« 移動運用その93/東京都八王子市都立長沼公園展望園地移動(2012年9月17日) | トップページ | 2012年発行のQSLカード紹介 »

移動運用その94/東京都千代田区丸ビル35階展望ロビー移動(2012年9月30日)

Dscn3826a 9月最後の日曜日。夕方より移動運用。
この日は台風17号が関東地方に接近しており、すでに16時頃から雨が降り出していた。
天候や時間帯を考慮すれば屋外移動は難しい。
そこで以前より気になっていた東京千代田区丸ビルの35階展望ロビーから出てみることにする(地図)。
折りしも10月から東京駅舎が復元リニューアルとなるのでその見学も兼ねようと思い立つ。
丸ビルは1923年に千代田区丸の内に竣工した日本近代建築史を代表するビルであった。しかし2002年に地上37階高さ180mの高層ビルとして建て替えられ今日に至る。
展望スペースは35階にあって営業時間は平日・土曜11:00〜23:00、日曜・祝日11:00〜22:00。
さて当日、急速に接近する台風は夜半に東京に最接近する予報が出ており、JR線も間引き運転を始めたらしく、出かける頃には電車はかなり混み始めていた。
16時半頃、東京駅に到着。
地下道を抜けて新丸ビルに入る。
このビルも丸ビル同様に近年建て替えられ、下層はオシャレなショッピング街として賑わっている。
エスカレーターで7階へと登っていく。
ここにはオープンテラスがあって東京駅舎がよく見えるという。
しかし残念ながらこの日は風雨が強いために立ち入り禁止。致し方なくエレベーターで1階に下りる。
新丸ビルを出て、屋外から東京駅赤レンガ駅舎をデジカメで撮る。
特にライトアップもされておらず、見物人も疎らで拍子抜け。やはり正式な復元完成式典の前は地味に据え置かれているのか?
もっともこの天候では敢えてイルミネーションも控えているのかも。
横断歩道を渡って丸ビルに移動。
リニューアルされてもう10年らしい。オープンの年に少し立ち寄った記憶があるが、もうそんな年月が経っているのか。
エレベーターで35階へ。エレベーターホールのモニターにはNHKの台風情報が流されている。
街はすっかり台風警戒モードだ。
Dscn3790a
Dscn3799a_2
Dscn3819a 
展望ロビーでは結婚式を挙げたばかりと思われる新郎新婦が記念撮影していたので、暫く様子を見る。
一行が去ると静かなもの。
数人のカップルと観光客がいるだけ。台風接近で皆早めに帰ってしまったのだろう。
17時過ぎより430FMにオンエア。ハンディー機VX-3で1w運用。
約1時間で9局とQSO。内こちらのCQに応えての交信は6局。

都区市内が4局。横浜市が2局、その他千葉、相模原等の局長さんと交信戴いた。
展望ロビーは南側に開けていたので東京タワーやレインボーブリッジが望めた。新宿や湾岸の眺望スポットと比べると夜景は地味であるがそこそこ落ち着ける。
Dscn3800a
Dscn3806a
Dscn3812a
Dscn3812b
Dscn3824a 移動運用を終えた18時過ぎにはすでに周りは閑散。
雲が速い速度で北上し、ガラス窓には雨しずくが目立ってきた。
電車が止まっても困るのでビルを降り東京駅へと急ぐ。駅ナカの店舗のいくつかは営業時間を切り上げてシャッターを降ろしている。
幸いJR中央線は19時前でも間引き運転ながら運行されており、ほぼ順調に帰宅することが出来た。
風雨が強まってきたのは最寄り駅に着いた20時近くになってからであった。

|

« 移動運用その93/東京都八王子市都立長沼公園展望園地移動(2012年9月17日) | トップページ | 2012年発行のQSLカード紹介 »

移動運用」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。