« 移動運用その136/千葉県富津市マザー牧場移動(2015年4月4日) | トップページ | 移動運用その138/静岡県伊東市大室山移動(2015年4月29日) »

移動運用その137/「多摩・武蔵野ご当地キャラスタンプラリー」参加と八王子市高尾山移動(2015年4月12日)

4月に入って寒暖の差が激しく、天候の勝れない日も続く。
12日は比較的晴れ間も覗きそうなので移動運用実施。
10時半過ぎ、移動場所は決めずにいつものFT817とVX-3をバッグに詰めて外出。
ただし今回は荷の嵩張る三脚とアンテナポールは持参せず。
今日は移動運用する前に、ある鉄道スタンプラリーに参加することにした。
JR東日本企画の「多摩・武蔵野ご当地キャラスタンプラリー」である。
スタンプラリー150412c
たまたまネットで見つけた。
自分は特に鉄道ファンでもなくスタンプラリー自体の関心は低い。
そもそも参加対象は小さい子供連れの親子だ。
ただこのスタンプラリーはJR中央線が主だったエリアになっているので、少し試してみるかと思案していたのだった。
フルコンプリートするには、中央線や五日市線、八高線、武蔵野線などの31駅を回らねばいけない。
流石にこれは一日では無理。
ただし、5駅回ればゴールの「ニューデイズ」で「オリジナルキャラノート」を貰え、更に三鷹、国分寺、立川、八王子の「ニューデイズ」でSuica300円分以上の買い物をすれば各オリジナルSuicaステッカーがもらえるというルールがある。
なのでこのノートとステッカー位はゲットしておこうと企てた。
午前11時頃最寄のJR阿佐ヶ谷駅を出発。まず、JR吉祥寺駅からスタンプ集めを始める。
ところがスタンプ台がなかなか見つからない。駅員に聞いてやっと発見。ここでかなり時間を食った。
次に三鷹駅。
IMGP0726
ここはすぐに判った。デザインはジブリのだ。母親らしき女性が複数の用紙にスタンプを押していた。
親だけで回っている姿も見かける。子供は家で待っているのだろうか?
IMGP0706
その後、西へ順序立てて武蔵境、東小金井、武蔵小金井、国分寺と回る。
駅独自のコメントが記された凝ったディスプレイもあれば必要最低限の表示しかないスタンプ台もあった。
IMGP0709

IMGP0711a

IMGP0712

IMGP0715a

IMGP0713a

IMGP0721

IMGP0719
国分寺で六つ目のスタンプが押されたので駅構内の「ニューデイズ」でノートとステッカーを貰う。
ここから一旦、三鷹駅に戻り「ニューデイズ」でSuica300円以上の買い物をしてステッカーをゲット。
IMGP0724

IMGP0723
IMGP0733

IMGP0727a

IMGP0740

IMGP0734a
更に立川、八王子の「ニューデイズ」で同様に買い物をして何とか14時前に全4種類Suicaステッカーコンプリートを完了。
因みにスタンプ台は改札外にあるので、その度に運賃が必要。
掛かった費用は
阿佐ヶ谷→吉祥寺154円
吉祥寺→三鷹133円
三鷹→武蔵境133円
武蔵境→東小金井133円
東小金井→武蔵小金井133円
武蔵小金井→国分寺133円
国分寺→三鷹165円
三鷹→立川216円
立川→八王子165円
ニューデイズ4店購入品 約1400円
トータル2765円
時間もお金もそれなりに掛かる。
結局、チェックしたスタンプは8駅のみ。
スタンプラリー150412d
全てのスタンプをコンプリートするにはおそらく1日では無理だし、お金も子供と回ったら1万円近く掛かるのではないだろうか。
「休日おでかけパス」という土日乗り降り自由の乗車券もあるが、これも1日限りで大人2670円、こども1330円。土日2日間かけるとすれば8000円。それにニューデイズ買い物4駅最低でも1200円必要だからやはり1万円は超える。
この「多摩・武蔵野ご当地キャラスタンプラリー」は、先日開催されていたウルトラマンのラリーと比べ、マイナーで参加者も少なく、景品がなくなってしまう様子もなかった。時間帯が9時半から16時までと限られていたのもネックだったかもしれない。
スタンプラリー初参加の感想としては、鉄道ファンは別として大人一人で楽しむものではないなあと。親子でワイワイやって元が取れる企画だ。
ステッカーも300円の買い物をしてまでゲットする価値があったかは微妙。
スタンプラリー150412a

