« 東京スカイツリー天望回廊でのFMラジオ、ワンセグTV受信レポート | トップページ | 6月4日Es伝播FM局受信日報 »

移動運用その91/埼玉県所沢市狭山湖堰堤移動(2012年6月2日)

Dscn3214a_2 6月最初の土曜日、入梅前の晴天を有効利用しようと、近場に移動運用。
場所は埼玉県所沢市にある狭山湖堰堤
JR中央線国分寺駅経由西武多摩湖線で荻山から西武遊園地駅へ。更に西武山口線で西武球場前駅というルートでアプローチ。
到着したのは13時前。
この日は西武球場でデーゲームが開催されているらしく、賑わっていた。
球場脇を通る所沢武蔵村山立川線道路を渡って狭山不動のほうに歩いていく。
駅から狭山湖まではそれほど距離はないのだが、明確な道案内が表示されている訳ではないので解りにくい。
元々、西武球場前駅はかつて「狭山湖」駅と呼称されていたのだが、今はもうその最寄り駅としての機能は果していない。
また1990年頃までは近隣にユネスコ村というテーマパークも存在していたのだが、これも休止状態で球場以外は寂れた雰囲気を醸し出している。
以前、多摩湖湖畔にある玉湖神社脇の狭山富士に移動運用した時も、このルートを利用した事があるが狭山湖方面のアプローチは初めて。
Dscn3210a Dscn3211a  Dscn3250a
狭山不動辺りの狭い道を北西に進む。寂れた道端の壁にローカルな手書きのポスターが貼ってあったので記念に撮影。
と、やっと道標を見つける。あと300m位。
更に5分程度歩くと車道に出た。道を渡ったところに遊歩道があるので暫く進むと程なく狭山湖堰堤への入り口ゲートに至る。
狭山湖堰堤は1998年から2002年まで耐震強化工事を実施していたので綺麗に整備されている。
東屋や展望エリアが造られていて、快適に見学出来る。綺麗なトイレもあり。
標高は大体122m前後。堰堤から東方面が開けていて視界がよいと東京スカイツリーも望めるという。
この日は靄っていて遠方は望めなかったが、西武遊園地の観覧車や西武球場のドームが垣間見れた。
おそらく、移動運用で有名な荒幡富士もこの方角に見えているはずだ。
正面には西武狭山線が走る姿も見える。
蒸し暑い日だったが、堰堤を吹き上がる風が快適。上昇気流に雲雀がホバーリングしていた。
Dscn3239a
Dscn3227a
Dscn3229a
Dscn3225a 
Dscn3219a_2  14時過ぎ、その堰堤脇に腰掛けて移動運用を開始する。
DPアンテナを手摺に引っ掛けただけなので地上高は1mもない。
あまり飛びは期待せずにのんびりとやる。
時折西武球場からの歓声が聞こえてくる。一方、眼下のグラウンドでは少年サッカーチームが試合中。
かつては野球が圧倒的だった日本少年の球技はすっかりサッカーへ宗旨替えだ。
隔世の感あり。
交信数は50MHz5局(SSB2、CW3)、430MHz3局(FM)のトータル8局。
50MHzの内、4局は15時から始まった神奈川コンテストでの交信。
430FMは全てVX-3ハンディーでのQSO。
こちらからのCQでの交信は430FM一局のみ。近隣の東久留米市からの応答だった。
途中、サイクリングで通りかかった人から声を掛けられる。アマ無線をやっている人で暫し雑談。
最近は移動運用中に無線家の方からアイボールを受けるのは珍しい。
16時頃、にわか雨が降り出した。
慌てて撤収。幸い傘は持参していたので事なきを得る。
雨は30分くらいで止む。
Dscn3236a
Dscn3246a
Dscn3249a
湖面は幻想的だ。人工物が見えないので山奥に居るような錯覚に捉われる。
堰堤はサイクリングと犬の散歩の人が時々行き交う程度。
実に長閑である。
暫し散策し、18時頃撤収。
帰りも同じルート。
帰路のBGMはNHKFM。寺尾聰の昔の曲が流れていた。

埼玉県所沢市狭山湖堰堤でのFM局受信リスト
77.7MHz FM入間             S5
79.0MHz レイクサイドFM(東村山)   S5
83.4MHz 世田谷FM           S4
84.2MHz FM西東京(田無)           S4
84.4MHz FM立川             S3       
<コミュニティーFMのみ>
(スタンダードVX-3/6m用ヘリカルアンテナ)

使用リグ/FT817(50MHz~430MHzSSB/CW、PWR0.5~1w)、VX3(430FM、PWR1w) アンテナ/ミズホPAN-62(水平DP)、付属ヘリカル

|

« 東京スカイツリー天望回廊でのFMラジオ、ワンセグTV受信レポート | トップページ | 6月4日Es伝播FM局受信日報 »

移動運用」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。