« 6月5日Es伝播FM局受信日報 | トップページ | 2012年Es受信記録 »

6月6日Es伝播FM局受信日報

ロシア各局入感
1057JST 88.6MHz ロシア局Dorozhnoe.R(ウスリースク)45dB ステーションジングル 女声ボーカル
                時々「Ussuriysk-FM」という女声IDが入る。
1103JST 88.3MHz ロシア局Avtoradio(ウラジオストク)50dB
1144JST 88.0MHz 延吉人民放送局アリラン放送 朝鮮語
1745JST 88.7MHz ロシア局R.Shanson(ブラゴウェシチェンスク)
1900JST 87.7MHz ロシア局Avtoradio(ブラゴウェシチェンスク)
        88.5MHz ロシア局Avtoradio(コムソモリスク) 
        88.8MHz ロシア局Retro-FM(ビロビシャン)

この日は午前10時過ぎから中国大陸、朝鮮半島方面が長時間に渡りオープン。11時頃からは50MHz帯でも8エリア、7エリアとの交信がEs伝播で盛んに行なわれていた。特に北方の中国延吉、ロシア沿海州極東方面が断続的に19時過ぎまで開いていた。
国外局はあまりフォローしないのだが、今回はJVUDXC「TV-FM 受信ガイド 2012 PDF版」をダウンロードして局名確認してみた。
ロシア局は中国語局に比べて比較的IDも聞き取りやすく、放送局の所在地を知る事が出来た。
この日のNICTの観測による国分寺上空のEs層臨界周波数の最大値は1030JSTの21.6MHz。
20MHzを超えるというのは珍しいのではないか。
ただ、その割には北海道まではオープンせず1000~2000km付近の伝播に留まっている。
ここ数日、北上型Esが続いているが近距離Es伝播までは至っていないようだ。

受信地/東京都杉並区
受信機/パイオニアF777
受信アンテナ/FM5エレメント八木
天気雨のち曇り
金星太陽面通過の日

|

« 6月5日Es伝播FM局受信日報 | トップページ | 2012年Es受信記録 »

2012年Es伝播FM局受信日報」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。