スタンプラリー150412b

さて、14時前に八王子でスタンプラリーを終えたのでやっと移動運用に。
ここからだともう距離的に高尾山位しかない。
それも徒歩で登りはじめるのは遅すぎる時間帯なのでアクセスが比較的楽な林野庁殉職者碑へ赴くことに決めた。
高尾山以外の処女地も模索したが探している暇はもうすでになかった。
八王子から高尾駅で京王線に乗り換え、高尾山口へ。車窓からはまだ散りきっていない桜が新緑に混じって咲いているのが覗える。
IMGP0741

IMGP0742

IMGP0743

IMGP0744

IMGP0745
14時過ぎの高尾山口はもう帰路に就くハイカーの方が多い。ケーブルカーも下りの方が混んでいる。
IMGP0748

IMGP0751

IMGP0752

IMGP0754

IMGP0763
14時半過ぎ、運用地着。
ここはいつも人がいない。その分、気楽に運用出来る。ただ眺望がまったくないのは退屈だが。
残念ながらこの周辺に桜の木は皆無。まだ高尾山では散っていないだろうから花見がてらに移動運用という淡い期待は脆くも崩れた。
もう時間も遅いので急いで設営に取り掛かる。設営といってもいつものポケットDPを木の枝に引っ掛けるだけ。
木立が適当な高度にあるときは、三脚もポールもいらない。
最近、このミズホのポケットDP説明書を見つけたが、その図解にも枝に引っ掛ける使い方を奨励していた。
IMGP0766

IMGP0765

IMGP0773
交信結果は14時39分から17時26分の3時間弱で50MHz6(SSB5、CW1)、430FM6のトータル12局。こちらからのCQ応答局は7.
地域別では埼玉県3(狭山市、鴻巣市、入間郡越生町)、神奈川県4(横浜市磯子区、港北区、厚木市、相模原市緑区)、東京都2(八王子市、町田市)、千葉県1(千葉市美浜区)、茨城県1(桜川市)、不明1。
途中、「ニューデイズ」で買ったおにぎり弁当を食べながらのんびり運用したのであまり稼げず。
先週のマザー牧場移動の時にお繋ぎいただいた局長さんからもお二人コールいただいた。
15時27分ごろ、桜川市移動の局と交信中に地面がユラユラ、交信相手も揺れを感じたようで地震と解る。
さほど大きくはなかったが震源は群馬で最大震度も2程度。これまで移動運用中に地震に遭遇した経験は記憶にない。
そういえば12日に大きな地震が来るという噂が流れていたそうだが・・。
天気は午後から薄曇り。気温は下界は暖かかったが、高尾山は薄ら寒く手の先が冷たくなる。先日ここに来た時も同じような感覚。
17時半過ぎ撤収。
途中、ケーブル山頂駅近くのお馴染みの場所から眺望写真を撮る。靄って都心方面は覗えず。裾野の新緑木立に混じって山桜の桃色が映える。
IMGP0775

IMGP0781a

IMGP0782

IMGP0785

IMGP0788
帰りは徒歩で1号路を降りた。金毘羅台に寄り道するが430ハンディーの電源も残り少なくQRVはせず、そのまま下山。
もうこの時間帯になると下山者も殆ど居ない。たまに営業用の車が通る。BGMは83.9MHzのFM相模原。この時間帯は生放送だ。どすこい手島のリクエスト番組は16時まで。なかなか運用中は聴けない。
18時45分頃高尾山口駅着。
あと半月でゴールデンウイークだ。
さて、どこに移動するか。

|

« 移動運用その136/千葉県富津市マザー牧場移動(2015年4月4日) | トップページ | 移動運用その138/静岡県伊東市大室山移動(2015年4月29日) »

イベント・訪問記」カテゴリの記事

移動運用」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。