« 移動運用その70/東京都多摩市丘の上広場(2010年5月2日) | トップページ | 小型衛星「Negai☆″」のビーコン受信と相乗り衛星QSL »

移動運用その71/東京都西多摩郡日の出町日の出山(2010年5月3日)

Dscn9919a GW恒例特定小電力無線移動運用イベントの日がやってきた。
同時に東京コンテスト開催日でもある。
今回の移動地は東京都西多摩郡日の出町日の出山。標高902m(地図)
ここもまた移動運用のメッカで未踏地だったので初アプローチに挑戦することとした。
午前7時頃、自宅のある阿佐ヶ谷を出発。
0758JST三鷹発の「ホリデー快速おくたま1号」に乗り換えて一路御嶽へ。この「ホリデー快速おくたま号」は中央線の特別快速で立川から青梅線と五日市線へ直通運転。乗り継ぎなく迅速に目的地に到達出来る便利な特別列車。無論特急券などいらない。阿佐ヶ谷から御嶽まで片道780円。
流石に好天に恵まれた休日とあって行楽客で満員。通勤列車並みだ。高齢者4、家族連れ4、若い男女やカップルグループ2の割合か。
若年男子単独のハイカーは目立たない。
最近は「山ガール」と称してオシャレな恰好でハイクする女子も多いと聞く。確かにそんな感じのグループも居たような気がする。
Dscn9924a 途中、拝島駅で五日市線に入る車両を切り離し。
河辺駅近くで430FMハンディーに景信山からの移動局とQSO。
0901JST、御嶽駅到着。
どっとハイカーがバス停に向かう。
10分ほどでケーブルカー滝本駅到着。さほど並ばずにケーブルカーに乗車。9時半頃に御岳山駅に着いた。
ここから日の出山まで徒歩。道沿いの桜はまだ残っていて今春の気候の異常さを物語る。
暫くは山頂集落の間を通る。ここまでは先日移動した長尾平までのルートと同じ。御岳の神代ケヤキがあるところで日の出山へのルートに入る。
尾根沿いの道なのでそれ程高低差はないものの下り坂も多い。帰りに「上り」になるので憂鬱だ。道は危険なところは殆どないが、途中落石が多い箇所もある。巨石が道を塞いでおり、もしこのタイミングで大きい直下型地震が来たらと思うと恐ろしい。
鳥居を潜り、上りの階段を暫く行くといよいよ日の出山山頂だ。
御岳山駅より約1時間ほど、10時40分頃到着。
頂上は東側に開け、都心部への眺望は抜群。但しこの日は好天だったものの、若干靄っていて都心のビル群は覗えない。それでもランドマークの西武ドームや、あきるの市辺りを通る圏央道の白い高架が望めた。
Dscn9926a
Dscn9945a
Dscn9946a
Dscn9932a 
Dscn9943a 頂上では多くのハイカーがお弁当を開き、休憩している。
そしてアマチュア無線家も2名、すでにベストロケーションに陣取っておりアンテナを建て、東京コンテストに参加中らしかった。
仕方なく、尾根の反対側にダイポールアンテナを伸ばして運用を開始する。
アマチュア無線のほうは東京コンテスト中心に1050JST~1500JSTの約4時間弱の間に50MHz42局(SSB1,CW41)、144MHz20局(CW20),430MHz5局(FM5)のトータル67局。
内、東京コンテストでのQSOは59局。こちらのCQに応えた局数は52局。

Dscn9939 Dscn9937a_3 先客の無線局がSSB中心にQRVなさっていたので、430FMハンディー以外のQSOは1局を除きすべてCWにした。
噂どおりの好ロケーションでかなりの局数を稼ぐことが出来た。
一方、特定小電力無線であるが、交信実験指定のチャンネルにビーコンのような電波が出ていてかなり難航。
それでも愛甲郡高取山と横浜市港南台の移動局とQSO成立。
残念ながら他グループとは交信至らず。高尾山ビアマウント移動局がかなり良好に受信できたに過ぎなかった。
どうやら今年の特定小電力無線による「オンエアデー」は4日がメインらしかったのでそのせいかもしれない。
FMDXは高尾山や御岳山の状況とさして変わらず。神奈川湘南方面のCFMが強力に入感する一方、都内の局は今ひとつ。アンテナの方向を変えるたびに別の局が入感。いずれにしろ局名確認に手間がかかるのでチェックが難しい。
15時半、日の出山山頂を撤収。
Dscn9949a 今回の特小無線有志の会合が北千住なので早めに降りる。
帰路の上り道は流石に堪える。歩みも遅れがち。
御嶽駅1639JST発「ホリデー快速4号」には間に合いそうもない。
16時半、ケーブルカー滝本駅到着。JR御嶽駅行きのバスは途中、渋滞に巻き込まれなかなか進まず。
結局、駅バス停の直前で何人かのハイカーと共に下ろしてもらって、何とか1712JST発の東京行き「ホリデー快速6号」に間に合う。
この列車も帰りのハイカーで満員状態。でも乗り換えなしで都心まで行けるとホッとしたのもつかの間。
なんとJR中央線の新宿駅で人身事故の車内放送(その前にBGMにしていたJウェーブのラジオで知る)が。その影響でこの「ホリデー快速」も立川止まりとなってしまった。
立川で普通快速に乗り換え、御茶ノ水へ。そこから地下鉄千代田線に乗り換えて北千住へ。
結局、着いたのは19時半を越していた。
阿佐ヶ谷の家路まで含めると1日で100km近く電車で移動した計算となる。
流石に疲れるも、次の日も朝早いイベントが控えていた。
だが体が慣れるとハードスケジュールも苦にならない。
不思議である。

Dscn9950a 東京都西多摩郡日の出町日の出山山頂でのFM局受信リスト
76.7MHz 不明局         S4

77.7MHz エフエム入間     S5
77.7MHz エフエム大和     S5                
78.5MHz ブルー湘南      S5
78.9MHz 湘南ビーチエフエム S5       
79.1MHz 川崎エフエム     S5               
82.8MHz 鎌倉エフエム     S5       
83.1MHz レディオ湘南      S5
83.4MHz 世田谷エフエム       S4
83.9MHz エフエム相模原       S5        
84.2MHz 不明局          S5
86.9MHz 不明ミニFM           S5

<コミュニティーFMのみ>
(スタンダードVX-3/ローディングホイップアンテナ)

Dscn9930a_2 2010年聖母電波教会特小交信実験記録 (資料作成/白ワンチャン)  
日の出山-高取山 29.8877km
日の出山-港南台8丁目 60.1661km
高取山-港南台8丁目 34.5478km

(参考)
北千住マルイ屋上-日の出山 57.6523km
北千住マルイ屋上-高取山 56.0112km
北千住マルイ屋上-港南台8丁目 47.2047km

使用リグ/FT817(PWR0.5w)、VX3(430FM)
 アンテナ/水平ダイポール、付属ヘリカル

|

« 移動運用その70/東京都多摩市丘の上広場(2010年5月2日) | トップページ | 小型衛星「Negai☆″」のビーコン受信と相乗り衛星QSL »

移動運用」カテゴリの記事