« 移動運用その78/東京都西多摩郡奥多摩町大塚山移動(2011年5月4日) | トップページ | 2011年5月16日国内Es伝播受信日報 »

移動運用その79/東京都多摩市桜ヶ丘とりで公園移動(2011年5月8日)

Dscn1253a 5月4日の移動運用が若干消化不良で終わってしまったので、GWの最終日8日に近場を移動することにした。
場所は東京都多摩市桜ヶ丘(地図)
聖蹟桜ヶ丘ローカルの場所。
大学の最寄り駅だったので馴染みがあったのだが、なぜか桜ヶ丘へは行った事が一度もない。
因みにジブリアニメの『耳をすませば』の舞台にもなった高台だ。
またここは戦国時代、関戸城という天守台もあったらしく、昔から見晴らしの良い要所だったらしい。

さて、当日は朝から好天。8時過ぎに自宅を出発する。
GWでは最も安定した晴天が広がる。暑くもなく寒くもなく絶好の移動日日和だ。
Dscn1239a_3
新宿で京王線0940JST発京王八王子行き特急に乗り継ぎ、一路聖蹟桜ヶ丘へ。
午前10時過ぎ、聖蹟桜ヶ丘駅着。
目的地へはここから「桜ヶ丘2丁目」行きバスに乗ればよい(4番乗り場「桜91」)
幸いにもその路線バスの発着所は改札から駅ビルを経由した出口の真正面にあって、迷う事が無かった。
便数は休日昼間でも1時間3本はあり、長く待たされることもない。
Dscn1240a_2
バスはターミナルを出ると、大栗川を渡って「いろは坂」というヘアピンカーブを登っていく。
Dscn1241a_2
Dscn1249aDscn1243a_2その坂を登りきった所が目的地の最寄バス停「浄水場前」だ。
到着時刻は午前10時25分頃。駅から僅か5分ほどで着く。
ここがこの桜ヶ丘の頂上あたり。
近くに浄水場のタンクが見える。バス停から「いろは坂」方向に少し戻ると関戸城跡を示す標識が立っているのを見つけた。
住宅街を見下ろす階段越しからは多摩市街が一望出来る。
ただ辺り一帯は、完全に宅地化されて移動運用出来るような空間は見当たらない。
地図で確認すると桜ヶ丘西側の斜面に「とりで公園」という小さい緑地があるらしいので行ってみる。
途中、桜ヶ丘頂上付近の宅地にアマ無線の鉄塔が立っているのを見つけた。こんなベストロケーションにシャックを構えられるのはなんとも羨ましい。
そこからちょっと西側を下った所に「とりで公園」を見つける。
宅地に囲まれた緑の斜面。ツツジやヒメジョーンが咲き乱れ、ムクドリが虫を漁っている。まさにジブリアニメの1シーンを見る様な風景が広がる。
眺望は残念ながら北西の一角しか開けていない。多摩川にかかる橋や立川の市街が遠くに見える。また百草園周辺の丘陵も確認できた。
Dscn1254a_3 木製のベンチがいくつか設置されているのでそこに陣取ることにする。
アンテナをベンチの隣の銀杏の木に引っ掛けて、午前11時頃から移動運用を開始した。
例によって430FMはハンディー機VX-3ヘリカルアンテナで1~2.5W運用。それ以外は八重洲FT817。出力は0.5WQRP運用。アンテナはミズホのDPである。

さて、運用を開始してから1時間位すると、徐にパトカーがやってきて職務質問を受ける。どうやら近所の住民から公園で何かやってる人が居ると通報を受けたらしい。
警官にアマ無線の移動運用であることを告げると了解したらしく、すぐに帰って行った。
ビルの展望ロビーで警備員から注意を受けた事はあったが、移動運用中、フィールドで警官から職務質問を受けたのは初めてだったので面食らってしまった。
確かに道ひとつ隔てたところに家が林立している場所なので、無線は何かとやり難い場所ではある。
桜ヶ丘は丘全部が宅地化状態なので公園内であったとしてもかなり目立つ。
とはいえ、ちょっと神経質過ぎる気もするが。多分普段からいろんな人間が徘徊している場所でもあるのだろう。
Dscn1255a_2
Dscn1257a_2   
Dscn1244a それはさておき、ここでの無線運用は1440JSTに終了。
50MHz7局(SSB1)、144MHz1局(SSB1)、430MHz6局(SSB1、FM5)のトータル14局。こちらのCQでのQSOは50MHz1局のみ。福生市からの応答であった。午前中6mではEsが出て6エリアが聴こえていたが交信には至らず。
散歩気分の移動運用であったので、まあこれでよしとする。

