« 移動運用その138/静岡県伊東市大室山移動(2015年4月29日) | トップページ | 移動運用その140/東京都豊島区サンシャイン60展望台リニューアル閉鎖最終日移動(2015年5月6日) »

移動運用その139/茨城県つくば市筑波山女体山移動(2015年5月3日)

今年も有志による特定小電力無線交信実験イベントの日がやってきた。
1997年辺りから始まったこの催しも今年で18年近くになる。
今回の移動場所は茨城県つくば市筑波山。2002年、2007年に続き、3回目の訪問となる。
移動運用ロケーションとしては抜群で休日には必ずといってよいほど、移動局が出ている。
0658JSTに秋葉原到着。前回同様に「筑波山きっぷ」を購入。
筑波山きっぷ
筑波エクスプレス、バス、ケーブルカーでの往復にはお得な割引チケット。協賛店で特典を受けることも出来る。
オマケに根付けも貰った。
0715JST秋葉原発の区間快速に乗り込む。
IMGP1371
天候は晴れ。車窓からは快適な陽射しが差し込む。窓際に置いた430ハンディーに飯能市移動局が比較的良好に受信できたのだが、トンネルも多く、結局繋がらなかった。
IMGP1194
IMGP1198
0809JST、つくば駅到着。
山ガール風のハイカー、家族連れも含め、かなりの乗客がバスターミナルに向かう。
つくばセンターバス乗り場からピストン輸送中の直行筑波山シャトルバスに乗り込む。
IMGP1201

IMGP1202
0823JSTの便で出発。車中、FMをチェックすると84.2MHzに強力な局が聞える。恐らくつくば市のCFMだろう。子供の科学教室のような番組。
車窓からの筑波山は山頂付近に雲を頂いていたが、概ね天候は良。
IMGP1207
バスは渋滞もなく、筑波山神社入り口に0900JST到着。
ここから徒歩でケーブルカー駅に向かうのだが、この行程が結構しんどい。筑波山神社の境内を経由するので階段が多い。
登り出して8年前の記憶が蘇った。
IMGP1213
0920JST頃、麓駅に到着。駅に備え付けのスタンプがあったので、持参したQSLカード数枚に捺印。
近年、リニューアルされたと思われる赤いケーブルカーに乗り込む。時刻は0930JST。車内は9割方埋まっていた。
IMGP1214
IMGP1215
IMGP1217
IMGP1220
高尾山のケーブルカーに比べると乗車時間は長い。約8分後、山頂駅に到着。
家を出てから3時間20分位掛かったろうか。
IMGP1221
IMGP1224a
IMGP1227
さて、筑波山の1回目はこの山頂駅付近で移動運用。2回目は男体山。
今回は女体山のほうに赴くことにする。中継用のアンテナ鉄塔が林立している。
IMGP1280a
約25分の行程だが、男体山と比べ、傾斜が緩いので差ほどしんどくはない。しかし岩場がつづくので足元が覚束無い。
またハイカーの数が尋常ではなく、途中渋滞を起こすほど。
途中、430ハンディーで横浜市磯子区の局と交信しつつ、山頂に向かう。
女体山山頂は岩場になっている。
IMGP1282a

