« 移動運用その69/東京都日野市百草台自然公園展望台(2010年2月21日) | トップページ | 移動運用その71/東京都西多摩郡日の出町日の出山(2010年5月3日) »

移動運用その70/東京都多摩市丘の上広場(2010年5月2日)

Dscn9890a 東京都多摩市丘の上広場移動(地図)
好天に恵まれたゴールデンウイーク。明日の無線イベントのウォーミングアップにと近場に移動運用。
場所は東京都多摩市丘の上広場。
「多摩よこやまの道」東側基点。移動運用メッカの「見晴らし緑地」の道を挟んだすぐ南側の小高い公園だ。標高は大凡140m前後だろうか?
家を出たのが1400JSTとかなり遅い時間。新宿から京王線準特急で調布へ。そこから相模原線乗り換えて15時過ぎに若葉台駅到着。
「見晴らし緑地」に移動したときは北口から出てアプローチしたが、今回は南口より車道に沿って現地に向かう。
因みに若葉台駅は東京都ではなく神奈川県川崎市麻生区にある。この辺りは県境と市境が交錯しており位置確認が面倒。Dscn9882a
Dscn9891a南口を出て道路脇の歩道を西に歩む。
車は結構走っているが、歩いている人は殆ど見ない。この辺りのお馴染みの光景だ。
セブンイレブンやファミレスをやり過ごし、暫く歩くと相模原線のガードを潜る。車道は登り坂に差し掛かり更に歩むと右に京王線の若葉台電車区が望める。
その少し先のT字路を左に折れ、若葉台病院を巻くように登っていくと「丘の上広場」に出る。
T字路交差点脇に階段があるので登ってみるが「丘の上広場」とは繋がっていないので注意。一旦車道に下りてしまう道しかない。
しかしここからだと新宿ビル群が見える。
一旦車道に降りる。近くにバス停があるのだが時刻表を見ると1日1本。
これではバスでのアクセスは無理だ。
その脇に作業用階段があるので再び登る。するとやっと「丘の上広場」に到達。
入り口には「多摩よこやまの道」の道標が設置されている。
若葉台駅北口からのアプローチより若干時間がかかった。
Dscn9885a 広場の中心は樹木に囲まれて大きな岩が配置されている。あまり眺望はよくない。開けているのは北西のみ。
隣の「見晴らし広場」は東に開けて新宿や横浜ランドマークタワーが望めたのとは対照的。もう少し先に行けば眺望が利く場所があったらしいのだが気が付かなかった。
時々、ハイカーやサイクリングの人が通り過ぎる。
近くの病院の患者が看護婦に付き添われて散策している。
いたって長閑。
公園の真ん中にある樹木の下で運用を開始することにする。しかしすでに毛虫のシーズン。
時たま青虫が落ちてきて気持ちが悪い。
地面ではクロオオアリが巣作りに励んでいた。
Dscn9883a 15時半より運用開始。移動運用のピーク時間は過ぎていたのであまり出ている局も少ない。
17時頃までの運用で交信できたのは144MHzSSBの2局のみ。CQはすべて空振り。
移動のメッカ、「見晴らし広場」の隣なのに、僅かに離れただけで電波の飛びが左右されるようだ。無論、時間帯にもよるが。
帰りは素直に道標に従って車道を元のT字路に向けて下る。
帰路は多摩センター経由。一旦新宿に出るよりもこちらのほうが多摩散策の趣がある。
多摩センターのコーヒーショップで一段落した後、多摩モノレールで立川を経て帰宅。

使用リグ/FT817(PWR0.5w)、VX3(430FM)
 アンテナ/水平ダイポール、付属ヘリカル

|

« 移動運用その69/東京都日野市百草台自然公園展望台(2010年2月21日) | トップページ | 移動運用その71/東京都西多摩郡日の出町日の出山(2010年5月3日) »

移動運用」カテゴリの記事