」の部分を110Wに訂正してある。

茨城放送FM補完中継局
周波数/94.6MHz
受信年月日/2015年9月20日
受信時間/1515~1541JST
受信内容/       
1515JST 飛び出せ石岡のお祭り(途中より)
        「祭り衣装の中島」より中継(女声)
        第14SYビル幌陣通過
1524JST ジングル
        CM(サンラク建設)
1525JST 曲「今日の私は機嫌がいい」
1539JST エンディング
        CM(エコスグループカミノカワ店)
1540JST 相川ナナセの神結び縁結び
        CM(茨城県神社庁)
        複数神社をお参りすると神様が喧嘩する?
受信情況/SINPO45444
受信地/東京都青梅市御岳山富士峰園地(標高883m)
受信機/スタンダードVX-3
受信アンテナ/ローディングホイップ垂直アンテナ
メモ/
自宅の杉並区では前述したように所持している90MHz以上受信出来るレシーバーは尽く多信号特性に劣り、RF相互変調に弱く、高利得な外部アンテナを接続すると「消化不良」を起こし、バンド中「お化け」だらけになる。このためこのIBS補完放送も相互変調混信に潰されてしまい確認することが出来ない。
よって付属のホイップやイヤフォーンアンテナでも受信できるような場所に移動する必要があった。
今回は標高883mの青梅市御岳山に登った際、VX-3にホイップアンテナを接続したところ、良好に受信出来た。
ベリカード/
茨城放送20150920
茨城放送20150920R
10月3日に返信。デザインはFM補完放送キャンペーンキャラクターが描かれている最新のもの。

総じて、今回の首都圏のAM補完FM開局に伴うイベントはAMステレオ開始時と似たような雰囲気があったものの、モニター行為自体に当時のようなモチベーションは上がらなかった。
理由のひとつに、FM補完といってもサイマル中継局がひとつ増えたというだけであり 、内容や放送形態に変化はなかったということ。もうひとつは90MHz以上を遠距離受信出来るまともなレシーバーがないため、動きようがなかったのも原因だった。
なお、この在京補完FM試験電波の経緯に関してはFMDXerこんす氏が「WEST TOKYO TV-FM DX」に詳細な受信記録を残されているので参照されたい。 

|

« 移動運用その151/埼玉県入間市桜山展望台移動(2016年1月16日) | トップページ | 在京FM旧ガードバンド新設中継局試験放送+新規CFM受信レポート »

QSLカード」カテゴリの記事

受信記録」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。