IMGP1228
IMGP1229
IMGP1239
普通のハイキングコースにしてはやや危ない感じ。滑って堕ちれば酷い怪我をしかねない。
そんな所に大挙してハイカーが群れているから大変。足の踏み場もないし、とにかく狭い。
男体山、女体山いずれにしろ山頂付近は狭すぎて移動運用する隙間はまったくない。一旦折り返し、スペースがある所まで戻った。
眺望はないが、ここならなんとか無線は可能。手ごろな高さにアンテナを引っ掛けられる枝もあった。
IMGP1257
結局、三脚とポールは荷物になっただけ。
なぜかハエやアブが多い。いったいどこから湧いてくるのだろう?不思議だ。
IMGP1254a
やっと10時半すぎから運用開始。東京コンテストにも参加。
好ロケーションのため、かなり呼ばれる。
絶好の行楽日和。移動局も多い。
IMGP1250
11時からは特定小電力交信実験も始まったので待機。
しかし、なかなか入感しない。CQを出しても応答なし。
女体山からだと都心方面は難しいのだろうか。今回は有志が富津市鹿野山に行っているはずなのだが。
アマ無線は東京コンテスト中心に50~144MHzで運用。1330JSTまでにおよそ60局余りと交信出来た。
交信局数は50MHz29(SSB10、CW19)、144MHz29(SSB10、CW19)、430MHz7(FM)のトータル65局。内東京コンテストでの交信数は54局。マルチは23。
地域別では東京23、埼玉12、神奈川9、千葉7、茨城6、栃木4、静岡2、山梨1、福島1。
しかし、今日は特小交信実験やFMDXもこなさねばならない。
アマ無線はとりあえず1330JSTで切り上げ、アンテナを片付ける。
再び、女体山山頂に戻る。相変わらずの混雑。そんな中で岩場にへばりつきながら特定小電力無線でCQを出す。
IMGP1265
足をかける部分が僅かしかない場所だが、他にスペースはない。
踏ん張ってしがみつく。
IMGP1276a
IMGP1246a
直下にはロープウェーの麓駅が望める。
その遥か向こうには霞ヶ浦と土浦や石岡の市街がうっすらと覗える。
IMGP1269a
IMGP1270a
しかし殆どは水郷地帯の田園が遥かに広がっているだけ。
この山頂の岩場に立つとほぼ360度、視界がひろがるので電波の飛びはよいはずなのだが、特小には応答がない。
時たま、業務やハイカーの交信が聞えるのみ。
前回、前々回では多くの特小移動局と交信出来たものだが今回はまったくだめ。
当時の特小ユーザーは簡易デジタル無線やCBに移ってしまったのだろうか?
30分ほどCQやワッチに勤しんだが交信局なし。喉も渇いてきたので女体山を離れ、ケーブルカー山頂駅に戻る。
暫し休んだ後、コマ展望台屋上にてFMDX。
IMGP1286
ソニーSRF-M100とVX-3でFM帯をワッチする。
前々回の訪問時もここでFM放送の受信状況をチェックしている。当時と同じく、千葉、城東地区のFMが良好。
市川、かつしか、江戸川が強い。あと銀座の中央FMもよく聞える。中央は東京杉並では掠る程度なのだが、北の方にはよく飛んでいる印象。
BAY-FM銚子や勝浦中継局も良好。
反面、前回聞えていたFMかしまはNG。つくばのCFMも隣接する江戸川のカブリにあって苦しい。
筑波山でのDXは総じて男体山のほうがよい。
方角に加えてストーンパワーも影響しているのかも。
「ラジオ番組表」の周波数表を参考にチェックするのだがアンテナの方向で微妙に入感局が変わるので難しい。またこの日は週末。ネット番組が多いので局名確認にも手間取り、時間が掛かった割には成果は少ない。
ラジオつくばのIDもやっと16時前に録音出来たのみ。
16時前の1554JSTにコマ展望台がガタガタと音を立てる。家族連れが大勢だったので子供が走り回っている音かとスルーしていたが、ラジオで地震があったことを知る。茨城県南部で震度3。
だが、地震に気がつく人は殆ど居なかったようだ。ただ、女体山山頂に居た時に地震に遭遇したらちょっと吃驚するだろう。
16時過ぎ、撤収開始。
しかし例によってケーブルカー待ちの列が長く伸びている。
下りケーブルカーに乗れたのは1650JST。ケーブル麓駅からバス停に着いたのは17時20分近くに。前回もここで待たされた。バス停付近からは遥かな水郷地帯が眺められる。
IMGP1287
IMGP1290
なかなかバスは来ない。ハイカーも並んでいるのは10人も居ない。往路と違って妙な閑散な雰囲気。
結局30分近く待たされ、17時50分の最終シャトルバスに乗る。
この便が最後であるから、のろのろやっていたら帰れなくなっていたところだ。この感覚が危うい。
帰りのバスも渋滞はなく、スムーズ。
つくばバスターミナルに戻ったのは18時25分ごろ。
ここでラジオつくばのジングルでも録ろうと待機するも出てくれない。ネット番組ばかりだ。
結局、30分くらい待って1855JST発のつくばエクスプレスに乗り込む。
車窓からは上り始めた満月に近い月が幻想的。
IMGP1306a
帰りは待ち時間がネックとなって筑波山山頂から秋葉原まで3時間半以上掛かってしまった。
いつもの無線有志の会合が開かれる秋葉原のファミレスに辿り着けたのは20時近くなっていた。
店には有志の姿はなく、すでに引き上げたのかと思っていたが鹿野山移動のメンバーも渋滞に巻き込まれ、21時近くになってやっと合流という結果に。
鹿野山からは伊勢原市大山移動の特小移動局と繋がっていて、こちらの信号も断続的に入感していたらしく、交信に至るにはあともう少しという状況か。
やはり筑波山での無線交信は男体山に登ったほうがベターかもしれぬ。

交信データ
移動地/茨城県つくば市つくば山女体山中腹(標高約860m)

交信日時/2015年5月3日
交信時間/1000~1620JST
周波数/50MHzSSB/CW・430MHz帯FM・特定小電力無線422MHz帯

天候/晴れ
無線機/FT817 スタンダードVX-3 ユニデンSLT001
アンテナ/ミズホポケットダイポール 付属ヘリカル
出力/0.5~1W(特定小電力無線/10mW)
交信局数/65
50MHz29(SSB10、CW19)、144MHz29(SSB10、CW19)、430MHz7(FM)
交信相手所在地/
東京23、埼玉12、神奈川9、千葉7、茨城6、栃木4、静岡2、山梨1、福島1


茨城県つくば市筑波山頂でのFM局受信リスト
受信日/2015年5月3日1500JST・受信機/SONY SRF-M100・アンテナ/イヤフォーンアンテナ

周波数(MHz) 局名 信号強度(5段階)
備考
76.1 インターFM(東京)
5
 
76.4 レディオベリー(宇都宮)
5
 
77.1 放送大学
 
78.0 BAY-FM(千葉)
 
78.6 FM富士
 
78.9 かつしかFM(葛飾区)
 
79.3 BAY-FM(銚子)
 
79.5 ナック5(さいたま)
 
80.0 東京FM
80.3 NHK宇都宮
5
 
80.7 NHK千葉
5
 
81.3 J-WAVE
5
81.6 NHK前橋
5
 
81.9 NHK横浜
 
82.5 NHK東京
5
 
83.0 市川FM(市川市)
 
83.2 NHK水戸
 
83.8 NHK利根
 
84.2 ラジオつくば(つくば市)
 
84.3 FM江戸川 (江戸川区)
 
83.6 東京FM(青梅)
 
84.0 ginzaラジオシティー(中央区)
4
 
84.7 FM横浜(大山)
 
85.1 NHKさいたま
 
84.7 FM横浜(大山)
5
 
87.4 BAY-FM(勝浦)
 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

« 移動運用その138/静岡県伊東市大室山移動(2015年4月29日) | トップページ | 移動運用その140/東京都豊島区サンシャイン60展望台リニューアル閉鎖最終日移動(2015年5月6日) »

移動運用」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。