「とりで公園」撤収後、「浄水場前」バス停付近まで戻り、今度は東側の斜面に出る。
ここからだと乞田川を挟んだ向かい側の丘陵がよく望める。尾根幹線道路と平行に走る「よこやまの道」のある丘陵だ。
稲城市の「みはらし緑地」や天王森公園もはっきり確認出来る。
暫く「関戸城跡」標識近くの草地に座り、430FMハンディーでCQを出してみた。
すると多摩市「ゆうひの丘公園」移動の局と繋がる。ほぼ見通し距離だ。どうやらサイクリング中の方らしかった。これから昭島市のホームに帰るところのよう。また南房総市移動局からも呼ばれた。
かつて天守台があった場所に相応しく、電波の伸びも良いようだ。
天候は申し分ないホリデーだったのでこのあたりの歩道には女性ハイカーやカップルの姿も目立つ。皆ジブリアニメの『耳をすませば』ロケ地巡礼なのだろう。
聖蹟桜ヶ丘駅前にはそのアニメに合せた案内地図も掲示されていた。
Dscn1267a
Dscn1267b
Dscn1267
1555JSTのバスで聖蹟桜ヶ丘駅に戻る。
結局、トータルでは18局と交信。50MHz7局(SSB1)、144MHz1局(SSB1)、430MHz10局(SSB1、FM9)。
Dscn1275a_2  聖蹟桜ヶ丘駅前もどんどん移り変わっている。
駅前の銀行2階にスタジオがあったFM多摩は近年閉局してしまい寂しい限りである。
駅前に戻ってから近所で開局しているミニFMの局長と会い、暫し歓談。
おそらく20年ぶりの再会だったか。
その後、一人でスターバックスに立ち寄り、帰路をどうするか考える。多摩センターに出てもよかったが、今回は素直に京王線新宿経由で帰ることにする。
駅周辺は大変な変貌を遂げているが、ホームは大学に通っていた1980年前後と殆ど変わっていない。当時からもう30年である。
因みに『耳をすませば』の案内マップは南口の交番前にある。家族連れが立ち止まって見ている様子からもかなり人気があるように思われる。
駅からはバスを使わなくても、歩いてでも行ける距離だ。
ジブリの代表、宮崎駿は、かつて日本アニメーションに在籍していた頃、このあたりが職場であった。恐らく『耳をすませば』の原案もその頃思いついたと推測される。

Dscn1274a 東京都多摩市桜ヶ丘とりで公園でのFM局受信リスト
76.7MHz 朝霞FM?              S5
77.7MHz 入間FM           S4
78.2MHz 武蔵野FM        S4
83.9MHz FM相模原        S1
84.4MHz 立川FM           S5
86.9MHz 百草FM(ミニFM)     S5

<コミュニティーFMのみ>
(ソニーSRF-M100/イヤホーンアンテナ)

使用リグ/FT817(PWR0.5w)、VX3(430FM) アンテナ/水平ダイポール、付属ヘリカル

|

« 移動運用その78/東京都西多摩郡奥多摩町大塚山移動(2011年5月4日) | トップページ | 2011年5月16日国内Es伝播受信日報 »

移動運用」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1234990/39937895

この記事へのトラックバック一覧です: 移動運用その79/東京都多摩市桜ヶ丘とりで公園移動(2011年5月8日):

« 移動運用その78/東京都西多摩郡奥多摩町大塚山移動(2011年5月4日) | トップページ | 2011年5月16日国内Es伝播受信日報 »