« 移動運用その99/東京都東大和市多摩湖畔「見晴らしの丘」及び埼玉県所沢市「荒幡富士」移動(2013年2月9/10日) | トップページ | 沖縄ペディションその1/沖縄県那覇市港湾ターミナル「とまりん」テラス2階(2013年4月23日) »

移動運用その100/東京都八王子市長池公園移動(2013年4月7日)

Dscn4849a 新年度になって初の週末。
「爆弾低気圧」通過で予報では悪天になるはずが、すっきりと晴れ渡ったので久しぶりに移動運用に赴く。
場所は八王子市にある長池公園。
町田市との境に近い多摩ニュータウン内にある新しい公園。
尾根幹線道路に接する場所。標高は低いが多摩丘陵尾根「よこやまの道」沿いの未踏地だった。
強風のため電車の遅れもあって1220JST新宿発京王八王子行き特急で調布経由相模原線乗り換えで最寄京王堀の内駅に着いたのは13時5分頃。
バスターミナル4番見附橋循環行きバス13時9分発が出たばかり。暫く待って22分発南大沢行きに乗る。大凡この時間帯は1時間に3本しか便がない。料金は170円。
バスの車窓からは真新しいニュータウンの町並みがまるで映画セットのように建ち並ぶのが見える。
広い敷地の1戸建ては北米住宅街のようだ。
途中小高い丘をそのまま利用したような蓮生寺公園を見つける。ここも眺望が利き移動運用出来そうだ。
堀の内駅から10分ほどで長池公園最寄の見附橋に到着。
これまた映画セットのような橋が掛かっている。丘の上にはチャペルまである。
Dscn4815a_2
長池公園は南北に長く、尾根幹線道路に沿って延びている。西端に「夕日展望台」という眺望の利く広場があるので行ってみた。一旦尾根幹線道路に出て公園脇を歩く。途中、歩道でドラムの練習をしている人が居た。確かにここら辺は住宅もないので煩くはないのだろうが妙な光景。再び西端の公園ゲートから入ると「夕日展望台」らしき場所を見つける。
しかし、ここは展望台の少し手前の広場であった。帰ってから気が付く。
もう少し先に進んだところに円形の「夕日展望台」があったのだが。早く移動運用始めようとしたい焦りとリサーチ不足で目的地の手前で勘違いした。こういう失敗は事はよくある。もっとも場所はあまり変わらないのでここでも風景は差ほど違いはなかったのかも。
Dscn4828a
Dscn4825a
西斜面上なので丹沢方面の山々が望めるが標高は殆ど周りと変わらず。
いつものようにダイポールアンテナのケーブルを樹に引っ掛けて14時15分頃よりFT817で運用開始。
ニュースで「悪天が予想されるためこの週末は外出を控えるように」とアナウンスしていたので、好天にも拘わらず殆ど移動局が居ない。
まったくのガラガラ状態。またこのロケーションから0.5wでCQを出してもまったく交信の見込みはない。
結局16時近くまでQRVして交信出来たのは50MHz2(SSB1、CW1)、144MHz1(SSB)、430MHz2(FM2)のトータル5局のみ。430FMはハンディー機VX3での交信。
430FMではなぜか伊東市とか茅ヶ崎市の局と交信出来た。あと50MHzでは0エリアのCW局が聞こえていたが交信に至らず。
風は強かったが、良い天気で印象的な積雲が絵になった。
Dscn4832a
Dscn4842a
16時半頃、撤収開始。帰路は公園内の散策道を抜けてバス停へ。
16時33分南大沢駅行きのバスに乗り込む。南大沢駅に来たのは初めてか。
Dscn4850a Dscn4851a
ここもまた多摩センターに似て人工的なSF感覚漂う駅だ。利用客も全員映画のエキストラではないかと錯覚するほど現実感がない。駅に入ると人身事故で電車に遅れが出ているとか。
若葉台行き各駅停車が辛うじて遅れながらも動いていたので乗り込む。
多摩センター駅で代替輸送券をもらって小田急線に乗り換える。
多摩センターから小田急線を利用するのは初めてな気もする。京王線に比べ本数も少なく不便な感じがしていたからなのか。
1720JST発の各駅停車に乗り込み、新百合ヶ丘で急行に乗り換えて18時少し前に新宿着。

東京都八王子市長池公園でのFM局受信リスト
77.7MHz FM入間      S4
83.9MHz FM相模原     S5
<コミュニティーFMのみ>
(スタンダードVX-3/6m用ヘリカルアンテナ)

使用リグ/FT817(50MHz~430MHzSSB/CW、PWR0.5~1w)、VX3(430FM、PWR1w) 
アンテナ/ミズホPAN-62(水平DP)、付属ヘリカル

|

« 移動運用その99/東京都東大和市多摩湖畔「見晴らしの丘」及び埼玉県所沢市「荒幡富士」移動(2013年2月9/10日) | トップページ | 沖縄ペディションその1/沖縄県那覇市港湾ターミナル「とまりん」テラス2階(2013年4月23日) »

移動運用」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。