« 東京都豊島区サンシャイン60から東京スカイツリーの眺望(2011年1月3日) | トップページ | AMステレオ放送、栄光の日々を振り返る »

移動運用その77/千葉県市川市I-linkタウンいちかわ ザ・タワーズ・ウエスト45階展望デッキ移動(2011年1月10日)

Dscn0969a_2「成人の日」に移動運用。
当日は冬晴れで季節風も強く、昼でも10度前後。ちょっと屋外での運用はきつい。
そこで寒さを凌げる屋内展望施設を探す。
以前から候補に考えていたのは、市川市にあるタワーマンション『ザ・タワーズ・ウエスト』の45階展望ロビー(地図)。
ここは市川市「アイリンクタウン」の展望施設になっており、屋内展望ラウンジと吹き抜けの展望デッキで構成され、標高は約150mほどある。
入場無料で誰でも利用可能。完成は2009年。
開所時間は9時から22時まで。月曜が休みだが祭日は開いている。
ここに無料展望ロビーがあることは、まだあまり知られていないようで「穴場」的眺望スポットかもしれない。
午後1時頃、阿佐ヶ谷駅を出発。市川へは総武線(中央線鈍行)で一本乗り換えなしだ。
快速を使うとより便利なのだが、休日運転のために阿佐ヶ谷に止まらない。
止む無く中野で乗り継ぎショートカット。御茶ノ水で再び総武線に乗り換えて時間を節約。約50分弱で市川駅に到着する。
Dscn0975a 『ザ・タワーズ・ウエスト』へは南口を出てぺデストリアンデッキを行けばすぐに辿り着ける。駅から直結だ。
利便性は最高。
3階に展望ロビー直行のエレベーター乗り口がある。
このエレベーターはシースルーで眺望が利く。45階へはあっという間だ。
休日とあって利用客も目立つ。ただ、繁華街の展望ロビーではないのでアベックとか買い物客は殆どおらず、近所の家族連れが大半だ。
エレベーターを降りると「交流ラウンジ」と称される展望ロビーに出る。
ここからも十分眺望は楽しめるが、階段を使って吹き抜けの展望デッキまで登れば更に条件の良い展望が楽しめる。
この日は乾燥した晴天で視界も良好。
都心に目を向ければ建設中の東京スカイツリーが新宿副都心の高層ビル群と重なって聳える。距離感も程よい。
こんなに近くに見えるとは予想外。
城西方面から眺めるのとは対照的に、市川市方面からだと都心を背景として大きく聳えるスカイツリーなので存在感は雲泥の差だ。
まさに「所変われば品変わる」である。
Dscn0964a_2
Dscn0967a 

Dscn0965a

Dscn0972a

Dscn0971a 手前の江戸川もよいアクセントとなって構図的にもFBな眺望が堪能出来る。
到着したのが午後2時を回っていたので都心方面は逆光になっていたものの、それを補っても余りある絶景ロケーションだ。
そのため何人かのアマチュアカメラマンが日没のシャッターチャンスを狙って待ち構えていた。
ただ、猛烈に季節風が吹き荒れる日だったので露天の展望デッキは非常に寒く、凍えてしまい30分もいられない。
まるで冬山の頂上ごときである。
一方、下の展望ロビーは日差しが暖かく暖房も利いているので過ごしやすい。
無理して展望デッキに出る必要もない。
さて、無線のほうだが、この日は「埼玉コンテスト」が15時まで開催されていた。移動局は殆どコンテスト参加。
あいにく常置場所でコンテストにオンエアしてしまったので改めて移動先から出る訳にもいかず、暫く待機。
15時を回ってから移動運用を開始した。
430FMはハンディーで屋内展望ロビーから運用したが、流石にアンテナを伸ばしての50~144MHzSSB,CW運用は些か目立ってしまうので、寒いのをガマンし展望デッキに出て運用した。
一応ガードマンが常時巡回しているが、特に何か言われる事はなかった。
場内に表示されていた禁止事項は三脚を使った写真撮影位。
他の利用者に迷惑がかからない程度であれば無線に関しては特に問題はなさそうである。
交信局数は15時から17時の約2時間に50MHz1局(SSB1)、144MHz2局(SSB1、CW1)、430MHz7局(FM7)のトータル10局。内、こちらのCQに応答でのQSOは7局であった。
Dscn0978a 大半が見通し距離にある江戸川区、葛飾区、墨田区などの局。コンテストが終わった後だったのであまり稼ぐ事は出来なかった。
FMDXはやはり東京湾沿岸のコミュニティーFMがよく聴こえる。
中央、葛飾、江戸川、市川、木更津、市原各局が確認できた。

16時を過ぎると太陽は西に傾き、日没を迎える。
霞んでいた富士山もはっきりとしたシルエットになり、東京スカイツリーと並んで絶好の被写体となる。
来場者は携帯を取り出し、皆撮影に勤しむ。
撮影ポイントはアマチュアカメラマンが群れて、寒さも忘れシャッターを切っていた。
夕闇が迫るにつれ都心の夜景が映えてくる。透明度が高いのでまるで宝石を散りばめたようだ。人の姿が影絵のように浮き上がる。
これはなかなかの絶景である。都内の有名展望スポットを凌ぐレベルであろう。
Dscn0997b

Dscn1003a

Dscn1005a

三脚が使えないので長時間露出での撮影が困難なのが惜しい。
いずれにせよ、まさに知られざる絶景スポットといったところか。
機会があれば一眼デジカメを持参しじっくり撮影に興じてみたい場所だ。
17時半頃、撤収。
千葉県市川市ザ・タワーズ・ウエスト45階でのFM局受信リスト
76.7MHz 市原FM      S5
78.9MHz 葛飾FM      S5
83.0MHz 市川FM      S5
83.4MHz 上総FM      S5
84.0MHz 中央FM      S5
84.3MHz FM江戸川         S5
<コミュニティーFMのみ>
(スタンダードVX3/イヤホーンアンテナ)

|

« 東京都豊島区サンシャイン60から東京スカイツリーの眺望(2011年1月3日) | トップページ | AMステレオ放送、栄光の日々を振り返る »

移動運用」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1234990/38428968

この記事へのトラックバック一覧です: 移動運用その77/千葉県市川市I-linkタウンいちかわ ザ・タワーズ・ウエスト45階展望デッキ移動(2011年1月10日):

« 東京都豊島区サンシャイン60から東京スカイツリーの眺望(2011年1月3日) | トップページ | AMステレオ放送、栄光の日々を振り返る »